• ベストアンサー
  • 困ってます

EQ指数と幼児教育

EQ指数と幼児教育  このコーナーで質問するのは初めてです。私は将来、幼児教育の仕事に携わる予定で、「EQ指数と幼児教育について」というテーマで卒論を書こうかなあ・・と思案中です。  EQテストのサイト(http://www.unnmei.com/eq.html)によれば、『EQ(Emotional Intelligence Quotient:情動指数)とは心の知能指数と呼ばれ、一般的に自己認知力・自己統制力・共感性・コミュニケーション力・柔軟性・楽観性の6つの観点から測られます。EQの値は一生の間を通じて不変なものではなく、環境・遺伝の双方の影響により、上がりもすれば下がりもします。』と記載されています。  「幼児教育考察」というページ(http://www.might-project.com/for-exam/talk/index.html)には、『昨今の小学校受験においても、実際にEQテストを実施して子どもの「ある知能」を測るところも出てきています。』と記載されています。  幼児版のEQテストは、どのように実施されているのでしょうか? 教材は、どこかのサイトに記載されていますか?  また、「EQ・IQを伸ばす育児の知恵と幼児教育」というサイト(http://www.geocities.jp/kidseq04/index.html)の一つに、『科学的に実証された脳力アップの育児法を示したのが、久保田式です。』(http://www.geocities.jp/kidseq04/kubotasiki.html)という記載があります。  久保田 競教授は、「エチカの鏡」によく出演されている久保田カヨ子さんのご主人で、脳科学の権威ですよね。既に商品化されている教材(http://item.rakuten.co.jp/eigo/powerkidsjr/)もあるようですが、この教材の有効性は、実際に、科学的にどのように実証されているのでしょうか? 実証されたデータは、どこかのサイトに記載されていますか?  小学校での「いじめ」増加など、教育現場の荒廃を考えると、早い段階でのEQ教育を実施し、「共感性」・「コミュニケーション力」・「柔軟性」を高めていくことが必要なのではないかと考えています。  幼稚園、保育園、保育所で、EQ指数向上を目指した取り組みというのは、実際に行われたことがあるのでしょうか? 具体的な取り組みなど教えて頂けましたら幸いです。  以上、アドバイス・情報などよろしくご指導下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数769
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私は「感情」を切り口に「不登校」を研究しているものです。 面白いテーマだと思います。 質問者さまのご質問に対する回答ですが、「EQ教育」は行われていますが、「EQ教育」という名前でではなく、「SST(ソーシャルスキルトレーニング)」という名前で行われていることが多いです。ぜひ「SST(ソーシャルスキルトレーニング)」で御調べください。 ちなみに、ご質問者様のリンク先をいくつか拝見させていただきましたが、論文の根拠とするには、少し学問性が乏しいように思います。ぜひ学術論文などにチャレンジしてみてください。 日本におけるEQという考え方は、1996年に出版されたダニエル・ゴールマン著『EQ 心の知能指数』が発端となっております。まずはこれを読んでみて、EQの概念をしっかりおさえてから、質問者さまの問題関心にとりかかるのがよいと思います。 それでは頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

> 面白いテーマだと思います。  ありがとうございます。 > ぜひ「SST(ソーシャルスキルトレーニング)」で御調べください。  調べるヒントを頂きありがとうございます。 > ちなみに、ご質問者様のリンク先をいくつか拝見させていただきましたが、論文の根拠とするには、少し学問性が乏しいように思います。ぜひ学術論文などにチャレンジしてみてください。  学術論文ですか・・。  図書館ですよね・・。  学内に該当図書があるかな・・。  一度調べてみます。  いろいろご指導ありがとうございました。

質問者からの補足

 その後、教えて頂きました「ソーシャルスキル・トレーニング(SST)」をキーワードとして、ネットで調べてみました。  良い資料がいくつか見つかりました。 1)体験型ソーシャルスキル・トレーニング(SST)の研究と実践  http://www.crn.or.jp/LIBRARY/RONTEN/CONTR_03.html  2)ソーシャルスキルトレーニング本関連  http://library77.web.fc2.com/library67.html 3)コミュニケーションツール   ソーシャルスキルトレーニング、特別支援教育に  http://www.meltcom.co.jp/product/index.php?cID=9 4)軽度発達障害の指導・ソーシャルスキルトレーニング  http://www.ed.niigata-u.ac.jp/~nagasawa/SST.pdf 5)ソーシャルスキルトレーニングの介入方法についての文献研究(軽度発達障害児を対象としたソーシャルスキルトレーニングを中心に)  稲本純子、熊谷恵子  http://www.gakko.otsuka.tsukuba.ac.jp/Site/start_files/ronshu/ronshu_30/inamoto.pdf  = 『7.SSTの評価方法:   個人的介入,小集団的介入に関しては,事前事後テスト,1事例実験デザインを利用し,SSTの効果の評価を行っている研究がほとんどであった。学級を対象としたSSTでは,統制群法が多く利用され,SSTを実施した学級とSSTを実施しなかった学級との比較を行い,SSTの効果を測定する方法も実施されている(後藤・佐藤・佐藤,2000;藤枝・相川,2001)。しかし,すべての児童生徒に対する均等な教育機会を提供する学校現場において,同一学校,同一学年のあるクラスの介入を行いながら,あるクラスには行わない状況は設定しにくいこと(嶋田,2004)や,統制群法では,介入前における実験群と統制群の等質性が前提とされるが,群間差が生じる可能性があるという指摘(南風原,2001)から,一事例実験デザインを応用した評価方法をもつSST(寺内・加藤,2004;水谷・岡田,2006)が,試みられている。このようなことから,SSTの行われる環境に応じて,より的確に効果を評価できる方法が求められ,研究が行われている。』  良い論文には行き着きましたが、評価方法が難しい・・という難点があるようですね。  ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 幼児教育:「褒めて育てること」の意義は検証されていますか?

    幼児教育:「褒めて育てること」の意義は検証されていますか?  5月17日初めてこのコーナーで質問(EQ指数と幼児教育http://okwave.jp/qa/q5900706.html)し、貴重なアドバイスを頂きました。その節はありがとうございました。  私はまだ1年生ですが、1学期の課題に向けてのテーマ(将来の卒論のテーマにも結びつくものであればなお可)で思案中です。  「EQ指数を鍛えるための教育」には強い関心があるのですが、検証方法となるとその「方法論」で困ってしまいます。    そこで、第2案として、「褒めて育てるのが良い」と言われていますが、その根拠はあるのでしょうか?  このテーマも、「検証方法」となると難しいのは同じかも知れませんが、「根拠」・「検証方法」などに関して、何かアドバイス頂ければ幸いです。  よろしくご指導下さい。 P.S  学内には、心理学研究室もあるようですが、学部が違うので行ったことはありません。相談に行けば、協力してもらえる可能性はあるのでしょうか? 突然、相談に行っても無理ですよね・・。アポを取るにはどうしたら良いのかもよく分かりません。  合わせてコメント頂けましたら嬉しいです。

  • 幼児教育について

    現在10ヶ月になる娘がいます。 幼児教育を始めようかと思っているのですが、できれば家庭で出来る教材とかの情報があれば、教えていただきたいのですが。 家庭保育園や七田式、公文式の教材など、どこのものが使いやすいか、また値段や内容も考慮して教えていただければありがたいです。 他に家庭でやっておられる教育方法などがございましたら、教えてください。

  • 幼児教育のドーマン研究所について

    幼児教育のドーマン研究所の出している幼児教育教材を安く入手する方法はないでしょうか。ドッツカードやフラッシュカードなどです。本人が楽しめなくてはいけないと思うので、試しにやってみたいのですが、単価が高い上、まとめて買う方法しか知りません。リサイクルショップなどでも扱っているのでしょうか。

  • 幼児教育って効果ありますか?

    5ヶ月の子供がいますが、親として幼児教育を特別に 行った方が良いのか悩んでいます。 その手の本などを読んで見るとビックリするような事が 書かれていますが(IQ150以上等)本当なのでしょうか?そこまで期待出来なくてもそれなりに効果のある物なのでしょうか? 教材も決して安価ではないらしいので迷っています。 ご存知の方いらっしゃれば教えてください。 宜しくお願いします。

  • 息子の幼児教育教材

    2歳半になる息子の幼児教育の教材を探しています。上の娘にはこどもちゃれんじをやらせていたので、同じものはなんだかもったいない気がして、別の教材を考えています。以下の条件に合うものでおすすめの教材がありましたら教えてください。 1. 毎月あるいは定期的に教材が届く。 2. DVDや読み物だけではなく、シールなどのワークブックが付いている。 3. 予算は月4000円ぐらいまでが理想。 以上、よろしくお願いします。

  • 消費税増税で幼児教育の無償化、超能力教育も無償化?

    七田チャイルドアカデミーを始め、一部でオカルト幼児教育、トンデモ科学教育が行われ「右脳の潜在能力を活性化」「動物や植物と波動で会話」「観ているだけで絶対音感が身につく、ピアノがひけるようになる」とかやっていて、多くの親御さんが子供を通わせていますが、ああいったものも無償化されるのですか? やっていることはフラッシュ暗算であったり、速読的なものだったりするようですが、そういったものにオカルトやトンデモ科学の意味づけをしているようです。「種も仕掛けもある手品」を「種も仕掛けもない超能力」としてサービスを売って、多くお親御さんはそれを信じて喜んでいます。 安倍内閣では消費税増税して幼児教育の無償化すると言っていますが、超能力教育も無償化されるのですか?

  • 「タオの天神」と倒産した「日本ライブラリー社」の胎教・幼児教育用パソコン教材

    倒産した「日本ライブラリー社」の胎教、幼児教育用のパソコン教材と「タオの天神」というパソコン教材について。 倒産した「日本ライブラリー社」は「タオ(株)の天神」というパソコン教材の販売店をしていたと聞きました。 倒産した「日本ライブラリー社」が販売していた胎教や幼児教育用のパソコン教育教材と「タオの天神」のパソコン教育教材とは同じ物なんでしょうか? また倒産した「日本ライブラリー社」はアフターに行くと言っては追加購入を勧めるという手口を使うと聞いたことがありますが、「タオの天神」のパソコン教育教材も商法的に同じ手口を使うのでしょうか? またパソコン教材は、パソコンの電磁波などが、母体や胎児、幼児の身体になんらかの影響があるように感じるのですが、パソコン、パソコンから発生する電磁波などが母体や胎児、幼児の身体やコミュニケーション能力にもたらす影響もお教えください。

  • 「幼児向け通信教育市場」と「幼児英才教育市場」との定義の違いについて教

    「幼児向け通信教育市場」と「幼児英才教育市場」との定義の違いについて教えてください。 現在大学のゼミテーマで幼児教育市場について調べているなかで、 上記2つの市場の違いがわからないのです。 “こどもちゃれんじ”“学研はなまるきっず”といった教材は「幼児向け通信教育市場」に含まれることは判明済みなのですが、 では「幼児英才教育市場」の定義はどういったものが当てはまるのでしょうか? 「幼児英才教育市場」は“通信教育”ではない“通学教育”なのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 子供にどの教育を?

    はじめまして わたしはまだ子供がいないのですが、子供(幼児)の教育にたいする考えについて数点教えていただきたいです。たくさんのあ母さん、お父さん、よろしくお願いします! 幼児教育について興味があるのですが、実際どんなことをされているのか教えていただけますか? 1、就学前のお子さんにどんな教育をしようと、また現在されているのでしょうか?基本的な柱になる教育を取り入れていらっしゃるのか?(モンテッソーリとか、yokomine式や、久保田おばあちゃんなど) それとも、雑誌などで知った教育法で、自分がいいと思うものを、部分的に取り入れていらっしゃるのでしょうか? *勉強はさせないで、遊ばせるというようなご両親独自の考えをお持ちであれば、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 幼児の絶対音感教育について。

    こんにちは。 現在幼児教育学科の2回生をしています。 最近幼児の絶対音感教育が流行っているように思います。 書店に行っても、絶対音感のCD付きの本が売られていたり、ピアノ教室でも絶対音感つけます!みたいなコースがあります。 私は絶対音感を持っています。 利点もあれば、欠点もあります。 そこで考えました。 幼児に絶対音感教育は必要なのでしょうか? また絶対音感教育を幼稚園や保育園でやって欲しいですか? いろいろなご意見お待ちしていますo(_ _*)o 過去に絶対音感の利点についても質問させていただきました↓ http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2090179