• ベストアンサー
  • 困ってます

OPアンプの2ポール補償について

OPアンプの2ポール補償について 「定本 OPアンプ回路の設計」を読んでいます。 この本には、OPアンプの2ポール補償として、 下図が掲載されています。 この説明に、 「第2の極より低周波では、C1,R1の分圧比が-20dB/dec の周波数特性を持つので、Ccの効き方は合計で-40dB/decのロールオフ を示します」 とあり, http://blogs.yahoo.co.jp/denshiyorimichi/50900979.html に示されているようなボード線図が説明に載っています。 Ccの効き方が合計で-40dB/decになる理由がわかりません。 なぜでしょうか?

noname#234574
noname#234574

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1385
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

ANo.2 の回路での利得の周波数特性は添付図のようになります。 ロールオフ特性は、抵抗やコンデンサの値で変わるのですが、直流(ω = 0)では Vout/Vin = A0 なので、直流利得は外付けの素子(C6、C7、R5)に依らず一定です。この A0 はオペアンプの直流でのオープンループ利得に相当します。利得の式    Vout/Vin = A0*( 1 + j*ω*A )/{ 1- ω^2*B + j*ω*( C - ω^2*D ) } --- (1) を見ると、分子は ω の1次式、分母は3次式なので、ω が非常に大きいときに Vout/Vin → 0 となるローパスフィルタ的な特性になります。中間的な周波数ではどうかというと、ANo.2 に書いたように、A~D の値によって変わりますが、どのような特性になるかは、以下のように、周波数領域に分けて考えると理解できると思います。 式(1)の分子の複素数 1 + j*ω*A ですが、この絶対値が大きくなるのは 1/A << ω の場合で、それより低周波では 1 + j*ω*A を 1 と近似できます。その境界の周波数は fa = ω/( 2*π) = 1/( 2*π*A ) = 1.06MHz になります。 分母の実部 1- ω^2*B の絶対値は、 1/√( B ) < ω のとき急激に大きくなります。その境界の周波数は fb = 10.3kHz になります。 1- ω^2*B は ω の2乗に比例するので fb 以上の周波数では全体の特性に大きく影響しますが、fb 未満の周波数では 1 と近似できます。 分母の虚部 ω*( C - ω^2*D ) は √( C/D) < ω のとき急激に大きくなります。その境界の周波数は fc = 391kHz にります。この項は fc 以上の周波数では全体の特性に大きく影響しますが、それより低い周波数では ω*C と近似できます。 このように、定数の値が ANo.2 の式(2)の場合、式(1)の特性は3つの周波数    fb = 10.3kHz、fc = 391kHz、fa = 1.06MHz で区切られた4つの周波数領域に分けて考えることができます。このうち、 f < fc の周波数では    f < fa なので 1 + j*ω*A ≒ 1    f < fc なので ω*( C - ω^2*D ) ≒ ω*C と近似できます。したがって式(1)は    Vout/Vin ≒ A0/( 1 - ω^2*B + j*ω*C ) と簡略化できます。これは f < fb では Vout/Vin ≒ A0、fb < f < fc では Vout/Vin ≒ A0/( ω^2*B ) という -40 dB/dec で減衰する特性です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しい回答ありがとうございます! なるほど、抵抗や容量の値によって変化するのですね。 シミュレーションまでしてくださって大変助かっています 本当にありがとうございました これで解決致しました

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

ANo.1 のURLの「2ポール位相補償」の部分の回路の周波数特性を計算してみると、確かに-40dB/dec のロールオフ特性となりますが、抵抗とコンデンサの値によっては、-20dB/dec になったり、低周波では -20dB/dec、高周波では -40dB/dec になることがあります。 2ポール位相補償回路の複素利得(伝達関数)は、添付図のように、各素子に流れる電流と電圧の関係(連立方程式)を解けば求められます。抵抗とコンデンサの記号はANo.1 のURLに書かれた回路と同じとしましたが、この C7 と R5 と C6 は、「定本 OPアンプ回路の設計」の C1 と R1 と Cc にそれぞれ対応します。 抵抗とコンデンサの値をANo.1 のURLと同じ    R3 = 100kΩ、R4 = 1MΩ、R5 = 10kΩ    C4 = C5 = 10pF、C6 = 1.5pF、C7 = 15pF    gm3 = 10^(-4) S、gm4 = 10^(-2) S としたとき、添付図の式(1)の定数の値は    A0 = 10^5、A = 1.65×10^(-7)、B = 2.38×10^(-10)、C = 1.13×10^(-5)、D = 1.88×10^(-18) --- (2) となります。これを使って利得の大きさ(Vout/Vin の絶対値)の周波数依存のグラフを描けば、-40dB/decのロールオフ特性を持つことが分かります。 定数の値が式(2)の場合、 10kHz~ 390kHzの周波数領域では、添付図の式(1)は    Vout/Vin ≒ -A0/( ω^2*B ) と近似できます。これは周波数 f ( = ω/( 2*π) ) が 10倍 (decade) になると、利得が 1/100 (-40dB)になるので、-40dB/decのロールオフ特性になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

そのボード線図の次のページ(http://blogs.yahoo.co.jp/denshiyorimichi/50905937.html)の「2ポール位相補償」と書かれた回路で計算すると、複素利得は    Vout/Vin = A0*( 1 + j*ω*A )/{ 1- ω^2*B + j*ω*( C - ω^2*D ) } という形になります。かなり複雑な式なので、現在、回路シミュレーションの結果と比較しながら検証しているところです。今日は仕事で時間が取れないので、続きは明日以降でもいいでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもお世話になってます。 ありがとうございます! いつでも時間のあるときで結構です。 何でも回答できるinara1さんはすごいですね

関連するQ&A

  • OPアンプの外部位相補償って何ですか?

    岡村先生の「OPアンプ回路の設計」という本を読んでいるのですが、 一般的に使われるOPアンプの端子は、±電源と±入力端子と出力端子の5つですが、それ以外に外部位相補償のものには3つ端子がついているようなのですが、これってどういうものなのでしょうか? ・コンデンサを挟むことで発振を防ぐためのものであることは分かるのですが、これってフィードバック容量と何が違うのでしょうか? ・それとフィードフォーワード補償のところで、入力端子をこの位相補償用のところに繋いでいるのですが、これってもしかして一つのOPアンプの中に低周波用と高周波用が入っており、その橋渡しをしているのでしょうか? 検索してみてもほとんどかかりませんでしたので、どなたか詳しいお方教えて下さい。

  • OPアンプを使った絶対値回路について

    OPアンプを使った絶対値回路について 「定本 OPアンプ回路の設計」を読んでいます。 入力の絶対値を出力する回路として、 下図のような回路が載っていました。 しかし、回路動作が全く書かれていませんでした。 どのように動作することによって、 絶対値回路として機能するのでしょうか? よろしくお願いします。

  • OPアンプの周波数特性

    OPアンプの周波数特性は何故、周波数が10倍になると、利得が1/10に減少するのですか?同じ事ですが、何故周波数と利得ともに対数をとってグラフを書くと、-20dB/decade の傾きになるのかが分かりません。どなたか教えて下さい。

  • OPアンプの微分器でゲインが下がるのはなぜ?

    電気系の質問です。 OPアンプを使って微分器を作り、正常に動作したのですが ボード線図で周波数が大きくなったときにゲインが急に 下がっています。これはどうしてなのでしょうか?? 周波数は100kHz程度まで測定しました。 Googleやここの過去の質問等も検索したのですが 見つからなかったのでご存知の方、教えてください。 お願いします。

  • OPアンプのゼロ調節について

    OPアンプのゼロ調節について 「定本 OPアンプ回路の設計」を読んでいます。 この本のP57に下図のような、反転入力の際のゼロ調節の回路が載っています。 そこに注意点として、 「R1はOPアンプの入力抵抗と同じく反転、非反転入力端子間に並列に入って、 OPアンプの性能を落とすので、Rs,Rfを屁入れtにした値の100~1000倍程度の 大きな抵抗値にするのが安全です」 とあります。 ここに疑問点がたくさんあります。 (1) R1がどう見ても反転、非反転入力端子間に並列に入っていませんが、どういうことでしょうか。   交流的に見ているということでしょうか。 (2) OPアンプの性能が落ちるのはどういう理由からでしょうか。 (3) なぜ「Rs,Rfを並列にした抵抗値」を考えるのでしょうか。 また、このあとのページで、 「R1が小さいとループゲインを損しますから高い抵抗値を選ぶとよい」 という記述もみられました。 ループゲインAβを損するとは、Aβの値が小さくなる、つまりβが小さくなるということですよね。 R1が小さいとなぜβが小さくなるのでしょうか。

  • OPアンプのオフセット自動調節回路について

    OPアンプのオフセット自動調節回路について 「定本 OPアンプ回路の設計」を読んでいます。 その本の、OPアンプのオフセット自動調節回路として 下図のような回路図が例としてあげられていました。 説明として、 「A1が補正される回路、点線で囲んだ部分がゼロ補正アンプに相当します。 出力電圧をゲイン分の1にしてOPアンプに加える分圧抵抗が、出力端子につながっている 15kΩとRa,Rbです。Rbの調節は、増幅器の出力が±5V以上振れるよう入力から70kHzの方形波 でドライブし、その状態でOPアンプの出力が最小になるようにあわせ込む。」 とありました。 この回路はどのような動作をするのでしょうか。 たとえば、A1の入力端子にVosのオフセット電圧があった場合などを想定して、 オフセットが自動で調節される過程を説明しただけたりするとうれしいです。 毎回質問ばかりですみません。

  • オペアンプの位相補償

    オペアンプの発振をさせない為の位相補償の考え方について調べています。当カテゴリーで調べたところ『OPアンプなどの広帯域、高利得の増幅回路では、帰還をかけて使用するが、増幅回路自体の位相が180度をこすと、帰還回路から正帰還される為に発振してしまう。このため、適正な利得周波数特性を保つため、回路の一部に補償回路を設けて位相をコントロールして、発振を防止し、安定動作をさせている。』と記載されていました。同じ様な内容は他の文献、ウェブサイト等で見聞きしていましたが、殆ど理解は出来ていません。ボード線図で考えるとわかりやすいとも聞きますがいまいちわかりません。どなたか詳しい方、基本的な考え方からわかりやすく教えて頂けないでしょうか?

  • 位相補償について

    オシロスコープを用いた実験を授業で行っているのですが、「プローブのマッチングボックスによる位相補償について説明せよ」という報告事項があります。  調べてみたのですが、内容が難しくいまいちよくわかりません。以下にその内容を載せます。もう少し分かり易く説明していただけるとありがたいです。帰還回路、正帰還などもわかりません・・・。 OPアンプなどの広帯域、高利得の増幅回路では、帰還をかけて使用するが、増幅回路自体の位相が180度をこすと、帰還回路から正帰還される為に発振してしまう。このため、適正な利得周波数特性を保つため、回路の一部に補償回路を設けて位相をコントロールして、発振を防止し、安定動作をさせている。

  • 反転増幅器の周波数特性・位相特性について

    初質問です。よろしくお願いします。 741のOPアンプを用いて、差動反転増幅器を製作し、そのアンプにsin波を入力し周波数特性を求める実験をしました。   低周波領域では出力信号は入力信号に対して反転して出力されました。 この「反転」は位相の「遅れ」なのか「進み」なのかが分からなくて困っています。 どなたか教えてください、よろしくお願いいたします。

  • 位相進み補償について【古典制御】

    モータのシミュレーションの問題をやっているのですが、位相進み補償についての問題が出ました。 「位相進み補償によると、どのように位相余裕を増加させ、ダンピング特性を改善できるのか、Bode線図を使って説明せよ。」 というものです。 モータのノイズ(高周波)を抑えるため?PIDのD補償の代わりに位相進み補償を適用するというのは調べたんですが、位相余裕の増加、ダンピング特性の改善は何故できるのかといのが分かりません。 (前者はなんとなくボード線図見れば分かるのですが、後者は全然分かりません) どなたか分かりやすく説明していただける方、もしくは詳しく記載されているサイトなんかご存知でしたらお教え願えないでしょうか?