• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

米国の債券型投資信託の購入で迷っています。

現在、余裕資金が800万円ほどあります。 母が年金暮らしを始めたので月に8万円ほど援助が必要な状況です。 年間で100万円近くの負担になってしまうので余裕資金で投資信託を購入しその分配金を援助金に充てたいと考えています。 そこでアメリカの債券型投資信託を購入しようと考えています。 具体的にはフィデリティ・USハイ・イールド・ファンドが良いかなと思っています。 このファンドはリーマンショックの際に基準価格が5000円程度になっていますが、現在は6000円前後です。 アメリカの景気が回復しきている現在、6000円という基準価格は安いのではと考えています。 その理由はドル安ではないかと考えていまして、長期で見た場合このドル安が続くかないのでは考え、購入するには良いタイミングではと思っています。 基本的には長期保有で考えていますので基準価格下がってしまっても保有し続け分配金を受け取り続けて行きたいと考えています。 そこでお伺いしたいことが二つあります。 まず基準価格はどの程度下がってしまう恐れがあるでしょうか? 私はリーマンショック後で5000円程度だったので、ドル高になり、基準価格が上がることはあっても5000円以下に下がることはないのではと思っています。 また、分配金は受け取り続けていけるでしょうか? 私はこのファンドの分配可能額が3500円程度あり、10年間のトータルリターンが年利5%程度(つまり、リーマンショックで大幅に基準価格が下がっても利益は出ています)あり、特別分配を出したことがないことから、長期保有で考えれば基準価格が多少下がっても分配金を受け取っていけるので損はしないのではと考えています。それに、ただ母に援助しただけでは八年で余裕資金は無くなってしまうので、それなら投資した方がという思いもあります。なお現在の分配額は一万口辺り85円です。 結局は未来の事はわからないとは思いますが皆さんの意見を聞かせてください。 知識も経験も浅いので間違いを指摘していただけるだけでも幸いです。 なお、毎月分配型が税制上不利な面があるのはわかっています。 ですが、継続的に資産管理に使える時間がないので分配金を母に受け取ってもらおうと毎月分配型を選びました。 また、母は資格を持っており働き口の確実なあてが有るので分配金がもしなくとも生活していけなくなるという心配はありません。 節約したほうがなど意見は様々でしょうが、ただ貯金しておくよりは投資しようという考えではありますので、投資対象としてどうかという観点でアドバイスを頂ければと考えております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数577
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

話を整理します。 1:現在800万円あり月に8万円ほど取り崩していきたい。 2:そのまま預金で運用するのではなく海外債券投資信託(フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド)を利用したい。 問1 投資信託の基準価額はどの程度下がる可能性があるか?  現状、債券投信での運用は個人的におすすめできません。債券はこの不況下で利回りが下落し価格は上昇しています。今後景気が回復すれば利回りは上昇し価格は下落しますので実質の基準価額は下落する可能性が高いです。また現状、ドル安と考えていますが、それを以てこれ以上ドル安にならないとは限りません。米国の中央銀行であるFRBはデフレを極力回避しようとしています。もし持続的に景気が浮上しなければ再度金融緩和を行うはずです。その場合、再びドル安が進む可能性があります。日銀の金融緩和はあまり規模を大きくしない方向にあるのもマイナス要因です。  またもう一つ問題があります。それは選択した投信がハイイールド債中心で運用されていることです。ハイイールド債は高利回りですが回収できない可能性が高く信用力が低い債券です。つまり銘柄により回収できない(デフォルト)場合があります。債券投信であると同時に株式投信でもあると思ってください。債券より利回りは高いですが株式ほどではなく、その割には回収できない率(デフォルト率)は常に把握しておく必要があります。個人的に資産管理に時間を避けないという考えでこの投信を運用するのは避けるべきと思います。  以上のことをわかった上で運用されるのでしたらお止めはしません。 問2 分配金は今後も行われるでしょうか?  それは誰にも分かりません。でも常識的に考えて基準価額が下がれば資産額が減るということで、当然分配できる金額が減るもしくは分配出来なくなるのはおわかりだと思います。これは運用レポートなどで分配金が変動していることと「運用状況によっては分配を行わない場合があります」というように書いてあることから分かります。基準価額は今後も下落する可能性は否定できませんので当然分配金も減る可能性は否定できません。  残念ながら投資信託などで資産運用をするのであれば、資産管理をする手間を惜しむのは絶対に得策ではありません。資産自体は上昇するかもしれませんが、金融機関に手数料と称して資産を削られていくのが落ちです。分配金が税制上不利なのはお分かりのようですが毎年削られる信託報酬は把握しておられますか。選択された投資信託では毎年1.7%ほど手数料が取られており、債券投資としては割高です。はっきり言って手間を惜しむと普通預金に置いておくより少なくなってしまう可能性があります。  投資されるのであれば国内と海外の株式を投資対象にしている無分配のインデックス投資信託に半々で投資し毎年必要な分を解約。どうしても資産管理をしたくないということであれば、おとなしく1年定期預金で運用し満期が来たら1年間必要な分を引いてまた1年定期預金で運用したほうがよほどましな結果になります。  せっかくの資産を金融機関に貢いでも誰も喜びません。有意義に資産を活用することを考えたほうが良いかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分配金の出ない債券投資信託

    いろいろと試していくうちに投資信託で分配金が出る度に税金が取られていくことがもったいないように思えてきました。最近は分配型が主流のようですが分配金が出ず基準価格が上がっていく様な債券投資信託はどのようなものがありますか?株式型投資信託についてはさわむらファンドのようなものは知っていますが他にいいものがあれば教えて下さい。

  • 投資信託について

    投資信託を少し持っています。純資産額はここ1年減り続けているのに、基準価格は上がり続けています。分配金は毎月100円でています。これは資産から分配金を支出しておりそのため、投資家が資金を引き揚げるているので、総資産に対する総口数が少なくなりすぎ基準価格が上がっていると解釈すべきですか? そうだとするとかなり危険ですよね? どなたか教えてください。

  • 投資信託

    投資信託の購入を考えてます。 300万ほどの資金ですが、20~30年は使う予定がありません。 銀行などの預金も今は低金利です。 そこで投資信託ですが、 今は、基準価格が安い時期のようです。 とりあえず毎月分配型で、おこずかいの足しにもしたいです。 長期運用して20~30年先頃基準価格が、ある程度上あがっている時に 売ればよいかなと思っています。 今は、100年に1回といわれる不況です。 20~30年先を長い期間でとらえた時、今よりは価格が上がるのでは ないかと思っているのですが...。 たとえば、 基準価格7000円のものを300万円だと 手数料なども3%位かかりますが、だいたい415万口くらい 買えるかと思います。 仮に10000円になると415万円になるという事で その時に売ると100万以上は利益がでる。 それと分配金でたとえば毎月17000円位でも あれば、20年保有したとして400万円以上の 分配を得る事になると思います。 という考えですが、あまいですか? 私も投資信託を間違えてとらえているかもしれませんし、 やはり大金なので、間違いのないようにしたいので、 ここで、質問させていただいてます。 なお、上記の計算はおおよそですので、キッチリとは 計算してません、 経済状況も20~30年先位の長い期間で今よりは 基準価格が上がる時期があるのではないかと思っています。 はっきり言って これは損をすることでしょうか? 安全に預貯金にしておいたほうが良いのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>知識も経験も浅いので間違いを指摘していただけるだけでも幸いです。 まずは投資信託の勉強をした方がよい。 >6000円という基準価格は安いのではと考えています。 基準価額の絶対額は高い安いには関係ない。基準価額が6000円でも10000円でも関係ない。 基準価額2万円のハイイールドファンドも同じ。 >私はこのファンドの分配可能額が3500円程度あり 分配可能額は会計上の処理で、実際に分配できる金額とは関係ない。分配可能額は基準価額と別にプールされているのではなく、基準価額で表現される資産の中に含まれている。 基準価額4000円で分配可能額が5000円というファンドもあったがファンドの分配可能額は4000円。4000円分配すると基準価額は0円。 フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドが3500円分配金を出すと基準価額は2500円。 >特別分配を出したことがないことから、 間違い。リーマンショック以後は特別分配金だった人が多いはず。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 投資信託の売り時は?

    半月前に初めて買ったダイワスピリットを1,050,600口持っています。手数料込みの買い付け価格は9,784です。現在基準価格は9,821で4,000円弱の利益。「教えて」を読んでいると投資信託はあまり儲かるものではないことが分かり、換金しようと考えています。3月10日に分配金がでて、再投資になっていますが、次の分配金が出る前に売ったほうが良いのか、分配金が確定してから売ったほうが良いのかアドバイス下さい。

  • 豪ドル債券投資信託について

    現在、MHAM豪ドル債券ファンド毎月決算型に投資しています。 取得価格7780円 申込金額100万 手数料 2.1% 信託報酬 1.3125% 信託財産留保額 なし 毎月8000円程度の分配金が入金され 基準価格は下がっていますが、現在16万の利益があります。 分配金は使わず、突発的な家の修繕費などにあてたりです。 銀行の勧める投信は経費がかかるし、銀行が 儲かるだけという意見が多く、興味は全くありませんでした。 この投資信託は勉強代として(魔が差して)始めました。 現在の基準価格が7700円前後なので、大きな損をする 前に解約しようと思ってます。 教えていただきたいことは、 (1)信託報酬とはいつの時点で徴収されているのでしょうか? (2)定期預金を銀行に預けても年に数千円ですが、投資信託は    今のところ年に最低1万は得すると考えています。    資産を増やすぞ!という100万ではないので    分配金型のようにコスト高の投資信託で十分と思っていますが    間違っていますか? (3)現在の商品を解約後、基準価格7300円ぐらいに再度    同じ商品に申し込もうと思っています。間違っていますか?    

  • 投資信託

    4月2日に初めて短期豪ドル債オープン(毎月分配型)を購入しました。投資信託は長期間運用すること利益に繋がると聞きました。本当でしょうか?教えて頂けますか。 4月7日に初めての決算日に分配金が90から100になりました。分配金が上がった事が嬉しかったのですが、10日には基準価格が118円下がりました。価格変動は、当たり前の事だとは、聞いていますが、今後のために、最小限度のリスクで手放すタイミングを教えて頂けますか。それとも基準価格を気にせず5年・10年と持ち続けた方が良いものなのでしょうか?オーストラリアは高インフレ状態とありますが、投資信託に大きく影響を、するものなのでしょうか? また基準価格が11,805円で純資産が980.27億だったのが、翌日の基準価格が11,687円で純資産が981.38億でした。基準価格が下がっても、純資産が大きいのは、どうしてなのでしょう? 又、初心者の私は、良い投資信託だと思ったのですが、投資口数率が増えないのは、投資家の方が、リスクが大きいと判断しているからなのでしょうか?

  • 投資信託の分配金について

    基準価格に分配金を含むと書いてありますが、分配金はどのような基準で支払われるのですか?一年に一度だけ分配金の出る投資信託を持っておりますが、かなり昨年に比べて基準価格が上がっております。初心者なのでお願いします。

  • 投資信託分配金

    初めての質問で失礼もあるかも知れませんがご容赦下さい。 2~3年前から投資信託をはじめ、分配金を貰っています。 外貨ベースで約600万円投資し、毎月分配金で10万円ほど受け取っています。(再投資無し) 基準額は購入時から下がりましたが分配金がそれを上回り全体で見たらプラス100万円です。 計算上、この投資信託を6年間保有すれば分配金で元本分の金額になります。 お小遣い稼ぎではじめましたが、今は家のローンに宛てている状態です。 あまり勉強せずに購入したと言うところもあり、この運用方法が良いのか悪いのか分かりません。 ですので、皆さんにこの運用方法のメリット、デメリットがあれば教えて頂きたいと思います。 あと、ここ最近少し投資信託の勉強をしているのですが、分配金の無い投資信託は株と同じように考えていいのでしょうか?長期保有していても基準額が倍になるとは考えにくいのですが。 みなさま、宜しくお願い致します。

  • 投資信託依存症?

    投資信託依存症? 2年前(リーマンショック前)銀行の勧めで、グローバルソブリン(100万)を購入したのが始まりでした。 9ヵ月後、基準価格が下がり損失を出しているにもかかわらず、分配金欲しさに杏の実(100万)を購入。 その又9ヵ月後、ピムコハイイールド(100万)を購入。 2ヵ月後、基準価格がまた下がってきたので、「今買わないと」という思いから、 ワールドリートオープン(20万)を購入。(月10万円位しか余裕資金がない為) 何か、「下がれば下がるほど買いたくなる」、これはギャンブル等の依存症と同じでは? 不安で怖いです。投資信託を購入している方は皆こんなものでしようか?

  • 外国債券型の投資信託の買い時

    分配金の高さやリスク分散も兼ねて外国債券型の投資信託を考えております。しかし、いくら分配金が高いからといって即購入というわけにもいかず、投資先(国)の金利情勢等を見極めながら投資に踏み切りたいと考えております。  そこで、私が考えているのは、各国の高格付け、低格付け債含めあらゆる債券を考えているのですが、どうも今が買い時なのかどうか判断がつきにくい状況なのです。金利の動きと債券価格の超基本的な知識は持っているのですが、いざ買おうとなると「?」って思うんですね。  客観的にみなさんどうお思いですか?分配金が高いからといって、基準価格が下がってしまっては元も子もないと思いますので、皆さんのお考えをお聞きしたいと思っております。  もちろん言うまでもありませんが、投資は自己責任ですので!!(*^_^*)

  • 投資信託の基準価格と分配金について

    投資信託の基準価格と分配金はどのように決まっているのでしょうか?? よくわからないので教えてください。  例えば、基準価格が上がっていても、そのファンドが利益をだして いなければ、配当金は下がっていくのですか?  そもそも基準価格ってどうして決まっているの?  また、そのファンドの損益、買い得かどうかの目安は各ファンドデータの どこをみればいいのか教えてください。  初心者より、よろしくお願いします。

  • 投資信託の基本的なことについての質問

    投資信託では分配金をあまり出さないものがいいと聞きました。 そうすると、例えばあるファンドを基準価額10,000円の時に100万円分を購入し、数年後に基準価額9,800円の時に解約したとすると、単純に基準価額が下がった分だけ100万円から差し引いて戻ってくるということなのでしょうか? 分配金を出さない、というのであれば単純に基準価額の上下分の損益だけということになりますでしょうか? 基本的なことで恥ずかしいのですが、ファンドとはそういうものなのでしょうか?株式投資はしないけれどもお金を銀行にただ貯金しておくだけではもったいないので投資信託を買うことを検討している場合に、5~10年後に1番増えて戻ってくるようなファンドはどの数字を見て選べばいいのか教えていただけないでしょうか。 基準価額の上下だけを見て検討するのであれば株式投資とあまり変わらないと思うのですが・・・。あるいは、1口あたりの分配金が多いファンドの方がいいのでしょうか(再投資ありにする場合です)。 よろしくお願いいたします。

  • 投資信託について

    短期~中期(運用状態が良ければ長期保有も考えてます)の資産運用を目的として、 三井住友・グローバル・リート・オープン(愛称:世界の大家さん)を購入しようかと思うのですが、 毎月決算型の分配金再投資か、1年決算型か、どちらにしようか迷っています。 毎月決算型は純資産額も大きくノーロードで購入できますが、毎月の分配金から税金が引かれます。 1年決算型は純資産額が小さく購入時手数料がかかりますが、複利効果が出て有利な気がします。 今回の投資資金は100~200万を予定しています。 どちらがおすすめでしょうか? ちなみに、老後資金用に長期積立投信は別に行っています。