• ベストアンサー
  • 困ってます

宇宙速度?

確か?宇宙速度と言ったと思いますが? 地球の重力圏から脱出するには、秒速?m。太陽系から脱出するには、秒速?mという記載を見ました。 素朴な疑問ですが、地表から離れると離れるほど、重力の影響が少なくなるので、ロケットエンジンを一定の出力で噴射し続ければどこまででもいける気がしますが?間違ってることは、わかっているのですが、なぜかわかりません? 多段ロケットも質量を減らしているのだという気がします。 どなかた、噛み砕いて教えていただけないでしょか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数619
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>素朴な疑問ですが、地表から離れると離れるほど、重力の影響が少なくなるので、ロケットエンジンを一定の出力で噴射し続ければどこまででもいける気がしますが? これは正しいです。ただ、ロケットエンジンを噴射し続ける必要はありません。むしろ早く第二宇宙速度にまで加速することが重要です。 第二宇宙速度は、地球の表面からこの速度で物体(宇宙船としましょう)を投げ出した際に、無限遠に達する最小速度のことです。宇宙船の持つエネルギーは、重力による位置エネルギーと運動エネルギーの和 (mv_2^2/2-GmM/R) ですが、地球から無限離れたところで速度が0になるとすると、   mv_2^2/2-GmM/R=0 が成り立ちますので、これを解いた値が第二宇宙速度(11.2km/s)です。第二宇宙速度よりも大きな速度があれば、地球から十分離れても速度を持ってますので、ロケットエンジンを噴射することなくどこまでも行けます。これは、自転車で坂を上がるときに、あらかじめ坂の前で十分に加速しておけば、坂を駆け上った後も、惰性でしばらく走れるのと同じです。 これだけですとあらかじめ速度さえ十分あればいいのではないかと思いますが、ロケットエンジンではこの速度を稼ぐのに有限の時間がかかるのが問題となります。 例えば、ロケットエンジンを自重と同じ推力で噴射するとロケットは浮かぶだけで上昇せず、推進剤が消費されるだけですよね。このようにして生じる損失を重力損失といいます。ロケットは垂直に上昇する時間が短いほど重力損失が少なくなります。したがって、打ち上げ直後は大気の濃い部分を最短距離で抜けるために垂直に上げるのですが、その後は地表と水平になるように進行方向を変えて垂直成分を減らします。これが No.1さんの書かれた重力を利用して水平にすることの理由です。 また重力損失低減のためには、短期間で一気に加速する方が効率的ですので、可能な限りロケットの燃焼は短期間に終わらせたいものです。その意味からも、ロケットエンジンを噴射し続けるのは効率的ではありません。 >多段ロケットも質量を減らしているのだという気がします。 ロケットが多段であることですが、現在のロケットエンジンの性能からは単段ですと十分に加速する前に推進剤がなくなります。多段ロケットですと、前段が稼いだ速度を初速度にして出発できるので、それだけ大きな速度を獲得することが出来ます。それが多段にする大きな理由です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 第二宇宙速度について

    秒速11.2km(第二宇宙速度)以上ないと地球の引力圏から脱出出来ないそうですが、ゆっくりでも確実に上昇する物であれば宇宙に行けるような気がするのですが?。無理なのでしょうか? 秒速11.2km(第二宇宙速度)でないと地球から離れても地球の回りを回り津図けるのでしょうか? 宜しくお願いします・

  • ロケットは打ち上げる時に第二宇宙速度にまで達しているのですか?

    地球から脱出するための速度は第二宇宙速度だということですが、そのようには見えないというかあんな重いものをその速度にまで加速しているなんて信じられません。よくある人工衛星打ち上げロケットなどは第二宇宙速度まで達しているのですか?

  • 第一宇宙速度、第二宇宙速度、脱出速度

    地球の質量をM、ニュートンの万有引力定数をGとし、地球の半径をRとする。地球表面の質量mの物体に地球が及ぼす引力は両者を結ぶ方向に働き、大きさはF=GMm/R二乗で与えられる。 (a)地球の表面で真上に発射したロケットが地球の引力圏から脱出して無限方向へ飛んでいくために必要な最小の速度を脱出速度、第二宇宙速度と呼ぶ。力学的エネルギー保存則を用いて、この脱出速度を求め、G、M、Rで表せ。 (b)一方、地球の表面で水平に発射したロケットが地上に落下せずのに地球の周りを回り続けるために必要な最小の速度を第一宇宙速度と呼ぶ。 ニュートンの運動方程式を用いて、この第一宇宙速度を求め、G、M、Rで表せ。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • asuca
  • ベストアンサー率47% (11786/24626)

>地表から離れると離れるほど、重力の影響が少なくなるので、ロケットエンジンを一定の出力で噴射し続ければどこまででもいける気がしますが? ある意味間違ってはいませんが地球の重力圏を抜けるためにはかなりの燃料を必要とします。 そのために垂直方向ではなく水平方向に近くまず飛んで地球の引力を利用して地球の引力軒を抜ける方法をとっているんです。 垂直方向に加速し続ければいいと通常は思うかもしれませんが現在の燃料の燃焼効率、燃料の重量を考えるとそれほど簡単に地球の重力圏は抜けれないんです。 一気に抜け出そうと思ったらそれだけの燃料が必要になりますが燃料はそれだけ重さがあるのでそれを打ち上げるためにはまたさらに燃料が....ということになるんです。 同じように太陽の引力も強力でそれを抜け出すにはかなりの力が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宇宙ステーションの速度変更

    国際宇宙ステーションを現在より少し加速して秒速200m程速度を変化させるとどうなりますか? 徐々に地表に落下して来たり、地球から遠ざかっていきますか? 地球の重力を振り切ることができる速度を第二宇宙速度というと前の質問で見ましたが、これって地表における初速度のことだと思うのですが、宇宙ステーションにおいても適用できますか? ちょっと疑問に思ってしまったので詳しい方解説お願いします。

  • 高校物理、第2宇宙速度

    (問題) 地上から真上に打ち上げられたものとして、第2宇宙速度を求めよ。ただし、地球の半径をR,地上の重力加速度の大きさをgとする。 (解答) 地球の質量をM,物体の質量をmとする。求める初速度をv0とする。物体と地球の距離がrとなった時の物体の速さをvとすると、 1/2mv0^2-GMm/R=1/2mv^2-GMm/r((1)) (1)について、rが大きくなるにつれて、vは減少する。有限なrにおいて、v=0となれば、万有引力によって、物体は地球に戻ってしまう。よって、地球に戻らないためには、v=0となれば、万有引力によって、物体は地球に戻ってしまう。よって、地球に戻らないためには、r→∞の時、v≧0でなければならない。このとき、(1)の右辺≧0となるから、1/2mv0^2-GMm/R≧0⇔v0≧√2GM/R (疑問) (1)v=0となれば、万有引力によって、物体は地球に戻ってしまう。とは具体的にはどういうことでしょうか? (2)r→∞の時、v≧0でなければならないとはr→∞で成り立てば、有限なrに関してもv≧0だからですか?

  • 宇宙では加速Gが加わりますか?

    まず、有人惑星探査の宇宙ロケットを打ち上げるには地球の重力を断ち切る第二宇宙速度の11.2 km/s(4032Km/h 約マッハ33)が必要みたいです。このときにパイロットにはいったい何Gの加速重力がかかるのでしょうか。 また、宇宙での静止状態から、加速をすると、車での急発進、急停車のような加速Gがかかるのでしょうか。 もし、物理を専攻した方が理論的に説明してくれたらいいと思います。文系専攻なので物理や計算は苦手なので、間違い、勘違いがありましたらご指摘してください。では、よろしくお願いします。

  • 無重力空間におけるロケット

    無知であるため変な質問ですみません。素朴な疑問なのですが、ロケットは作用・反作用の法則により、燃料を燃やしてできたガスを勢いよく噴射した反動で前進するそうですが、もし、一切無重力の場所があったとしたら、そこでもロケットエンジンは普通に使用可能でしょうか?重力がないことにより、地球の重力圏で使用した場合と何らかの違いは出るのでしょうか?教えていただけると嬉しいです。

  • 引力圏から脱出する速度

    物理は全くダメですが疑問に思う事があります。 ロケットエンジン搭載乗り物で宇宙に行くには地球の引力圏から抜ける為宇宙速度(秒速約8km?)が必要とTVで説明してました。 燃料消費量は度外視して時速50kmでゆっくり上昇する方法では宇宙に何故行けないのででしょうか?

  • 太陽系を推進する宇宙船の軌道について

     太陽の重力がある太陽系内の場合で推力を保持したまま宇宙空間を飛翔するロケットがある場合、そのロケットが描く軌道はあくまでも楕円や放物線、双曲線なのでしょうか?  それとも十分な推力さえあれば直線で航行するのでしょうか?  いまいちはっきりしません。参考文献などがあればお教え願います。

  • 地球観測

    下記の各問について「正」か「誤」かを教えてください。また、「誤」の場合は理由も教えてください。 (1) 温暖化などで両極の氷が融けると海の水位が上がってしまう。 (2) 国際宇宙ステーションの内部が無重力なのは、宇宙が無重力だからである。 (3) 原油の可採年数は約40 年と発表されている。従って、40 年後に原油は枯渇する。 (4) 地球温暖化はCO2 の増加が原因なので、地球に優しくするためにはCO2 を減らす必要がある。 (5) 晴天の昼間の空が青いのは、宇宙が青いからである。 (6) 第1 宇宙速度とは、太陽系の重力圏を離脱する速度であり、秒速16.7km である。 (7) 国際航空連盟では、宇宙を地上50km 以上と定義している。 (8) 光は秒速30 万km なので、秒速5 万km のロケットで進行方向に光を照らせば、光は秒速35 万km で進む。 (9) ロケットは、発射時に地球の公転速度を加算するため、東に向けて打ち上げられる。 (10) 古生物が歩いてできた足跡は骨ではないので化石ではない。

  • 宇宙・銀河系の回転速度はどのくらいでしょうか。

    太陽系は時速10万キロだそうです。 私は、もしかしたら全宇宙・銀河系が回転しているとすると、 宇宙の回転速度がCになるのではないかと考えています。 現在の科学で分かっていますか? それと、 宇宙は無重力ですよね。 (重力が釣り合って無重力になっているだけで、実際は重力波が溢れている?) 宇宙空間のヒッグス粒子の密度は、 地球などの天体と同じなのですか? 宜しくお願いします。

  • 宇宙のDVDが観たいです!

    私は小さいころから宇宙が好きでよくNHKの番組とかをみます。 そこで最近宇宙のDVDを購入しようと思っているのですが何かおすすめとかありませんか? 今まで買ったことがないのでどんなものがあるかとか全くわからないんです… 宇宙の神秘みたいなのを教えてくれるようなものがいいのですが 太陽系が好きなので太陽系のDVDだともっと嬉しいです^^ 天体望遠鏡とかロケットにはあまり興味はありません。 周りの女の子はあまり宇宙に興味がないようなのでここで質問してみました。 回答よろしくお願いします!

  • 太陽系と太陽圏 ボイジャーのニュースについて

    宇宙のことに詳しい方、教えてください。 最近、宇宙のことに興味をもって色々と調べ出したのですが、「ボイジャー1号がまもなく太陽系を出る」というニュースをみて疑問を持ちました。これは「太陽系」ではなくて「太陽圏」(ヘリオスフィア)の間違いなのではないでしょうか? 「太陽系」をどこまでとするかは人によって定義が異なるようですが、太陽の重力が及ぶ範囲までを太陽系としたり、オールトの雲までを含めたり、いろいろな考えがあるようなので、一概に「太陽系脱出」とは言えない気がします。 これはニュースがいいかげんなだけなのか、それとも、一般的に「太陽圏までを太陽系とする」という定説みたいなものがあるのでしょうか? 詳しい方、ご返答よろしくお願いします。