• 締切済み
  • すぐに回答を!

理科の問題~化学変化~

締め切りが明日なのでとても困ってます・・・・ 1 次の文章の(   )にあてはまる言葉を書きなさい すべての物質は原子と呼ばれる小さな粒から出来ていることが確かめられている その原子の性質として、次のaが確認されている。    a  種類によって( (1) )や( (2) )が決まっている。 いくつかの原子が結びついた粒が単体になっており、この粒のことを( (3) )と呼ぶ 2  次の化学変化の(   ) にあてはまる物質名をかきなさい (1) 銅 + ( (1) ) → 硫化銅 (2) 炭素 + 酸素 → ( (2) ) (3) 鉄 + 酸素 → ( (3) ) (4)マグネシウム + 酸素 → ( (4) ) (5)水素 + ( (5) ) → 水 (6)鉄 + 硫黄 → ( (6) ) (7)( (7) ) + 酸素 → 酸化銅  3  次の物質の化学式をかきなさい (1)水素  (2)酸素  (3)窒素  (4)水  (5)マグネシウム  (6)鉄 (7)硫黄  (8)二酸化炭素  (9)酸化銅 4  次の化学変化を化学反応式で表しなさい。 (1)酸化銅を加熱すると銀と酸素に分解する      (1)    →   (2)   +   (3) (2)空気中で銅粉を熱すると、酸化銅ができる      (4)    +   (5)   →   (6) (3)塩素に水酸化ナトリウム水溶液を加えると塩化ナトリウム(食塩)と水ができる      (7)    +   (8)   →   (9)   +   (10) よろしくおねがいします・・・・。   

noname#123716

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数83
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

化学反応式というのはその文章で表されたもの(複雑)を、 「何から→何ができた」とかんたんに表したものを言います。 がんばれ。 ところで3(3)は問題がおかしい。 塩素を水酸化ナトリウム水溶液に通じてできるのは塩化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムの水溶液。 問題をもう一度見直すべき。「塩素」ではなくて「塩酸」ではないかな? ここはあなたの宿題を代行する場所じゃない。 宿題はあなたがやってこそ意味がある。 もう一度言う。がんばれ。 (内心はもっときつい言葉で言いたいのだけど。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

全部調べてやりました。 この質問は不要となったので削除させていただきます。

関連するQ&A

  • 中2理科の化学式について

    酸化銅…CuO  硫化銅…CuS  酸化鉄…FeO これを見て、分子を作らない物質と酸素が結びついたときの化学式は (原子)O だと思い込んだのですが、どうして酸化銀はAg2Oと表すのですか? Agの後ろの2がどこから来たのか教えてください・

  • イオン化傾向と還元のしやすさ

    酸化銅,酸化鉄は炭素を使って還元でき,その結果発生した二酸化炭素は,マグネシウムで還元できます。 ちなみに酸化銅と酸化鉄だったら酸化銅の方が還元しやすいですね。 つまり,酸素との結びつきの強い順(酸化されやすい順)は,Mg>C>Fe>Cuだと思います。 この順は,イオン化傾向に似ていると思うのですが,化学的に関係があるのでしょうか? 理論的なことも含めて,わかりやすく教えていただけると助かります。

  • 理科について質問です

    理科について質問です つぎの問題の解き方がわかりません、どのように考えて答えを導き出すのか教えてください 下の写真のような装置で酸化銅8、0gを水素と完全に反応させると、水が1、8g生じた。 (1)反応後にできた銅の質量は何gか。ただし、水素原子と酸素原子の質量の比を、1:16とする (2)このような方法で、水素1、0gを反応させて水にするためには、酸化銅は少なくとも何g必要か。またこの結果できる水は何gか よろしくお願いします

  • 理科の問題です。

    中学生です。次の問題の解き方を教えてください。よろしくお願いします。 酸化銅CuOと酸化鉄FeOについて次の問いに答えよ。ただし、CuOには酸素が20%含まれている。 鉄1原子と銅1原子の質量比は7:8である。FeOには酸素が質量で何%含まれているか。 小数第1位を四捨五入して答えよ。

  • 中学生の理科の問題です。大至急お願いします。

    wtnb_tnkさん 大至急お願いします。中学生の理科の問題です。 銅分0.2g、0.4g、0.8g、1.0g、をはかりとり、薬さじでかき混ぜながら加熱し、冷えてから質量をはかった。 同じ実験をマグネシウムの粉末につい ても行った。 (1)この実験結果からマグネシウムの質量と化合した酸素の質量をもっとも簡単な整数比で書きなさい。 (2)マグネシウムの粉末1.8gを加熱したあとにできる酸素が何gふくまれているか。 (3)酸化銅4.0gにふくまれているか。 (4)酸化銅4.0gにふくまれている酸素と同じ量の酸素を使って酸化マグネシウムをつくるとき、過不足なく反応するために必要なマグネシウムは何gか。 (5)銅の粉末1.20gをステンレス皿に加熱したが、加熱中によくかき混ぜなかったため、銅の粉末の一部が反応せず、加熱後の全体の質量は1.45gになった。このとき反応しなかった銅の質量は、何gか。 (6)マグネシウムの粉末1.8gに銅の粉末が混じってしまった。この混合物を加熱したところ、酸化マグネシウムと酸化銅の混合物が3.5g得られた。混ざった銅の粉末の質量は何gか。 (7)酸化銅の化学式はCuOである。銅原子50個と化合する酸素分子は何個か。 (8)(7)のとき、酸化銅は何個できるか。 出来れば全部の細かい解説、解答をお願いします。 たくさん問題を書いてすみません。お願いします。 画像のアップの仕方がわからないので文章で失礼します。 酸化銅の質量 マグネシウム 0.2g、0.6、1.0、1.3 銅 0.2g、0.5、0.7、1.0 金属の質量 マグネシウム 0.2g、0.4、0.6、0.8 銅 0.2g、0.4、0.6、0.8 数字は酸化銅の質量と金属の質量が交わる所です。 図を数値化したのでわかりにくいと思います。すみません。お願いします。

  • 中2の理科の問題

    理科の問題がよくわかりません、教えてください。                        ↓ 火星の大気の主成分は二酸化炭素で平均気温は-43℃にもなっています 次のことを参考にしながら、以下の問いに答えなさい 物質名→融点(℃)→沸点(℃) 水素→-259.125→-252.882  窒素→-209.86→-195.79 酸素→-218.79→-182.96 アンモニウム→-77.73→33.34 マグネシウム→650→1090 エタノール→-117→78 水→0→99.974 一酸化炭素→-205→-192 (1)火星の平均気温下で、液体として存在している物質を 水素、窒素、酸素、アンモニア、マグネシウム、エタノール 水、一酸化炭素の中から選べ、ただし、大気圧については、 地球上と同条件で考えること。 お願いします。

  • 理科の問題集 中学 間違い?

    参考書の問題を解いているとこのような問題がありました。 問題をそのまま写します。 次の各問いの文章中に述べられている原子a~gは、下の(チェックボックス 空欄)に 示した原子のいずれかを説明したものである。あとの問いに答えなさい。 ただし、原子a~gは、互いに異なった原子である。 (チェックボックス 空欄) ヘリウム 炭素 窒素 酸素 ネオン ナトリウム マグネシウム アルミニウム 硫黄 塩素 金 銀 (1)原子aからなる単体は、塩酸と水酸化ナトリウム水溶液のいずれにも  反応して水素を発生する。  また、この単体は建築用の材料としても多く用いられる。  この単体の名称を答えなさい。 (2)原子bが酸素原子と化合した物質は、酸性雨の原因となる。  原子bを原子の記号で表しなさい。 (3)原子cからなる単体は、空気の主成分の1つである。  この単体の化学式を示しなさい。 (4)原子dからなる単体は、黄緑色の刺激臭のある気体である。  この気体が銅と反応して生じる物質の名称を答えなさい。 (5)原子eと酸素原子が化合してできた物質は、加熱すると容易に分解し、2種類の単体を生じる。  これら2種類の単体をそれぞれ化学式で示しなさい。 (6)原子fの単体は、黄色の固体であり、加熱すると金属と容易に反応する。  この単体が鉄と反応するときの化学変化を化学反応式で示しなさい。 (7)原子gからなる単体は気体であり、激しく燃焼して水を合成する。  このときの化学変化を化学反応式で示しなさい。 それで、(7)以外が分かりませんでした。 なぜだかというと、(7)は明らかに水素だと思ったからでした。 ちなみに答えは (1)アルミニウム(2)N(3)O2(4)塩化銅(5)Ag(6)Fe+S→FeS です。 答えをみてみると、(7)は、 2H2+O2→2H2O 解説が、gは水素原子Hで気体はH2である。 と、書かれています。 この問題は間違いなのか、それとも何かあるのか分からず 悩んでいます。 分かる方ご回答お願いします。

  • 中学理科の問題について(化学変化)

    中学校の理科のテストでこんな問題がありました。 次の(1)~(5)の順で実験を行い、a~dの質量をそれぞれ電子てんびんではかり、表をまとめた。 ※表には質量(g)が書いてあり、aが19.32g bが20.56g cが20.87g dが20.76gとなっていた。 (1) 一度熱してから冷ましたステンレス皿を1枚用意し、皿の(a質量)をはかった。 (2) 銅の粉末を(1)の皿にうすく広げてのせ、皿全体の(b質量)をはかった。 (3) 図2(ガスバーナーでステンレス皿の銅の粉末を加熱している絵)のように、(2)で銅の粉末をのせたステンレス皿を、ガスバーナーで強く加熱すると、銅の粉末の色が黒色に変わった。次に、この粉末をかき混ぜた後で加熱することを繰り返し、途中で何度か皿全体の質量をはかった。その結果、すべての銅が酸化銅に変化したと判断されたので、最後にはかった皿全体の(c質量)を記録した。 (4) 図3(びんの中に水素ボンベを使って水素を入れている絵)のように、逆さにしたびんに水素ボンベを使って水素を満たした。次に、びんにキャップして空気が混ざらないようにした。 (5) (3)のステンレス皿を、酸化銅をのせたままガスバーナーで再度加熱し、熱いままの皿を素焼きの台の上に移した。次に、(4)のびんを逆さにしたままキャップをはずし、図4(水素を満たしたびんの中に素焼きの台があり、素焼きの台の上にステンレス皿が置いている絵)のように、皿にびんをかぶせると、酸化銅が赤色になり、びんの内側に水滴がついた。皿が冷めるまでびんをかぶせておき、その後で皿全体の(d質量)をはかった。 問題は、 実験の(5)で質量をはかったとき、ステンレス皿上にある単体の銅は何gか、表をもとに求めなさい。ただし、びんの内側についた水滴は、銅の質量に比例しないものとします。 私はb-aで銅の質量は1.24gと考え、 c-aで酸化銅が1.55gと考えました。 1.55g-1.24gで化合された酸素は0.31gと考えました。  そうすると、dでは還元されたので、銅の質量は1.24gにならないといけないはずなんですが、d-aをしても、1.44g残っていることから、dは全部酸化銅を還元できず、酸化銅と銅が混ざった状態だと考えました。単体の銅を求めなければならないので、還元で出ていった酸素が、0.11gで、 銀と酸素は4:1で化合することから、x:0.11=4:1 x=0.44と考え、単体の銅は0.44gとしました。 しかし、(5)のdの質量の時に酸化銅の色が赤色になっていたことから、すべて銅に還元されたかもしれないと思っており、なかなか謎が解けないです。誰か教えてください。

  • 理科 化学変化

    スチールウールや水素などは燃やすと水や酸化鉄になるってあったんですがこれは酸素と化合してるってことになるんですよね、なぜ燃えると酸素と化合するんですか?酸素は物を燃やすために使われて化合はしないんじゃないですか?

  • 化学式

    たとえば 鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4 というのが酸化鉄の化学式ですが・・ なぜ2O2なのですか?仮に酸素分子の事を言っていたとしても酸素分子はO2ですよね?なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか? さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか? なぜ単純に Fe+O=FeOにならないんですか? これ以外にもこれと同じようなことで分からない化学式があります。 エタノールの化学式はC2H6Oですよね? なのに、エタノール+酸素=二酸化炭素+水→C2H5OH+3O2=2CO2+3H2O となります。 エタノールの化学式はC2H6Oなのになぜこの化学反応式だとC2H5OHになっているんですか? 二酸化炭素の化学式はCO2、一酸化炭素の化学式はCOで、たった1文字違いで全く違う物質になんてしまうのに・・! 酸素の化学式は(仮に分子のことを言うとしても02)Oなのになぜわざわざ3O2になるんですか? わけがわかりません・・。 それとも、まだ中学校レベル、高校受験レベルではそういう化学反応式を理屈抜きで暗記するべきなのですか? おしえてください、お願いします・・。