• ベストアンサー
  • 困ってます

裁判関係で「送達申請」とか。どういう意味ですか。

裁判関係で「送達申請」とか。どういう意味ですか。 「和解調書が欲しければ送達申請・口頭で送達申出・・・」とかあるようで。 家事審判を申立てられた場合も、自動的には申立書が相手方へ送付されないのですか。 相手方にすれば、寝耳に水の申立人の申立書でも自動的には相手方に送付されないの? 送付されないならば、受領したければ、送達申請をしてください」とか添え書きがあって良さそう。 それで、もし、家事審判の申立書が裁判所に受理され、申立書を入手したい場合は、どのような手続・手数料が必要になるのですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数645
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

これは、遺言に関する審判事件ですネ。 この種の申立は申立人だけですから、申立書の送達申請と云うのはないので申立書を閲覧したければ裁判所に出向き「閲覧申請」して下さい。 閲覧し、コピーする他ないです。 (閲覧には150円、コピーは枚数で変わります。) なお、「回答して下さい。」と云うのは、俗に「審尋書」と云って利害関係人に聞きたいことの回答を求めることです。 また、「私が遺言執行者とは知らなかった、寝耳に水だった。」と云うことはあり得ることです。 遺言者の意志によって決まるものですから。 今回はnhg73355さんが知らない間に遺言で遺言執行者となっていて、被相続人の異議でnhg73355さんを解任したく、この申立があったのです。 (執行に、よほど不正がない限り解任は認められないと思います。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

謝辞。 最終的に感じた結論は、遺言執行者として不正がなかったことを提示することですね。 現在、準備中です。 いろいろな情報を頂くことは参考になります。

関連するQ&A

  • 家裁の家事審判事件で申立られた場合は、相手方への申立書の送付は必要でな

    家裁の家事審判事件で申立られた場合は、相手方への申立書の送付は必要でないのか? 調停にせよ審判にせよ非訴追だと言われなすが、申立人はどうであれ、相手方には気味悪いはず。 家裁は担当書記官から事務連絡扱いで、相手方に対し「頭書の事件について、下記書面を◎月◎日までに返答を提出してください。」と。 この場合、審判事件として採用されたわけでしょうから申立書、あるいは、それに代わる書記官と申立人の質疑議事録メモを相手方へ配布すべきではないですか。民亊訴訟の訴状・訴状理由・陳述書がそうであるように。 相手方にとって寝耳に水に値するような家事審判事件と名付けられ事件番号まで明記された文書によって、回答命令に等しい文書がくれば、大概の人は躊躇するのではないだろうか。 一歩さがって、このような事務連絡に対し相手方が「申立書をみなければ返答文が書けません」ーと返答することは許されますか。 家事審判は、非訴追形式ということから堅く考えずに、家裁は申立人から申立書なり面談応答で事件の事情を知るわけですが、相手方への質問文書による返答司令には強制力がないものであるのか、家裁サイドで当該申立の判断材料を事前に取り寄せて、事後に予定される協議進行に利用するための収集に過ぎないものかどうか。 よく裁判所は呼出し日に応じなかったら原告側の言い分を有利に扱うとか・・・いわれます。 この家事審判の場合も返答書を提出しなかった・呼出し日に出頭しなかったで相手方は不利な扱いになるのかどうかも気になるところ。

  • 調停調書の送達には送達申請書と送達費用が必要ですか?

    調停調書の送達には送達申請書と送達費用が必要ですか? 「書式 和解・民事調停の実務」という本に「調停調書の送達」には「調停調書正本送達申請書」と「送達費用(郵便切手)」が必要であると書いていました。  しかし、これを裏付ける法律や規則の条文は書いていません(根拠条文が明示されていない)。  ほんとうに、送達申請書や送達費用は必要なのでしょうか。  送達費用が必要な場合は、いくら送達費用を納付したらよいのでしょうか。    また、「送達申請書や送達費用」が必要であるとする根拠条文を教えてください。お願いします。 「調停が成立すると、書記官がその内容を記載した調停調書を作成する(民事調停法16条)。作成された調停調書の正本は、当事者から、送達費用を添付のうえ、送達の申立てがあれば、申立人および利害関係人にそれぞれ送達される。職権による送達はしない。申立て手数料(印紙)は不要であるが、特別送達用の郵便切手が必要である。当事者全員に対する最初の送達申請の場合のみ手数料は不要である。」(『書式 和解・民事調停の実務』より)

  • 家事審判事件で陳述書の提出は可能か

    家事審判事件で陳述書の提出は可能か 民亊訴訟に陳述書の提出が認められています。 家事審判の場合は申立人の申立書が事件の主格に置かれ、 相手方には申立書の閲覧さえ禁じられる傾向があるようです。 相手方が申立書に対抗する形で、陳述書を提出することは許されていますか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

ご質問を拝読しますと、訴状等の送達と和解書等の送達と入り交じっています。 訴状や家事審判は、受理し立件すれば職権で送達しますが、和解の調書は申請がなければ送達しないです。 普通は和解が成立すれば、当事者として不履行時に強制執行しなければならないので、その調書を送達してほしい旨の申請し裁判所は送達します。 その手数料は不要ですが、後で、送達したことの証明申請は150円かかります。 家事審判の申立があっても送達申請は不要です。職権で送達しますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

謝辞。 この相談室で、送達という言葉に初めて出会って色気づきまして・・・。 実は、家裁はTELで審判申立と言われ、私が遺言執行者解任申立事件の相手方にされているということでした。 担当者はTELの向こう側でベラベラと回答を求める質問項目を読み上げていました。 封書でくださいと申し上げたところ、事務連絡の文書には「頭書の事件(遺言執行者解任申立事件)について、下記質問に◎◎日までに回答を提出してくださるようお願いします。」ーと。 家裁から遺言執行者に選任されていますが寝耳に水のことで、申立書の閲覧を強く望んでいる者です。 今回、質問させて頂いて送達申請は不要と。 ということは―― (1)申立人の申立書は相手方へ送達(送付)するのは家裁の義務? (2)送達制度そのものがない? しかし、申立人がいて相手方へ内実を知らせずに回答を寄こせという家裁担当者は申立人の片棒を担いでいるのではないか、申立人の不足を補充するための質問ではないか… と案じております。 お礼の欄で関連質問になってしまいましたが機会がありましたらお願いします。

  • 回答No.2

判決書以外は、調書や審判書は送達されない。 申立書は入手する必要はない。 必要なら、利害関係人として閲覧。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 素人考えですけど、家裁審判で申立人がいて申立書が出され家裁が事件として採用したからには、相手方にも申立人の申立主旨を明示したうえで、家裁としての質問事項を羅列するのが筋ではないでしょうか。 申立書は入手する必要はない・必要なら利害関係者として閲覧」―― というのはどういう意味でしょうか。 申立人が申立書を家裁へ掲示した。直接の関係相手に申立書は必要がないとした上で利害関係者は閲覧・・・というところの理解ができませんでした。

  • 回答No.1
  • from_0k
  • ベストアンサー率20% (28/140)

とりあえず、どういう文脈での「送達申請」なのか、分かりやすくしましょう。 あなたの質問だけでは、まるで、学校のテストか宿題の解答の為に取り急ぎ、 質問したような印象しか受けません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ごめんなさい。せっかく回答で世助けを考えられて開封されたのに… と思いますと申し訳がありません。 テスト諮問に取組中ではありません。 実は、家裁審判「遺言執行者解任申立事件」の相手方に抜擢されまして、寝耳に水で驚いている本人です。 家裁からの質問事項を察するとき、家裁側による申立書の不足を補完・確認するかのような質問事項3つが事務連絡の形で舞い込みました。 申立書の真相を知りたいのです。 申立書の送付送達がなければ、質問には応じませんよ」という私見をもっています。 質問欄では薄めておりますが、申立書を見ないでの回答拒否を家裁へ差出してよいものかの判断を委ねる形で質問させて頂いたものです。 文章力に欠けている点をご勘弁ください。

関連するQ&A

  • 審判の効力

    家事審判・・・例えば 養育費減額審判(調停から審判へ移行)の申し立ては,決定がなされた場合,申立てた日にさかのぼって,その効力を求めることができると聞いたのですが,その根拠を分かる方,教えてください。六法のどこでしょうか? お願いします。

  • 利害関係参加申立ては意味ない?

    家事調停で、「家庭内紛争を円満に解決したい」との趣旨で 相手方とされた夫に調停が申立てられましたが 理由の随所に私(妻)の態度、言動について記載されています。 その調停に私も参加したく、家事の事務室の方に伺ったところ『、「利害関係参加申立書」を提出してください、しかし、ゼロに近く認められないでしょう』といわれました。本当でしょうか?「私の言動が不快」であると書かれているのに何故私が反論できないのでしょうか?

  • 養育費請求の管轄裁判所について教えてください

    本来はレポート用の立案の相談なのですが,ここで寄せられている,養育費の管轄に関する質問にも役に立つかも知れないと思って相談しました。 養育費請求に関する手続き論で下記のように立論しました。 1.家事審判法1項乙類にあげられる養育費に関する請求は,審判・調停のいずれかの方法によるかは,申立人の任意である。 2.家事審判規則52条により審判の管轄は,子の住所地の家庭裁判所である。 3.そうすると,調停を申し立てずにいきなり審判の申立をすれば,管轄地はこの住所地になる。よって,自庁処理の申立をしなくても,子と同居する親の住所地が管轄裁判所となり,相手方の居住地に申し立てなくてもよい。 4.仮に,家事審判法11条により調停に付されたものの,これにより管轄裁判所が変更されるものではない。 以上のように立論できると思います。ところが,ネットでこの件を調べると法律事務所のHPでも,このことを指摘しているところはなく,自庁処理の申立を行うアドバイスが大半です。 そこで,分からなくなったのが,家事審判規則52条の「婚姻の取消又は離婚の場合における」の解釈です。  これは,下記のような場合分けが考えられると思います。 1.離婚請求時においてのみと考えられる。   理由:人事訴訟法31条特例「家庭裁判所は,婚姻の取消し又は離婚の訴えに係る婚姻の当事者間に成年に達しない子がある場合には,当該訴えに係る訴訟について,自庁処理及び移送の規定の適用にあたっては,その子の住所又は居所を考慮しなければならない」を見るまでもなく,「婚姻の取消し又は離婚の訴えに係る」事件が係争しているときに限られるのであって,既に離婚が成立している場合を含まない。 2.離婚が成立していたとしても,養育費請求審判の管轄は子の住所地である。 3.離婚が成立した後に時間が経過したとしても初めて請求される養育費請求については家事審判規則52条が適応される。 この問題を考えるのに,立法時になぜ,「婚姻の取消又は離婚の場合における」と条件が付いたのか。この条件をどのように解釈すると良いのか?文献などを教えてください。

  • 調停離婚

    調停離婚の調停調書に、「相手方の申出により離婚する。」と書かれていることがありますが、どのような場合でしょうか? 夫妻の同居請求の調停事件において、同居の申立がされたのに対し、相手方が離婚の申し出をし、結局離婚の調停が成立した場合だけでしょうか?

  • 裁判所の関係法令

    あちこちで見かけますが たとえば、家事審判でもそうですが、申立人から申立書が提出された場合に、 申立書の閲覧について、当事者でも自由に閲覧できず「審判官(裁判官)の許可」― が必要といわれます。私の場合を例にすれば、遺言執行者解任申立が出されて申立理由を知りたいから申立書を悦担当者したい」と申出たら、審判官の許可が必要であるとされ、審判官の許可が出なかったから閲覧は許されないと。 そこで質問です。 わたしの見たところではそのような場合の規定は「裁判所の許可が必要」と、ありました。 1)裁判所イコール裁判官・審判官ですか 2)細則や施行令に、法で言う裁判所とは裁判官(審判官)という引用規定があるのですか。 手元に六法全書の持ち合せがないため質問しました。 もし、「裁判所」と規定されているだけなら、裁判所の訴訟担当係の職員が閲覧させることも違法行為とはならないと思うのですけど。どうなっていますか。

  • 裁判所の身障者対策を知りたい

    こんど家事審判の「相手方」にされました。 聴力障害があって、補聴器を着用しています。 しかし、質問者の質問を聞き洩らすことを気にしています。 裁判所では、聴力の悪い人向けに、なにか用意されていますか。 書記官に善処を求める方法がありますか。

  • 家事事件でその申立てには、(1)調停申立と(2)審判申立の2種があるよ

    家事事件でその申立てには、(1)調停申立と(2)審判申立の2種があるようです。 たとえば、扶養義務者に値する子供が財産だけは、タップリもらって扶養義務を無視している者を相手取って申立てる場合は、(1)調停から申立てなければいけないのですか、審判申立てに直行は受付けられないのですか。 家事紛争の場合は、大抵、反目し合っていて調停呼出しを無視し応じずで不成立をニ度ほど経験しております。

  • 家裁書記官の汚職を最高裁が黙認

    親族間での保険金詐欺から暴行・殺人があり、家名を汚さない為にも調停申立による謝罪・損害賠償を試みました。  ところが、相手方悪徳弁護士と広島家庭裁判所三次支部S書記官らが結託し、申立は現存遺産を分割するのみ、合意が見込まれなければ民事・刑事裁判で争う、審判への移行は不要、現存する遺産は無い。との申立時に私から電話聴取がされていたとのこと。その結果、私は2度調停に出席し相手方は欠席、反論もされぬまま、調停は合意の見込みが無く調停委員会にて調停は不成立で終了。審判には移行しないとのこと。  その後、電話聴取はS書記官だとして申立てたところ、今度はそうした不当措置をし申立たところ、「性質上措置しない」と申立を却下。性質上とは何かを尋ねたが、回答できないとのこと。  次に、三次支部ぐるみの汚職を指摘したところ、性質上を省き今度は「措置しない」とのみで却下されました。  怒りに任せ、最高裁に行政不服申請をしたところ、この措置は行政不服審査法第7条第2号(適用除外)裁判所の裁判にあたるとして、審査請求は却下されました。  それ以前に、当初の調停では相手方の反論や意見など一切知らされなかった為、調停結了後、調書(不成立)の開示を求めましたが、却下されましたが、この行政不服申請でその調書と電話聴取書で虚偽が発覚しました。  三次支部での有印公文書偽造と、争点さえ存在しない状況で、されてもいない調停を裁判所の裁判と偽り請求を却下するなどの横暴について、御意見をお聞かせ下さい。  

  • 審判後に「即時抗告申立書」が送られてきました。

    土地の遺産分割の審判後に高等裁判所から「即時抗告申立書」が送られてきました。分からないので教えてください。 即時抗告とはどのようなものでしょうか。 裁判所書記官の事務連絡書面で「反論がある場合は書面(A4判左とじ)でご提出ください。」とあるのですが 、提出しないと不利になるのでしょうか。 またどのような反論ができるでしょうか。そして反論するとどうなりますか。 この書面は受領書になっているみたいなのですが受領印して返送したほうがよいのでしょうか。 審判の主文を以下に簡単に記載します。 「土地の共有持分2分の1につき、相手方(私のことです)の単独取得とする。」 (ただしこの土地の上に申立人所有の建物が建っています。) 期限がせまっているので分かりやすい回答よろしくお願いします。

  • 兄弟間の家事申立審判事件です。

    兄弟間の家事申立審判事件です。 家裁からわたくしを相手方とする事務連絡文書による質問状が届きました。 内容は、親からの贈与についてその経緯を質問されています。回答する必要があるかどうかの投稿質問です。 普通は、親に贈与を受けた・いつどのように・どのように処分したなどを第三者に説明する必要はないと聞いています。そこで質問は―― (1)家裁は、相手方に申立人の申立書を提示しないままで、事務連絡の形で質問することは申立人の側の不足補完・ 申立人擁護になり兼ねない危惧はありませんか。 (2)相手方にされた者が当該家事申立審判事件・事件番号○○と称するものに回答を寄こすことは、申立内容を是認し たことにはなりませんか。 (3)相手方とされる者に対し、申立内容を“隠し武器”にして家裁が事務連絡という形式で相手方に回答を求めるこ とは家裁という社会的固定名詞を使った脅迫行為、不公平行為にあたりませんか。 なお、質問内容は項を別々にしましたが、これは内容の理解を促するための箇条書きにしか過ぎません。 回答の分別を求めるものではありませんので心置きください。。