解決済み

【尖閣問題】船長の釈放に不満な人に質問

  • 暇なときにでも
  • 質問No.6348006
  • 閲覧数45
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 74% (2265/3028)

最近の世論調査で、尖閣での船長釈放に不満だと答えた人が80%もいるそうです。

船長逮捕を受けて中国政府は、日本への圧力を次第にエスカレートさせてゆきました。日中どちらかが根を上げるまでの我慢比べ、チキンレースだったといえます。

日本政府は、邦人4人が拘束された時点で降参しましたが、
仮に日本政府に戦争も辞さない覚悟があって逮捕していたならば、
4人が拘束されても、対日全面禁輸でも、日本企業の操業停止でも、大使の強制送還でも、国交断絶でも、「それがどうした」と受け流すことが出来、逆に中国を追い詰めることができたと思います。ただ、中国に日本より上の覚悟、例えば核戦争をも辞さない覚悟があったなら、日本は焦土と化しますが。。。

それはさておき
4人が拘束された時点での船長釈放が不満だと答えた80%の人たちは、どこまで我慢する覚悟があったのでしょうか。
輸出入ともに中国に大きく依存する日本の経済界は、おそらく対日全面禁輸の時点で猛反発をするでしょうが、それでも80%の人たちは我慢できるのでしょうか。
もし日本政府がネトウヨ的で好戦的な政権だったとして、全面戦争も辞さない覚悟だった場合、国民はどこまでついてこれるのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 22% (139/612)

世間の大半は口で言うだけです。

食い物がなくなり会社が潰れたら「なぜもっと早く釈放しなかったのだ!」というに決まっています。

世論調査が現実の外交に対して強硬な意見しか出ないのは、日本もアメリカも中国も皆一緒です。今の韓国も大多数が威勢のいい事を言っていますが、あるマイナーなテレビ番組で在日の教授が「韓国人は熱しやすく冷めやすいので・・。」と言っていました。日本も同じです。

ご質問のような「ネトウヨ的政権」でなくても第二次大戦前は「世論」に惑わされて「戦争遂行政権」になってしまいました。

今は民主主義ですから、必ず良識的な人が出てきて・・実はアメリカ政府の言う事を聞いて・・物事を丸く収めます。中国も内紛で困っていたのですからタイミングは問題があるとしても船長の釈放は(本当は強制退去の方が良かったと思いますが・・)妥当な解決でした。

最近の日中関係を特に今回の問題について良く見ていれば、外交とはこんなものだと言うケーススタディーが出来ます。外交に世論を反映すれば大概失敗します。

あ、釈放に反対の人に対するご質問でしたね。

私は「釈放」には反対でしたが早期に起訴して「強制送還」が一番良かったと思います。
粛々とし過ぎて法務大臣が指揮権を発動しなかったのがわるかったと思います。
お礼コメント
Beholders

お礼率 74% (2265/3028)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-12-27 20:22:50

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7
やはり日本は一本筋の通った対応は出来ない国であった。

今回の事件で完璧に中国に読まれました。

バカな国民にアホな政府有りと言う事ですよ。

以上。
お礼コメント
Beholders

お礼率 74% (2265/3028)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-12-27 20:22:16
  • 回答No.6

ベストアンサー率 28% (54/188)

即戦争だではそれこそ偏った意見になってしまいませんか?

単純な話なんだと思いますよ。

権力者の息子が悪いことしたけど親が怖いから釈放なんてことが今の日本でおこったらそりゃみんなおかしいと思うでしょう。

悪いことした船長さんが中国だから釈放では納得できない。そういうことでしょ。
ましてや、ビデオにもある通り、船をぶつけてきているでは強制退去でもないでしょうし。

そこから先、中国が戦争だって言ったとしたらそれはまた別の問題となるでしょうね。
ただ、中国の理不尽さをすべて受け止めざるをえないような国が主権国家として存続できるのかって
話が出てきますよね。
中国の言う事を聞いていなければいけないんなら、いっそ中国に取り込まれてしまったほうが
無駄な争いもなくいいことかもしれませんね。

それが嫌ならおかしいことはおかしいと言い続けなきゃ。
お礼コメント
Beholders

お礼率 74% (2265/3028)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-12-27 20:22:24
  • 回答No.5
こんばんわ。 ネトウヨとかいう分類に入れられるかもしれません。しかし、自分では、ネトウヨなどとは思っていません。全面戦争ですか? 凄い発想ですね。 北朝鮮みたいですね。

さて、中国政府のやり方は、一発殴って相手の出方を見るというやりかたです。
船長の行動がそうでしたね。(普通の漁船ならこんなことはありえませんが。。何せ国民総民兵です。)

ですからこういう場合は、中国船のビデオを公開と同時に、安保条約の国に相談して、連携して対処すべきでしたね。これは当然の方法です。(今の韓国のやりかたです。)

民主政権は気付くのが遅かったですね。(仙石氏)
民主党は、おそらく中国に相談したのでしょう。(これがまずかったですね。)

中国共産党というのは、何があっても自己主張を曲げないものです。それは過去の歴史をみるとわかると思います。天安門・文化大革命・チベット・トルキスタン・宗教弾圧・・・
国民でさえ、共産党政権に逆らうことは出来ません。
唯一中国が苦手とするのは、強大な国家です。
北朝鮮の動きを見ていれば良くわかります。

共産国家は力でねじ伏せた政治をやりますので、これに対して話し合いでことたりるはずはないとおもいませんか? そして、「全面戦争も辞さない。」 北朝鮮が良く言いますね。

ネトウヨ???(なのかどうかはわかりませんが)のサイトを見ますが、好戦的ではありませんよ。
かなり常識的な論調が多いです。

どのサイトのことなのか教えてもらえば、ネトウヨなのかどうか見分けてあげられそうです。(笑)
お礼コメント
Beholders

お礼率 74% (2265/3028)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-12-27 20:22:34
  • 回答No.4

ベストアンサー率 29% (19/65)

>中国に日本より上の覚悟、例えば核戦争をも辞さない覚悟があったなら、

中国にそこまでの覚悟があったならどっちを選択しても結局エスカレートしていくと思いますが…

釈放しない→圧力→戦争
釈放する→日本からの反発が出るまで搾り取れる→反発が出たら戦争


どの道日本国民は我慢できないのではないでしょうか。
お礼コメント
Beholders

お礼率 74% (2265/3028)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-12-27 20:22:41
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (33/121)

読ませていただきました。

私(30代・独身・男性)としましては…

船長を逮捕したままでも日中間での
戦争は起きません。
断言します。

しかし、
仰るとおり
いまの民主党政権は「チキン」です。

今後、
全面禁輸で気が済むなら
それはそれで中国の自由です。

これを機会に
中国との関わり方について
見直しを進めるべきだと考えています。

ましてや、
輸出入に関しては
中国より有利な条件の国
(ベトナム、バングラデシュ等)もありますし、
全面禁輸を寧ろお願いしたいくらいです。

中国の方はずいぶん自信家の方が多いようですが、
その自信がいつまで続くのか
見ものです。

中国は日本を見下したくてしょうがないようですが、
冷静さが必要だと思います。

それでも日本を見下したければ、
日本に頼らない経済・生活レベルになってからのことです。

中国人の「お熱」が冷めるのは
もうスグそこ。

うまい話など、
所詮は無いのですよ。

参考になれば幸いです。
お礼コメント
Beholders

お礼率 74% (2265/3028)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-12-27 20:21:57
  • 回答No.1
日本は、自国内の犯罪は、自国内で裁判にかければそれでよかったのです。
今回の政府の対応に問題があっただけの話です。

それ以外外交問題にまで、問題を引き上げたのが、民主党です。
各国の領海侵犯のときの対応を調べればわかりますが、日本のようなことをしている国はありません。

日本から中国への資金援助としては、ODA・ガスビンの除去(フジタ)・排出権 などがあり、
莫大ですが、日本に頼る中国が、いまさら、どうなろうと問題はないのでは?
日本は中国より自国を大切にすればよいだけのことでしょう。
お礼コメント
Beholders

お礼率 74% (2265/3028)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-12-27 20:21:45
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ