• ベストアンサー
  • 困ってます

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。 ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています(英文・選択問題)。 現在以下の問題を解いているのですが、(選択問題) どうしてもbとcが同じに見え、どちらを選んだらいいか迷っています。 A straight-line demand curve would a/have the same elasticity along its entire length. b/have a higher elasticity of demand near its top than near its bottom. c/have a lower elasticity of demand near its bottom than near its top. d/be relatively inelastic at high prices, but relatively elastic at low prices. この場合、どれが正解なのでしょう・・・私はbかcだと思うのですが。 もし違いましたら、説明もして頂けると幸いです。 分かる方、どうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数698
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#136628

下で答えたSHIBIKIです。 需要関数のQ=a?bP はQ=a-bPの間違いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 まだまだ勉強が必要なようです。 でもあきらめないで頑張ります。

関連するQ&A

  • 直線の需要曲線のときの価格弾力性について

    需要曲線 P = -aX + b についての需要の弾力性のとき、以下が成り立つとある。 (1) 縦軸切片における弾力性は ∞,横軸切片における弾力性は 0 (2) 原点と横軸切片の中点における弾力性は 1 (3) 中点より左側では弾力性は 1 より大きく,右側では 1 より小さい ここで、価格弾力性は、需要の変化率÷価格の変化率 ということは理解できているのですが、 上記の直線の需要曲線のとき、なぜ、中点より左側が弾力性が1より大きく、右側が1より小さいと言えるのでしょうか? 図の ac/ab で求められるという意味がわかりません。  

  • 経済学の中間点を用いる弾力性の計算についてですが

    ミクロ経済学の弾力性の計算方法についてですが、2点間の(需要の)価格弾力性を求めるときに、中間点の方法を用いた場合に算出される価格弾力性は中間値の点での価格弾力性ということなのでしょうか?また、 測り方に依存しないよう変化の計算(Δx/x)等の分母をそろえるために平均値として同じ値をしようしてるのはわかるんですが、 なぜ、中間値の値を使用しないといけないのかがわかりません。(マンキューの入門経済学P159、クルーグマンミクロP134のへんの内容なんですが、)お詳しい方教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いいたします。 以下に式を書いておきます。 数量Q 価格P 需要曲線上の二点(Q1,P1) (Q2,P2)ガ与えられたとき 需要の価格弾力性=[(Q2-Q1)/{(Q2+Q1)/2}]/[(P2-P1)/{(P2+P1}/2]

  • 価格弾力性について

    、問題集で価格弾力性の問題を解いています。 問題には、価格をP、需要量をQとする時、市場の需要曲線がQ=500-4Pで与えられています。Qを200とした時の需要の価格弾力性はいくつかと書いてありました。 回答をみたところ、 価格の弾力性=(ーdQ/Q)/(dP/P)よって、 価格の弾力性=(-dQ/dP)/(P/Q) 需要曲線がQ=500-4Pのため、Q=200を入力すると、P=75 さらに、Q=500-4Pのため、dQ/dP-4となる。以上より、 価格弾力性=-4×(75/200)=-3/2となっています。 しかし、dQ/dPがなぜ-4になるのかがわからないため、解答にたどり着くことができません。お手数ですがどなたか教えていただけますでしょうか。 また、他の回答を見たとき、微分に当てはめて解答するとき方もありましたが、微分の知識がないため、解答にたどり着けません。あわせて微分についての基礎知識も教えて下さい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#136628

答えはb です。この説明方法は、教科書によってさまざまです。 入門レベルのマンキューだと、「This is true because the slope (需要曲線のこと)is the ratio of “changes” in the two variables (価格と需要量), whereas the elasticity is the ratio of “percentage changes” in the two variables」と言っています。これは、実際に計算してみるとわかります。 適当に需要曲線を数字をふって書いてみる。そして、需要の価格弾力性を the midpoint method で計算してくだい。Price elasticity of demand (by the midpoint method) = (Q2-Q1)/[(Q2+Q1)/2] / (P2-P1)/[(P2+P1)/2]. 必ず問題の答えのように、需要曲線の上のほうは弾力的であり、下のほうは非弾力的な数値がでます。 数学的に証明したい場合は、たとえば次の方法があります。 いつものように、需要の価格弾力性を ε=(% change in Q/ % change in P)×(P/Q) と定義します。また、需要関数を Q = a ? bP, where a, b are positive constants とします。 グラフがないのですこしわかりにくいですが、これより、 ε=(% change in Q/ % change in P)×(P/Q)= -b (P/Q)を導くことができます。実際にグラフを書くとすぐわかります。グラフより、価格軸の切片が (a/b)なので、その中間は(a/2b)になります。 ここで、価格(a/b) から(a/2b)を導いた弾力性の公式に入れると、弾力性は-∞ ~-1になりelastic。また、価格(a/2b)から0にかけての弾力性は、-1~0となり定義よりinelasticになります。(注意:求まった弾力性に、絶対値をつければすべて正の値になります)。これより、また直線の需要曲線のちょうど中間 [P=(a/2b)]での需要価格弾力性は1になる。このときの弾力性はunit elastic と呼びます。 やはりグラフがないのでわかりにくいかもしれません。 英語の教科書でしたら、Besanko, Varian, あとZupanに上で説明した方法がもうすこし詳しく載ってます。 日本語だと、荒井ミクロのファンダメンタルのほうに、異なる説明があるので、自分にあった方法を覚えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ミクロ経済学の余剰分析についての質問なんですが、需要曲線の価格弾力性が

    ミクロ経済学の余剰分析についての質問なんですが、需要曲線の価格弾力性が0のときで供給曲線は普通に右上がりのようなとき、この場合の消費者余剰はどのようになるのでしょうか? また、供給曲線の価格弾力性が0で、需要曲線は普通に右下がりのような場合、生産者余剰はどのようになるのでしょうか?  考え方や計算の方法について教えていただけるとありがたいです。 宜しくお願いします。

  • 需要の所得弾力性 について。

    ※以下の本での質問です。 ・らくらくミクロ経済学 茂木喜久雄著 ・ミクロ経済学 増補版 武隈慎一著 ------------------------------ 需要の所得弾力性(便宜上eと書く)が らくらくでは…「上級財の中で更に必需品と奢侈品に分かれ、必需品は0<e<1 (p.59)」なのに対し 武隈ミクロでは…「e<1の財は必需品、e=0,e<0も必需品 (p.43)」の旨が記されています。 要は e=0,e<0 の場合について両者の言い分が異なるのですが どちらが正解なのか教えて下さいm(__)m

  • ミクロ経済の問題です。価格弾力性と税:

    ミクロ経済の問題です。価格弾力性と税: 次の問題がなぜ間違いなのかわかりません。 次の文は正しいか。「企業に間接税を課す。そのとき、供給の価格弾力性が1で、需要の価格弾力性が1より大きければ、消費者の方が企業よりも負担が小さい。」 回答では、この文は間違い。つまり、消費者の負担の方が大きいとのことです。 普通に考えて、供給曲線の傾きがが右45度で、需要曲線が45度以下なので、企業側が少なくとも税の半分以上は負担することになると思うのですが。 アドバイスをいただければ幸いです。

  • 価格弾力性に関する問題 

    ー問題文ー 今、xとyをそれぞれ第一財の消費量、第二財の消費量とする。 ある消費者の効用関数が、U=x^0.4*y^0.6 であるとする。この消費者の需要曲線の価格弾力性は一定になることを示せ。 ーー 以上が問題文になります。 ご協力のほうよろしくお願いします。

  • 価格弾力性について質問です。

    価格弾力性について質問です。 問題で、 (1)需要の価格弾力性が大きいほど、個別物品税による社会的損失は大きくなることを、需要の価格弾力性が無限大の場合を例にとり、図を用いて説明しなさい。 (2)供給の価格弾力性が大きいほど、個別物品税による社会的損失は大きくなることを、供給の価格弾力性が無限大の場合を例にとり、図を用いて説明しなさい。 というものがあるのですが、(1)は需要曲線が水平、(2)は供給曲線が水平の図が書けると思います。 そこでなのですが、両者ともに個別物品税をかけた場合、価格はどちらとも変化はしないので、(1)の場合は個別物品税により供給者が払う税金が多くなり、供給量が減少する、(2)は消費者が払う税金が多くなり、消費量が減少するから、社会的損失が大きくなるという解釈でいいのでしょうか? また、図を用いて説明というのが、どのようにすればいいのかいまいち理解できません。 片方の曲線を水平に書いて、もう片方は普通に書けばいいのでしょうか? 詳しく教えていただけるとありがたいです。

  • 政経学部1年生ですが弾力性の求め方について。

    問題についてなんですが、教授の解答と僕の答えが違い、 解説がなかったので教えてください。 【問題】 完全競争市場において需要量D、供給量S、価格Pとして、 ある財の需要曲線がD=-2P+6、供給曲線がS=4Pのとき、 市場均衡点における需要の価格弾力性を求めよ。 【僕の解答】 P=-1/2D+3 …m P=1/4S なので、連立して解いて均衡点(4,1) 弾力性=(需要の変化率)/(価格の変化率)なので、 4/2=2 だと思ったのですが、解答が1/2といわれました。 たしかに直線mの傾きは1/2なのは分かりますが、考え方が違うのでしょうか? よろしくお願いします。

  • ミクロ経済

    ミクロ経済の問題です。 難しい内容で、回答ねがえれば助かります 1. At a price of $8 the quantity demanded is 20, and at a price of $4 the quantity demanded is 30. The elasticity of demand is therefore A)0.25 B)0.6 C)0.7 D)1.67 2. If the price of a product rises and the firms’ total revenue falls, then we can say that the demand is A)Elastic B)Inelastic C)Unit elastic 3. If two goods have a cross elasticity of demand that is negative (less than zero) then we can say that they are A)Compliments B)Substitutes C)Necessities D)Luxuries E)Inferior 4. Which of these goods would we expect to have an inelastic demand? A)Peppermint candy B)Dishwashers C)Coffee D)Crest toothpaste E)Whole wheat bread 5) Which of these is true? A)People are willing to pay more for diamonds than for water because diamonds have more Total Utility than water B)As people consume more water their Total Utility falls C)As people consume more diamonds their Marginal Utility per dollar rises D)If the Marginal Utility per dollar of diamonds is greater than the Marginal Utility per dollar of water, people will buy more diamonds and less water E)None of the above 6) Consumers will definitely buy another apple if A)Its Marginal Utility is less than its price B)Its Marginal Utility is greater than its price C)Its Marginal Utility is equal to its price D)Its Marginal Utility is diminishing

  • 経済学 

     需要の価格弾力性と需要曲線を勉強しているんですが、 以下のことが理解できません。どなたか簡単に説明していただければ 幸いです。  (1)    価格をPx、需要量をXとすると需要に価格弾力性は    ed= -(dx/dpx) * (Px/x) と表されます。需要曲線の    傾きはdpx/dxなので、需要の価格弾力性edの数式に    おけるdx/dpxは需要曲線の傾きの逆数になる。  と記載されているんですが  式と文章の意味が恥ずかしながら全くわかりません。  弾力性の式は(需要量変化率/価格変化率)とは頭に  いれてますが・・・  (2)    加えて後述に縦軸価格Px、横軸X の需要曲線に中点での    価格弾力性は1となると書いてあるんですが、全く図の意    味がわかりません?(右下がりの需要曲線を4等分くらい    にしてX軸に向かうほど弾力性は0に近づき、Px軸に近づ    く程∞と表している図なんですが・・・(うまく書けませ    ん・・・)この図表は何を意味しているのか分かりません    ので、どなたかご検討のつかれた方いらっしゃいませんで    しょうか?     宜しくお願い申し上げます。質問自体が明確でなく申し訳    ございません。  

  • IS-LM曲線について教えて下さい!!

    金利がゼロ近くなると貨幣需要の利子弾力性が無限大となりLM曲線の傾きが水平になる流動性のわなが生じ、乗数が上昇する場合、IS-LM曲線がどのように変化するのか教えて下さい!

  • 需要の価格弾力性についての問題

    需要曲線の式 Q=-2P+30 が与えられているとき、 (1)弾力性が1になる点を求めよ。 (2)弾力的(1を超える弾力性)になる領域を求めよ。 という問題が分かりません。経済学初学者です。 ご存知の方がいらしゃいましたら、よろしくお願いします。