• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

不貞行為の相手方に対する損害賠償請求の管轄裁判所

不貞行為の相手方に対する損害賠償請求の管轄裁判所 配偶者の不貞が理由で離婚します。 配偶者の愛人に対して損害賠償請求(慰謝料請求)を行いたいのですが、その愛人の住所地を管轄する地方裁判所と考えますが、正しいでしょうか。訴額は100万以上です。 ある本によれば家庭裁判所とあったのですが、いかがでしょうか。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1088
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

確かに【民事訴訟法4】の通りです。 但し案の定そればかりではありません。 実際には、 【民事訴訟法5】の不法行為(民法90条・民法416条・民法709条・民法710条・民法724条)あたりを利用すると思いますよ。 相手が移送依頼すると、実際に何処の裁判所で審理されるか分かりませんが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もご回答ありがとうございました。また、よろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • 損害賠償訴訟の管轄裁判所は相手側でなければならないか?

    損害賠償の訴訟を起こす場合の管轄裁判所としては必ず相手(被告)側住所を管轄する裁判所でなければならないのでしょうか? 基本的には被告側住所を管轄する裁判所ということらしいですが、貸金返済で「金を返せ」と相手を訴える場合、貸した(訴える)側の住所を管轄する裁判所でもよいということになっています。損害賠償訴訟では訴える側住所の管轄裁判所に訴訟を起こすことは全く不可能なのでしょうか?

  • 管轄裁判所について

    皆さんのお知恵を拝借できれば幸いです。 他県に住む、不貞行為の相手方に対して損害賠償請求を提訴しました。 提訴したのはこちらの住所地の裁判所です。 本来ならば、被告の住所地を管轄する裁判所に提訴するとのことですが、提訴の際に相談したこちらの裁判所で「損害賠償請求は持参債務なので、被告の住所地で提訴しなくても良い。」と助言していただきました。 しかし、やはり被告は代理人弁護士を通して「裁判所の移送の申し立て」をしてきました。 被告は答弁書において「原告の請求を棄却する」旨の主張をして、全面的に争う姿勢です。 最終的な判断は提訴した裁判所の裁判官が決定するとの事ですが、本件のように交通事故等での明らかな損害賠償ではい場合、この「裁判所の移送」について被告の主張は認められるのでしょうか? 被告は金銭的にも余裕があり、代理人として弁護士をたてましたが、私には金銭的にも余裕がなく、本人訴訟にて争うしかありませし、また仕事の都合上の時間的余裕もないために被告の住所地まで赴くことが困難です。 なんとかこちらの管轄裁判所で審議してもらうためには、こちら(原告)はどのような主張をすればよいのでしょうか? お知恵をお貸し下さい。

  • 管轄裁判所

    サラ金業者を相手に過払い請求訴訟を考えています。 基本的には被告側の管轄裁判所に訴えるらしいのですが、これは被告側が企業の場合、本社を管轄する裁判所になるのでしょうか? 契約した営業所の管轄している裁判所では無理なのでしょうか? もう1点ですが、契約書に管轄裁判所は○○裁判所にするとの条項があると思いますが、これは従わなければいけないのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

一般的に 60万円以下の金銭の支払を求める場合に,(少額訴訟の)簡易裁判所。 紛争の対象が金額にして140万円以下の事件については,家庭裁判所。 140万円を超える事件は,地方裁判所。 当然訴える人の管轄裁判所に告訴するのが普通です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答者様1への補足と同じですが、民訴4条「1.訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。」ではないですか?

  • 回答No.1
  • nik670
  • ベストアンサー率20% (1484/7147)

もし地方裁判所とした場合、相手の住所を管轄する 裁判所になったら裁判の度にsatoyo1234さんが相手の 所まで時間とお金使って行かなければなりません。 ですので裁判はsatoyo1234さんを管轄する裁判所に て行うのが一般的です。 理由はsatoyo1234さんが通うのに近くて便利だから です。 だからといって、相手が管轄する裁判所でもいいとは 思うのですが。 というのも、契約書にわざわざ「裁判の時は 甲の住所を管轄する裁判所で行う物とする」みたい に書いてある契約書見たことがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

民訴4条1項「1.訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。」ではないですか?

関連するQ&A

  • 管轄裁判所の指定

    ネットショップ等で、「当店の利用に関わる全ての紛争については、・・・地方裁判所を管轄裁判所として指定します」という利用規約をうたっている場合がありますが、法律的には認められている事なのでしょうか。 利用者の最寄りの地方裁判所から訴訟を起こす事は出来ないのでしょうか。

  • 不貞行為

    法律上で言う、不貞行為とは配偶者以外との肉体関係でとありますが、もっと具体的に言うとどうなりますか?昔クリントン大統領の愛人問題でフェラチオのことが取りざたされていたようです。キスは?コンドーム使用は?射精がいけない?どうでしょうか?

  • 不貞行為とは

    法律上で「不貞行為」とはどこからになるのですか? 性行為に及ばず、例えばデートや手をつなぐなどといった 行為を配偶者以外とした場合は不貞行為と みなされるのでしょうか? 配偶者が性行為に及んでいない浮気をした場合、 離婚することは可能でしょうか? その場合、慰謝料はどのように解されますか?

  • 婚約中の不貞についての損害賠償請求

    私(男)31歳会社員、彼女25歳ですが、付き合い始めて 約半年位で先月結納を済ませました。 しかし私の不貞行為の発覚で婚約解消し、彼女から 損害賠償請求がきました。 こちらに非があるので、誠実に対応したいのですが 自分も生活があるので不相応な請求がきたり、 またこおいう場合の慰謝料の相場(もちろん男の年収によると 思いますが、ちなみに私は年収450万位です)も分かりません。 彼女は弁護士に相談してるらしいですが、 こちらも弁護士をたてたほうが良いでしょうか? また他の方法等ございましたら、ご鞭撻お願いします。

  • 専属的合意管轄裁判所の決め方について

    民事訴訟法では案件によって管轄となる裁判所を定めています(4、5、6条ほか)が、当事者の合意によって専属的合意管轄裁判所を定めることもできます。定めがない場合は被告側を管轄する裁判所に提訴することになるとおもいますが(不動産、特許などの案件を除く)、提訴するのに相手のところに出向くのも大変なので、「専属的合意裁判所は、原告の本社の所在地を管轄する地方裁判所(原告がA社の場合はa地方裁判所、原告がB社の場合はb地方裁判所)とする」という条文を契約書に盛り込みたいとおもいますが、有効でしょうか? 当事者同士の力関係で、どちらか一方に有利な裁判所を専属的合意管轄裁判所に定めてしまうことがよくありますが、これならばフェアですし、相手側に過失があると考えて訴訟するのですから、わざわざ手間をかけて被告側の管轄裁判所に行くより、呼びつけたほうが心情的に納得感があるのですが、いかがでしょう? そもそも民事訴訟法で「被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄」と定めている意図はどのようなものなのでしょうか?

  • 不貞行為の相手方に対する慰謝料請求

    不貞行為の相手方に対する慰謝料請求 不貞行為の相手は遠方に住んでいます。そのため、原告となる私の住所地で裁判を起こしたいと考えています。 裁判管轄地を民訴法5条でいう「一 財産権上の訴え 義務履行地」と捉え、慰謝料は私に払われるので、その義務履行地は私の住所地と考える解釈は可能でしょうか?

  • 不貞行為に対する慰謝料請求について

    不貞行為に対する慰謝料請求について 2009年6月に、配偶者の不貞行為が原因で離婚しました。 その際慰謝料として500万円。財産分与と別居中の婚姻費用等で200万円。 合計で700万円を請求し、請求通りの金額を受領しました。(元配偶者の年収は約1000万円) 元配偶者との不倫相手の方には慰謝料を請求するつもりはありませんでしたが、 離婚後の就職がうまくいかず派遣として働いていて生活が不安定なため、 やはり今のうちに少しでも取れるものは取っておかなくてはと考えるようになりました。 そこで相談ですが、念のために証拠として録音しておいた不倫相手との会話記録が証拠になるか 教えてほしいのです。 録音日時はは2008年6月、不倫相手と私の電話での会話です。 2008年5月に研修と称して箱根へ行った際、不倫相手が元配偶者と一緒に ラブホテルに泊まったとはっきり明言しています。ただ肉体関係はなかったとも明言しています。 果たしてこれが不貞行為の証拠となるのか、また請求できるとすればどのくらいの額を請求することが可能か。(不倫相手の年収は約500万円) どうぞよろしくお願いします。

  • 養育費請求の管轄裁判所について教えてください

    本来はレポート用の立案の相談なのですが,ここで寄せられている,養育費の管轄に関する質問にも役に立つかも知れないと思って相談しました。 養育費請求に関する手続き論で下記のように立論しました。 1.家事審判法1項乙類にあげられる養育費に関する請求は,審判・調停のいずれかの方法によるかは,申立人の任意である。 2.家事審判規則52条により審判の管轄は,子の住所地の家庭裁判所である。 3.そうすると,調停を申し立てずにいきなり審判の申立をすれば,管轄地はこの住所地になる。よって,自庁処理の申立をしなくても,子と同居する親の住所地が管轄裁判所となり,相手方の居住地に申し立てなくてもよい。 4.仮に,家事審判法11条により調停に付されたものの,これにより管轄裁判所が変更されるものではない。 以上のように立論できると思います。ところが,ネットでこの件を調べると法律事務所のHPでも,このことを指摘しているところはなく,自庁処理の申立を行うアドバイスが大半です。 そこで,分からなくなったのが,家事審判規則52条の「婚姻の取消又は離婚の場合における」の解釈です。  これは,下記のような場合分けが考えられると思います。 1.離婚請求時においてのみと考えられる。   理由:人事訴訟法31条特例「家庭裁判所は,婚姻の取消し又は離婚の訴えに係る婚姻の当事者間に成年に達しない子がある場合には,当該訴えに係る訴訟について,自庁処理及び移送の規定の適用にあたっては,その子の住所又は居所を考慮しなければならない」を見るまでもなく,「婚姻の取消し又は離婚の訴えに係る」事件が係争しているときに限られるのであって,既に離婚が成立している場合を含まない。 2.離婚が成立していたとしても,養育費請求審判の管轄は子の住所地である。 3.離婚が成立した後に時間が経過したとしても初めて請求される養育費請求については家事審判規則52条が適応される。 この問題を考えるのに,立法時になぜ,「婚姻の取消又は離婚の場合における」と条件が付いたのか。この条件をどのように解釈すると良いのか?文献などを教えてください。

  • 不貞行為の証拠

    これから、不貞行為に基づく慰謝料請求をしようと思っていますが、不貞行為と認められる証拠はどの程度のものが必要でしょうか? 私が持っているのは、 1 配偶者が利用したラブホテルのクレジットカードの明細2枚(宿泊と休憩) 2 文書提出命令が認められれば、浮気相手との性的表現があるメール 3 相手方の写真、チャットの履歴 4 相手方の家のすぐ近くのホテルの明細(文書提出命令が認められれば) そのぐいらいなものです。 配偶者には不貞行為と認められると思いますが、相手方については、難しいでしょうか? いろいろ教えてください。よろしくお願いします。

  • 損害賠償の損害賠償・・・

    よろしく、お願いいたします。 例えばA社の社員がが個人情報を漏洩したとして、お客様からA社が訴えられて、裁判所から10億円の支払請求を受けたとします。 その後、A社は漏洩した社員に対して損害賠償を行った損害を賠償請求することはできるのでしょうか? ご存知の方、ご教示ください。