• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

OPアンプの外部位相補償って何ですか?

岡村先生の「OPアンプ回路の設計」という本を読んでいるのですが、 一般的に使われるOPアンプの端子は、±電源と±入力端子と出力端子の5つですが、それ以外に外部位相補償のものには3つ端子がついているようなのですが、これってどういうものなのでしょうか? ・コンデンサを挟むことで発振を防ぐためのものであることは分かるのですが、これってフィードバック容量と何が違うのでしょうか? ・それとフィードフォーワード補償のところで、入力端子をこの位相補償用のところに繋いでいるのですが、これってもしかして一つのOPアンプの中に低周波用と高周波用が入っており、その橋渡しをしているのでしょうか? 検索してみてもほとんどかかりませんでしたので、どなたか詳しいお方教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1432
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tance
  • ベストアンサー率57% (402/704)

tanceです。 位相補償端子は確かにOP内部のアンプの途中から出ています。モノに よって内部の回路は違いますので、一概には言えませんが、OPアンプの 内部は何段かのアンプで構成されていて、そのつなぎ目が位相補償端子 として出ているものが多いです。 二つのOPアンプという表現はちょっとイメージが違いますが、OPアンプ ICの中にある多段のアンプをそれぞれOPアンプと言うならMOUIIKAOさん のおっしゃるとおりです。 一例を挙げると参考URLの15ページで1ピンがフィードフォワードに 使われると思いますが、ここは遅い初段(Q1,2,3,4,5,6)の出力になって いて、同時に次段(Q9,10)の入力にもなっています。つまりアンプと アンプのつなぎ目です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • tance
  • ベストアンサー率57% (402/704)

今はあまり使われなくなりましたが、動作スピードを自在にコントロール できるOPアンプがあります(ました?)詳しく説明するのは大変なの ですが、要は、負帰還ループを一巡する、ゲインと位相の関係が発振条件 を満たさないようにし、さらに系が安定するようにすればよい訳です。 そのために普通は内部に単純な-6dB/octのゲイン周波数特性を持たせる 設計になっています。これは最も間違いの少ない方法です。 ただ、スルーレートを高くしようと思うと出力段は高速に保ち、より 前段で位相補償を行いたくなります。また、閉ループゲインを大きく 使う人には余計な位相補償がついていると遅くなるので補償量を自在に 変えたくなります。そのようになってくると、要求により補償は まちまちなので、外部補償という手段をとる訳です。 外部位相補償に端子が3つついているのはおそらくuA709という昔の OPのことだろうと思います。必ずしも3つの足が必要とは限りません。 LM301などは差動バランス端子と兼用していますが、基本的には位相 補償端子は2つです。 位相補償用のコンデンサとフィードバック容量との違いは、閉ループ として考えると、どちらも高周波のゲインが下がるものですが、ループ 一巡として考えると、位相補償は一次遅れであり、帰還容量は一次進み になります。この違いを、使う立場から説明するのは少々難しい ですが、敢えて一面だけ言うと、「帰還容量をつけても発振しないように 内部位相補償を行っている」ということになります。 フィードフォワードはOPアンプ中の遅い部分を飛ばして速い終段近く の位相補償端子などから信号を突っ込むことで実現することがあります。 これもたくさんの方法があり、どの端子をフィードフォワードに使うか は一概には言えません。 説明がうまくないので理解できるかどうか不安ですが、ある程度負帰還 の理論を身につければ上記の説明で解ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 回答頂いた内容は大体理解出来たのですが、 もっとも肝心な箇所がよく分かりませんでした。 この位相補償用の端子はその名の通り位相補償に使われるというのは分かるのですが、具体的にOPアンプの内部ではどのように接続されているのでしょうか? フィードフォワードは二つのOPアンプを容易して、信号のうち高い周波数成分のみをバイパスして後段の速度の速い方のOPアンプに送ることで、高速且つ高増幅率の、OPアンプを実現出来るというものですが、 ここにこの位相補償用の端子に信号をバイパスすることで、一つのOPアンプで本来2つ必要なフィードフォワードを実現することが出来るとういことは、この端子は二つOPアンプを繋ぐラインではないかと想像するのですが、そういうものではないのでしょうか?

関連するQ&A

  • OP-アンプの発振に関することに関して教えて下さい。

    OPアンプは高周波帯において、出力側で位相が遅れた成分が入力側に戻ることで、ポジティブフィードバックの状態になり発振してしまう。帰還容量を増やすことによって位相余裕を増やしてやることで 発振しないようにすることが出来る。 ということに関してなのですが疑問があります。 ・帰還容量を増やすということは高周波側の成分の帰還量を増やすということに相当するわけですが、 となると帰還容量を増やすと逆に発振を促進することにはならないのでしょうか? ・コンデンサの特性として位相を送らせるというものがありますが、となるとコンデンサを経由して帰還してきた成分は90°遅れており、位相余裕が90°ほどもある周波数帯まで、入力と同じ位相になってしまい、やはり発振を促進してしまうのではないのでしょうか? ・そもそもコンデンサで入力側と出力側を繋ぐということは、帰還量だけではなく、オペアンプを経由せずに素通りしていく成分も増えることになり、この成分はオープンループゲインが0以下の周波数帯でもゲイン0で通過するのではないのでしょうか? この3点いくら考えて調べても答えが見つかりませんでした。 どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 位相補償について

    オシロスコープを用いた実験を授業で行っているのですが、「プローブのマッチングボックスによる位相補償について説明せよ」という報告事項があります。  調べてみたのですが、内容が難しくいまいちよくわかりません。以下にその内容を載せます。もう少し分かり易く説明していただけるとありがたいです。帰還回路、正帰還などもわかりません・・・。 OPアンプなどの広帯域、高利得の増幅回路では、帰還をかけて使用するが、増幅回路自体の位相が180度をこすと、帰還回路から正帰還される為に発振してしまう。このため、適正な利得周波数特性を保つため、回路の一部に補償回路を設けて位相をコントロールして、発振を防止し、安定動作をさせている。

  • オペアンプの位相補償

    オペアンプの発振をさせない為の位相補償の考え方について調べています。当カテゴリーで調べたところ『OPアンプなどの広帯域、高利得の増幅回路では、帰還をかけて使用するが、増幅回路自体の位相が180度をこすと、帰還回路から正帰還される為に発振してしまう。このため、適正な利得周波数特性を保つため、回路の一部に補償回路を設けて位相をコントロールして、発振を防止し、安定動作をさせている。』と記載されていました。同じ様な内容は他の文献、ウェブサイト等で見聞きしていましたが、殆ど理解は出来ていません。ボード線図で考えるとわかりやすいとも聞きますがいまいちわかりません。どなたか詳しい方、基本的な考え方からわかりやすく教えて頂けないでしょうか?

  • オペアンプの位相補償

    オペアンプの位相補償について教えて頂きたいです。 物理的なイメージでとらえたいと考えています。 (本来は伝達関数やラプラス変換から導かれるかと思うのですが。。) 図1のようなオペアンプでは、文献なんかによると容量の大きなCcをつけることでもっとも基本的な位相補償(発振回避)ができると記載してあります。 私のイメージでは、高周波をCcを介してGND側に逃がすつまり帰還される信号の高周波を遮断することで発振しにくくなる、ととらえています。 その続きとして図2のようにCcを入れることでミラー効果を利用して容量の小さなCcで代用できる、と文献にあります。 これも理解できるのですが、ここで1つ疑問があります。 図2のようになると、Ccを介して高周波が通りやすくなり帰還信号に乗って発振しやすくなってしまうのではないでしょうか? どこの考え方がおかしいでしょうか?

  • OPアンプの2ポール補償について

    OPアンプの2ポール補償について 「定本 OPアンプ回路の設計」を読んでいます。 この本には、OPアンプの2ポール補償として、 下図が掲載されています。 この説明に、 「第2の極より低周波では、C1,R1の分圧比が-20dB/dec の周波数特性を持つので、Ccの効き方は合計で-40dB/decのロールオフ を示します」 とあり, http://blogs.yahoo.co.jp/denshiyorimichi/50900979.html に示されているようなボード線図が説明に載っています。 Ccの効き方が合計で-40dB/decになる理由がわかりません。 なぜでしょうか?

  • 位相補償用コンデンサ

    フォトダイオードからの電流をOPアンプを使ったI-V変換回路で DC:0.1V、AC:0.05Vまで増幅させ、次にAC結合を行い この信号を100~200倍の増幅回路(OPアンプによる反転増幅回路) でAC成分のみを増幅させる回路を設計しようとしています。 このときAC結合後の増幅回路ですが位相補償用のコンデンサは 必要でしょうか?信号は200kHz程度はほしいのですが コンデンサをつけることによりそれが制限されてしまいます。 位相補償用コンデンサの有無の判断はどのようにして 行えばいいのでしょうか? ちなみに使用するOPアンプはLM6361(NS製)です。

  • OPアンプの発振(?)について。

    OPアンプを用いて反転増幅器を作ったのですが、入力信号を何も入れずにOPアンプにバイアス電圧をかけただけで、出力に数mVのSin波のようなものがオシロスコープ(インピーダンス50Ω)で見られました。 これは俗にいうOPアンプの発振というものなのでしょうか? どうしたらこのノイズを改善できるのしょうか? つたない説明ですが、回答よろしくお願いします。

  • OPアンプについて

    つい先日OPアンプを使った実験をしたのですが、OPアンプについて少しわからない点があったので教えてください。 1、OPアンプの出力と電源端子はなぜ短絡してはいけないのでしょうか? 2、OPアンプ回路に使用する抵抗値の大きさは、OPアンプの入力および出力インピーダンスZi,Z0に対して、Z0<<(R1,R2,...,Rf)<<Zi、の範囲のものを使用するとありますが、この範囲以外のものを使用するとどうなるのでしょうか? 以上の二点なんですけれど、説明が下手かもしれませんがどちらかだけでもいいので教えてください。

  • OPアンプのゼロ調節について

    OPアンプのゼロ調節について 「定本 OPアンプ回路の設計」を読んでいます。 この本のP57に下図のような、反転入力の際のゼロ調節の回路が載っています。 そこに注意点として、 「R1はOPアンプの入力抵抗と同じく反転、非反転入力端子間に並列に入って、 OPアンプの性能を落とすので、Rs,Rfを屁入れtにした値の100~1000倍程度の 大きな抵抗値にするのが安全です」 とあります。 ここに疑問点がたくさんあります。 (1) R1がどう見ても反転、非反転入力端子間に並列に入っていませんが、どういうことでしょうか。   交流的に見ているということでしょうか。 (2) OPアンプの性能が落ちるのはどういう理由からでしょうか。 (3) なぜ「Rs,Rfを並列にした抵抗値」を考えるのでしょうか。 また、このあとのページで、 「R1が小さいとループゲインを損しますから高い抵抗値を選ぶとよい」 という記述もみられました。 ループゲインAβを損するとは、Aβの値が小さくなる、つまりβが小さくなるということですよね。 R1が小さいとなぜβが小さくなるのでしょうか。

  • OPアンプ回路について

    OPアンプの勉強をしています。 OPアンプを非反転増幅器として使用。 アンプの出力Voと反転入力端子ーに帰還抵抗Rfを接続。 さらに反転入力端子ーとグラウンドの間に帰還抵抗RsとコンデンサCを直列に接続。 入力信号は非反転入力端子+に、音声信号入力。 Rsと直列に接続されたコンデンサCの目的について、教えて下さい。 交流信号入力時については、コンデンサCは十分な容量を持っていれば短絡されていると同等と考えられるので、教科書の回路と同じになり理解できます。 基本的な事で恐縮ですが、原理と目的の解説をお願いします。