• ベストアンサー
  • 困ってます

双極性障害だが気分安定薬が処方されていない!!

双極性障害だが気分安定薬が処方されていない!! 【双極性障害2型】と診断され、通院距離の関係で転院しました。 その際の「診療情報提供書(紹介状)」には【双極性障害2型】と書かれていました。 (紙に打ち出す前のPCの画面を前の先生が見せてくれました) ですが、転院前も転院後も「気分安定薬」と呼ばれる種類の薬が処方されていないことに気づきました。 (うつ状態が若干緩和し、双極性障害を調べたところ気分安定薬を基本にして抗うつ薬を併用することもあるとわかりました) 転院後はSSRIと精神安定剤と睡眠薬だけで、リーマスやデパケンを含む気分安定薬は処方されていません。 おかげで今週初めから躁転の前兆があり、今日はすっかり躁転してしまいました。 特にリーマスは「双極性障害でのうつ状態に有効な唯一の気分安定薬」とWikipediaに書いてあったので、「紹介状に【双極性障害2型】って書いてあるんだから、リーマス処方してくれたらよかったのに・・・」と思います。 定期的な血液検査が必要なことはわかっていますし、それを嫌だとも思いません。 リーマスは先生とよく相談して頼めば処方してくれるのでしょうか?

noname#134992
noname#134992

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2546
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • azamiII
  • ベストアンサー率47% (64/135)

日本で気分安定薬には,リーマス,デパケン,テグレトールがあります。 保険適応が取れていませんがリボトリールにもその作用が弱くあり,ラミクタールにもあると言われますが,これには重症の皮膚副作用があります。 私は約20年の躁うつ病の経過があり,最初からリーマスを使い,途中で転医した時,その先生が経験がなくて,リーマスを漸減・中止した事があります。やはり1年半で再発して,気分安定薬は止められない事がわかり,今は別の主治医でリーマス600,デパケンR600を飲んでいます。 ですから気分安定薬を飲むのが常識です。 そして抗うつ薬で躁転する人は,抗うつ薬をなるべく中止するのが常識なりつつあります。 私の主治医や,あなたの主治医の例でも分かるように,案外躁うつ病の事を知らない精神科医が多くて,躁転すると被害は患者が被る事になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 今日が診察日だったので、躁転したことや自制が効かなくなりそうなときがあることを話したところ、気分安定薬を処方してもらいました。 先生は最初、デパケンRを処方すると言っていましたが、その場で「素人調べで申し訳ないですが、リーマスの方が効き目があると聞きましたが・・・」と伝えたところ、少し迷いながらも「確かにリーマスの方が効き目はありますね。様子を見てみましょう」と、炭酸リチウム600mg/dayを処方してくれ、SSRIを100mg/dayから25mg/dayに減らしてくれました。 私の主治医は【双極性障害2型】を本当に知らなかったのか、それとも慎重派だったのか・・・わかりませんが、とりあえず気分安定薬を処方してもらえてよかったです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

Wikipediaは一般的なことに限って書いてあるものですから……。 私が普段見ている『治療薬マニュアル』は厚さ5cmぐらいあり,リーマスについても細かい字で約2ページにわたって書いてあります。そのごく一部を引用しますと; 「躁病治療の第1段階は抗精神病薬による興奮の沈静.第2段階は本剤[=リーマス]による病態の治療.」 とあります。 これによればリーマスをいきなり処方していないのは適切ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 以前うつを治していたときに躁転した経歴があります。 それで今回、双極性障害と診断されたのだと思います。 引用の部分なのですが、今回最初に受診した際はうつ状態で興奮状態ではありませんでした。もしかして、うつ状態の時も『抗うつ薬を使用して持ち直した後、本剤を使う』ということになっているのでしょうか。

  • 回答No.1

もしかすると、躁転されている状態の影響もあるのかも知れませんが、「Wikipedia」を鵜呑みにしてしまうのは、危険だと思います。 少し冷静に考えてみられると分かると思いますが、Wikipediaには「唯一効果のある薬である」と断言した後に、括弧書きで「抗不安薬では躁転の恐れがあるため」とあります。 「恐れがあるため」。 つまり、この記事を書いた人は、「躁転する可能性が100%という訳ではない」ということを認識している一方で、「唯一効果のある薬である」と断言もしています。これは、大きな矛盾だと思います。 この記述を正確に言い換えると、「リーマスは双極性障害における鬱状態に対し、躁転を防ぎつつ鬱状態を改善する唯一の薬であるが、抗不安薬を服用する事で100%躁転する訳ではないので、症状や状況によっては抗不安薬が有効な場合も十分にあり得る」ということだと思います。 Wikipediaなどの「根拠が不明確」な情報に振り回される前に、まずは医師に「今週初めから躁転の前兆があり、今日はすっかり躁転してしまいました」という事を伝えることが先決だと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 Wikipediaに限らず、双極性障害には気分安定薬が基本であると、いろいろなところで書いてあったもので、質問させていただいた次第です。 ただ、Wikipediaにそんな矛盾があったことにすら気づきませんでした・・・。 今度の診察で、躁転したことを話すつもりです。

関連するQ&A

  • 双極性障害について、教えて下さい。

    うつ病から、双極性障害2型に診断名が変わり、現在、リーマス700mg、アモキサン100mgを1日に服用しています。しかし、リーマスを処方されるようになってから、気分がストーンと落ちたようになり、外にも出られなくなり、うつ状態が悪化してしまっています。アモキサンだけなら、せめて、外出ぐらいできたものの、リーマスのせいで、うつになってしまった感じです。もともと、うつ病の薬の多量処方で、軽躁状態になり、双極性障害2型と診断されましたが、薬剤性躁転を、双極性障害と言うのでしょうか。リーマスによる気分低下を、アモキサンで持ち上げている感じで、リーマスが無くなれば、気分もよくなるような気がしますが、どうでしょうか?

  • 双極性障害に抗うつ薬は処方される?

    双極性障害(躁うつ病)に、抗うつ薬が処方されることはありますか? もちろん、抗うつ薬のみでは、躁転してしまうなど問題があるので、処方されないと思いますが、気分安定薬と一緒に抗うつ薬が処方されることはあるのでしょうか。 どなたか、お分かりになる方、教えてくださると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 双極性障害に気分安定薬と抗うつ薬の併用の是非

    こんばんは。 双極性障害II型と診断されている者です。 主治医は、治療薬として、リーマス(気分安定薬)、トレドミン(SNRI)、メイラックス(抗不安剤)を処方してくれています。 ところが、医学の本で調べてみると 双極性障害II型の治療法として、気分安定薬(リーマス)を単独で使うことには異論はないものの、気分安定薬に抗うつ薬(SNRIやSSRI)を追加することの是非は、専門家によって賛否が分かれているらしいのです。 気分安定薬と抗うつ薬を併用することに反対の意見としては 「うつ病相そのものも改善しにくいし、躁転の危険性もあり、望ましくない」(『双極性障害の診断・治療と気分安定薬の作用機序』(新興医学出版社)p56) とあります。 また、ネット上でも「SSRIやSNRIは一般的に双極性障害のうつ病相を改善することが証明されていません」とありました。 主治医は双極性障害の治療法として、気分安定薬(リーマス)に抗うつ薬(SNRIやSSRI)を併用する主義らしいのですが、 専門家の中でも賛否が分かれている、っていうのが気にかかるところです。 なぜ、私がこのことにこだわるかと言えば、 今年の1月に胆石症で消化器外科に入院したのですが、 実は、それ以前は自分の判断でトレドミンを飲んでいなかったのです。 リーマスとメイラックスだけで十分安定していました。 しかし、消化器外科の薬剤師さんにお薬の量を数えられて、トレドミンを飲んでいないことがばれてしまい、主治医の処方通りに飲まなきゃダメ、と叱られてしまいました。 それからというもの、全て処方通りにお薬を飲んできたのですが、2月上旬から精神的にドンドンうつ状態や軽躁状態の波が大きくなり、しまいには仕事も休まざるを得ないほど悪化してしまいました。 主治医は季節性のうつの可能性もしてきされていて、もちろんその可能性も考えられるのですが、私はトレドミンを飲み始めてから悪くなった可能性もあるのではないか?と思います。 最新の医学の本や論文で、双極性障害に気分安定薬(リーマス)と抗うつ薬(SSRIやSNRI)の併用の是非について書かれたものはないでしょうか? どこを調べればよいか?とかでもよいので、何か情報となるものがあれば教えてください。 お願いします♪

  • 双極性障害

    こんばんは。 服用している薬は リーマス600 デパケン400 サインバルタ50 です。 この処方で半年以上経っています。 そこそこの家事はできて 気分的に上がりも下がりもないように思います。 ただ 楽しくないのです。 今まで楽しんでいた事が楽しくない、興味がわかない。 友人が私が好きそうな話をしてくれても「はぁ」。 サインバルタには意欲の向上の効果があったと思うのですが、それと 「楽しい」や「わくわく」は別なのでしょうか。躁転よりかはマシですが人並みに楽しみたいと思ってしまいます。 双極性障害のみなさん、楽しいとかワクワクってしていますか? サインバルタ50飲んでる割に 低い気がしています。

  • うつ病・双極性障害の処方に詳しい方教えて下さい

    私は今から10年前に心療内科で「うつ神経症」と診断され、それ以来10年間、ベタマック50mgを 1日2錠、トレドミン25mgを1日2錠づつ飲んできました。ですが、飲んでいても効き目を実感でき なかったこと、自分の気分には波があり、自分なりに本やネットで調べたところ、双極性障害2型なの ではないか?と思い、主治医に思い切って言いました。すると、レクサプロ10mgを1日1錠、リーマス 200mgを1日2錠に変更になりました。それで2週間飲んだころ、大阪から広島に転勤になり、広島 の心療内科に今日行ったところ先生に、「リーマスは効かないから僕は使わない」といって、リーマスをきられ ました。レクサプロ10mgだけでいく、ということです。僕は自分には気分に波があるし、本やネットな どの「双極性障害2型」の症例にものすごくあてはまる部分があり、その自分には、気分安定薬を中心として処方するのが現代の定石だと思っているので大変不安です。この先生はやたら自信家のところがあり、私のこれまでの主治医を全てヤブだ、と言い放つなど、少し極端に思えますが。やはり主治医を変えた方がいいでしょうか?また変えるなら市民病院などの公立の病院の方がいいでしょうか?

  • 双極性障害I型の人は診断書にそう書かれるの?

    双極性障害I型と診断された人は普通の診断書や障害年金の診断書の病名に「双極性障害I型」 と書かれるんですか?それとも「気分障害」とか「気分変調症」って書かれるんですか? 私は不安障害、気分変調症(気分障害)、双極性障害2型?っぽいと言われたんですがこの場合どう書かれるのかなぁと思いまして。 症状は躁状態が弱くうつ状態が強いと言われました。 このへんのところが曖昧で・・・医師の判断に任せるしかないのですか? 抗鬱薬を長年飲んでいるのですが一向に気分が上向きになりません。 トフラニールとデパケンです。

  • 【気分障害のうつ状態と双極性障害のうつ状態の違いを

    【気分障害のうつ状態と双極性障害のうつ状態の違いを教えてください】

  • 双極性障害で処方される気分安定剤について。

    双極性障害で処方される気分安定剤について。 双極性障害II型と診断されている者です。 現在リーマスを1日600mg服用しているのですが、お薬の注意書きに「車の運転は控えてください」と書かれています。 しかし、車がなければ通院も通勤も買い物も出来ません。 正直に言うと、注意書きを見て見ぬふりして運転しています。 しかしこのままでは…眠気やめまいを運転中に感じた経験は今のところありませんが、やはり禁忌とされていることをやっている、という良心の呵責に苛まれてしまいますし、それ以前に本当に事故でも起こしたら取り返しがつかないことは分かっているつもりです。 ということで、次の通院の時に思い切って主治医に相談しようと思います。 まず「本当に運転してはダメですか?」と聞くつもりですが、医師の立場から「いいですよ」なんて言わないことは容易に想像がつきます。 そして、「車の運転に比較的支障のない安定剤をください」と言うつもりですが、躁鬱の薬にそんな薬あるのでしょうか? なければ断薬したいくらいなのですが… 似たような経験をお持ちの方、いますか? また、専門家の方がいましたら、ご意見をうかがいたいです。

  • うつ病にデパケンが処方される事は?

    うつ病の治療に、気分安定薬であるデパケン(バルプロ酸ナトリウム錠)が処方されることはありますか? 私としては、デパケンは、双極性障害に用いられるというイメージなのですが、どうなんでしょう…? よろしくお願いします。

  • 双極性障害について

    私は四年くらいうつ病と診断されていました。 去年夏に学生にもかかわらずクレジットカードで30万位クレジットカードをネットで使い その頃の行動がおかしくなってたらしく(親によると) 半ば親の強行で転院させられて双極性障害二型と診断されました。 今は躁状態かな?と思う節があるのですが いきなりうつ病から双極性障害と診断されて このように躁の様な症状がでてくるのは何故でしょうか。 ただの自覚の問題なのでしょうか。 リーマスなどの薬を飲み始めて希死念慮などは殆どなくなりました。 自分の病名に対して疑問を持っていましたが、NHKの双極性障害の特集を見た時に 実際の患者さんが言っていたことを聞いて 自分と同じような感じだったので やっぱり双極性障害なのか・・。とは感じました。