• 締切済み
  • 困ってます

「砂の器」について

「砂の器」について 松本清張の砂の器を図書館で借りました。 映画もドラマも見ていなかったので、あらすじも全く知らないまま手に取りました。 昭和との余りにものギャップに驚き、内容も大変面白かったのですが… 疑問点があります。 1、主人公は、たまたま目にした雑誌で「白い紙を電車から捨てている女」のコラムを読みますが この女が、犯人の協力者と思ったのはなぜでしょうか? いきなり「あいつが怪しい!」みたいな展開になって、「え?」と思いました…。 2、被害者(三木でしたっけ)の周辺を洗っている主人公、最終的に和賀を勤めますが 和賀の過去である、ハンセン病で放浪していた親子を突き止めようとしたのはなぜでしょう? 三木が助けた人々は、他にも大勢いましたよね。なぜこの親子がピンポイントだったんでしょう。 主人公がこの親子に対して、何か閃いた描写はなかった気がします(見落としかもしれませんが) 三木と親しかった算盤のおじさんに例の件を手紙で聞いてましたが、その際に他の方についても問うたんでしょうか? おじさんからの手紙が届いてから、いきなりハンセン病親子(というか父親)に話が動いたので、ここでも驚きました。 3、関川は微妙に訛っている?という設定、そして恋人(友人だったかも)から故郷はどんなところなのかを聞かれ、故郷の様子を語っているとその恋人(友人)が 「確か君は秋田出身だったよね」みたいなことを言い、それに対して彼は 「そういうことに『なっているね』」と意味深なことを言いますが これに意味はあったんでしょうか?ただの作者のカモフラージュですか? 1,2はやはりよくあるご都合主義というモノなんでしょうか。 主人公は藁1つ掴む思いで捜査をしていたから、どんな小さな情報でも掴みたかったといわれればそれまでですが…。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数338
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.3
  • kuusa
  • ベストアンサー率33% (2/6)

はい、ご都合主義なのでしょう^^; 私はかって高1の時に加藤剛主演の映画を見て大いに感動し、原作を読んで少しきょとん、となりました。原作はむしろハンセン病に対する差別への批判の痛烈さで大いに話題を呼んだということもその時に知りました。作者自身ももしかすると、その点と方言の分布圏の方に興味があってあれを書いたのかもしれません。作品としては映画の方が遙かに優れていると思います。これはやはり橋本忍、山田洋次、野村芳太郎、芥川也寸志という極めて強力な製作陣のお手柄でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ABAsan
  • ベストアンサー率56% (274/489)

 『砂の器』は清張としてはかなり杜撰で穴の多い作品で、出来としては決して良くなく、並の下くらいの作品だと思います。ご指摘の点も単なるご都合主義以外の意味はないでしょう。  ただ、この作品については映画の出来が大変に良かったため、これだけ穴があるにもかかわらず清張の代表作に祭り上げる人が大変に多いという不思議な作品です (^^;)。ただし、この作品のどこがいいのかを聞くと、たいてい映画の話しか返ってきませんけど (^^;)。「親子が二人きりで旅をする場面が感動的だった」などと、トンチンカンな回答が返ってきたりします。むろんそんなシーンは原作にはほぼありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • dondoko4
  • ベストアンサー率12% (1161/9670)

考えればおかしなことは他にもあります。 小説ばかりではない。テレビ映画の事件もの。ありっこないことが、こじ付けが。 面白くしないと読んでくれません。読者がいないと売れません。ということは、生活できないということになります。読者があっての小説。視聴者があってのドラマ。 一度、映画でも見ましょう。 「砂の器」初代俳優では加藤剛、森田健作、丹波哲夫、緒方拳。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 砂の器について

    松本清張の「砂の器」を見られた方に聞きたいです。あの映画を見て、どのような感想を持たれましたか?又、自分なら・・・・という意見を聞きたいです。 ハンセン病に対しての差別なども、どう思われますか?

  • 『砂の器』どうでした?

    原作未読、作品自体を初めて見た者です。 玉木宏さん主演の『砂の器』をかなり期待して見たんですけど、 初日途中から飽きてしまって全然楽しめないまま無理やり見ました。 『砂の器』ってなんか名作として有名ですよね。 以前新聞で読んだんですけど、 前回中居君が和賀役をやった『砂の器』はかなり評判が良く、 ドラマが終わった後も和賀の面影を探してドラマのHPを離れられない人や、 中居君をテレビで見ただけで泣けてくるという程の「和賀ファン急増」というのが取り上げられていました。 だから、「砂の器」というのはそんなに素晴らしい作品なのかと期待して今回見たんですけど、 イマイチのめり込めないまま終わったのは、 主役が指揮者和賀から刑事吉村に代わっていたからなのか? それとも犯人が誰か知ってしまっていたからなのか、 はたまた松本清張作品が私に合わないのか・・・。 「砂の器」をよく知っている他の方からみて、先日のこの作品はどうだったのでしょうか?

  • 砂の器の映画を観ました。

    先日東劇で「砂の器」を観ました。 中学1年のころに 映画館で観たのですが あれから30年くらい経ちましたが とても感動しました。 当時はまだ子供で映画の内容そのものを よく理解できなかったのですが 今回観て疑問に思った事があります。 ご覧になられた方 どう思いますか? 1.秀夫が三木謙一さんの元から逃げ出す時に 泣きながら逃げたのはなぜだと思いますか? あんなに優しくされたのに? 父親のところに行きたかったのか? 田舎に留まるのがイヤだったのか? 2.どうして理恵子さんに子供を産む事を 許さなかったのでしょう? 理恵子さんは自分ひとりで育てると言って ましたし、和賀さんに迷惑をかけることは ないと思います。 父親の病気のことを考えて もしかしたら田所さんと結婚されても 子供をつくるつもりがなかったのか? 松本清張さんはどのような考えだったのかなぁ? と思いながら映画館を後にしました。

  • 映画「砂の器」のタイトル

    野村芳太郎監督の「砂の器」がとても好きで、映画館やビデオで何度も見ました。特にセリフのない親子の巡礼シーンには毎回泣かされてしまいます。 ところでこの作品、僕には今ひとつタイトルの「砂の器」がピンときません。松本清張の原作を読んでいないせいかもしれませんが、この映画が好きな方、ご意見聞かせていただければ幸いです。

  • 松本清張は貧乏人が嫌い?

    本は読んでいませんが、「砂の器」や「黒革の手帳」、TVで見ました。 原作が良いとTVドラマも良い、と感心しまいした。 でも、ふと、引っかかったのですが、両作品とも主人公は幸薄い境遇から必死で這い上がり、やっと成功し栄光をつかんだけど、ひた隠しにした「過去」に足を引っ張られて、転落する、というストーリーです。 見ていませんが、「ゼロの焦点」も売春婦の過去を隠すために殺人を犯す、といった話のようです。 清張は、貧乏人が這い上がるのが嫌いなんですか? 「砂の器」は、古いバージョンの作品(映画?)も感動したし、TVドラマもよいと思います。 だけど、「貧乏人は這い上がるには、どんなことでもする」とか「不幸な育ちの人間は、つかんだ幸福を守るためには人をも殺す」みたいな、そんな底流があるんでは?と思ったら、 清張、なんかひどいんじゃない?とげっそりしました。 違うんでしょうか? 松本清張に詳しい方、ファンの方、TV見ただけの方、どなたでもご回答お願いします。

  • 「逃亡中の主人公」が出てくるお勧め小説を教えてください!

    こんにちは。 高村薫さんの「リヴィエラを撃て」、「李歐」や、東野圭吾さんの「白 夜行」、宮部みゆきさん「火車」 ..のような、「逃亡生活を続ける主 人公」、「過去や正体を隠して生きる主人公」が出てくる小説を探して います。 いつまで逃亡を続けるのか? 希望は??? そんなところに、何とも 言えない悲劇性や人間の強さ・愚かさ..を感じてしまうのです。 (交番に張ってある指名手配犯の写真を見るだけでも、ドキドキしてし まいます。リアル逃亡者ですから.. ) # 先日、10年前に神戸の某ホテルで暴力団幹部を射殺して逃亡、指名 # 手配を受けていた容疑者が、変わり果てた姿で遺体で発見された.. # というニュースを見ました。(持っていた通帳には2,000万の残額が..)  # このニュースを見たときも、この容疑者の10年間の逃亡生活の様を # 想像して何とも言えないドラマを感じてしまいました。  # 「ドラマ」なんて言うと不謹慎ですが..。 そんなおすすめの小説がありましたら、ぜひご紹介ください。フィクショ ン/ノン・フィクションは問いませんが、できれば国内の作家さんの作 品が良いです。 既読のモノを記しておきます。 ・上記の4作品   (どれも、面白くて印象的でした。) ・松本清張さん「砂の器」   (これも面白かったです。) ・高村薫さん「マークスの山」   (マークスは健常者ではないので..リアリティに欠けました。) ・福井晴敏さん「川の深さは」   (リアリティが無くドタバタ劇すぎてあまり好きじゃないです。) よろしくお願いいたします。

  • 貴方が選ぶ この一作 ( 邦画編 )

    銀座 方面 ( 晴海通り ) から 日比谷 先の地下道を抜け、 右手に皇居のお堀を眺めつつ 尚も車を走らせますと、その左手に 桜田門 ( 警視庁 )・・、直進すると 国会議事堂 という ロケーション に至ります。 頭の中に この映像が浮かぶのは、相当 東京 の道路事情に精通した方かと思われますが、 松本清張 原作の 同名小説を映画化した 作品に この場所が出て来きます、 名作として有名な 『 砂の器 』に於いて。 他にも 甲乙付け難い 個人的な名作邦画は 何作かありますが、 久し振りに観まして、やっぱり 名作だと思いました、性懲りもなく また泣きもした、勿論 ラスト30分・・回想シーンでの話ですが。 朝鮮 ・ 同和 ・ アイヌ ・ 沖縄 他 ・・ 、謂れの無い差別は 確実に存在しますが、それと同じく 癩病( = 現在の ハンセン病 )患者への差別・偏見も、大変残念ながら 存在したのです。 ところで さるお方が、映画が原作を越えた 稀有な例 と 表現しておられましたが ・・ 全く同感、本では 映画の立体感や リアリティは出せないですものね。 時代設定は 昭和 のど真ん中 ですが、 主演 丹波哲郎 さんの 白眉とも言える作品ではなかろうかと思います、個人的認識ですと 三船敏郎 さん辺りと並んで、演技力よりも 存在感で勝負する 大物俳優のお一人なのですが・・。 更に言うと、イケメンの大安売りの昨今とは違い、 真の2枚目 ・・ 「 和製ドロン 」 と呼ばれた 加藤剛さんが、本家本元の アラン・ドロン が 『 太陽がいっぱい 』 で演じた トム ・ リプレー とダブって見える作品でもある、若き美貌の男が 抱く野心という点に於いて。 以上 前振りが長くなりましたが、貴方が選ぶ 日本映画の最高峰をお教え下さい。 尚 色々と注文を付けて申し訳ないのですが、比較的古め 且つ有名どころの映画 、そして アニメ系 は抜きで御願いします、お礼が雑になってしまう可能性がありますので。

  • 砂の器

    今日見逃してしまいました・・・明日だとおもっていたのに・・・。凄くショックです。 なるべく詳しく教えてください。 お願いします・・・。

  • 砂の器の・・・

    22日放送の砂の器で、なぜ、陰陽師(2)が犯人に関係しているのですか?お分かりの方いらしたら、教えてください。よろしくお願いします。

  • 砂の器

    砂の器で和賀英良がひいていて、サントラ(?)にも なっているピアノ曲は、なんという曲名で誰の曲か 知ってる方教えてください!!(><)