• ベストアンサー
  • 困ってます

当方37歳で小学校1~3年生ぐらいの時に読んだ、30年ぐらい前の児童書

当方37歳で小学校1~3年生ぐらいの時に読んだ、30年ぐらい前の児童書で気になっている本があります。すべてがうろ覚えなのですが、小学校低学年か中学年の読み物で、主人公は男の子です。オモチャかペットの導きでピエロ(たぶん悪者)を追います。理由はオモチャか遊園地の玩具の仲間を助けるためだったような。ピエロを尾行し見失い、夜にトンネル(土管かも?)をくまなく探すと、小さなボタンがあって、そのボタンをおすとピエロのいる遊園地(アジトかも?)へ辿り着く。っていう部分を鮮明に覚えています。男の子が目を細めて暗闇のボタンを探す挿絵がなぜか心に残っております。子どもに絵本の読み聞かせをする度にあの本が気になります。曖昧な記憶で申し訳ございませんが、心当たりのある方、宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数148
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

あいまいなので回答といえるかどうかわかりませんが・・ ご質問をみて、ボンヤリ思い浮かんだ本が 小沢正「ほしからきたうま」(小峰書店)です。 主人公は男の子で、遊園地でピエロ(悪者)からおもちゃ(シンバルを叩くサル)を買うか貰うかしたような・・。 遊園地には馬がいて、その馬を助けたか、助けられたか・・(別の悪い馬も出てくる)。 家に帰ると自分そっくりのロボットがいたり、ちょっと怖い話だった記憶があるのですが。 全然違っていたらすみません。もっと詳しくご存じの方がいたらお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 タイトルを元に調べてみたら、まさしくコレでした! 長年の疑問が解決し嬉しいです!本当にありがとうございます。 現在は入手困難なようなので、図書館で探してみます。 記憶に残っていたパートナーが絵に描いたようなクマかイヌだった のですが、大ハズレでした(涙)。 子どもの頃の記憶ってこんなものなのでしょうか…お恥かしい限りです。 また機会あればどうぞご助言ください。 本当に本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • この世にいない生き物が出てくる児童書

    似たような質問もありましたが、「大千世界の生き物たち」以外で 小学校中学年・高学年用の児童書を探しています。 たとえば、「びりっかすの神さま」や最近出版された本なら 「いけちゃんとぼく」のような・・・ 妖怪以外のものがいいです。 よろしくお願いします。

  • かなり昔の児童書を探しています。

    35年くらい前に読んだ児童書を探しています。小学校高学年向けの本だと思うのですが、内容も装丁などもまったく覚えていません。覚えていることは、主人公もしくは主人公の友だちであると思われる男の子の名前が「こんどうまさき」という名前で、逆から読んだ「きさまうどんこ」というあだながあるということだけです。古い上に情報が少ないのですがお心当たりの方宜しくお願いします。

  • 児童書だと思うのですが(体が縮む物語)

    小学校の図書室に置いてあった本で、探している本があります。 体が縮んで、何かを助けるような、冒険するような、縮んだ体を元に戻すためのような・・物語だったのは確かで。 挿絵が入っていました。 ここからの記憶は不確かなのですが、 ・表紙の絵か挿絵が若干ジブリっぽい(でもジブリ系のものではなかったはず)。たまに見たことあるような絵だったので、もしかしたら絵を描いた人は有名なイラストレーターさん?かもしれません。 ・表紙か挿絵に宇宙服を着ている人がいたような ・本の外装が寒色系(ブルーや緑)だった気がする ・話が違うけれど、同じ登場人物が活躍するような本がもう1冊あったような気がするので、シリーズもの? ・宇宙人がらみだったような ・兄妹が活躍? シリーズものかもしれないので、体が縮むというのは毎回のことではなかったかもしれません。 現在18歳で、その本を読んだのが小学校4~6年生の頃でした。 特定できなくても、体が縮む描写がある児童書を知っている方がいましたら、名前を教えてください。

  • 児童書、ねずみの一家がでてくるものを探しています。

    こんにちは。いろいろネットを探しましたが見つからなかったので、どなたかご存知の方いらっしゃったら教えてください。 ねずみの一家がでてきて、人間の家の屋根裏か地下のどちらかに住んでおり、人間のスキをみてパン屑やチーズのかけらなどをゲットしたりする様子をエキサイティングに書いてある児童書です。あらすじとしては、そういった一家のバタバタした日常を書いてあるだけだったと思うのですが、もしかしたらもっと大きな筋があったのかもしれません。 翻訳物で、ペン画のリアル?だけどかわいらしい挿絵があり、小学校中学年~大人まで読めるような感じのある程度分厚い本でした。年代としては、1970年代から80年代前半にかけて出版されたものだと思います。(少なくとも1980年代前半 以前のものです) ここ5年くらい悩んでいます。以前借りたはずの図書館の蔵書も探したのですが見つからず。。。どなたかお知恵を!!!涙

  • 子供のころに読んだ児童書のタイトルが思い出せません

    こんにちは。 小学校中学年の頃に学校の図書館で借りてきて夢中で読んだ児童書のタイトルが思い出せません。 内容は、主人公の女の子が「小谷くん」という男の子を好きになってその思いを買ったばかりの水玉模様の日記帳に綴るのですが、それをお母さんに読まれていることに気付き、日記の最後にお母さんに宛てたメッセージを書くというものでした。 いくつかシリーズで出ていたものの一つだと記憶しています。 ご存知の方いらっしゃいましたら教えてくださいませ。

  • 児童書のタイトルを教えてください。

    ある児童書のタイトルを教えてください。 15年ほど前、小学校の教室の本棚にあった本です。 薄いハードカバーで、字は大きめ、挿絵も多かったと記憶しています。 (『ちいさなおばけシリーズ』や、『ぞくぞく村のおばけシリーズ』に近いイメージです。) 内容は、博物館(?)に住んでいるお化け(??)が、クリスマスの準備をするというものです。 クリスマスリースを飾ったり、詰め物をした七面鳥やミンスパイを焼いたり・・・。 あまり馴染みのない食べ物だったので、食べてみたいなと思いながら読んでいました。 非常に曖昧で申し訳ないのですが、お心当たりのある方がいらっしゃいましたら、情報をお願いします。

  • タイトルが思い出せない児童書を探しています

    小学校低学年の頃、市の図書館に毎日入り浸って本を読み漁っていました。 中でも繰り返し飽きもせず読んだ本がいくつかあり、その中の2冊が思い出せずモヤモヤしてます。 市の閉架書庫とかにあるかな~?とか思いつつ、タイトル分からないので探せなくて。。。 1)ミイラと男の子の絵本。   内容ももう余り覚えていないのですが、ミイラの男の子と人間の男の子が遊んだりするんです。   最後は包帯だけ残して消えちゃったような…? 2)かえるくん(ちゃん?)と、かばさん(かばの奥さん?おばさん?)がホットケーキ焼く本。   絵本だったか児童書だったかすら記憶にない残念さ。   大きなお月様のようなホットケーキを焼こうとして(焼いて?)ベーキングパウダー入れすぎて、   食べたかばさんやかえるくんがお腹ふくらみ過ぎて浮いちゃうお話…だったような? こんな曖昧な消えかけの記憶しかないのですが、是非とももう1度読みたく思っています。 皆様の記憶の欠片に引っかかったら教えて欲しいです。

  • 猫と男の子のでてくる児童書・・

    猫と男の子のでてくる児童書・・ 最近になって思い出せずに強烈に気になっている児童書があるのですが どなたか分かる方に教えてていただきたくて書き込みました。 私が小学校の頃に図書室で読んだ本なのですが、 内容は断片的にしか覚えておりません・・。 登場人物は ・巨大な体の猫(メスだったような・・) ・猫の飼い主である男の子 がでてきます。 内容は本当にうろ覚えですが、 猫と男の子は特別に仲良くしていたわけでもなく、むしろ男の子は猫をあつかましい奴だ、くらいに 思っていて、猫も猫のほうで高飛車な態度の猫で・・ ところが何かが起きて(ここらへんはまったく思い出せません・・) ラストはたしか、いやな奴だと思っていた猫が子猫のときに大切にしていた何かを ボロボロになっても抱え込んで離さない、みたいな感じだったと思います。 絵は可愛らしい感じではなく、猫がとにかくでかくて不気味なのに 子猫のときは異様に小さく可愛く描かれていたような覚えがあります。 何だか不安な気持ちにさせられる本でした。 絵本のように薄くはなく、割と厚みがあったような記憶です。 ネットでいくら探そうと思ってもあまりにも検索する情報が少なくヒットしません。 最近になるまでその存在をまっったく忘れていたのに最近になって 「!!」と思い出しました。 もし心当たりのある本がお分かりの方がいましたら教えて下さいませ・・!

  • 夕焼けや虹のドレスが出てくる児童書

    昭和54、5年に読んだ児童書のタイトル・作者がわからず 探しています。 背表紙は黄色でシリーズものではなく単発もの?でした。 挿絵は水彩画風でした。 字は大きく、絵もたくさんありましたがハードカバーのような 堅い表紙で厚みも1センチくらいありました。 小学校低学年~中学年くらい向けだったように思います。 お話の内容は、少女の夢の中だと思うのですが 彼女のまっさらな白いワンピース?を 妖精たちが次々と空模様にあわせてそのワンピースを 染めていくというものでした。 青空だったり、夕焼けだったりして一番最後に 虹色になるというものでした。 お心あたりがあれば教えて頂きたいと思います。 よろしくお願い致します。

  • 児童書 挿絵にヒント 本のタイトルが思い出せない

    小学校の先生が読書強化月間の時に、どこかから大量に借りてきた本の中にまぎれていたとある児童文学書だったと思います。 ・3人くらいの少年少女が冒険や推理、謎解きをする物語 ・必ず挿絵にヒント、伏線があって、そこから読者も一緒に考えることができると言う感じだったと思います。 ・少なくとも2,3冊ほどシリーズとして出ていました。 ・イラストが日本っぽくない? 似たようなものに「はやて団~」や「ラクリッツ探偵団」があるようなのですが、 前者はイラストを確認していないので何とも言えないのですが1冊だけの話のようなので違うと思います。 また、ラクリッツ探偵団の方はイラストが異なっていました。 時には話の中で、主人公達がエジプトみたいなところまで行って冒険?していたと思います。 挿絵にヒントがある謎解き系の児童書で何か心当たりのある方がいましたら、もしかしたらこれかなぁ?という程度でもかまいません。 教えて頂けると嬉しいです。