解決済み

おたまじゃくしのしっぽの行方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.608464
  • 閲覧数3800
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 77% (14/18)

おたまじゃくしがカエルになるときに、しっぽはどうなるんですか?
体に吸収されるのかな?切れるのかな?切れるとしたら、切れたしっぽはどうなるのかな?消えてしまうのかな?
どなたか教えて下さい!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6

ベストアンサー率 68% (816/1194)

こんにちは。
子供の頃、私も良くおたまじゃくし飼いました。カエルになるとき、何時の間にか尻尾がなくなってしまいましたね。切れたんだろうとは思ったのですが、目の前で見たことがありませんし、水槽の中に使用済みの尻尾らしきものは見当たりませんでした。これは、アポトーシスというプログラムによって尻尾の細胞が死んでしまうからだったんですね。
根元の細胞が先に死んでしまえば、手っ取り早くちょん切れてしまいそうな気もするんですが、どうも成長に従って順番に死んでゆくらしいんです。これがプログラム死と言われる所以です。

生物の細胞には寿命があり、ある程度の細胞分裂を行なうと役目を終えて死滅します。だから身体の細胞が順に新しいものと入れ替わるんですね。従来、これは細胞の壊死、もしくは自然死として取り扱われ、「ネグローシス」と呼ばれていました。最近の研究では、細胞の死にはもうひとつあって、生体のシステムの維持のために、役目を終えた物、不要なものは寿命が来なくても死滅するという、プログラムされた細胞死があるということが判りました。これが「アポトーシス」ですね。細胞をひとつの生命として捉えれば、常に自らの寿命を全うしようと勤めるのが道理です。ですから、全体のために自殺を選択するメカニズムがあるということが、当時、生命の新しい概念として受け止められました。実はこれによって、初めて「おたまじゃくしの尻尾がどうなるのか」ということがきちんと説明できるようになったんです。何とも、最近(ここ10年くらいだと思います)の話だったんですね。

ところで、おたまじゃくしは尻尾が短くなるのと同時に手や足が生えて来ますよね。最初、手足は単に棒のように生えて来ますが、やがて四肢の先端に指や水かきが出来上がります。これも手足が生えるための細胞分裂と同時にアポトーシスが起きるからです。細胞がただ分裂するだけではただの肉の塊にしかなりません。細胞分裂と平行して不要な細胞が抜け落ちることにより、指や水かきが決められた通りに造形されるわけですね。
お母さんのお腹の中にいる人間の胎児の手足もこのようにして作られます。もちろん、受精卵一個に状態から人間の身体全部が出来上がってゆくのも、言わばそんな彫刻のようなものいうことになります。
胎児は発生の時点からその作業を始めて出産で終了しますが、おたまじゃくしは「変態」という成長の時期を見極めてもう一度そのスイッチを入れ直しているんですね。チョウチョの幼虫はきれいな羽をもった成虫に生まれ変わるために、さなぎの中で同じことをやっているんですよ。不思議ですね。
お礼コメント
upchan

お礼率 77% (14/18)

すごくよく分かる説明で、生物のことをあまりよく知らない私にも良く理解できました。どうもありがとうございました。
ほんとに生物って不思議な力を一杯持っていて神秘的ですね。
投稿日時 - 2003-07-23 09:51:39

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 43% (477/1085)

アポトーシス(Apoptosis)
DNAの組み込まれた寿命で細胞が縮小、空胞化し、DNAは断片化するという特徴を言います。
そのため、隣接する健康な細胞との間に隙間ができ、秋に枯葉が枝からおちていくように、ぬけおちていき、やがてマクロファージ(抗体細胞)などによって処理されてしまいます。
アポトーシスという言葉は、秋に木から葉がおちる現象をさすギリシャ語に由来し、マイトーシス(細胞の増加と生)の反対語です。
お礼コメント
upchan

お礼率 77% (14/18)

よくわかりました、ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-07-23 09:52:22
  • 回答No.4

ベストアンサー率 44% (42/94)

アポトーシスを起こして消えてなくなります。
元々プログラムされた細胞単位の自殺で、ある
時期が来ると自動的に始まります。
消えてしまえば元に戻る事はありません。

ただし、このアポトーシスが起きる前だと
シッポが傷付いてもチャンと治癒するそうです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 43% (189/434)

子供の頃飼っていたのですが、
かえるの形になるにしたがって、
だんだん短くなってたような記憶があります。
かえるの形で小さなしっぽがあったの覚えてます。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 29% (232/789)

確か、アポトーシスが起きて、吸収されるように縮むように無くなる筈ですので、切れた尻尾が残る事は無い筈です
補足コメント
upchan

お礼率 77% (14/18)

早速の回答をありがとうございます。
追加で質問ですが「アボトーシス」ってなんですか?
投稿日時 - 2003-07-22 23:11:06
  • 回答No.1

ベストアンサー率 10% (17/156)

あれは、身体の中に吸収されていくんじゃなかったかなあ?

遠い昔に理科で習ったような…^^;
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ