• 締切済み
  • 暇なときにでも

ロケットの速度は

ロケットに乗り宇宙へ飛び出すには秒速で何キロ出せば 地球の引力圏から抜け出せるのでしょうか。 また、身体に掛かるGはどのくらいなのでしょう。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数9751
  • ありがとう数27

みんなの回答

  • 回答No.7

地球を周回するには秒速7.9km以上あれば、動力がなくても、地球を回り続けます、これは遠心力と、重力がつりあうので地上へ落下してこない第一宇宙速度です 地球の重力圏から抜け出すには秒速11.2km、以上加速すれば、月へいけます、そのため、月ロケットには、加速用の4段目ロケットエンジンを付け足したり、3段目エンジンを再点火して、11.2kmまで加速します 身体にかかるGは、1秒間当たり、重力加速度9.8mを加速されるごとに数値が上がります、通常は宇宙飛行士が気分が悪くならない3G程度になるように液体ロケットエンジンのスロットルバルブを調整します、(自分の体重の3倍の力が身体に加わる)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 第二宇宙速度について

    秒速11.2km(第二宇宙速度)以上ないと地球の引力圏から脱出出来ないそうですが、ゆっくりでも確実に上昇する物であれば宇宙に行けるような気がするのですが?。無理なのでしょうか? 秒速11.2km(第二宇宙速度)でないと地球から離れても地球の回りを回り津図けるのでしょうか? 宜しくお願いします・

  • 第一宇宙速度、第二宇宙速度、脱出速度

    地球の質量をM、ニュートンの万有引力定数をGとし、地球の半径をRとする。地球表面の質量mの物体に地球が及ぼす引力は両者を結ぶ方向に働き、大きさはF=GMm/R二乗で与えられる。 (a)地球の表面で真上に発射したロケットが地球の引力圏から脱出して無限方向へ飛んでいくために必要な最小の速度を脱出速度、第二宇宙速度と呼ぶ。力学的エネルギー保存則を用いて、この脱出速度を求め、G、M、Rで表せ。 (b)一方、地球の表面で水平に発射したロケットが地上に落下せずのに地球の周りを回り続けるために必要な最小の速度を第一宇宙速度と呼ぶ。 ニュートンの運動方程式を用いて、この第一宇宙速度を求め、G、M、Rで表せ。

  • ロケットは打ち上げる時に第二宇宙速度にまで達しているのですか?

    地球から脱出するための速度は第二宇宙速度だということですが、そのようには見えないというかあんな重いものをその速度にまで加速しているなんて信じられません。よくある人工衛星打ち上げロケットなどは第二宇宙速度まで達しているのですか?

  • 回答No.6
  • 2050335
  • ベストアンサー率23% (21/90)

ロケットが宇宙に上がるためには、秒速11,2kmが最低でも必要です。 時速に換算すると、40320km/hですね。 ただし、これは地球の重力圏を完全に脱出するために必要な速度であり、 実際は秒速7,72km、時速換算で27800km/h程度で十分な高度に達することが出来ます。 体にかかるGは、最大でも5G程度で、一般的な耐Gスーツで十分です。 しかし、あくまで宇宙空間に打ち上げるので、宇宙服を着ているだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

最大のGに関しては、原理的には1Gに幾らでも近くできます。発射台で待っているときから1Gは掛かってますよね。そして、はじめはんとゆっくり、時間を掛けて上昇すれば良いからです。高度を上げて、重力が弱くなるにつれて、その分加速をふやしていける。 つまり、Gが大きいから宇宙に飛び出す/大きくないと飛び出せない、という訳ではないという事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

  • 回答No.4

ごめん、まちがえたです。 >地球(赤道上)をたった1秒で一周する速度ですね。 ちゃうちゃう「1時間で」1周の間違いでした。失礼しました。 (^^;;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>ロケットに乗り宇宙へ飛び出すには秒速で何キロ出せば >地球の引力圏から抜け出せるのでしょうか。 地上からでしたら秒速11.18kmです。時速約4万キロ! 地球(赤道上)をたった1秒で一周する速度ですね。 早っ!!(^^;; 宇宙開発事業団のサイトにイラスト入りの解説がありましたのでご紹介します。 http://spaceboy.nasda.go.jp/note/tansa/J/Tan02a_j.html >また、身体に掛かるGはどのくらいなのでしょう。 スペースシャトルの打ち上げ時に宇宙飛行士にかかるGは最大3Gです。宇宙開発事業団のサイトから抜粋します。 http://spaceboy.nasda.go.jp/qanda/qanda_j/qastronaut.html#q4 >スペースシャトルの打ち上げの時のGは、最大3G(地球の重力の3倍)くらいまで >になります。体が重くなり、手足の動きが制限されます。特に胸から背中にかけて重 >さを感じるのです。しかし、ふつうの健康な人であれば、十分耐えられるGですし、 >顔がゆがむようなことはありません。メインエンジンを停止した瞬間にGは感じな >くなり、無重力状態になります。 地球を周回するスペースシャトルの脱出速度はおよそ8km/sですから、宇宙へ飛び出すにはもう少しGがかかります。(5G程度)人間は立った状態で3.5G~4G、横になった状態では6~7Gまで耐えられることが実験によりわかっています。(それ以上になると脳に酸素が行き渡りません)しかし、瞬間的であれば脳に酸素があるため耐えられます。スカイダイビングなどは瞬間的に数Gがかかりますが、耐えられるのはそのためなのです。つまり、身体にかかるGという点では、惑星行きのロケットにヒトが乗ってもだいじょうぶ、と言えるでしょう。 以上、お役にたてれば幸いです。--a_a

参考URL:
http://spaceboy.nasda.go.jp/note/tansa/J/Tan02a_j.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答を頂きましたので、知識が一つ増えました。 ではチョット月まで行って来ます。 冗談 ありがとうございました。また教えて下さい。

  • 回答No.2

空気抵抗を考慮せずに地球の引力圏から離脱するための速度(脱出速度または第二宇宙速度)は秒速11.2kmです。下のURLの第1節の終わり頃にもう少し詳しい説明があります。Gは、deagleさんも言っているように加速の仕方によって異なります。NASAのホームページでも探すと、アポロの宇宙飛行士が経験したGの値とか書いてあるんじゃないでしょうか?

参考URL:
http://www2.hamajima.co.jp/%7Etenjin/labo/satellit.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 えーと、俺の記憶が正しければ、5000km/hだったはずです。  ただしこのとき身体にかかるGは、どのくらいの加速度で加速するかによって変わりますので、一概にどれくらいとは言えなかったと思います。たしか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございました。

関連するQ&A

  • 引力圏から脱出する速度

    物理は全くダメですが疑問に思う事があります。 ロケットエンジン搭載乗り物で宇宙に行くには地球の引力圏から抜ける為宇宙速度(秒速約8km?)が必要とTVで説明してました。 燃料消費量は度外視して時速50kmでゆっくり上昇する方法では宇宙に何故行けないのででしょうか?

  • ロケットの推進力について

    こんばんは。暇なときでいいので、回答お願いします。 ロケットは、地球上ではエンジンから出した衝撃波(?)によって地面や空気から受ける反作用で上空に上がる推進力を得ますよね?(ここから既に違っていたらすみません) しかし、宇宙にはロケットや探査機に反作用を与えるようなものは無いように思います。それなら、何故ロケットや探査機(はやぶさ等)は前に進めるのでしょうか?

  • 1段式ロケットと2段式ロケットの違い

    宇宙ロケットを多段式にする(途中で分離する)ようにすると1段式ロケットより大きなペイロード(荷物)を軌道に投入できるそうですがなぜですか?

  • ロケットは衛星の破片にぶつからないの?

    地球の周りに衛星の破片などが高速に自転と共に動いており、ミサイルの玉が当たっと同じぐらい強力とあります。 ロケットを宇宙に向かって発射する場合は、地球の周りを飛んでいる破片にあたっても大丈夫なのでしょうか。 ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

  • 宇宙速度?

    確か?宇宙速度と言ったと思いますが? 地球の重力圏から脱出するには、秒速?m。太陽系から脱出するには、秒速?mという記載を見ました。 素朴な疑問ですが、地表から離れると離れるほど、重力の影響が少なくなるので、ロケットエンジンを一定の出力で噴射し続ければどこまででもいける気がしますが?間違ってることは、わかっているのですが、なぜかわかりません? 多段ロケットも質量を減らしているのだという気がします。 どなかた、噛み砕いて教えていただけないでしょか? 宜しくお願いします。

  • 地球観測

    下記の各問について「正」か「誤」かを教えてください。また、「誤」の場合は理由も教えてください。 (1) 温暖化などで両極の氷が融けると海の水位が上がってしまう。 (2) 国際宇宙ステーションの内部が無重力なのは、宇宙が無重力だからである。 (3) 原油の可採年数は約40 年と発表されている。従って、40 年後に原油は枯渇する。 (4) 地球温暖化はCO2 の増加が原因なので、地球に優しくするためにはCO2 を減らす必要がある。 (5) 晴天の昼間の空が青いのは、宇宙が青いからである。 (6) 第1 宇宙速度とは、太陽系の重力圏を離脱する速度であり、秒速16.7km である。 (7) 国際航空連盟では、宇宙を地上50km 以上と定義している。 (8) 光は秒速30 万km なので、秒速5 万km のロケットで進行方向に光を照らせば、光は秒速35 万km で進む。 (9) ロケットは、発射時に地球の公転速度を加算するため、東に向けて打ち上げられる。 (10) 古生物が歩いてできた足跡は骨ではないので化石ではない。

  • 核廃棄物をロケットに詰めて、宇宙の果てに飛ばす・・

    地球上の核廃棄物をロケットに詰めて、地球には戻れない飛行の設定で宇宙の果てに飛ばす・・・ 当然、福島原発事故での溶けた燃料や、放射能に汚染されたガレキなども含みます。 これってありですか? それとも、なしですか? もしそんなことをしたら、地球外生物の何者かが、ロケットを地球に戻る設定をしてまたやってきそうですか? いい理由、悪い理由、想定される事態を考えてみてください。

  • ロケットの速度増分について質問です.

    ロケットの速度増分について質問です. ロケットを地上の静止状態からある高度の円軌道まで加速するのに必要な速度増分ΔVを求める問題を解いでいるのですが, その高度の速度(V1)を求めて,ΔV=V1-0=V1でいいのか, それとも,その軌道のエネルギーと地上のエネルギーをそれぞれE1,E0を求めて,1/2ΔV^2=E1-E0からΔVを求めるのかどっちが正しいですか? それと,その軌道からさらに第二宇宙速度(V2)まで加速するとき必要な速度増分ΔV’を求めるときはΔV'=V2-V1でいいのかエネルギーを使って求めるのかどっちが正しいのでしょうか? よろしくお願いします.

  • ロケットは無駄では

    はやぶさ2の打ち上げが成功しました。 その打ち上げの様子を、おそらく飛行機から撮影した映像がありました。下からロケットが飛んでくる様子が写っていました。それなら、その飛行機から宇宙に向けて衛星だけ打ち上げたら、ロケットなんて使わないくていいと思います。 どうして、無駄なことをするんですか。

  • 探査船の速度

    ボイジャーやカッシーニは秒速30キロ以上で航行しているんですよね。 この速度は地球に対しての速度なんでしょうか それとも光を基準にした速度なんでしょうか。 それともし光速の10パーセントほどで動く天体があったとしたらそこからロケット(現時点の性能)を打ち上げることはできるのでしょうか。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう