• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

後遺障害認定非該当の異議申し立てについて

後遺障害認定非該当の異議申し立てについて 頚椎捻挫で半年以上通院後、医師に後遺障害診断書を作成してもらい、 被害者請求しましたが、画像に所見がなく非該当でした。 異議申し立てするに当たって、医師の新たな医証が必要と知り、 頚椎専門の病院に行き診察してもらいました。 XPやMRI等撮らず神経学の検査をいくつか行い以前通っていた病院で 症状固定時に撮った画像を分析して骨に異常は見られないと言われました。 新しい病院で1度来ただけということもあり診断書は書いてもらえませんでした。 以前通っていた病院に再び行き、診断書を書いてもらおうとも思いましたが、 医師は認定は難しいと思っており言い辛い状況です。 以前の画像と、異議申し立て書に記入するだけでは、 同じ結果が出るだけでしょうか? 以前の病院や他の病院へ行って診断書を書いてもらうか、 後遺障害は非該当のままで示談の話をするか迷っています。 示談の話ですが、慰謝料が自分の計算したものより安くなる可能性があるので、 紛センに話を持って行きたいと思っています。 保険会社に慰謝料の見積もりを依頼すると示談に話が進むと思うのですが、 どのタイミングで紛センに持ちかければいいのでしょうか。 どうかアドバイスください。 宜しくお願い致します。

noname#128264
noname#128264

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

一番重要なことが書かれていないのはなぜでしょうか? 依然通っていた病院では画像があり、そこでは骨に異常は無いといわれたわけですよね? それで非該当となったために、病院を変えたが、診断書は書いてもらえなかったわけですよね。 その病院では画像からどういう判断をされたのでしょう? これが一番重要な話なのですがそれが抜けていれば、後遺障害として認められるのか認められないかも判りません。 異議申し立てを行う場合、異議申し立ての内容に、 「非該当と判断されたって痛いんだから後遺障害等級を認めろ!」 といくらかいたって認めません。 100万人が泣ける様な数千ページに渡る様な申立書を書いても、読まれもせずに終わりますし、後遺障害の等級認定には一切影響しません。 後遺障害に認められるのは、客観的な証拠に基づく検査データのみです。 医者が「後遺障害と認めるべきだ!」と書いてもまったく意味はありません。 そういうことを理解して進まないと、何回異議申し立てを行っても意味はありません。 また、慰謝料をすでに計算されているようですが、弁護士基準でなんて計算していないですよね? 弁護士基準なんて裁判をやっても認められるものではありません。 裁判をやったとき、訴額以上の判決は出ませんので、少し多めに請求します。 それが弁護士基準なのです。 保険会社に交渉として出したところで、 「なに考えてるの?だったら、裁判起こせばいいじゃない。裁判で弁護士基準なんて認められないから。」 で終わりになります。 情報が氾濫しているので、自分に有利になりそうなものばかりかき集めてと言う人も結構居ますが、世の中はそんなに甘いものではないと言うことが多いものです。 まぁそんなことはされていないと思いますけれど、そういう人も結構居ると言うことで書いておきました。 後遺障害が非該当で、紛争処理センターを使うのもかまいませんが、紛争処理センターには平日に3~5回くらい出向く必要があります。 その交通費や日当宿泊費などは出ません。 そう考えると、割に合わないことも多いと言うのも現実だと言うことを頭に入れられておいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございます。 以前通っていた病院では画像に異常所見は見られないと言われたのですが、 痛みが続き不安だったこともあり脊椎で有名な病院へ行き診察を受けました。 新たに画像は撮らず、以前の病院で撮った画像の分析のみで、 異常は見られないという事でしたが現在も痛みが続いている状態です。 画像にはっきりとした所見が無くとも後遺障害が認められたという方もおり、 後遺障害が認定されるように異議申し立てをすべきか示談すべきか迷っております。 今ある症状が完治する日が来るのかどうかもわからない状態で、 この先もずっとこの痛みと付き合っていかなければならず、 病院にずっと通うにしても費用が要ることなので、 ここで示談してよいものなのかと悩むばかりです。 紛争センターは両者の意見の相違が大きい場合は利用しようと思っております。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>新たに画像は撮らず、以前の病院で撮った画像の分析のみで、 >異常は見られないという事でしたが現在も痛みが続いている状態です。 画像を見た上で、少しでも怪しそうであれば、再度撮りなおします。 残念ですがそれも無かったと言う事になるでしょう。 >画像にはっきりとした所見が無くとも後遺障害が認められたという方もおり、 昔は、6ヶ月以上通院していれば画像などの異常が見られなくても14級。なんて認定をしていた時代があったと言う話ですが、今はそんな甘くはなくなりました。 画像が無くても、神経障害などの異常が測定値などではっきりとした所見として出されば、後遺障害として認められることになります。 昔の話を今しても仕方ないので、医学的所見が用意されなければ無利です。 他の回答であったようにも思いますが、異議申し立ては、何回行えば通ると言うものではありません。 知っている範囲で5回異議申し立てをしても非該当となった人と言うのを知っていますし、私自身は1回目の異議申し立てで、最初に認められなかった部分の等級認定も行われましたからね。 昔は、何ヶ月医者に通い続ければ画像に変異などが見られなくても14級くらいは取れるというのも、依然調べたときにあった内容です。調べていくうちにそれはすでに古い基準でもう、そんな適当な認定は行われていないという情報も入ってきました。 紛争処理センターで後遺障害の認定はしませんので、後遺障害が非該当という状態で行けば、あくまで後遺障害は無い。と言う状態での話し合いになります。 また、鞭打ち自体は、整形外科の範疇ですが、バレ・リュー症候群である場合もあります。 こちらも、頚椎にずれがある場合に起こるものですが、それが無ければ後遺障害の認定は受けられませんが、治療をすることは可能です。 神経内科や、ペインクリニックが担当する治療になりますので、そちらを受けてみるのもよいかも知れません。 健康保険で治療しておき、効果が出て治ったら、その治療費を紛争処理センターなどで争うと言う方法もあるかもしれません。 (ただ、基本的に後遺障害診断書を一度出してしまうとそれ以降の治療費は認められないと言うのが基本的な部分ですので、交渉のものとなりますけどね。) 後遺障害で認定されたって、本来の障害がずっと残るのは本意ではないでしょう。 治療方法などを探すほうが基本だと思いますけどね。 ただ、探し始めるのが遅かったと言う感じは否めません。 治療開始から3ヶ月たって改善が見られなければ、6ヶ月たったって効果は現れにくいと言うのが一般的ですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 通院して治療開始後の数ヶ月は痛いばかりで考える余裕がありませんでした。 後になってみればもっと治療法を探しておけばよかったと思います。 今でも治せるだけ治したいという気持ちは持っております。 どんなに痛くても画像に映っていたり数値がおかしかったりと、 医学的所見がないと後遺障害は認められないのですね。 後遺障害が非該当になっても大半の人は異議申し立てをするものと思っていました。 やはり示談に話を進める方がいいのでしょうか。

  • 回答No.4

No.2です 1.後遺障害14級9号は他覚症状が明確でない場合の認定基準ですので方法さえ理解していれば  半数以上~は認定されます。要は皆さんが実態をきちっと把握していないからです。  客観的なデータで?労災とNIROでは100%NIROの認定が低く認定されている点を絶対に説明  できません(基準書は同じものを使っています、また違いといえば、NIROは保険会社の利益  が減りますが、労災は何の利害関係がありません) 2.異議申し立ては簡単です、まず最初に後遺障害申請をした結果がA4書式で帰ってきたと思い  ます、本来はA3の調査票が正式なものですが、ここにはっどこを詳細に検査すればよいかの  ヒントがかかれています、保険会社としてはこれが被害者にわたった場合、後遺障害認定を  得られやすくなる(ようは保険金をたくさん払わなければならない)  従って、皆さんには都合のよい抜粋の形で担当者が送ってきています。したがってまずやる  べき事はこのA3サイズの調査票を手に入れてください。保険会社は拒むことはできません  この調査票をよく読んでください、かならずおかしい点があります、その部分を異議申し立  て書で指摘するのです。ただし認められるのは3回目以降です 3.異議申し立てに添付する診断書はお近くの病院で打撲等の診断を受けて書いてもらいます。  特に交通事故などを話す必要はありません、ご自分の傷害保険に必要とでも言えば書いてく  れます(共済保険は病院備え付けの診断書で保険金がもらえます) 4.異議申し立ては簡単に事実のみを客観的な証拠に基づき指摘するだけです、ただしレントゲ  ンフィルムは必ず同封します 5.後遺障害がとれればしめたものです、即紛センが正解です。通称「赤い本」を最寄の弁護士会  ないしアマゾン 図書館でもあります。巻末の計算書をよく見て書き上げます  (1)保険会社に示談にしたいから慰謝料の計算書を提出してもらいます(当然示談はしませんが)  (2)届いたら即紛センに提訴します。おおよそ3回目で裁判所判決金額よりは低いですが十分な金   額を実質的に強制して払わせることができます(保険会社は拒否できません)  (3)要は証拠らしい証拠を保険会社に与えないことです(ex. 同意書の捺印等) 6.最後に、  紛センを利用して不満足な結果?本当にあるのでしょうか上記5より上はそれなりに努力が要りますが。おおむね裁判判決近くは問題なくもらえるはずです(証拠は「交通事故裁定例集」(紛セン 発行)参照ください、購入価格は5000円、大きな図書館で借りられます)  皆さん保険会社の対応に悩まれていますが、事前にきちっと勉強すれば一度も保険会社社員と連絡  する必要がないことがわかります。 参考までに、14級が取れれば私は紛センで400万up、裁判で600万upが当然とねらえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 異議申し立ては3回以降でないと認められないのですか? 客観的な証拠とはどのような事でしょうか? 画像に所見は見られないと言われましたが、 現在も痛みが続き不安な気持ちでおります。 今の痛みがいつまで続くかも楽になるかもわからず、 この先もずっと付き合っていかなければならず、 病院へも通い続けることになると思います。 その為に費用が要ることもあり、 後遺障害を認定してもらいたいと思っております。 後遺障害認定も慰謝料も体を治す為の費用だと思っております。

  • 回答No.2

お困りのところ大変ですね、これから述べるのは複数での体験論になりますが すべてではありませんのでご判断はお任せいたします。 1.後遺障害診断書を取れれば時効が3年延長できますので、あきらめないことが  肝要です 2.ちなみに後遺障害認定は3回目くらいから取れる傾向にあります、2回目では 残念ながらむずかしいとおもいます。理由としては認定機関の運転資金の出所が  保険会社のため、当然ですがスポンサーに不利な認定をすることがありません  が3回目くらいから、その認定員の構成が利害関係のほとんどない人たちで構成  されるから非常に認定されやすくなります 3.診断書はどちらの病院でも構いません、事故の件も一切触れる必要がありません  要は事故に由来する打撲の事実が必要なだけです 4.紛センへは慰謝料の提示を受けたらで構いません。 5.後遺障害は何も画像所見が必須ではありません  努力すれば認定受けられます。通院日数120日超、週3回通院、通院期間6か月超が現在での後遺障害認定の必須条件です。要は頑張った人だけがきっちとした慰謝料を獲得できます。 6.保険会社との示談は最悪の選択です、心得てください。 どうか頑張ってください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>以前の画像と、異議申し立て書に記入するだけでは、同じ結果が出るだけでしょうか? 初回の等級審査の際に、画像の異常を見落としていない限りは、100%非該当のままです。 異議申し立てが認められるためには、新たな証拠が必須です。 また、他覚的異常所見のない事案については、90%以上が非該当とされています。 最低限、大学病院など神経系の専門医による神経学的異常所見を記載した診断書は必要です。 外傷性頚部症候群で重視される神経学的所見は、スパーリングテスト、ジャクソンテスト、上腕・前腕周径の筋萎縮検査、上腕二頭筋、腕橈骨筋、上腕三頭筋の腱反射テストですし、また診察時・リハビリ治療時等の動作を観察した異常所見も有効です。 >新しい病院で1度来ただけということもあり診断書は書いてもらえませんでした >以前通っていた病院に再び行き、診断書を書いてもらおうとも思いましたが、医師は認定は難しいと思っており 異議申し立てがうまくいくかどうかは、主治医との関係が良好であるかどうかにかかっています。 そもそも医師は治療が本業で、それ以外の厄介な話には関わりたくないと考えるものです。 後遺障害・異議申立などというと、示談上のトラブル、裁判を連想して尻込みします。 異議申し立てについては、他の方に回答したものですが、参考にしてください。 http://qanda.rakuten.ne.jp/qa6179489.html >どのタイミングで紛センに持ちかければいいのでしょうか。 後遺障害の異議申立を行うなら、その結果が判明した後。 異議申立をあきらめるのであれば、まず相手保険会社に現時点での賠償金額の提示を受けます。 おそらくその額は、後遺障害が非該当であるため、後遺症についてなんら考慮していない額のはずです。 そこで「後遺障害は非該当になったが、後遺症は残っている。その点を考慮していくらか上積みしてもらえないか」と交渉してみましょう。 30万円程度の上積みがなければ、紛センに持ち込んだらどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

リンク張ってありますが、 以前もご回答頂きありがとうございました。 役に立ちました。 事故に遭い同じように被害者請求をして非該当になり、 示談または紛センで話を進めた同じ経験者の方がいらっしゃいましたら、 どのように行ったか教えて頂けませんか? 宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 後遺障害認定非該当の異議申し立ての方法・アドバイスについて

    医師に書いてもらった後遺障害診断書も添付し、被害者請求したのですが、非該当とされました。理由は、骨折等の器質的損傷は認められず、診断書上、神経学的異常は無いとされており、医学的所見に乏しい、リハビリ加療にて軽快してきているとしょけんされている、などと書かれています。 1.これでも、異議申し立てすれば、認定される可能性はありますか? 納得できないのはもちろんです。 2.異議申し立ては、異議申し立て書と、支払請求書以外に必要な書類はありますか?つけたほうが良い書類はありますか?治療が終わる際のレントゲンはとってないのですが、撮っても頚椎捻挫のため、異常は見られませんし、また同じ病院に行くのも迷惑がられそうです。 3.後遺障害認定、後遺障害診断書の記入が得意な、被害者のためをすごく思ってくれる病院があると聞いたのですが、私の場合、一度、後遺障害診断書を書いて提出しているので、他の病院でそのようなことをするのは無理ですか? 4.送った写真などもすべて結果とともに送り返されてきたのですが、異議申し立てをする場合、これらもすべて再度送るのですか? 以上、4点、どうか助けてください・・・。

  • 後遺障害認定・異議申し立て書の書き方

    皆様はじめまして。 今月、私は、後遺障害認定を申請しました。頚椎捻挫で、医者の後遺障害診断書、写真、などすべて付けて、自賠責保険会社へ、被害者請求を行いました。 後遺障害が認定されず、非該当とされた場合の、異議申し立て書用紙は取り寄せたのですが、書き方が分からないのです。 こう書けばいい、など、具体的なことをお教えいただけないでしょうか?実際に、書いたことのある方、書いて、異議申し立てが認められた方など、ぜひぜひお教えいただけたら非常に救われます。ありがたいです。どうかご教授くださいませ。宜しくお願い申し上げます。

  • 後遺障害の認定。

    事故で後遺障害を申請していましたが不該当との事でした。 保険会社が後遺障害も認定なるだろうから示談してくれと言ったから示談したのに・・・。 示談後も病院へ通い全然良くなりません。異議申し立てをするつもりですが、一度不該当と言われたら認定はむずかしいですか?

  • 後遺障害の認定後に付いて教えて下さい。

    私は今、後遺障害の調査中の状態なのですが今後の参考に教えて頂きたいことがあります。 もし、認定されて任意保険会社の示談金に対して不服?がある場合は紛センと言う所で協議するか弁護士を雇って協議するかのどちらかと言うことはサイトで勉強したので解りました。 で、質問なのですが紛センでも弁護士同士でも話し合いをする時に何かしらの書類?等を見て話しをすると思うのですが何を参考にして話し合いをするのでしょうか? サイトの回答では診断書?(後遺障害の診断書?)と言っていた人もいましたが違うサイトではカルテを参考にしてと言うサイトもあったのでどっちなのかな?と思い質問させて頂きました。 というのもカルテは裁判にならなければダメでは?と思ったんですけど実際の所はどうなのでしょうか?

  • 交通事故 後遺障害 異議申し立てについて

    そして先日事前認定というのをするので保険会社に書類を提出したところ後遺障害の非該当になりました 理由としては 腰痛、右下肢重だるさ、疲労感、右下肢鈍痛等の症状については提出の画像上、腰推横突起骨折が認められるものの、後遺障害診断書上軽運動等により徐々に改善、緩解していくと思われるとされていること等から将来においても回復が困難と見込まれる障害とは認めがたく、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します なお、胸腰推部の運動障害については提出の画像上腰推横突起骨折が認められるものの、後遺障害診断書に記載された運動障害の原因となるものとは捉え難くその他の推体骨折党は認められないことから。自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します とのことでした 日常生活にも若干支障があるので全く納得いかないので異議申し立てしようと思っています そこで質問なのですが、 1 この場合どういう治療を受ければいいのか? 2 医師の診断書にどういう内容の事を書いてもらえばいいのか? 詳しい方どうかご教授願います

  • 後遺障害等級認定、異議申し立てについて 

    バイクとタクシーの交通事故で被害者側の者です。 後遺障害等級認定(併合10級)されましたが、異議申し立てをしたいと思っております。 方法・必要書類・コツなど教えてください。 私の場合、後遺症となる障害の多くが病院内での事故によるものであったためか、後遺障害診断書を書く際に担当医の協力が得られず、納得のいく認定結果が得られませんでした。 どなたか、よろしくお願いします。

  • 後遺障害診断書の作成について

    追突事故(0:100)にあった者です。 頚椎と腰椎の捻挫で整形外科と整骨院に通っていましたが、先日症状固定となりました。 症状固定後は治療費自己負担で整骨院に通っています。頚椎と腰椎の捻挫なので、認定は難しいかもしれませんが、後遺障害の申請をしたいと考えています。 質問は、 (1)後遺障害診断書の作成のために整形外科の診察を受け、診断書を作成してもらうとき、診察料と診断書作成料は、私が負担するのでしょうか? (2)後遺障害認定が終わるまで(該当でも非該当でも)、示談交渉は始まらないと考えてよいのでしょうか? ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 交通事故の後遺障害の異議申し立てで提出する医証について

    交通事故で頚椎を痛め、後遺障害申請をし、今はその結果に対して異議申し立ての準備をしています。 先日精密検査と新たにMRIを撮る為、今回初めて大学病院に行き、そちらで精密検査とMRIの結果の診断書を書いてもらったのですが、病名が「頚椎症」となっていました。 診てもらった大学病院の医師は、事故によって頚椎椎間板変性が出ていることは十分に考えられると言っていますし、事故によって痛みが出ているのだろうとも言っていました。 ただ、提出する診断書の病名が「頚椎症」になっているので、新たな医証としての効力が心配です。 「頚椎症」は、年齢的なものによる変性だけを指すのでしょうか? 外傷性の場合は「頚椎症」という言葉は絶対に使いませんか? 医師は今現在の私の症状を診ての診断になっています。 私の年は28です。医師も年齢によるものとしては早いと言っていたのですが。。  後遺障害申請の異議申し立てで「頚椎症」と書かれた医証を提出するのは良くないでしょうか?  どなたか、ご教授をよろしくお願い致します。

  • 後遺障害が認められませんでした 異議申し立てについて

    夫の事ですが、以前鎖骨骨折をしリハビリを続けていましたが1年経ちこのまま続けても…という事で後遺障害の申し立てをしました。 ですが、保険会社から「該当せず」との回答があり、異議申し立てをするか悩んでいます。 後遺障害診断書には後遺障害の内容に ・握力 右6キロ 左32キロ(骨折は右でした) ・筋力低下認める ・レントゲンは大きな変形なし ・右肩可動域制限あり と書いてあります 配達業なので、握力低下で重いものがもち辛くなり大変な思いをしています。 まだ20代なのでこれからの事を考えて、事故にさえ遭わなければ…(8:2で相手過失が大きいです)と悔やんでいます。 ネットで色々と調べましたが、この場合後遺障害認定は下りないのが現状なのでしょうか? 異議申し立てについても調べどうしようかと話し合っています、皆様の助言を頂けると助かります。 どうかよろしくお願いします。

  • 後遺障害認定後の示談について

    交通事故の被害者です。 被害者請求をし、14級9号が認定されました。 現在、保険会社の委任弁護士と示談を進めています。 お聞きしたいこととして、その弁護士の方から、「示談を進めていくにあたり後遺障害診断書のコピーを送って欲しい」と言っております。 以前、自賠責保険会社から送られた後遺障害の認定書を弁護士には出したのですが、後遺障害診断書も出さないと示談の話しは進めていけないものなのでしょうか? アドバイスの程、よろしくお願い致します。