• ベストアンサー
  • 困ってます

双極性障害と漢方

双極性障害と診断されて3~4年です。 リーマス、デパケン、セロクエル、エビリファイ、ジプレキサ すべて副作用のために使えませんでした。 主治医も困ってしまい、しまいには「副作用なんて誰でも我慢してるんだから」 と飲むと寝こんでしまうようなお薬を出し続けます。 寝込むと家事育児ができないので、それなら鬱のほうがマシなので通院を中断しました。 今漢方も出してくれる精神科に通いだしました。鬱や不眠に聞くお薬が出てます。 双極性障害には漢方は効き目があるのでしょうか? 服用に関して気をつけることはありますか? 医師には相談しているのですが、 一軒目の副作用を無視した医師のこともあり 医師を全面信頼できなくなってます。 (薬疹もたくさんでましたし、薬を飲んだら興奮状態になってしまったこともあります) 患者の方の漢方を飲んだご経験などお聞かせくだされば嬉しいです。

noname#156415
noname#156415

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>医師には相談しているのですが、一軒目の副作用を無視した医師のこともあり医師を全面信頼できなくなってます。 私は、病名は異なりますが、人生の半分以上(約30年程)漢方薬と抗うつ剤の併用治療を受けている者です。 私も色々病院を変えたりして不快な精神科医にも遭遇した経験もあります。 又、その様な精神科医は実際の処多い様に思います。精神科医側から見れば、「作用」の方が重要で「副作用は、ある程度我慢してという感覚なんだと思います。 実際に今の主治医も、「副作用の事」を言うとご機嫌ななめになりますし、総婦長に「副作用の事は、あまり口にしない方がいいよ」と言われた事もありましたね。 患者側にとっては、「作用」ばかりでなく「副作用の事」は非常に重要な問題であると私は考えております。「副作用の事」を認めた上で、どちらが、メリットがあるのかという事になると思います。 服薬により、QOL(生活の質)>副作用であれば、服薬を選択するのが妥当だと思いますし、逆に副作用>QOL(生活の質)であれば、別の選択肢が必要であると思います。 最近は、ちょっとした「うつ」でも「薬物療法」が主体となっており、個人的にはどうなのかな?と思う時があります。 又、個人差により「薬物」がきかない方もおられます。「薬物療法」にも限界があるのです。 以下に、興味深い記事があります。参考文献:「こころの科学143~薬に依存しない治療~井原 裕氏」 「うつ病に対する6週間のプラセボ(偽薬)対照試験の結果、抗うつ薬の効果は60%前後、プラセボの効果は40%程度というデータがある。すなわち、5人のうつ病患者のうち、2人は薬をつかわなくても治る。2人は、薬を使っても治らない。最後の1人は薬を使わないと治らないが、使えば治る。という事になる。要するに、抗うつ薬投与に意味があるのは、5人に1人だけで、他の4人は使っても使わなくても結果は同じ(治る、もしくは治らない)事である。」 話は、それましたが、要は「薬物療法」だけではダメな方もおられるという事です。 私の場合は、抗うつ薬の副作用止めとして「漢方薬」との併用をしており、数年間仕事に就く事も可能となりましたが、現在は、老化現象で身体がついていけなくなりました。(><) さて、前置きが長くなりましたが本題にはります。 >双極性障害には漢方は効き目があるのでしょうか?服用に関して気をつけることはありますか? 私の通院している病院では、「漢方薬」のみの方、「漢方薬」と「向精神薬」との併用の方、「向精神薬」のみの方が通院しておられます。 知人が、「双極性障害」で、「I型」なのか「II型」なのか不明ですが、漢方薬」と「向精神薬」との併用だったと思います。漢方薬」の名前は、「 柴胡加竜骨牡蛎湯」だったと思います。 「西洋薬」の場合は、「病名」で処方されますが、「漢方薬」場合は、「証」で処方されます。ですから、「双極性障害」だからこの「漢方薬」という事はありません。 「証」というのは、漢方独特の専門用語で、「実証」「虚証」「気虚症」「瘀血症」等様々な種類があります。他に「証」には、「陰、陽/虚、実/寒、熱/表、裏」その他種々のタイプがあります。 同じ病気でも、漢方の場合は、個人により治療方法が異なるという事になります。 双極性障害に良く使われる「漢方薬」には、「帰脾湯」「加味帰脾湯」「加味逍遙散」「甘麦大棗湯」「柴胡加竜骨牡蛎湯」「桂枝加竜骨牡蛎湯」「半夏厚朴湯」「抑肝散」「抑肝散加陳皮半夏」「苓桂朮甘湯」「黄連解毒湯」「三黄瀉心湯」「女神散」「香蘇散」等がありますが、その方の「証」によって処方されます。 中には、「漢方薬」が合わない方もおられます。 「漢方薬」の「副作用」についてですが、4~5日位にでるのは、「瞑眩(めんげん)」という副作用に似た症状が出る場合があります。これは、「好転反応」で、一時的なもので我慢すれば好転する反応です。これを、「副作用」と勘違いする場合がありますので、要注意です。 「副作用」の場合は、1~3か月以上あるいは、数年~数十年後に生じます。私の場合は、「補中益気湯」と10年位服用し、「胃炎」が起こり、「六君子湯」で、「逆流性食道炎」になった記憶があります。その時は、様々な「漢方薬」を試しながら、「柴胡桂枝乾姜湯」で元に戻ったと記憶しております。 「漢方薬の成分の副作用」については、特に、「甘草」(グリチルリチン酸)が有名です。この「甘草」という成分は、「漢方薬」の約7~8割に含まれます。「副作用」の症状としては、「高血圧」「低カリウム血症」偽性アルドステロン症)などの副作用があります。私も、経験しております。 「甘草」の効能と副作用について http://www.kantankanpo.com/shoyaku/s00003.html 他には、「麻黄」「附子」「人参」「大黄」「地黄」「筏苓」「竜胆草」「黄連」「柴胡」「黄耆」等胃腸障害等他の副作用もあります。以下参考に・・・。 http://www.ke-ms.info/01/kanpouyaku01.html 死亡例の副作用については、「小柴胡湯」が有名です。「小柴胡湯」は、肝機能障害に効果のある漢方ですが、「肝硬変」の方が服用されて死亡したケースがあります。 漢方薬で死者10人 http://www.sod-jp.com/page1/sikkanbetu/05/5-8.htm 他にも沢山の「副作用の例」がありますが、「血液検査」等実施したり、身体がだるくなった場合は、主治医や薬剤師さんにご相談される方がベストだと思います。 結論は、「西洋薬」にしても「漢方薬」にしても副作用は必然的にあるという事が実情です。 後は、患者自身が、QOL(生活の質)>副作用をとるのかそれとも、苦しくても服薬しないかの判断でしょう。私の場合は、再発を経験しておりますので、「漢方薬」と「抗うつ薬」の併用でいくしかないと思っております。 「漢方薬の副作用」について述べましたが、「効果」も十分にありますし、「西洋薬」よりは個人的には良い様に実感しております。 重要なのは、「薬の副作用」の事もありますが、「主治医との信頼関係」の方も重要だと思います。信頼関係が構築できないのであれば、「アドヒヤランス(能動的薬の服用)の低下」につながります。個人的には、「主治医との信頼関係」も築いた方が良いと思います。 長文になりましたが、ご参考なれば幸いです。選択するのは、当事者自身です。お大事に・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よくわかりました。ありがとうございます。 「抑肝散加陳皮半夏」を今飲んでます。 瞑眩と言うものはないように感じますが、 回答者さまが経験されている逆流性食道炎は私はもともとの持病です。 漢方は胃に負担がかかることも少し予想していますので、 胃薬(西洋薬)と併用していますが、正直言って、 漢方をはじめてから少し逆食が悪化して、胸焼けや背部痛があります。 生活に支障があるほどではないのですが。 本当に信頼関係は大切ですね。 まだ漢方を飲み始めたばかりで、 わからないことが多いのですが、 長期に飲むものなので慎重にしたく、 また自分の感じた症状を忌憚なく言える関係を 医師と作れればよいと私も切望してます。 思ったよりもたくさんの該当のお薬があることに少し安心しました。 もしかすると合うお薬があるかもしれません。 とても参考になりました、ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • JP002086
  • ベストアンサー率36% (1220/3370)

双極性障害1型の身内を看ています。 きつい口調になる事をお許しください。 >リーマス、デパケン、セロクエル、エビリファイ、ジプレキサ >すべて副作用のために使えませんでした。 >主治医も困ってしまい、しまいには「副作用なんて誰でも我慢してるんだから」 >と飲むと寝こんでしまうようなお薬を出し続けます。 双極性障害等の精神疾患に処方される薬は、気分を安定させるが故に眠くなります。 >寝込むと家事育児ができないので、それなら鬱のほうがマシなので通院を中断しました。 何度も中断し、大うつ等を繰り返すと家事・育児どころではなく保護施設への入院となります。(保護入院させた経験もあります) そうなると、最悪の場合、親一人子一人の場合ですと親権剥奪で子供が施設から里親へと引き取られる可能性も出てくるのです。 薬には錠剤や粉の他に、液状の物もありますし場合によっては筋注を投与する事により毎週通院と言う事も可能です。 薬の処方について理想は、漢方で抑えられる状態であれば漢方で、漢方で抑えられない躁状態の場合はジェネリック等で押さえつけるのが理想でしょう。 ちなみに、双極性障害の場合、社会的信用を失うのは“うつの状態”ではなく“躁状態の時に失う”と認識してください。(躁転して居る時) また、双極性障害を良く理解して頂くために“日本うつ病学会 双極性障害委員会”が作成したマニュアルがありますので、一読してください。 日本うつ病学会 双極性障害委員会 http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/ 双極性障害治療ガイドライン: http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120331.pdf まずは、双極性障害について知っているつもりでも、一読して正しい知識を得て下さい。 それからようやっと、医師と会話が成立している状態ならば、自分の現在の症状や少しの家庭事情を話す事で、薬の処方が変わって行きます。 双極性障害は3回ほど繰り返すと、双極性障害で服用されている薬は一生飲み続けなければならない状態になりますし、“人間的なキレもなくなってくる”事も知って頂けるとありがたいです。 きつい口調で書きましたが、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。躁鬱にも色々ありますので、補足させていただきます。 私は2型ですので、躁はほとんどありません。3年ごとに鬱がやってきます。 希死念慮はありますが、企てるほどではありません。 10年間ずっとうつ病の診断を受けていて躁鬱の診断は最近です。 通院を始める前も鬱を繰り返しており、 病歴は25年ぐらいになると思いますが入院するほどの鬱になったことはありません。 また薬疹はリーマス、テパゲン、ラモトリジン?、、これはもう飲めません。薬疹は危険です。 セロクエルは15時間寝っぱなしになり、子供の世話が不可能になります(まだ8歳です) ジプレキサは1週間で3キロ体重が増えます。私は血糖値が高めなので、この薬では 糖尿になる危険が増えます。 エビリファイは体がもう一人人を背負っているような重さを感じて、家事育児どころではありません。 この中で一番飲めそうなのはエビリファイですが、 一生人を背負って重さでろくに起き上がれない状態で、息はしているから生きているみたいな状態で 人生を送りたくありません。また私の不信を増しているのは 上記のお薬による躁鬱の治療を始めてからますます鬱が悪化していることです。 1型の型は躁で失うものがあまりにも大きいので 副作用を我慢しても飲むメリットがありますが、 私の場合は微妙です。 鬱なら鬱のままのほうがマシだと思ってしまうのは私の実感です。 マニュアルはわかりますが、患者はひとりひとり違います。 1型は大変だと思いますので、お話の主旨はよくわかりました。ありがとうございました。

  • 回答No.1

お辛いでしょうね。 以下、回答になりませんが……青年期から 昨年、84歳で亡くなられるまで、 双極性障害(=躁鬱病)と闘いながら 作品を書きつづけてきた精神科医で 作家の北杜夫さんのエッセーを読んで セルフコントロールの方法を参考に してみませんか。 Good Luck!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 北さんは愛読してます。 あの方は良いところのおぼっちゃんですので、 女中さんもいたようですね。私も女中さんがいれば、家事育児をまかせて 私は鬱ですとハチマキを巻いてマンガを読んで引きこもれるのですが。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 双極性障害の治療

    リーマス、デパケン、ラミクタール、テグレトール ジプレキサ、レクサプロ、セロクエル(ビプレッソ) ヒルナミン、シクレスト エビリファイ、レキサルティ、ラツーダ などの薬を飲むことと、規則正しい生活。 服薬と規則正しい生活以外でやるべきことを教えてください。

  • 双極性障害について

    躁鬱病(双極II型)かもしれないらしいです。 8年鬱に苦しんできましたが、どの薬でも治りませんでした。 1日中いらいらして、物を壊したりしてしまう為 そういう時はデパスなどを飲んで落ち着かせていました。 自分でも怒り狂いすぎて 意味がわからなくなったり、誰よりも偉い凄いと優越感に浸り、性的逸脱を繰り返してました。 あと 私は抗核抗体値が320あるのですがリーマスを飲み続けていても大丈夫でしょうか? でも 今まで医者には言いませんでした。 鬱が治ってきたと信じていたからです。 酷い鬱で受診し、薬をしばらく飲み続けると気分が楽になります。 そのうち常にイライラしだし、周りの皆が鬱陶しく、八つ当たりを繰り返します。自分は究極だとの感じがして堪らなく爽快で、全部上手く行くんです。 その後 急に鬱が襲ってきます。今までの恥ずかしい行為を全部責めだします。 今まで 感情の波に振り回されて、リストカット 自殺未遂 OD 家出 性的逸脱など沢山やりました。 すこし前にこの話をしたところ 双極II型障害?かもしれないと医者に言われリーマスを飲んでいます。トレドミンはすこし減らしました。 今 リーマスを飲んでいますが 副作用がまるで無く、気分が落ち着きます。 イライラしません。 ここから質問なのですが リーマスで気分が安定し、鬱の薬は効かないとなると やはり双極II型障害確定なのでしょうか? 1日のうちに何度も何度も気分の波が来て 意味がわからず死のうと考えたことが多いですが 他の病気でしょうか? リーマスはいつ飲むのを止めれますか?双極II型障害だった場合治りますか? アスペルガー障害と双極II型障害は併発しますか? 人格障害を疑っていましたが、どうなのでしょうか。 詳しい方 回答おねがい致します。

  • 双極性障害 エビリファイ

    エビリファイを飲んで落ち着かない症状が出ました。これは、まだ病気が治っていない証拠でしょうか? ジプレキサの副作用である食欲と性欲減退(私の場合)により薬を変更しました。 その後デパケンに変更したのですが、皮膚の副作用が出たため、服用をやめ、 エビリファイを飲み始めました。(単体6ミリ) デパケンを飲んでいるときは、皮膚の副作用以外は問題なく快適に過ごせておりました。 しかし、エビリファイをのむとふだんより落ち着かなく、そわそわしたり。頭が軽くむしゃくしゃ(適切な表現が難しく。なんと言ってよいのかわからないのですが。)し、そのため疲かれる。そして眠くなるという状態でした。飲み始めて3日間。 服用をやめて、デパケンを3日程飲みましたが、その症状はなくなり快適になりました。 また再度エビリファイを飲みはじめておりますが、そわそわして、眠くなりやすい症状はつづいています。 (体の震え、貧乏ゆすりなどはありません。) これは、薬の副作用だと思いエビリファイの服用をやめようと思うのですが、他の薬を飲んで症状がなおるということは、そもそも病気の方が完治していないのでしょうか?

  • 双極性感情障害

    私は、或る知り合いの罵倒から不眠になり、3日間全く眠れず食事が摂れなくなりました。(PTSD?) 体重も減り、このままではいけないと感じ、内科にて睡眠導入剤を頂きました。(レンドルミン) それから、症状が回復したため、仕事を始めたところウツ症状が出てきました。 また、このままではいけないと感じ、(パニック障害を持っていたのですが)、心療内科を受診しました。 混合性抑ウツ不安障害と診断され、トレドミン・エチセダン・ネストロームを処方されました。 それから、無理がたたり、とうとう入院となりました。 その際入院中、躁転してしまい、トレドミンの服用を辞め、リボトリールを処方されました。 リボトリールは、副作用がとてもひどく、デバケンを処方されました。現在、双極性感情障害と、診断されています。 初めは、薬の量は、800MLでしたが、現在200MLまで減薬となりました。 エチセダン・ネストロームも服用しています。 そして、現在飲酒のせいもあり、ウツ感が出てきました。 元々、不眠も強く悪夢ばかりみます。 デパケンを使用し、双極性感情障害と診断されている以上、一生薬を飲み続けなければならないのでしようか。 また、不眠は治らないのでしょうか。 主治医は、デバケンの副作用を訴えた際に、 『この薬が、効かない場合はランドセンにする。』 また、 『症状は軽いが、しばらくは、デパケンを飲まなければならない。』 と、言われました。 本当ならば、双極性感情障害は精神科受診だそうですが、主治医は自信ありだそうです。 一生ね治らないと思うと、死にたくなります。なんでもいいので、アドバイスをください。宜しくお願いします。

  • 双極性障害について、教えて下さい。

    うつ病から、双極性障害2型に診断名が変わり、現在、リーマス700mg、アモキサン100mgを1日に服用しています。しかし、リーマスを処方されるようになってから、気分がストーンと落ちたようになり、外にも出られなくなり、うつ状態が悪化してしまっています。アモキサンだけなら、せめて、外出ぐらいできたものの、リーマスのせいで、うつになってしまった感じです。もともと、うつ病の薬の多量処方で、軽躁状態になり、双極性障害2型と診断されましたが、薬剤性躁転を、双極性障害と言うのでしょうか。リーマスによる気分低下を、アモキサンで持ち上げている感じで、リーマスが無くなれば、気分もよくなるような気がしますが、どうでしょうか?

  • 双極性障害のサイクルについて

    双極性障害(躁鬱病)の、躁と鬱の波の周期はどのくらいなのでしょうか? 私は、もともと抑うつ状態で精神科に通い始めました。 最近気分の波が激しく、とても元気で仕事や勉強がはかどる日が2日位あったと思えば、次の日には死にたいと強く思うほど、気分が落ち込むのです。 医師ははっきりとは診断を言いませんが、自分なりに、「こんなに気分に波があるのは双極性障害なのでは」と思い、双極性障害について調べてみたのですが、私ほど波の周期(サイクル)が早い、とは書いてなかったため、自分は本当は違う病気なのだろうか、と考えてしまっています。 ご参考までに、処方されている薬は、 デパケン(バルプロ酸ナトリウム錠) スルピリド エビリファイ セニラン(頓服として) です。 これほど波の周期が早い場合、双極性障害の可能性は低いですか? ご回答お待ちしています。 よろしくお願いします。

  • 双極性障害ってよくなりますか?

    双極性障害2型になって3年です。 心療内科の先生にも、症状も軽いので薬はやめられるかもしれないですと話されました。 半年前に薬を徐々に減らしていったら、病状が悪化。今では躁から鬱に変わるサイクルがかなり早いです。 ジプレキサ、クエチアピン、カルバマゼピン、ルーランやリスパダールは副作用が強すぎて飲めませんでした。この全部の薬は最低量の半錠でも副作用が出ます。今はロナセン2mg半錠処方されていて、今までの副作用に比べたらいいのですが、仕事中居眠りが凄いです。 病状を抑えるためには副作用は我慢しないといけないのでしょうか。 半錠のままでは絶対良くならないですよね? 双極性障害はずっと薬を飲み続けないといけないのはわかっていますが、躁と鬱を繰り返すのも辛いですし、副作用も辛いです。この先ずっとこんな調子が続くんじゃないかと不安です。

  • 双極性障害一型の漢方治療に関して。

    こんにちは。 双極性障害一型で通院5年目です。 一日三回の投薬の一回量 デパケンR200ミリ リーマス100ミリ+200ミリ ランドセン0.5ミリ 就寝前の投薬の一回量 エリミン10ミリ デパス1ミリ 躁鬱時の頓服として、 躁時→ランドセン1ミリ 鬱時→リーゼ5ミリ 躁鬱自体は穏やかで、躁転や鬱転の際も自分で察知して頓服で防げる具合なのですが、最近不眠になり困っています。 これまで様々な導入剤を試し、ハルシオン+デパスで落ち着いていたのですが、数日前に過度のストレスを受け、そこから全く効かなくなりました。主治医に相談し現在はエリミン+デパスなのですが効果はありません。 毎夜眠れない度に苛々し躁転しそうになり、その度にランドセンを飲む始末です。 こちらのサイトで多数の方から漢方治療を勧められました。逆に双極性障害は現代医学でも解明出来て居ない不治の病だから、転院しようが漢方にしようが無駄と仰る方も居ます。うつ病には漢方は有効でも、漢方の教科書には双極性障害には漢方は効果は無いと記載があるとも聞きました。 要約すると現在の悩みは、 (1)不眠に合う薬が分からない (2)漢方治療に転向すべきか です。 漢方も相性が在ると思うので、試してみないと分かりませんが、懸念しているのは、自立支援医療の変更手続きを済ませ転院したが転院先の医師と合わなかった場合。気になる医院には一度自立支援無しで試しに行くべきでしょうか? また、この場合セカンドオピニオンになりますので、初回の料金が調べた所5~8千円程になるとか。無職の身には厳しい金額です。 過去に知人が重度のうつ病で転院した時は、転院先の医院が自立支援の変更手続きと、前の医院とのやり取りを行ってくれて、セカンドオピニオン代もかからなかったと言ってました。 病院によりけりなのでしょうか? なにより、漢方治療に専念している心療内科が大阪市内でなかなか見つかりません。あってもかなり遠方。 心療内科でなく、漢方専門医の所に行けとも言われました。 長く付き合って行く病気なので、色々調べた挙句、逆効果で混乱してます。 長文になりましたが、 アドバイスを頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 双極性障害ってこんなにたくさん薬を飲むんでしょうか

    20代、男です。 抑うつ状態→うつ病→双極性障害と病名が変わってきました 今処方されているお薬は、 ・セパゾン錠2 2mg (朝:1錠 夕:1錠) ・ジプレキサ錠5mg(朝:1錠 夕:1錠) ・ジプレキサ錠10mg(眠前:1錠) ・リーマス錠200 200mg(朝:1錠 夕:1錠) ・トリプタノール錠25 25mg(眠前:1錠) ・セロクエル25mg錠(昼:1錠) ・ロヒプノール錠2 2mg(眠前:1錠) と、7種類にのぼります。 ロヒプノールは不眠対策のためなので分かりやすいんですが 他の薬は、説明書きを読んでもどれも似たりよったりで理解できません。 こんなにいろんな種類を飲んでたら、仮に状態が良くなっても どの薬のおかげで良くなったのか分からないのでないでしょうか。 また、こういった処方の仕方は普通なんでしょうか。

  • 双極性障害キャンペーンの功罪

    今日新聞の特集で薬と金の話を読みました。有名なうつ病キャンペーンが紹介されていましたが、その続編ともいうべき双極性障害キャンペーンとの関連が気になります。実例でその問題点を述べます。1991年ある男性は新卒・転職で勤めた会社や仕事が合わず不眠や疲労感で休職することになりました。大学心療内科で初診で「うつ病ですね。うつは薬で治さないと治らない。」と言ってトリプタノ―ルとレンドルミンを処方しました。男性が耳詰まり感を訴えるので大学病院内の耳鼻科で診てもらうと同時にワイパックスが処方されました。耳垢が詰まっていたのを除去してもらうと急激に回復し、会社は辞めて好きだった科目を活かせる教職を目指すことにしました。一年くらいかけて教員免許も取得できて、体力も十分にあり、臨時的だが常勤で働くことが決まって大学病院への通院も止めていいだろうと考えていました。ところが主治医は自分が土曜日だけ勤めるクリニックへ転院させて(1993)、トリプタノ―ル、ワイパックス、レンドルミンを服用させ続けます。男性はかなりの労働もこなして正規採用されていたので機会あることに薬をやめたいと申し出ましたが、主治医は「維持療法を続ける必要がある」と処方薬を見直すこともなく、5分、30秒診療で2009年まで漫然処方を続けました。この間男性は日中の眠気で何回か自動車事故も起こしていました。とくに2008と2009に自動車保険を使うような事故を起こしたときはかなり動揺し、2009の事故直前には意識障害が何度か現れていて、体重が急激に15kg減ったり、手の震えや自律神経が乱れていました。この時仕事の過労やストレスがあったので主治医は「適応障害」などと言っていました。2010に男性は処方薬のうちトリプタノ―ルがリーマスに置き換わっていることに気が付き、色々調べた結果、自分は双極II型障害で、20年近くやめたいと言っていた三環系抗うつ剤トリプタノ―ルは禁忌薬剤だったこと、リーマスを血中濃度を一度も測らず800まで増量して1年近く処方されていたことを突き止めました。主治医は双極性障害なのに禁忌薬剤三環系抗うつ剤を20年近く漫然投与していた不適切治療を隠すためにインフォームド・コンセントをせず、トリプタノ―ルを突然切り、血中濃度を測らずリーマス800を一年くらい投与したようです。男性がこのことを主治医にズバリ指摘すると逆ギレしながら全て認めました。男性は徹夜で仕事をするなどそれまで何度も経験があり、社会的障害もなく1993以来ずっと病気ではない、問診もせずこっそり薬物を変更するのはおかしいと考えていました。しかし、主治医は「自殺の可能性はある」「障害年金はでる」などと言って、リーマス、デパケン、セロクエル、コントミン、ジプレキサ、ラミクタ―ルなど認可になった薬を次々処方しましたが、すべて副作用か効かない。男性は薬を試す度に不眠や離脱に苦しみ、主治医は「うつになっている」として入院させたり、ベゲタミンのような薬を処方したり、デパケンとラミクタ―ルの相互作用を知らずに処方したり、そのうち男性は、追加だけで減薬を試みない処方や医師の診察時の不審な様子に見切りをつけ、セカンドオピニオンを求めました(2017年)。長期のカルテを確認した医師は、「うつ、そううつ、ねぇ。社会的に支障はないんでしょう。薬なんかのまなくていい。今の不調はベンゾジアゼピン離脱症候群だよ。ワイパックスだね。25年は長すぎる」 この男性の四半世紀に亘る治療はなんだったのでしょう。男性は今も不眠や痛みに苦しみ、四半世紀一生懸命働いてきたのに仕事がやりにくくなって困っています。