• ベストアンサー
  • 困ってます

盛り土をしてある土地の基礎について質問です

盛り土をしてある土地の基礎について質問です 新築を予定している土地の一部に擁壁があり道路面とは2m弱の高低差があります。 同じ造成地で別の物件を建てている大工(親の知人)の情報では、 私の土地は部分的に盛り土になっているので強い基礎にする必要があるとのことです。 親はこの話を聞いてから基礎をダブル配筋(知人大工のアドバイス)で作れとうるさいです。 工務店に相談したところ、地盤調査がまだなので確定ではないが、おそらくダブル配筋の必要はないとのこと。 また基礎はベタ基礎でコンクリートは30Nを使うそうです。 予定地は高さ30m程度の丘の上にある住宅地の中にあり造成後4年程度です。 盛り土の件は擁壁設置時に当然掘り起こして埋め戻ししているとは思いますが、 木造2階建て延床31坪の家の場合、大工のアドバイス通り基礎をダブル配筋にする必要があるのでしょうか? その場合、シングル配筋との価格差はでの程度になるのでしょうか? 他にも擁壁がある土地への建設にあたって気をつける点などありましたらアドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数769
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

1.お父さんの指摘されている根拠は、添付図のような(当方の勝手な推測?)元地形(点線)を工事を行い、断面図の下から道路、A区画、B区画、道路の順に造成された土地であると思いますね。 2.貴方の土地は、A区画で、2mの擁壁があり、その背面土地は、元地形(点線)より上を盛土して造成されていると推定されます。隣B区画は、切土(点線より上)して、敷地と道路を造成したものと推定されます。 3.お父さんの心配は、切土であれば地山が敷地の地盤であり工事で乱れていない(B区画)、方や盛土の土地(A区画)は工事の段階で、乱した土を盛って締め固め造成したものであるから、見かけは同じに見えるが、A区画の地山より、地盤強度が引くのでないかとのことだと思いますね。 4.問題は、盛土施工時の使用した材料・転圧の程度の良し悪し(土工規定遵守)、地盤の強度の試験(竣工時の検査記録)実施されていることが確認できるかどうか。 A区画の地盤の品質について疑ってかかればきりがないことですね。施工時や竣工時の資料で確認できればいいのですが4年を過ぎていることで困難をきたすと思います。 5.別の物件を建てている大工(親の知人)の情報は地元の方であれば信頼できる情報ですね。盛土になっている事まで把握されていることは、技術者として非常に優秀な方であり、技術者倫理を実践されている方ですね。 『大工さんは、大工さんがもし貴方の立場になってA区画に新築する場合はを考えて、真実を知らせてくれていますね。本来は、これが出来る専門家が真のプロフェショナル技術者です。素人に対して説明責任義務を遂行(社会との約束)して、社会は成立しています。ごまかしは成立しません。解っていて説明しないこと(言わないこと、PRしないこと)は、技術者として義務を果たしていませんね。』 6.地盤強度確認 先ず、地盤の強度の確認(地質調査、載荷試験)を何らかの方法で実施し、説明し納得できるよう(説明責任)に工務店(設計者、一級建築士)に指示、協議してください。試験によらなくても確認が出来れば、納得できる根拠を書類で提示していただきたいと指示することです。 7.地盤の補強 地盤強度が不足の場合は、盛土地盤のみ、又は地山部分も含め固化材等で地盤(深さを設計)を補強する工事が必要になりますね。通常はべた既存場合はこの工法で地盤の補強を行います(地盤強度不足時の場合)場合によっては、杭基礎構造、基礎コンクリート形状を変更する場合もあります。 8.べた基礎ダブル配筋 お父さんの提案であるリスクを考慮した場合(大工さんの提案、長年の知恵)は、ダブル配筋にすることが取りえる最善の策だと思います。ただ、工務店の発現のシングルの件は確定の意見ではないですね。本来技術者である工務店(専門企業)は、素人(公衆に対し)、確実な証拠によって説明する責任が義務としてあります。(インフォームドコンセント)私であれば、ダブル配筋を強力に指示しますね。私の近くで地盤自体は強度の高い地盤ですがやはり、道路から2mくらい高く盛土になった場所に新築中です。基礎はダブル配筋ですね。段差の2mを利用して地下車庫となっています。 9.シングル、ダブル価格差、基礎コン シングルとダブルでの差額は微々たる金額ですね。エヤコン12畳が2台程度ですね。(20万)これでは新築の1%にもなりませんね。基礎コン30Nは、300kg/平方センチでありいいですね。 10.擁壁がある土地への建設 特別に擁壁あるなしで、建築の品質確保が左右されることはありません。切土(B区画)の場合でも地盤の強度を確認し、不足時は対策をするわけです。 壁自体の良し悪しについて、擁壁構造が設計図により適正に施工されているか(裏込めコン、栗石、排水パイプ)を検査する必要があります。(背面を試験掘りする1mくらい、専門家立会い、確認)敷地内の排水は確実に施工し、排水管の水漏れなどが無いように確実に施工、検査することが重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な回答ありがとうございます。 造成前の土地形状はわかりませんが、現状は図で示された通りの形状・配置になっています。  ※実際は丘の一番上でB側の道路に接する擁壁も道路面より下側になります 土地に関しては工務店とは関係の無い不動産屋から購入しましたので、工務店はこの土地のこと(造成以前の状態など)には詳しくないようです。 購入の際に不動産屋には、ほぼ切土で一部盛土があると説明をうけました。 施工時や竣工時の資料では確認できていません。 助言をくれた大工さんについては私自身面識はないので地元の方かどうかはわかりませんが、同じ造成地内で工事をしているとのことなので、もう少し詳しく聞いてみてもいいですね。 地盤の強度の確認(地質調査、載荷試験)とのことですが、これは工務店の言う地盤調査のことですよね?結果については(補強が必要な場合についても)、こちらが納得できるように説明を求めたいと思います。 基礎の配筋に関しては、地盤調査の結果がどうであれ20万以内で収まるようであれば前向きに検討してみます。(逆に20万以上になる場合は、工務店にふっかけられている可能性もある???) 擁壁構造については今回アドバイス頂いた部分を工務店にしっかり調べてもらい説明を受けたいと思います。 追加の質問になってしまいますが、長期優良先導的モデル事業を利用する予定ですが、適合書が交付されたら、地盤や基礎の強度は問題ないと考えていいのでしょうか? 今回の回答で工務店(専門家)に対する施主(素人)の姿勢(あるいはその逆)がどのようであるべきかを認識できました。 とても参考になりました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

盛り土が一部にあるということは切土もあるということでしょうか? 造成4年土がまだ安定していないのでは? 基礎の設計は、地盤調査後しっかりやられた方がよろしいと思います。 シングル・ダブルはその後に検討なされた方がよいと思います。 増加はべた基礎部分で鉄筋材・加工・取り付け手間なので工事費にしめる割合があまり高くないと思います 。 それより盛土・切土にわたって建物をたてた場合は。大きな地震ときスライスですべる可能性があるような きがします。通常盛土・切土する場合は当初敷地が斜面状になっていたと思います。 それを段々の団地にするため高い方はけずり低いほうはもって敷地部分を平らにしているわけです。 敷地分譲で階段形にするので落差がある部分に擁壁を設置するのだと思います。 建物が切土盛土にわたって建物を建てられる場合はべた基礎で地震がきたときだいじょうかどうか 確認する必要があると思いますが。 もしかしたら地盤改良杭と必要になるようなきがしますが?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。 地盤改良杭が必要と判断され補強を実施する場合、やはりそれなりの出費になりますよね。 地盤調査の結果が良好であることを願うばかりです。 いづれにせよ地盤調査の結果をみて検討していこうと思います。 アドバイスありがとうございました。

  • 回答No.4

1.>購入の際に不動産屋にはほぼ切土で一部盛土があると説明をうけました。確認できていません。 土地の造成時の資料は、不動産屋に再度聞いてみるべきですね。又、造成時造成の認可申請をして います。市町村の建設関係の部署には必ずありますね。建設関係の部署には造成を施工した業者、 設計会社も記載されています。施工会社、設計会社は電子データーで必ず保存されています。依頼 して見せていただくこともいいですね。自分から動かなくても工務店に指示するのもいいですね。 設計者は工務店に側の1級建築士又は事務所ですからね。(特に22年度の長期優良の申請が承認 されているわけです。これくらいのことは、設計者としての当然の義務ですね)、図面があれば、 平面と断面図で敷地のどの部分が盛土か、切土はどの部分かはおよそ区分けがつきますね。(建築 の領域でなく土木の領域につき土木技術者に見てもらうことも必要ですね) 2.>地盤の強度の確認(地質調査、載荷試験)とのことですが、これは工務店の言う地盤調査の ことですよね?結果について(補強が必要な場合についても)こちらが納得できるように説明を求 めたいと思います。 工務店、設計事務所、1級建築士が行う、現状地盤の強さ(建築基準法による規定の強度があるか どうか。N値で表す)調査及び地盤内の深さ方向の地質調査(土砂の種類、砂、れき、粘土、シル トなど)、地下水調査(地下水の深さ、流れ、被圧状況)です。目的は、これらの調査資料から、 強度が無い場合、杭構造、地盤改良(在来地盤の土砂とセメントなど固化材を現地で混ぜて所定の 強度を出すように地盤改良の設計施工を行います。改良後再度、載荷試験を行い、その結果を確認 します。 3.>擁壁構造についてアドバイス頂いた部分を工務店に調べてもらい説明を受けたいと思います。 但しこれについては、不動産屋の責任領域になっていますから、工務店の建築技術者では無理で すね。土木技術の分野です。とりあえず市町村の造成時の確認申請図で確認して、現地で建築基礎 掘削工事が開始された段階で、試験掘りを依頼して、確認してもらえばサービスで確認できます。 工務店も確認義務を果たしたことになり「目的の長期優良・・・の申請の中身に寄与したことにも なります」 4.>長期優良先導的モデル事業を・・・適合書が交付・・、地盤や基礎の強度は問題ないと考えて? 国交省が平成21年に開始した、住宅の差別化(建築メーカー、業者から見た場合?)、環境(30 年で立替リフォーム、無駄)のための、高規格住宅で、あくまで業者で申請提案、(木造等循環型 社会形成、維持管理流通強化、まちなみ・住環境が主体ですね。)採択されるシステムです。業者 の自主的な高規格高品質管理、10年間点検などをポイントにしていますね。土地、建築物はPl 法の対象になっていませんね。トラブルが多い訳ですね。PL法製品、家電品は安心して(専門家を 信頼して)変えますね。建築の瑕疵担保期間が従来2年でしたが、10年になりました(請負契約 約款)、早い時期にPL法対象になりますね。そうなれば長期優良・・は、あたり前となりますね。 故に、残念ですが一番のポイントの「>地盤や基礎の強度は問題ないと考えていいのでしょうか?」 については、関連は無いですね。あくまで、基礎コン、特に建築の領域についてレベルアップを目 的にしていますね。一番大事な、「地盤、基礎杭、基礎コン」については、申請は領域が違うため、 又責任領域が違うため(別々の販売、品質責任領域、特に地盤は土木領域)提案に入れにくいわけ ですね。長期優良の・・宣伝にごまかされないように注意が必要です。建築技術者、専門企業であ るならば、差別化の内容、何が違うかなど、公衆(素人)に説明責任があるわけです。重要説明に は入っていませんが、国家資格である建築士(建築)、宅建(不動産屋)は、技術者の規範や倫理 規定を遵守する義務があります。建築士協会の規定、不動産協会の規範規定、建設業者登録の法律 規定など法令順守等もあります。その他、地盤保証は「工務店の方で10年確保」要確認ですね。 5.>(専門家)に対する施主(素人)姿勢。その逆)がどのようであるべきかを認識できました。 いつでも逆に。貴方が薬剤師、メーカーの技術者である場合は専門家になり、建築屋さん、大工さ んが職を離れれば、安心して薬を買い(専門家を信頼)、化粧品を買うことになります。これで社 会が成立しています。恐ろしくて薬もかえない、恐ろしくて家に住めないとなったら社会は成立し ません。専門家になった場合は、専門家の立場で、素人が納得するまで説明責任を果たす、コミュ ニケーションが非常に大事であることだと思います。(施工主と請負業者・技術者・作業員)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりました 申し訳ございません。 1に関してですが、最初に造成・販売をしていた業者は倒産してしまったようです。 当方は別の業者が再分譲していた物件(土地のみ)を購入しました。 造成時の資料については工務店に調査を依頼してみます。 4については適合所の交付は地盤の強度とは関係ないのですね。 PL法は製造物責任法という名前からも早く住宅も対象となってほしいものです。 (土地は製造物といえるかどうかわかりませんが) 回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

一に一般的な対応策はありますが 個々固有の条件があるのです 地盤調査に基ずく構造計算は固有解決策です #1&2のご回答通りです 今 相談受けてる土地が同様 売主=工務店はベタ基礎でと言った様ですが 地盤調査事務所の結論では地盤改良要でした 建物を支持する地盤は1万年前の地層とか 切土と盛土の混在地盤は不同沈下の要因です 土地を見る事の可能な設計士or地盤調査者とご相談下さい 工務店や大工の話しはそれどまりで実質的な解決案は別

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。 工務店の想定とは異なる調査結果が出た場合は やはりベタ基礎+αの対応が必要になるのですね。 建物を支持する地盤がいつの年代のものかはわからない(これってどうやって調べるのでしょう?)のですが 盛土部分はありますので地盤調査の結果を待ちたいと思います。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

しっかり地盤調査を行い 構造に長けた建築士さんに設計してもらいましょう。 ベタ基礎のスラブだけ強くしても 意味を成さないことも多々ありますので・・・ 参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まずは地盤調査ということですね。 地盤調査の結果をふまえて検討してみます。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 盛り土の土地に建築

    現在造成中の土地に完成後すぐに家をたてることはやはりリスクがありますか?造成している土地は元は畑で、地盤改良しながら六メートルくらい盛り土いています。造成完了後の地盤調査でOKが出れば問題ないのでしょうか?

  • 3m盛り土の土地購入。急いでいます…!

    南ひな壇、南側3m盛り土、コンクリート擁壁の土地です。 マイホーム用に購入を考えています。 南に向けて25mのなだらかな斜面を、北側のレベルから盛り土をして、 フラットにしています。接道20m。南側の隣地は3m下になります。 土地の情報 140坪、南ひな壇、南側3m盛り土 擁壁工事は半年前に完了 もともとは駐車場 丘陵地で高台にあり、川や池、田んぼなどは近くには一切なし。 宅地造成法の確認書あり。 役所の擁壁工事の検査済みの書面あり。 設計事務所の方は問題ないと言っている。根拠は不明。 地盤調査はまだ。 南側が3m下になるので、とても日当たりがよく、気に入っています。 しかし、3mもの盛り土だと、必ず沈下する、というコメントをあちこちで見かけ、 とても不安です。 数日後に手付けを打とうとしています。 今からなら、業者さんたちには迷惑をかけますが、中止することはできます。 日にちがあまりないです。 是非、みなさまのご意見をお聞かせください。

  • 盛り土の土地購入について

    土地の購入を検討しています いろいろ探してやっと理想の立地に土地をみつけました。しかし理想の立地だけに少々予算オーバーで、しかも今はまだ造成中なのですが、かなり盛り土(埋め立てに近いかも...)しています。 盛り土はあまり良い話を聞かないので心配なのですが、以前不動産屋に「盛り土が心配だと言ったら、団地には住めないよ」と言われて、確かにそうかぁあと思い、地盤補強すれば問題ないのかなぁと思っています。 ただ、今の値段でさえ予算的にきついのに、それから地盤調査だの、地盤補強だのしたらとても買えそうにありません。 そこで質問なのですが、地盤補強にはどのくらいお金がかかるのでしょうか?また、補強代をみこんで値引きしてもらったり、正式な契約前に地盤調査し、それから値段の交渉など出来るものなのでしょうか?土地に関して全く素人なのでどなたか教えてください。

  • 海の絶景の土地に家の高さを出す盛り土をしたいです

    海を見下ろす絶景ポイントの土地を購入しました。   山の斜面に、4mの高さのある擁壁で囲われたおよそ700坪=2300平米の場所です。 そこに、延床面積60~70坪の平屋の家を建てることを検討中です。 視点を高くして眺望を確保するために、家の建つ部分とその周り150坪=500平米ぐらいだけ、新しく1mの盛り土をしたいのですが、この重さが土地に与える影響を心配しています。 擁壁の高さ4mから2.5倍以上、つまり10m以上離したエリアに家を建てれば、擁壁が壊れても家に影響はないと聞きました。 このエリア内であれば、さらなる新しい盛り土をしても、新しく加わる重さに関しては、擁壁にプレッシャーを与えることにはならないのでしょうか。 この土地の様子は、直線距離で500mぐら い離れたところ に海があります。 山というか丘というか、高台の上で海抜150mぐらいのところの 斜面に土地があります。 山の斜面にある棚田を3枚ほどつぶして、盛り土をして、擁壁で囲うという造成がされたのが13年前ぐらいです。 地元のホテル/土建会社グループの経営者の方が個人的に別荘か何かの利用目的で、自社の建設部門で造成したようですが、資金繰りに困った時に手放されたとのこと、それを買い受けた人が、2011年の震災後に、所有していたいくつかの土地や別荘をまとめて売りに出したときに私が購入しました。 土地の購入前に、擁壁の土地ということで心配で、話を聞かせていただいた、施工をした土建屋さんの話では、砕石などをたくさん使ってガチガチに盛り土をしたので、擁壁が倒れたとしても土地そのものが崩れるようなことはないぐらい丈夫だということでした。 これを裏付けるように、ハウスメーカーのスウェーデン式サウンディング試験で、15カ所ぐらいどこをテストしても20センチぐらいしかドリルが入らなかったという話でした。 この土地からは海を見下ろせるので、眺望を活かした家を建てようと思っています。 しかし、擁壁の近くには家を建てたくないので、土地の奥の方へ離してやると、せっかくの海があまり見えなくなってしまいます。 そこで、二階建てならば良い眺めが確保できるのですが、できれば家の建つ部分だけ新しく盛り土をして1mぐらい高さをだして、平屋だけど眺めが良いという作りにしたいと思っています。 この盛り土の重さは、擁壁の高さ4mの2.5倍の10m以上離した場所であれば、理論上、擁壁に影響を与えることはぜんぜんないと聞いたのですが、その通りなのでしょうか。 専門家の方などのご意見を伺えれば幸いです。

  • 盛り土および地盤について

    購入を決め申し込みを出した物件があるのですが、ゆるやかな坂に位置している上に盛り土をしているような感じの土地なので、地盤が軟弱なのではないかと心配になりました。 南側にかなりの広範囲で生産緑地(畑になっています)が広がっているのですが、そこから3~4m盛り土のような形で上がった所に物件があるのです。上がっている断面?部分には擁壁が設置されています。(大規模造成地などではなく一戸のみ販売) 現在この物件には古家があり持ち主の方が居住していますが売主の不動産会社が既に買いとっており、古家を壊して建売住宅を建てるので、その建売住宅を購入予定です。 仲介業者さんに確認した所、建てる前に地盤調査をしますし、結果もお見せしますので安心してくださいと言われましたが、本契約は建築確認許可が下りる今月末を予定しているので契約前に地盤調査の結果が出るのは不可能です。 質問は、 1.かつてこの物件(古家)を建てた時に盛り土をしたのかどうか調べる方法はあるか? 2.仮に盛り土だったとして、盛り土をしてから10年以上経過していれば(少なくともそれくらいは建っているように古家の外観から判断できます)盛り土も安定し、地盤としては問題なくなるのか? 3.地盤調査はすると仲介業者さんは言っているが、念のため、重要事項説明書もしくは契約書に文言として載せておいた方が良いか? 4.地盤調査の結果「軟弱地盤」と判明しても、適切な補強を施せば安心できる土地となるのか? 以上お分かりになる点だけで結構ですので教えていただけませんでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 土地について

    一番高いところで、3m弱の擁壁のある土地を購入しました。 地盤調査の結果、ベタ基礎で、という指定はあったものの安全性には問題なしと言われ、10年保証もつけてもらいました。地盤が大丈夫、ということは擁壁などが崩れる心配はないということですか?擁壁はどれくらいでメンテナンスが必要なのでしょうか?無知ですみません。よろしくお願いいたします。

  • 新築の土地について質問します。

    新築の土地について質問します。 土地は盛り土25センチしました。 地盤調査報告書を見ると、盛り土は粘性土とあります。 そもそも盛り土に粘性土だと水はけも悪く、住宅には適してないのではないでしょうか? 普通はどのような土を使うのでしょうか? 地盤調査の結果は、5点計って盛り土の部分のN値は5.0 4.2 3.6 0.1 4.0 となっています。 1点だけものすごく低いのも気になります。 施工会社の方はべた基礎にすれば問題ないとの事を言っておられました。 そのべた基礎の根入れ深さも18センチで、その下に捨てコンクリート、砕石となります。 なるべく強い基礎を希望しているのですが、素人でよく分りません。 基礎をどのようにすればよいのでしょうか? 地盤改良などはなくていいのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 盛り土について

    新築で例えばGL+300の土地造成をする場合、先の外構でどのような計画をしようと敷地全体がGL+300になる計算で盛り土をするものなのでしょうか? 一次外構で敷地全体が平らになるように盛り土をされました。基礎工事の掘削残土も敷地にまかれ、それに加えて盛り土をしました。敷地いっぱいに土がはいっています。しかし、二次外構の見積もりをみると駐車場の土間コンクリートや庭の芝生の箇所で残土処理費というのが取られています。 土を掘削すれば増えるのはわかります。でもわざわざ土を買って盛ったのに今度はお金を払って土を処分する、、、これが理解できません。 だったら初めから盛り土の量を減らして調整したらよかったのでは?と思います。 これは普通のことですか? 私は素人です。誰か分かりやすく教えてください。

  • 隣地の盛り土と境界ブロックについて

    20数年前にひな壇造成の土地を購入しました。南側の隣地は原野で、我が家より60~80cm高くCB(幅15cm)で土止めをしてあります。中に鉄筋が入っているか否かは判りません。隣地との境界杭は明示されており、CBの中央よりやや隣地側にあります。購入時にこのブロックについて質問したところ、「隣地の所有者との間にはっきりとした文章は交わされておらず共有構造物で、なにかあれば当事者の話し合いで」との説明を受けています。 最近、所有者が転売して不動産屋が宅地に造成する計画があると知りました。まだ売買されてはいませんが、不動産屋が調査にきて盛り土をして造成する予定だと申しました。私は境界ブロックは共有なので、勝手に盛り土することはできない筈だと申しましたところ、人の土地について口を出すなと私をクレーマー扱いします。こっちはこっちで勝手にやると話し合いにもなりません。しかも、調査のために私の敷地で無断進入です。直ぐに所有者に連絡して、当の業者は介在させないように依頼しました。聞いてもらえるかどうかは判りませんが。 私の考えでは、宅地に転用するならば、現在のブロック塀は撤去して、境界線で擁壁を新たに造成するのが筋だと考えますがいかがでしょうか?転売されて不動産屋が造成工事を勝手に始めてしまった場合、当然中止を申し込みますが、聞き入れてもらえない場合は裁判所に差し止め請求を出す以外に方法はありませんか? よろしくお願いいたします。 蛇足ですが、先の不見識な不動産屋は20数年前に我が家を造成した業者の関連の者でした。そして、我が家は地盤の不当沈下を起こして基礎の補強を行い建て替えました。さらに、我が家の反対側の擁壁はクラックが入り補強工事も行いました。この業者にはもう顔も見たくないのですが…。

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    初めて質問します。 擁壁のある全戸13戸の開発地をハウスメーカーの紹介で購入し、木造の自宅建設を予定している者です。 土地の形は南北11m×東西10mのほぼ真四角の土地で東側が開発道路で土地とはほぼ同じ高さ、西側に4mの擁壁、底盤も同じ長さのL字型擁壁でその部分は盛り土となっています。 開発は昨年ですが、土地を仲介した不動産会社、土地を開発した売り主に聞いたところ「本開発地の擁壁建設を行った際は、岩盤の地山を造成している。擁壁上の盛り土以外はすべて岩盤で底板の真下もすべて岩盤に接している。」との回答があり、地盤改良は必要ながらも、さほどの負担はないものと安心し、この土地の北側約3/4に東西にまたがる形でほぼ正方形の家を建てるつもりでいました。 ハウスメーカーの方で擁壁工事の書類を精査し県の建築基準等、構造に問題がないこと、売り主の言は嘘がないことを精査した上、SS法で地盤調査を行いました。私が目で見ただけでも確かに擁壁上の盛り土以外は岩盤が表面に出ているのが分かり、SS法による地盤調査時も岩盤側は測定ピンが何度打撃を加えても20センチほどしか入らないぐらい堅い岩盤であったことを自分の目で確認しています。 間取り確定後、ハウスメーカーから「地盤改良工事の見積もりが200万を超える」との回答があったことから、不審に思い、なぜこんな高額になったのか質問したところ、「擁壁側に14本鋼管杭を底盤の上にのせる形で打ち、岩盤側もすべてのバランスを取る意味から、大きな木ねじのような杭を18本打つためこのような金額になった。」と答えたことから、納得できず直接この土地を仲介した不動産会社に確認したところ、「お宅以外の他の土地はすべて擁壁の有無にかかわらず、住宅建設に際して地盤改良は行うことはない。この中にはすべて盛り土のみの土地も含まれており、それでも10年の地盤の保証もでてすべての土地で建築確認もとれている。ハウスメーカーの回答には疑念が残るので地盤調査の結果書をハウスメーカーから受け取り見せてほしい」との回答がありました。 いったいどっちを信じていいのでしょうか。子供の転校のこともあり、時間は余りかけられない現状があるため困っています。 よろしくお願い致します。