• 締切済み
  • 困ってます

オペアンプの位相補償

オペアンプの発振をさせない為の位相補償の考え方について調べています。当カテゴリーで調べたところ『OPアンプなどの広帯域、高利得の増幅回路では、帰還をかけて使用するが、増幅回路自体の位相が180度をこすと、帰還回路から正帰還される為に発振してしまう。このため、適正な利得周波数特性を保つため、回路の一部に補償回路を設けて位相をコントロールして、発振を防止し、安定動作をさせている。』と記載されていました。同じ様な内容は他の文献、ウェブサイト等で見聞きしていましたが、殆ど理解は出来ていません。ボード線図で考えるとわかりやすいとも聞きますがいまいちわかりません。どなたか詳しい方、基本的な考え方からわかりやすく教えて頂けないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4133
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.2
  • tance
  • ベストアンサー率57% (402/704)

オペアンプに限らず負帰還のシステムでは発振はつきものです。 発振をさせないで安定に増幅させるにはそれなりの技術が必要です。 そこで、位相補償のしくみを理解したいとお考えなのだと思いますが、 それはこのような文章主体の環境ではちょっと難しいですね。 完全に理解するには相当悩む覚悟が必要です。(おどかしてすみません) そもそも発振が起こる条件にナイキストの発振条件というのがあります。 この条件を満たさないようにすれば発振は防げます。 帰還ループ内一巡の位相(移相)を180度にならないようにし、ループ ゲインを1以下にすれば良いだけのことなのですが、これをどうやって 実現するかが、なかなか難解です。 ゲインを下げようとすると位相が遅れる。 位相遅れを生じないようにするとゲインが下がらない。 ではどうすれば良いのか、というあたりがポイントです。 実は、ゲインを下げても位相がある程度以上遅れないようにできる のです。位相遅れは0ではありませんが、-90度のままゲインだけが どんどん下がっていくという回路があります。 これを使うと、位相が回って発振しそうな周波数では、ゲインが1以下に なって発振条件を満たさない、となり発振を防止できます。一般的な OPアンプはほとんどこの方法で発振を防止しています。 詳細はやはりボーデ線図などを見ながら何度も何度も何度も考えて 理解してください。 これをマスターしている人は実はそう多くありません。 きちんと理解してある程度経験を積めば、この知識は相当価値ある ものになります。 負帰還は電気の世界以外にも非常に多く見ることができます。 車を運転するのも、鉛筆で何かをなぞるのも、ガソリンの価格だって ある意味負帰還で決まります。金融市場も正に負帰還です。 (サイバネティックスという学問を参照してみてください) 車やバイクのレースでは帰還スピードが遅くて発振してしまいクラッシュ するシーンが見られます。 難解な勉強が必要かもしれませんが、概念自体が難解なのではないので 頑張ればマスターできます。挑戦してみてください。 (ちょっとおどかしすぎかな)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

「位相が180度ずれると発振する」という意味が理解できないということなのだと思います。 では、一番簡単なゲイン1倍のアンプを考えて見ましょうか。 +入力に1Vppの正弦波をいれて、出力は-入力につなぎます。 一番簡単なバッファアンプですね。 まず発振しない十分低周波領域で考えます。 このアンプの動作は、 ・初期値として+端子は0V、出力も0V(だから-端子も0V) ・+入力端子が0VからΔVに変化 ・+/-端子間にはΔVの電位差が生じる ・OPアンプは非常に増幅度が高いからこれにより急激にオペアンプ内回路では出力を上げるように動作する。 ・出力がΔVに到達すると、マイナス端子もΔVになり、電位差は0Vになるので、出力上昇は止まる。 よって出力はΔVになる。 正弦波の場合にはこれが連続的に動作してバッファアンプとして機能しています。 では、発振するほど早い周波数、つまり丁度位相が180度ずれた場合にして見ましょう。 ・初期は先ほどと同じ ・+端子が0Vから大きくなり1Vppまで到達 ・+/-端子の電位差も0Vから1Vppまで到達してしまう ・しかしまだOPアンプ内部では出力電圧を上げようとするが出力端子に現れていない ・+端子の電圧が下がり始めて0Vに戻る ・ここでようやくOPアンプの内部回路から出力端子に先ほどの電圧が出始める ・つまりマイナス端子にも+の電圧がかかり始める ・+端子の電圧が-1Vにどんどん向かっている  ここで、よく見ると、マイナス端子の電圧は先ほどの遅れた出力によりどんどん電圧は高くなっていて、+端子は逆にマイナス側に触れているから、端子間電圧はどんどん広がります。 ・+端子の電圧が-1Vに到達したとき、マイナス端子の電圧は+1Vまで上昇しました。 この状態は端子間電圧がなんと2Vにも到達しています。 フィードバックをかけて+端子と同じ電圧を出そうとしているにもかかわらず、逆に入力端子間電圧は2Vにもなります。 で今度は-端子>+端子なので出力はマイナスに一気に触れるように内部回路は動作を始めますが、もちろんまだ出力には現れません。 このように話を進めていくと、この+端子と-端子の反対の関係は決して解消することがありません。 因みに、+端子が上記の後-1Vから0Vに戻ったとしましょう。このときは、先ほどからOPアンプは出力を下げるように内部回路は動いていますので、それが出力に現れ、出力も一応0Vに戻ります。でも、まだ内部回路は今度は-側にしようとしていますので、今度はマイナス側に変化を続けます。 仮に、ここで出力端子を0Vに固定していたとしても、このマイナスの変化は止まりません。どういうことになるかというと、-端子は今度はマイナス側になるので、+/-端子間電圧が生じて今度は内部回路は+側に触れようとします。 でも出力はまだマイナス方向に変化しています。 要するに出力のフィードバック信号である-端子への入力が反映されるのが遅すぎるため、何時までたってもこの出力信号の変化は止まりません。 これを発振しているといいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 位相補償について

    オシロスコープを用いた実験を授業で行っているのですが、「プローブのマッチングボックスによる位相補償について説明せよ」という報告事項があります。  調べてみたのですが、内容が難しくいまいちよくわかりません。以下にその内容を載せます。もう少し分かり易く説明していただけるとありがたいです。帰還回路、正帰還などもわかりません・・・。 OPアンプなどの広帯域、高利得の増幅回路では、帰還をかけて使用するが、増幅回路自体の位相が180度をこすと、帰還回路から正帰還される為に発振してしまう。このため、適正な利得周波数特性を保つため、回路の一部に補償回路を設けて位相をコントロールして、発振を防止し、安定動作をさせている。

  • オペアンプの位相補償

    オペアンプの位相補償について教えて頂きたいです。 物理的なイメージでとらえたいと考えています。 (本来は伝達関数やラプラス変換から導かれるかと思うのですが。。) 図1のようなオペアンプでは、文献なんかによると容量の大きなCcをつけることでもっとも基本的な位相補償(発振回避)ができると記載してあります。 私のイメージでは、高周波をCcを介してGND側に逃がすつまり帰還される信号の高周波を遮断することで発振しにくくなる、ととらえています。 その続きとして図2のようにCcを入れることでミラー効果を利用して容量の小さなCcで代用できる、と文献にあります。 これも理解できるのですが、ここで1つ疑問があります。 図2のようになると、Ccを介して高周波が通りやすくなり帰還信号に乗って発振しやすくなってしまうのではないでしょうか? どこの考え方がおかしいでしょうか?

  • オペアンプ反転増幅回路の特性について

     オペアンプの反転増幅回路について教えてください 1.周波数特性 2.位相特性  また、オペアンプの諸特性についても、できたら教えてください。

  • オペアンプ ミキサー回路

    オペアンプを使用した2入力ミキサー回路を作りたいのですが、 入力と出力の振幅を合わせたいと思っています。 プリアンプとして1段目でオペアンプの利得を1/2で使用して、 その後反転増幅回路(利得1)で加算して位相を戻すという回路 で実現できないかと思っているのですが、オペアンプの利得を1/2 で使用することは可能なのでしょうか。 反転増幅回路で抵抗値を入力側22k、フィードバック側11kとすると実現 できそうな気がしますが、何か不都合は起こらないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 帰還回路 位相特性

    帰還回路の位相の周波数特性なんですけど、実験でオシロスコープによって位相を測定したところ、低域遮断周波数以下のところでほぼ一定の位相を示してます。理論上、帰還回路は増幅回路の逆位相(180°ずれ)を示すはずなんですけど、一定になった理由がよくわかりません。わかる方いらっしゃいましたら、どうか教えてください。お願いします。

  • オペアンプの発振止め

    フォトダイオード用のプリアンプ基板を作成しました。 ・初段のI/V変換回路の抵抗は100kとしました。 ・位相補償用コンデンサを抵抗にパラに入れています。 ・2段目の増幅回路は非反転入力で、帰還抵抗は100kです。 ・増幅回路は1.6kHzのローパスフィルタを形成しております。 上記回路基板にPDを実装し、光量を測定するのですが、 たまに発振が起こってしまいます。プリアンプ基板-次段のインターフェース基板間の配線長が3m程度となります。 これも発振の原因のひとつなのでしょうか。 情報少なくわかりにくいかと思いますが、 発振対策のアドバイスをいただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • オペアンプを利用した反転増幅回路について。

    オペアンプを使った反転増幅回路で、周波数を高くしていくと電圧増幅率Gは減衰していきました。その理由は、オペアンプ自身の利得が高周波域で低下するから、オペアンプそのものに周波数特性があるので高周波域では増幅できない。という考えでいいのでしょうか?

  • 位相補償用コンデンサ

    フォトダイオードからの電流をOPアンプを使ったI-V変換回路で DC:0.1V、AC:0.05Vまで増幅させ、次にAC結合を行い この信号を100~200倍の増幅回路(OPアンプによる反転増幅回路) でAC成分のみを増幅させる回路を設計しようとしています。 このときAC結合後の増幅回路ですが位相補償用のコンデンサは 必要でしょうか?信号は200kHz程度はほしいのですが コンデンサをつけることによりそれが制限されてしまいます。 位相補償用コンデンサの有無の判断はどのようにして 行えばいいのでしょうか? ちなみに使用するOPアンプはLM6361(NS製)です。

  • 位相余裕 利得余裕

    電流バイアス回路をspice上で作成し、安定判別をしようとしています。 帰還回路の増幅器をA、帰還率をβとします。このとき、Aβ<1の時負帰還が成り立ちます。また、Aβ=-1、つまり│Aβ│>1の時は正帰還になり、発振します。 これを確認するために、spiceをボード線図表示にしたのですが、ここで疑問があります。 上記の条件を確認するためには、プローブを出力のところに当ててボード線図で位相と利得を見るのですか? それとも、Vout/Vinに設定してボード線図で確認するのですか? はたまた、これ以外の方法ですか? 非常にわかりにくい文章になってしまいましたが、回答宜しくお願いします。

  • オペアンプとコンパレータの帰還について

    例えば、オペアンプの回路、反転増幅回路は負帰還になっています。 これに対し、コンパレータは、ヒステリシス動作させるために正帰還にします。 ここで質問です。 負帰還と正帰還がよくわかりません。 何がどうだから負帰還や正帰還になるのでしょうか? 教えてください。 宜しくお願いします。