• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

観測可能宇宙は部分集合と考えて良いですか?

観測可能宇宙は部分集合と考えて良いですか? 観測可能宇宙に関して以下の二つの考え方があると思います。 命題1:観測可能宇宙が宇宙の総てである(=観測可能宇宙が全体集合)。 命題2:観測可能宇宙は宇宙の部分集合であり、補集合を想像することは無意味ではない。 最近の研究によれば、不思議なことに宇宙空間の曲率は0らしいということが解ってきました。すると曲率がマイナスと思っていたときには疑問に思わなかったことが疑問になってきます。 仮説(1):宇宙空間の曲率は0である。 仮説(2):ビッグバン宇宙の宇宙年齢が約137億歳である。 仮説(3):相対性原理は宇宙空間で一般に有効である。 さて、地球の公転面に垂直な線を想定し、その一方向に100億光年ほど離れた星を見付け、これを「北星」と名付けます。同時に反対方向にやはり100億光年ほど離れた位置に別の星を見付け、これを「南星」と名付けます。宇宙空間の曲率=0ですから、北星と南星は大体200億光年ほど離れており、それぞれの星を中心にミンコフスキー時空を考えると、宇宙年齢137億歳の現時点では、北星と南星は相互に因果関係が無いことが分かります。 仮に上記の命題1.を真とすると、北星と南星は同じ宇宙に属していないことになり、このことは宇宙が複数あるという議論に発展してしまい、ビッグバン宇宙仮説に反します。 したがって、北星からみた観測可能宇宙と南星からみた観測可能宇宙はともに宇宙の部分集合であり、宇宙論としては観測可能宇宙の補集合は「空」では無いこと、そして空で無いなら議論する意味が有るという結論に達します。 私たち観察者が太陽系にいるので、宇宙年齢137億年の現時点において半径137億光年とハッブル球の積集合が観測可能宇宙です。この観測可能宇宙の外側にも恒星が散らばっており、それぞれがハッブルの法則で「光速を超えて」私たちから遠ざかっていると考えてよいのでしょうか。 この様な整理をすると、今度は仮説(3)に制限を加えなければなりません。 仮説(3)改:相対性原理は観測可能な宇宙空間内において一般的に有効である。 上記の考えに破綻が無いかどうか、御意見をいただきたくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数136
  • ありがとう数43

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ike3
  • ベストアンサー率66% (4/6)

インフレーション宇宙論の言うところのインフレーションがあり、宇宙が一様等方であるという仮定が正しいという前提で、ご賢察のとおりと思います。 北星、南星からも私たちと同じように宇宙は見えているということになり、我々からは観測不能な範囲をそこからは見えるとおもいます。曲率は0に近いわけですから、その関係はどこまでも続き宇宙は広がっていると思います、無限に。 一方で、意外に小さく、後ろ姿が観測できるかも、という話もあるようです。この場合、曲率はどうなるのでしょうか。この疑問はむしろCMBの研究者が言っているようです。 仮説(3)改は、観測可能な宇宙は膨張速度が光速を超えないということになります。光速を超えているものは相対性理論の適用外ですから、この前提も正しいものだと思います。 相対性理論に関しては、完全に証明されているのは太陽系の範囲程度だと言われてます。最近もっと大きな範囲で正しいことを証明したという記事もありました。しかし、重力レンズなどから観測可能な手前まで正しいと思ってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >後ろ姿が観測できるかも、 というのは、宇宙空間の曲率がマイナスだった場合の位相幾何学的な概念を言っていますが、不思議なことに2005年ごろに宇宙空間の曲率がゼロであるということが判明したそうです。 したがって、宇宙空間は「有限であって果てが無い」という説明ができなくなり、宇宙空間は有限か無限かという命題が残ってしまいました。 観測可能な宇宙は有限ですので、観測可能な宇宙以外を含めて無限なのかという疑問ですが、いかんせん観測できないのですから、数式をいじくりまわして”理論的”に推論するしかないのかもしれません。 時間に虚数を導入するなど、数学上、概念上の操作が可能となり天文学と純粋数学の境界が判然としなくなるような気がします。 もちろん、これらは観測可能な宇宙は部分集合にすぎない、観測可能な宇宙を補集合とする大宇宙があるという前提での議論になると思いますが、、、。

関連するQ&A

  • 宇宙空間で波長が減退することはないのですか?

    宇宙空間で波長が減退することはないのですか? クエーサーは100億光年以上離れたところにあって、それはそこから発せられる波長(?)によって観測できると聞きます。 波長というのは真空状態であれば無限大に進行するものなのでしょうか? また、ブラックホールなどの重力にも影響はうけないものなのでしょうか? 今はやぶさが話題です。 ああいう人工の機械を宇宙空間で操作するのも、その電波をしようしているのですか? すみません、何分私の知識が浅く、漠然とした質問となってしまったと思いますが、 よろしくお願いします

  • 宇宙は広い

    宇宙はビッグバンで出来たそうですが、その辺について教えて下さい。 (1)点に過ぎない宇宙の種とも言うべきものが宇宙全体の質量、星を作るもとを持っていたのですか? (2)その時無数の宇宙が出来たと聞いたことがありますが、また無限に膨張を続けている宇宙空間らしいですがそうした場合宇宙空間どうしでぶつからないのでしょうか? (3)今ある元素は恒星内の核融合とか超新星爆発で出来たらしいですが最初の宇宙空間には水素とヘリュウムしかなかったとかと聞きましたがどうして都合よくそれだけがあったのですか? (4)今は膨張らしいですが仮に収縮に向かった場合、最終的にはどうなるのですか? (5)そもそも宇宙空間を1兆光年くらいの身長の私が外から見ることが出来るとするならどのような形をしているのでしょうか? (6)ビッグバン以前は何も無かったのでしょうか? よろしくお頼みいたします。

  • 宇宙空間無限説

    NHKのサイエンス・ゼロを観ておりましたら、宇宙空間(の容積)が有限であることは、大半の宇宙物理学者が支持する仮説であるが、ごく一部には「宇宙空間(の容積)が無限である」という仮説を支持する学者も存在する、と話しておりました。 数学や物理学と縁のない市中のおっちゃんあたりが「宇宙空間は無限である!」と主張しても、別に驚かないのですが、正式な数学と物理学の教育を受けた宇宙物理学者の中にも宇宙空間無限仮説を支持する者がいるというのは新鮮な驚きでございました。 宇宙空間無限仮説を支持する学者たちは、一般に支持されているビッグバン仮説をも否定するのでしょうか? 質問1:宇宙空間(の容積)無限仮説支持者はビッグバンを否定し、宇宙の誕生をどのように考えているのでしょうか? 質問2:宇宙空間(の容積)無限仮説支持者は宇宙背景放射の赤方偏移の原因をどのように説明するのでしょうか? 宇宙物理学者の少数が主張する宇宙空間(の容積)無限仮説をご存じの方より、素人向けにご説明いただけたら有り難いです。 なお、この質問は、この宇宙、すなわちThe Universeに関する質問でございますので、Mutiverseに関する投稿はご遠慮ください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • miyachi
  • ベストアンサー率27% (219/804)

宇宙年齢137億年についてはやはり同様にに疑問を持っていました しかし 現実の北と南は400光年いくら遠くても500光年です 両方足しても1000光年 137億光年にとっては1000光年は飲み込まれてしまい、 1000光年は宇宙にとって地球ぐらいの大きさの規模にしかなりません 地球から見ると東西南北は存在しますが 宇宙から見ると東西南北は存在しない、どこでも中心ということは、どこでも東西南北です ですから宇宙では北と南が存在しない すなわち観測地点が宇宙の始まりで終わりでもあります 地球から見ると 137億光年×2は成立しますが 実際の宇宙は北と南が無い以上 137億光年×2は成立しません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 宇宙空間に東西南北が通用しない事は分かります。 「北星」「南星」というのは名称にすぎず、「A星」「B星」でも同じです。 宇宙空間に「A点―太陽系―B点」を最短距離で結ぶ線分を想定するための目印です。

  • 回答No.1
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

「反対方向に百億光年離れた天体の距離は、137億年の宇宙年齢 =半径137億光年の宇宙の広がりをこえるから~」という時点で、 すでに一様等方な定常宇宙論が先入しています。 137億光年経った宇宙において、どこにいても「半径137億光年」 の宇宙が観察されるのが、膨張と時間の経過の連動した量子論的 宇宙モデルです(過去回答をご参照下さい↓(BAではありませんが))。 http://okwave.jp/qa/q5975674.html たとえば、その「百億光年離れた天体(百億年前の天体)」に カメラを据えて宇宙を撮影したとすれば、そこに映っているのは、 半径37億光年の宇宙です。 (つまり距離を積算しても常に137億光年の範囲におさまる)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Psytexさんありがとうございます。 太陽系から「北星」を見るとき、100億年前、すなわち宇宙年齢37億歳の北星を見ていることは、理解しています。 太陽系から「南星」を見ても、宇宙年齢37億歳の南星を見ているはずです。 北星から太陽系を撮影していると想定すれば、そのカメラには宇宙年齢37億歳当時の太陽系が映っているはずですよね。 ここまでは祖語が無いと思います。 では、北星のカメラに南星が映っているかいえば、宇宙年齢137億歳の時点では映っていない。 南星のカメラに北星が映っているかといえば、宇宙年齢137億歳の時点では映らない。 と私は思いますが、この点がPsytexさんのお話と異なるのでしょうか? つまり、Psytexさんが仰りたいことは、 「宇宙年齢137億年の時点で北星から南星の方向を撮影すれば、いつの時代かの南星が映っている」ということでしょうか?

関連するQ&A

  • 宇宙の曲率

    ビッグバン宇宙論で、「宇宙全体の『曲率』が平坦である」というのを読みました(『ガリレオがひらいた宇宙のとびら』)。 (以下引用)  なじみやすい例として、線路や道路のカーブがどの程度きついか、という曲率があります。この曲率は三次元空間では、二次元のものについて(つまり道路や線路のように線について)定義できます。  同じように四次元空間の宇宙でも、三次元空間である宇宙の曲率が定義できるのです。この曲率がほとんどゼロであるというのも、非常に不自然です。ビッグバン宇宙論では、曲率をすこしでももっていると、その曲率を大きくする方向に進むはずなのです。これが宇宙の平坦性問題というものです。 曲率を辞書で引くと、「曲線の曲がりの度合い」とあります。 道路や線路の曲がりの度合い、はわかるのですが、宇宙の曲率というのは、何だと考えればいいのでしょうか。 星を見るのは好きですが、天文学に詳しいわけではないので、なにかわかりやすい例とかあったら教えていただきたいのですが。 よろしくお願いします。

  • 宇宙の膨張の根拠は何?

    ビッグバン以降宇宙が膨張している、つまり空間がどんどん広がっているなぜなら、遠くにある天体ほど猛スピードで離れているからとの事かと思います。そこで、疑問なのですが、なぜ、これで宇宙空間がひろがっている(膨張してる)と言えるのでしょうか真空の宇宙空間がどんどん湧き出ているような感じは、ちょっと想像しにくいのです。 また、地球と太陽の間で突然空間が広がりはじめたら、太陽がどのどん遠くなるような事もあるのかな??(ちょっと飛躍しているかもしれませんが) 。 「単に星が遠ざかっているだけ、ただしその起源は、ビッグバンの大爆発であるとは思いますが、宇宙空間そのものは元から無限であったのではないのか」こんなふうに考えていますが、どうでしょうか?

  • 宇宙誕生について

    以前から疑問でした 天文学はあまりくわしくないのでお手柔らかにお願いします ビッグバンによって宇宙が誕生しそれから広がり続けてると聞きます ということは、宇宙にあるすべての物質は宇宙の中心に一塊に集まってたと思うんです そこでわかんない事があります ビッグバンによって宇宙空間ができたとすると (1)宇宙空間が出来てから物質が出来た (2)物質が出来てから宇宙空間が出来た のどっちなんでしょう?物質がないと爆発は生じませんよね?空間がないのに物質があるのもおかしいですよね? (3)ある空間がありそこに物質が出来てビッグバンが生じ宇宙空間が出来た とも考えられるのですが、空間の上に空間ってのも考えにくいんです (1)、(2)、(3)、もしくはこの中にないのどれなんでしょう?

  • 宇宙背景放射はなぜ宇宙の外へ出ていかない?

    宇宙背景放射に関しての質問です。 「宇宙を満たしている絶対温度2.7度の宇宙背景放射はビッグバンの直接的な証拠であるが、この放射は宇宙のあらゆる方向からやってくる」(『なっとくする宇宙論』二間瀬敏史、より)とあります。 また 「宇宙背景放射は宇宙の温度が下がって電子と陽子が結合して水素原子を生成し、宇宙が放射に対して透明になった時代のスナップショットであると考えられる。」(wikipediaより)とも。 ここで質問なのですが、そのような大昔に生まれた放射なら、とっくの昔に地球を通り過ぎて、宇宙の果てから宇宙の外へ出て行ってもおかしくないような気もするのですが、なぜ、宇宙背景放射は現在も宇宙空間を漂っているのでしょうか?そして現在も漂っていられるということは、宇宙空間を直進するのではなく、カーブしながら宇宙の外へ出ずに周っていると考えられるのでしょうか? (しかし、観測から宇宙の曲率はほぼゼロに近いのですよね。曲率がほぼゼロならば宇宙背景放射は直進して、宇宙の外へ逃げて行ってしまいそうにも感じるのですが、どうして今でも観測できるのでしょうか?) 宜しくお願いしますm(*-_-*)m

  • 宇宙ビッグバンの図で

    Wikipediaの宇宙ビッグバンの図は、ちょっと変わっていますが、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Universe_expansion.png この、逆ピラミッドのような図の、一番上の一番大きな平面が 現在の宇宙を模式的に表し、その下の少し小さな平面は、100億 年位前の宇宙を表しているのだと思います。 そこで、私の疑問です。 最近のスバル望遠鏡などが、100億後年先にある銀河を観測した、 と言われています。光の速さが有限ですから、100億後年先、と 言うことは、この図の一番上の現在の宇宙を表す平面上での100 億光年先ではなく、その下の平面上の100億後年先を見ているの で、100億年昔を見ていることになる、のではないかと、思った のですが、間違いでしょうか?(そうではなく、100億年昔を表 す平面を底辺とし、現在の宇宙の地球を頂点とする円錐形の方が、 より正確だとは、思いますが、それはちょっと、横に置いておいて。) と言いますのは、もしその下の平面の100億後年先を見ているの だとして、技術が進んで、もっと遠くが見えるようになり、仮に、 宇宙が生まれて、間もない、まだ1メートル以下の宇宙が、見えた とします。そうすると、この図では、一番下の方にある平面で、表 される宇宙を見ていることになり、現在、そのなごりが、私達の全 方向の100何億光年先に観測されていることと、つじつまが合い ません。ですから私の考えは、どこか間違えているのだと思います が、いったい、なにがいけないのでしょうか? やはり、この図の一番上の平面で表される現在の宇宙を、見わたし ているのでしょうか?でも、そうだとすると、これは、現在の宇宙 ですから100億光年先を見ることが、100億光年昔を見ること にはならないと、思われますし、光が一瞬で100億光年も進むこ とになると、思ってしまい、困っております。

  • ビッグバン仮説は否定されましたか?

    2013年11月に「ヘルクレス座・かんむり座グレートウォール」が観測された事実が発表されました。 ビッグバン仮説では、ビッグバン以降に宇宙で発生した衝撃波が、現在の宇宙の大規模構造を作る素になっているとされており、それによって生じる大規模構造の大きさは約12億光年を超えないとされているそうです。 ところが、「ヘルクレス座・かんむり座グレートウォール」は長さが最大で100億光年、幅が72億光年であるそうです。 「ヘルクレス座・かんむり座グレートウォール」が観測された2013年以降は、ビッグバン仮説が否定されたと考えないといけないのでしょうか? 最新の天文学の概要をご存知の方より、素人向けのアドバイスを頂けるとありがたいです。

  • 【どこなの】宇宙の中心

    「宇宙はごく微小な一点から拡がったものなので、宇宙の中心はどこと問われれば、宇宙の至るところが中心だということになる」 というのが一般的なようですが、理解はできても納得はできないというか、どうも腑に落ちません。 なので角度を変えて(?)質問させて頂きます。 【質問】宇宙はハッブルが観測したように星と星、銀河と銀河が離れていっていて、これは宇宙空間が膨張しているためだということですよね。では、その離れていっているもの同士の「位置」「離れていく方角」「離れていく速度」から、ビッグバンの起こった位置というものが特定できるんではないでしょうか? 当然対象物は観測者から何光年離れていて、いつ時点を観測してるのかを考慮する必要はあると思うのですが。 私の想像力が乏しいため、できそうな気がする反面できない予感もしています。でもできそうなワクワク感が勝っている状態です。 ご説明できる方お願いします!

  • ビッグバンの名残がなぜ観測できますか?

    現在では宇宙の始まりについて「ビッグバン理論」が優勢なのは、小学生でも知っている通りです。 ところで、このビッグバン理論が証明される過程の中で、 ビッグバンが起こった頃の名残が観測されたと聞いています。 例えば、クエーサーなどの観測があります。 ところで、宇宙の星星を見るということは、 その離れた距離に応じて、過去の宇宙を見ることになります。 不思議なのですがビッグバンの名残が見えるということは、 ビッグバンの後少ししてからの名残だと思いますが、 それが今でも観測できるというのはどういうことでしょうか? ビッグバンがある一点から始まり、 その後宇宙は広がったわけですが、 宇宙で最も早い速度は光速なので、 宇宙の広がるスピードも光速か、それよりも遅いはずです。 とすると、今現在の広がった状態で、 ビッグバンの名残が未だに見えるというのが理解できません。 宇宙の年齢が150億年だとすると、 ビッグバンの中心から見て、宇宙の広さはせいぜい半径150億光年となります。 我々がその半径のちょうど間、75億光年の場所にいるとして、 宇宙の中心から75億光年離れています。 名残(その頃の光)はとっくにその先に行っているはずと考えました。 分かりやすく教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 宇宙の膨張

    星間が互いに遠ざかっている事は判りますが、それは無限の宇宙空間の 中で広がっている(飛び散っている)と考えるほうが自然なように思います。 星が遠ざかっている事をもって宇宙が膨張しているとするなら、 一番端の天体が宇宙の果て(境界)となる様なイメージを持ってしまい 納得できません。ビッグバンとの関連も含めて教えて下さい。

  • 宇宙誕生以前について・・・・

    宇宙が誕生したのはビッグバンが起こったからだ。 と、僕はそのぐらいの簡単なことしか知りません。 そこで、ビッグバン以前の宇宙空間はどんな世界だったと考えられているのか、またビッグバンはどのようにして起こったのか。 このことについて知っている方がいらっしゃいましたら暇な時にでもお答えいただきたいです。 よろしくお願いします。