締切済み

司法書士の業務の範囲

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6383964
  • 閲覧数135
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

司法書士の業務範囲について教えてください。

1.損害賠償事件で500万円以上でも扱えますか?限度額があれば教えてください。また、その額   を超える事件を扱った場合はどのような罰則があるのでしょうか。

2.原告の依頼を受けた司法書士が被告でもない私を盗撮しました。これは司法書士に許された業
  務の範囲なのしょうか。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (759/1521)

1.司法書士がその資格を持って「業として」代理できるのは、簡易裁判所の扱う事件です。(司法書士法3条6号、7号)
 民事訴訟の場合、簡易裁判所が扱えるのは訴額140万円以内なので(裁判所法33条)、500万円の事件は司法書士は代理できません。
 これは弁護士業務なので、その司法書士が別に弁護士資格を持っていなければ、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金です。(弁護士法77条)

2.盗撮とはどういう状況かよくわかりませんが、それにより人の権利や法律上保護されるべき利益、身体、自由、名誉、財産権を侵害したのなら不法行為です。司法書士の職権で許されるものは、依頼人を代理して戸籍や住民票の写しの取得や登記などです。
お礼コメント
dragonfly27

お礼率 100% (1/1)

toka様

 toka様、業務ご多忙のなか、早速丁寧なご回答をいただき、ほんとうにありがとうございました。
 おかげさまで大変参考になりました。 重ね重ねありがとうございました。
 
投稿日時 - 2010-12-16 13:24:07
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ