• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

60歳又は65歳までに幾らくらい貯金が必要?

自営業をしています。 60歳又は65歳までやめるとしたら、幾らくらい貯金をしていたらそこそこな老後が過ごせますか? 国民年金なのでかなり安いと思いますので。 三十半ばまでは会社員だったのでその分の厚生年金はあると思うのですが安いサラリーマンをしていましたので国民年金に毛が生えた程度しか付かないと思います。 現在42歳結婚をしていて小さな子供がいます。

  • ube
  • お礼率94% (346/365)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数11843
  • ありがとう数36

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

65歳まで働いて年金を受け取り、男性の寿命が平均82歳、女性の寿命が平均88歳。支出から見ていくと住宅ローン等が終わっているもしくは保険料の支払いがなければ考えるのは生活費だけとします。生活費なのですが家計調査によると26万円ぐらいが平均のようです。ご主人が亡くなった場合は6割程度の生活費と仮定します。一方収入はご主人の場合は国民年金+厚生年金で100万円ほど、奥様は国民年金のみの収入とします。 ■支出額 26万円×12月×17年+16万円×12月×6年=6456万円 ■収入額 100万円×17年+80万円×23年=3540万円 ■差額(必要額) 6456万円-3540万円=2910万円 となりますが全額必要とは限りません。 支出額が思ったより少ないことや老後でもパートなど何かしらの収入手段を持ったりすれば必要額が減ります。また資産を運用したりすれば必要額は減っていきます(老後資金を年2%で運用すれば65歳時の必要額は2300万円ほど)。逆に持ち家の修繕や介護費用を検討するなら多少上積みが必要かもしれません。 またインフレなどの要素を加味してませんのであくまでも推定です。この額を目指して貯金するのは結構ですが、1年に一回は見直しし、その時の状況で臨機応変に対応したほうが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

関連するQ&A

  • 60歳以降の国民年金継続、65歳以降の支給開始

    自営業の58歳です。40半ばまでサラリーマンをやっていて厚生年金を払っていましたが、自営として独立以降は国民年金のみです。正社員になったのは30過ぎで、それ以前は国民年金も払っていなかったので60歳になっても掛け金支払い期間は30年弱です。65歳まで国民年金を払い続けようとは思っているのですが(それでも40年には達しない)、途中で支払いが苦しくなって(病気や仕事の不調で)、例えば63歳でやめることはできるのでしょうか。それとも、60歳の時点で、掛け金支払いをやめるか、65歳まで払い続けるかの2択しかないのでしょうか。 それから、65歳の支給開始の延長を選択し、例えば70歳からとした場合、これについても、やっぱり67歳からもらいたくなったら、67歳から支給開始は可能なのでしょうか。その場合、なんらかのペナルティ(減額)はあるのでしょうか。

  • 60歳から65歳まで国民年金は払うのが得か

    私は60歳を過ぎてから国民年金を払うのを停止しています。 既に35年くらい国民年金を(途中で厚生年金の時期も5年間くらいありました)支払っているからです。 しかし、知り合いの人は、60歳過ぎても、65歳になるまでは支払うという人がいます。 そこで、質問ですが、既に35年くらい国民年金を(途中で厚生年金の時期も5年間くらいありました)支払っている60歳の人間の場合、さらに65歳まで国民年金を支払うメリットはあるのか、それとも65歳まで国民年金を支払うことは無駄(メリットなし)なのか、ということです。よろしくお願い致します。

  • 厚生年金を65歳まで支払うことは出来ますか?

    自営業で国民年金を20歳から払っていて、 55歳の時に法人化して厚生年金になりました。 65歳まで厚生年金を収めたいのですが、可能ですか? 最近、年金の受給年齢の引き上げも騒いでますので、 出来れば65歳まで払いたいのですが、不可能でしょうか? お答えいただけたら幸いです。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

かなりの回答が出てますので、全体を見ればどれくらいの金額が必要かはおぼろげながら推測できると思います。実は、私も年齢が60を越えていて、いくら必要か興味があります。 回答が後の人ほど具体性が増していると思われますので、No.6の方の保険屋の40万円は多目の数字と見て7掛けで28万円とすると、No.7の方の26万円と近い数字ですので、この辺が妥当かと思います。 実際、保険屋の言う40万円は住宅ローンが残っているとしても高額過ぎます。 すると3000~4000万円ということになりますが、これに物価(2%)と消費税(10%)の上昇分を加味すると、それの1.3~1.5倍の4000~6000万円が必要ではないでしょうか。 もし、65歳で全額用意できれば、物価が上昇すれば定期預金の金利も上がるでしょうから、もう少し少なくてもいいかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

  • 回答No.6
  • aoi35
  • ベストアンサー率43% (407/939)

老後にゆとりある生活をするには1億円以上が必要な事は常識だと 保険屋に力説されたてムカついた経験のある40歳男性です。 保険屋=毎月40万として20年では約1億円が必要なんです 私===今現在でも月40万も使っていないんですよ 保険屋=統計が出ているんですよ統計が、月に40万が必要なんです。 なんだかアホらしくなったので追い返しました。 さてさて、私なりの回答ですが【今現在の生活費-年金X25年分】で良いと思いますよ 例えば”生活費20万”-”年金受け取り7万円”X25年 = 3900万円見たいな感じです。 こんな感じで今の収入は無視して。今現在の出費を元に自分で計算していくと見えてくると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

  • 回答No.5
  • qazwsx21
  • ベストアンサー率32% (1265/3880)

国民年金は40年掛けて年78万円くらい、厚生年金は加入期間と当時の報酬月額によります。年金定期便が来るので大体はわかるはずです。自営業では小規模共済を掛ける(サラリーマンの退職金に相当)とかこれからでも年金を補完する方策はあります。 生活費は個人差が大きいので何とも言えないです。月10万円で十分という人もいれば50万円あっても足りない人もいるでしょう。家計簿などで予想すると良いかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

  • 回答No.4
  • f_kinko
  • ベストアンサー率29% (126/424)

私はサラリーマンを41歳で辞めて、自営になりました。60歳で事業を辞めるために仕事を減らしています。老後の生活費は、国の調査では平均27万/月ですから、約320万/年ちょっとです。中央値はもっと低いでしょう。これは、最も多いサラリーマンを続けた世帯が年金のみで生活している金額ですよね。余裕のある生活なんて言うけど、あれは、現役世代のアンケート結果です。保険会社がそれ程意味の無い数値を使って、商品を売ろうとしているだけです。それに比べ、現実ははるかにすくないです。だって、親の援助なしに、結婚して、子供を育て、家を買ってローンを退職金まで使って完済し、満額の年金が出るまで、安い給与ではたらいたって、どれ位の預金が残せますかね。 42歳なら、年金定期便が来てませんかね。きてなくても、問い合わせれば解かります。まぁ、厚生年金は20~30万位なんですかね。それと、国民年金を含めて100万/年としましょう。奥さんの厚生年金の加入期間はありませんかね。それと国民年金を含めて80万/年としましょう。普通は奥さんの方が遅いけど、面倒だから65歳からは、2人で180万/年の年金としましょう。320万/年の生活費が必要なら、140万/年預金を使うことになります。あなたが80歳で死んだとして、それまでに、140万/年X15年=2,100万は必要ですよね。、奥さんの年齢が解からないけど、その後6年生きるとしましょう。生活費を二人で生きてた時の60%ちょっとし、200万/年としましょう。、遺族厚生年金を含めた年金を95万/年とすれば、預金から105万/年だから、6年なら630万必要でしょう。65歳からでも、約2,800万/年弱は最低必要でしょうね。 実際は、生活費なんて、それぞれです。それと、長期に何度かの家の補修なんかの費用もかかるだろうし、重い病気、介護なんかのアクシデントに対応する費用も見とかないでしょう。でも、一番怖いのが長生きした時ですよ。夫婦2人で百歳まで生きちゃったりしてね。身体が思うように動かなくなってから、預金が底をついて、その年金で生きてゆくのは大変ですよね。 私は終身年金も入っているけど、そこまで生きちゃったら、物価上昇が政府なんかのもくろみ通りの2~3%になると、半分以下の価値になっちゃうよね。私は国民年金の未納期間はないけど、妻は5年弱あるから、60歳から特別加入して満額にする予定です。一応は物価に比例する公的年金を繰下げて70歳からもらう予定です。これで、二人で240万/年にはなるし、私と妻の厚生年金を加えれば300万/年にはなります。終身年金が半分の価値になっても、サラリーマン並みになるでしょう。後は、今の預金と、事業をたためば資産が残るから、それで生活します。損得を言う人もいるけど、人それぞれです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

  • 回答No.3
noname#185422

はじめまして、よろしくお願い致します。 だいたいですが、3~4千万円(現金、貯金)ぐらいは最低必要ではないでしょうか。 それで、足りなければ住んでいる家を売り生活費にするしかありません。 すなわち、全財産で6千万円は必要だと思われます。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

  • 回答No.2
noname#222486

定年後の年平均支出は400万~500万円 定年後20年(85歳)として8,000万~10,000万円が基本ベースだそうです。 ゆとりある生活を望むのであれば12,000万円以上が必要です。 年金はお小遣いにしかならないと思っていたほうがよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

  • 回答No.1
  • aokii
  • ベストアンサー率23% (4418/18609)

1億2000万円ぐらいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございました。 大変勉強になりました。

関連するQ&A

  • 60歳以降国民年金継続か小規模共済増額か

    自営業(フリーランス)13年目の59歳です。60歳になると国民年金は支払わなくてよくなりますが,自分は正社員として働き始めたのが遅かったので(厚生年金は合計14年ほど払いました),60歳の時点でも納付期間合計は28年くらいです。これでも65歳からの受給資格は満たしているようですが,任意で65歳まで払い続ける(それでも40年にならならい)かどうか迷っています。自営業になってからは小規模共済にも入っていて毎月5万円はらっています。 65歳まで国民年金を払い続けるのと,国民年金は60歳で払うのをやめ,その分1万5000円を小規模共済増額するのと,どちらが賢明な選択でしょうか。 皆さんのご意見をお聞かせください。

  • 60歳から65歳の間の収入

    あまり年金制度に詳しくはありませんが、 すごく不安なので、教えて下さい。 私の父は職人です。その為国民年金です。 国民年金は厚生年金より、受給額が少ないのですか? また、父は退職金も有りません。 危険な仕事の為、60歳で引退するらしいですが、 タイトルのように、同じような境遇の方、 60歳から65歳の生活費は蓄えを切り崩す生活ですか?

  • 厚生年金と国民年金について

    サラリーマンとして働いてたので、数ヶ月の厚生年金を支払っていました。 自営業を始めるので、今後は国民年金に加入します。 将来的に、もしかしたらまた会社員になるかもしれません。 厚生年金で支払った金額は、国民年金に変更になった場合、国民年金に納入された扱いになるのでしょうか? 別々の支払という扱いになり、支給が始まるときに、厚生年金と国民年金から別々に受け取るのでしょうか?

  • 今から60歳まで払っても25年に満たない場合は・・・。

    今42歳で、何も知らず若い時から年金を払っておりません。数ヶ月が何回か社員で入ったところは自然に引かれていたようですが、何年もあるわけではなく、この歳になり、年金問題をテレビでみたりすると、だんだん不安になってきて・・・。今からあわてて払っても、頑張ってさかのぼって2年分(限度ですよね!?)払っても25年には満たないので、将来の老齢年金は諦めるしかないのでしょうか。何か65歳から老齢年金をもらえる手段をご存知のかた、教えてください。また、パートで働くと厚生年金に入れますが、これに入ったとしても国民年金が25年に満たないとダメだと、インターネットでみました。厚生年金は給料の何割取られるのでしょうか。主人が自営ですので国民年金も国民健康保険もかなり高いので、年金は払わず、国保だけ払っている状態ですので、将来は夫婦共々、何の保障もありません。

  • 支給になる前に死んでしまったら払い損?

    国民年金ですが、以前はサラリーマンでしたので自動的に厚生年金として天引きされておりました。 今は自営業なので、国民年金ですが 最初の頃は払っていましたが途中から、考えることがあって払っていません。 60(65?)才になる前に死んでしまったら、今まで毎月払い込んでいた1万円強の金額はそのまま払い損になってしまうんでしょうか? 私の母は60歳の時に無くなってしまいましたが、65才の支給年齢に達していなかったので かなりな金額を払い込んでいたのに結局は何ももらえなかったような気がしました。 病院にいるときに(生前)母が自分で、あ~せっかく今まで老後の楽しみの為に払い込んできたのに。。。 と嘆いていました。

  • 65歳以上で厚生年金加入者の60歳未満の妻は

    1990806の質問と回答を見て疑問に思いましたが、既に締められましたので改めて質問させて下さい。 夫が65歳以上で厚生年金加入者ですが、妻は60歳未満で国民年金の1号被保険者になっています。厚生年金加入者でも、65歳以上で国民年金(?)の受給資格がある場合には、被扶養配偶者は1号になるそうです。 夫は厚生年金加入者であると同時に、基礎年金と厚生年金(在職なので減額)を受給しているので、国民年金の2号にはならないようです。 この根拠は国民年金法第7条2項とのことですが、現行の第7条及び第8条の正しい条文をネット上で見ることはできますか? 総務省の法令HPでは確認できませんでした。 また、上記のケースで、夫が年金の請求をしていなければ、妻は3号になったのでしょうか?

  • 厚生年金と国民年金はどちらが得か?

    厚生年金(サラリーマン)と国民年金(自営業)はどちらが得か? という論議は尽きないと思いますが、 一番良いのは 自営業よりも厚生年金を払わず国民年金で行っている会社の社員がよいと聞きました。 どのような理由があるかわかりますか? 大雑把な質問で申し訳ありませんが よろしくお願い致します。

  • 60歳超のサラリーマンの国民年金被保険者

    60歳を迎えようとしているサラリーマンです。60歳以降も嘱託の形でフルタイムの勤務を続ける予定なので、60歳以降も厚生年金被保険者となります。 私は25歳から働き始め、その時から国民年金(厚生年金)に加入したため、国民年金の加入期間が35年ほどです。国民保険の満額支給加入期間40年に5年ほど不足しています。 この不足している5年分を延長加入し、65歳から国民年金の満額支給を受ける方法はありませんか。お教え下さい。

  • 65才に夫婦でなると支給年金が30万も減らされる

    私、今月65才になりました。夫、4ヶ月前に65才になりました。自営、会社員、自営を繰り返し60才で厚生年金を2カ月ごと支給され、年間150万・・・65才になったとき自営時代の国民年金が加算されました。1ヶ月15,500円X12で186,000円+150万で1,686千円4ヶ月前の社会保険事務からの確定金です。私の誕生日が来た後、夫に再確定金の通知が来ました。年間330,000円の減額です。減額の理由を問い合わせると「奥様が年金を頂く年齢になったので」夫「330,000は妻に移行する額ですか?」「いいえ計算式では15万数千円です」「エ、その差額はどこに行くの」・私の年金額は夫が60才の時厚生年金として2ヶ月9,600円ですよ。その額が65才になると年間60万位《必ずとは言えませんが》と係りはメモを手渡しまた。教えてください。書ききれません

  • 遺族年金、国民年金と厚生年金で額が変わりますか?

     生命保険の見直しをしており、夫に万一の事があった場合、遺族年金としてはどれくらい入ってくるのかを考えていたのですがそのことで質問です。  夫は5年ほど会社員として働き、その後自営業に転身しています。つまり、厚生年金より国民年金の方が納付年月が長いのですが(現在30代半ば)、遺族年金というのは国民年金、厚生年金のどちらをどれだけ納めていたかによって金額が変わってくるのでしょうか。  老後にもらえる年金は厚生年金より国民年金の方が断然低いので、遺族年金も同じようなものなのか、ふと不安に思い質問しました。