• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

宇宙の温度

宇宙の温度 よく宇宙の温度といわれますが、温度とは、物質を構成する分子の運動が活発かどうかの程度を表す数値であると理解しており、宇宙=物質ではないので、意味がよくわかりません。ウイキに書いてある温度の定義が正確ではないのでしょうか?ご存知の方、わかりやすく教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数383
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#185706
noname#185706

#3,5です。 >黒体は分子の集まりで、宇宙の温度とは、正確に言えば黒体の温度のことなんですね。 原子や素粒子から成る黒体もあります。 また、宇宙の温度とは、現在では宇宙背景放射の(エネルギー分布を決める)温度のことです(#3)。物質は今ではそれとは異なるさまざまな温度を持っています(#5)。その背景放射が放たれる瞬間までは、放射と物質は熱力学的平衡の状態にあったので、同じ温度を持っていました。そういう時代には、その共通の温度が宇宙の温度です。繰り返しになりますが、現在は背景放射の温度と物質の温度は異なるので、宇宙の温度=黒体の温度 と言うのは不適切であるように思います。 >やはり温度とはウイキに載っているとおり分子レベルになって初めてあてはまる概念で、素粒子や原子レベルで使う概念ではないと理解すればよろしいでしょうか 温度という概念は素粒子や原子レベルに対しても使えます。おっしゃっているウィキの記事が http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E5%BA%A6 のことであれば、確かに分子を中心に書かれていますが、「分子」となっているところを(適当に)「粒子」などと読み替えられたらどうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しいところ稚拙な質問にご丁寧に対応していただき、ありがとうございました。ウイキにある分子の運動にこだわっていました。ウイキの説明にもう少し補足説明があったら、温度の概念をもっと広い概念でとらえていたでしょう。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#185706
noname#185706

#3です。 >黒体放射の温度とは、放射されたマイクロ波の温度と理解してよろしいでしょうか。 黒体放射のエネルギー分布(あるいは振動数分布、波長分布)を決めるパラメーターは温度だけであり、その温度は放射した黒体(放射と熱力学的平衡の状態にある物質)の温度そのものです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BD%93 宇宙背景放射の場合には、放射されてから現在までに宇宙が1000倍も膨張しているため、はじめ約3000ケルビンであった温度が現在は2.7ケルビンまで下がっています。(それに応じて、放射されたときは主として赤外線~可視光であったものが、現在はマイクロ波が主となっています。)一方、137億年前にその黒体放射(背景放射)をした物質は、その後この背景放射とほとんど相互作用せず、今ではまったく異なるさまざまな温度になっています。つまり、背景放射と物質は現在はもう熱力学的平衡状態にないのですが、背景放射のエネルギー分布はある温度での黒体放射のそれ(プランク分布)に極めて近いものになっているので、今でも温度という一つの量だけで(ほぼ)記述できるわけです。 >ウイキにある「温度の定義」は正確ではないように思えますが…。 放射にも温度という概念はあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

黒体は分子の集まりで、宇宙の温度とは、正確に言えば黒体の温度のことなんですね。やはり温度とはウイキに載っているとおり分子レベルになって初めてあてはまる概念で、素粒子や原子レベルで使う概念ではないと理解すればよろしいでしょうか

  • 回答No.4

> 黒体放射の温度とは、放射されたマイクロ波の温度と理解してよろしいでしょうか。 ちょっと違います。 黒体から放射されるマイクロ波のスペクトルは黒体の温度によって決まります。 その理由を簡単に説明すると、黒体(物質)も分子からできており、分子(原子)は原子核と電子からできています。 物質の温度は分子の振動の激しさを表しますが、分子(原子)が振動すると、原子核の周りの電子も一緒に振動します。 電子が振動すると、電波が生じます。 電子が激しく動くと、電波の周波数も高くなります。 つまり温度が高くなると、放射される電波の周波数も高くなります。 黒体から熱により放射される電波の周波数はマイクロ波領域となり、そのスペクトルが、黒体の温度に相当するということです。 地球上から宇宙のどの方向にアンテナを向けてもあるスペクトルのマイクロ波が観測され、そのスペクトルが、3K(3ケルビン=絶対温度3度=摂氏-270℃)の黒体から放射されるスペクトルに相当します。 これが宇宙の背景放射と言われるものであり、言い換えれば「宇宙の温度」です。 この原因は、ビッグバンの名残だといわれており、3Kの背景放射を発見したペンジャスとウィルソンは、1978年にノーベル賞を受賞しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しいところ稚拙な質問にご丁寧に答えていただき、ありがとうございました。ウイキにある分子の運動にこだわっていました。ウイキの説明にもう少し補足がありましたら、温度の概念をもう少し広くとらえることができていたでしょう。

質問者からの補足

黒体は分子の集まりで、宇宙の温度とは、正確に言えば黒体の温度のことなんですね。宇宙のいたるところにある黒体はそれぞれ温度が違うと思いますが、統計的に平均した温度なんでしょうか。やはり温度とはウイキに載っているとおり分子レベルになって初めてあてはまる概念で、素粒子や原子レベルで使う概念ではないと理解すればよろしいでしょうか。

  • 回答No.3
noname#185706
noname#185706

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速ご回答いただき、ありがとうございます。黒体放射の温度とは、放射されたマイクロ波の温度と理解してよろしいでしょうか。マイクロ波にも温度があるとしたら、ウイキにある「温度の定義」は正確ではないように思えますが…。

  • 回答No.2

「物質」が省略されているだけでしょう。 「部屋の温度」を「部屋の空気の温度」と言わないのと同じですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

そこに物体を置くとどれくらいの温度になるかという意味だと思います 物質が無ければ温度はありませんものね それが理解できない人のための便宜的な説明でしょう 深海での水圧を何トンだというように説明しているのと同じことだと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • よく「宇宙の温度」という言い方を目にしますが、意味がよくわかりません。

    よく「宇宙の温度」という言い方を目にしますが、意味がよくわかりません。「温度」といえば、物質の状態を表す一つの数値で、物質を構成する分子の分子運動の状態を表す言葉だと思いますが、宇宙=物質ではないと思いますので、「宇宙の温度」の意味がわかりません。ご存じの方、しろうとにわかりやすく教えてください。

  • 最高温度は決まらないの?

    温度を「物質を構成する分子運動のエネルギーの統計値」 と規定したとすると、 「分子運動が止まっている状態が温度0K(絶対零度)」となりますよね? では逆に「これ以上激しく分子運動はできない」というところを、 最高温度の限界としてしまってはいけないのでしょうか? 具体的には、分子の移動速度が光速cになるところではないかと 予想するのですが、どうでしょうか? あるいは物質の速度が光速を超えることも、 こうした分野では許容されるのでしょうか?

  • 宇宙の温度

    宇宙の温度って-270.42度と言われていますが、物質がなければ温度がないのでは、また物質を持って行っても測る場所が違うと温度に差が出るのでは無いでしょうか、教えてください。

  • 温度の定義

    今高校3年生ですが、3年の始めの時に、温度の定義について学びました。 その時までは温度の実態を知らなかったので、ものすごく感動しました。 分子の運動の激しさが直接温度に関わってくる、みたいなことでしたが、 その時思った疑問で じゃぁ、分子が極端に少ない宇宙空間などの真空状態のときの温度はどうなるんだろう・・・ ってのがありました。 授業の終わりに先生に聞いて見ましたが、それは大学のレベルだから教えるのに苦労するから、真空ではまた別の定義があるとだけ覚えておいて、っていわれました。 もう後2ヶ月もすれば大学生なので知りたいです。 真空については、ニュートンていう科学雑誌で扱われていたのを、みたことがあり、 完全に気体がない状態は不可能で、気体分子がない空間には真空エネルギーとかいうものがあって、なにもないところから反対の性質をもった粒子がでてきたり消滅したりしている、 みたいな感じに書いてあったのを覚えています。 教えてください。

  • エントロピーが大きいと、宇宙温度は高くなる?

     エントロピーが大きいと、 (ギブスやヘルムホルツの)自由エネルギーは小さくなり、安定するというのは理解しています。 他方、宇宙論で、エントロピーが大きいと、宇宙温度は高くなるという言い方がされていますが、 これはどういう意味でしょうか?

  • 温度の上限について

    温度に上限はないと、ある書物に書いてあったのですが、 物体の速度が光速を超えられないとすれば、物体や分子が光速に達した温度は上限になりうるのでしょうか。それから、宇宙の始まりの時には、宇宙の温度が一京度を超えていたそうですが、この温度のときに、物質は光速を超えてしまわないのでしょうか。ふと疑問に思ったので、知っておられる方は是非、お教え下さい。お願いいたします。

  • 真空状態では温度は?

    まず、真空状態は古典的には「物質がない状態」とされており、温度は「分子運動エネルギーの統計値」とされています。これで真空状態の温度を定義するのは難しいと思うのですが、いったいどう表現するのが適当でしょうか? ・定義できない ・0K ・その他 また、熱力学的には温度は T=δQ/dS (T:温度、Q:受け取った熱量、S:エントロピー) で定義されると思いますが、この場合に結論を導くと、やはり「物質が存在するかどうか」と言うことがキーになると思います。 上記の式を使って、結論を導くと、 ・定義できない ・0K ・その他 のいずれになるのでしょうか?? 宜しくお願い致します。

  • 温度と時間は同じもの?

    温度と時間は同じもの? 温度と時間は単純に考えると似ていると思います。 温度の場合は、高くなれば分子の運動が活発になる、つまり分子が動けるようになる、また温度が下がれば分子の運動が止まる、そうなると人間の動きも完全に停止しますよね、また原子や分子だけではなく、素粒子のようなもっと小さな世界にも温度という概念があるのでしょうか?、あったとしたらなおさら似ていると思います、 また時間の場合は、進んでいれば分子や素粒子のような小さな世界や、人間も動けるようになる、しかし時間が仮に止まったとしたら、それらの動きも停止する、 単純かもしれませんが、このように考えると、温度と時間は似ていると思うのですが、同じ様なものなのでしょうか?、また熱エネルギーがある様に、無いとは思うのですが、時間エネルギーの様なものがあるのでしょうか、また温度と時間の振るまいの違いは何なのでしょうか?

  • 真空の空間に温度はあるのでしょうか?

    気体の分子一つ確認できない。真空の空間ではその空間の温度を計測する事はできるのでしょうか? 原理的には絶対0℃になるのでしょうか? 実際の宇宙空間ではどうでしょうか? 実際の宇宙空間で、出来る限り電磁波や、放射線などを当たらない、かつ空間に存在する物質を排除したところで温度計を設置すると、何度くらいになるのでしょう。

  • 熱と温度の違い

    熱とは分子の運動であるということは理解していたのですが、温度も似たものだと考えていました。 しかし氷から水に変化している間は、熱は加えられているのに温度は上がっていません。 ということは熱と温度は違うものではないかという疑問がわいてきました どうか温度とは何か教えてください。