• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

『砂の器』どうでした?

原作未読、作品自体を初めて見た者です。 玉木宏さん主演の『砂の器』をかなり期待して見たんですけど、 初日途中から飽きてしまって全然楽しめないまま無理やり見ました。 『砂の器』ってなんか名作として有名ですよね。 以前新聞で読んだんですけど、 前回中居君が和賀役をやった『砂の器』はかなり評判が良く、 ドラマが終わった後も和賀の面影を探してドラマのHPを離れられない人や、 中居君をテレビで見ただけで泣けてくるという程の「和賀ファン急増」というのが取り上げられていました。 だから、「砂の器」というのはそんなに素晴らしい作品なのかと期待して今回見たんですけど、 イマイチのめり込めないまま終わったのは、 主役が指揮者和賀から刑事吉村に代わっていたからなのか? それとも犯人が誰か知ってしまっていたからなのか、 はたまた松本清張作品が私に合わないのか・・・。 「砂の器」をよく知っている他の方からみて、先日のこの作品はどうだったのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数3659
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • qazwsx21
  • ベストアンサー率32% (1277/3919)

吉村刑事が主役となるのは今回がはじめてです。和賀が主役なのも中居君がはじめてです。もっとも、原作本の主役が誰かというと、今西刑事か和賀か、はっきりしないところがあると思います。これは、今西刑事対和賀の構図にした場合、1974年の映画を超えることができないという事情があるからでしょう。 感想を言えば、テレビはどちら(中居の和賀、玉木の吉村)も原作から離れてしまったドラマになっていて、それでも、人の宿命という点では中居君の方が描かれていたと思います。今回は、和賀が作曲家になる前の部分と彼の心の動きや闇の部分の描写が少なかったと思います。また、遍路に出る原因が、原作本をそのまま描くことは不可能なので、納得が行かない面があります。 まあ、平成の砂の器はこんなものかなと思います。 中居君のときは、主題歌がドリカムの「やさしいキスをして」で、毎回ジーンと来ました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございます。 本来、和賀が主役だと思ってましたが、中居君のドラマや原作、映画との違いがよくわかりました。 作り手にとって、ずいぶん製作意欲を掻き立てられる作品のようですね。 今回のは全体的に心理描写は少なかったですね。 だからふに落ちない点がいろいろ出てきたのかもしれません。 犯人を知ってしまったらもう楽しめない作品かなと思ったら、 映画の口コミサイトを見ると推理ドラマとしてではなく、 重厚な人間ドラマとして多くの方に絶賛されているようですね。 私も熱い人間ドラマ、見てみたいです。 元々重い話は苦手なので原作はちょっと手に取る気になれないんですが、 映画、中居君のドラマと見比べてみたくなりました。 ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

脇役である吉村刑事を主役にもってきたのは許せるとして(彼と和賀を空襲により生き延びた同胞みたいな描き方はちょっと無理矢理感ありですが)、もう少し和賀の描き方をやって欲しかったです。 また「のだめカンタービレ」で名指揮者役を演じた玉木さんとどうしても比べてしまい少し残念感もありました。 原作の出来が見事なのと、映画の出来が良いため、それを超えるのは至難の技というのはわかっているのですが。 ところで中居くんのドラマ、そんなに好評だったのでしょうか? 彼のファンだけなのでは? 確か残念な感じでみていましたから。 (脇の方が良かったですが) 映画を見られることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 和賀の描写は少なかったですね~。 そこがただの推理ドラマになってしまった所以ですかね。 映画の出来がいいと聞いて、今口コミ評価サイトを見てみたら すごく評価が高くてびっくりしました。 しかも脚本が山田洋次さんと橋本忍さんなんですね。 見てみたくなりました。 中居君のドラマはほんとに評判だったらしくて、 その記事で紹介されていた女性たちは(主に女性ファンが多かったそうです) 特にスマップのファンでも中居君のファンでもなかったと書いてありました。 なんか女心をくすぐるものが中居君の和賀にはあったらしいです。 再放送したら是非これもみてみたいです。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

pupPeteer119さんの回答の通りだと思います。 今度の作品では松本清張さんが泣いています。 原作で伝えたかったことが消えてしまっています。 残念です!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 やはりハンセン病の差別を扱っているところが、この作品の重厚感に繋がってると捉えられるのですね。 そういえば、あまりドラマで差別を扱っているものは見ませんね。 原作を読んだ人にしかわからない素晴らしさが原作にはあるようですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

本を40年以上前に読みました。 加藤剛が犯人になった分もずいぶん前に見ました。中居さんの分は知りませんでした。 私の個人的な感想では「十分楽しかった」となります。感動しました。 現在の民主警察と違って当時の警察はずいぶん怖かったんだな~と思いました。 多少、おかしなところはありましたが、所詮ドラマなんですから楽しめりゃいいんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 原作を読んだ方でも楽しめたんですね。 原作は40年以上も前なんですか。 参考になりました。ありがとうございます。

  • 回答No.1

原作では時代背景をベースとした暗さ、ハンセン氏病という病気に対して実際に行なわれてきた差別が重く渦巻いていて、犯人はもうどうしようもなく『そうするしかなかった』、という悲劇性を読者に強く訴え掛けてきます。 今回のドラマでは差別的なものに蓋をして、父親が無実の殺人容疑を掛けられた事でお遍路をして逃げ回っていたなどという安易な逃げでお茶を濁してしまったことで、犯人が犯行に及んでしまった心理的背景を物凄く薄っぺらなものにしてしまい、これが原因でストーリーの重厚さが失われてしまいました。 この脚本ではどんな役者を揃えても、役者さん達がどんなに頑張っても良い作品にはなりません。 それでも良い役者さん達が揃っていたので、彼らの頑張りにより大失敗というまでには至らなかったんじゃないかと思います。 結局、あの脚本とそれを採用したプロデューサーがどうしようもなく使えない人だった、ということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 原作はもっと重い作品なんですね。 犯行の動機は確かに薄く見えましたね。 差別的な背景に蓋をしたせいで、 よくある普通の刑事モノになっちゃったんですね。 曲調の変化に和賀犯人説を直感したり、なんか閃きの一つ一つが随分安直にも見えましたが、脚本の描写が甘かったんですかね。 でも、役者さんたちは好きな人達でした。 「砂の器」に詳しい人からの感想、大変参考になりました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 砂の器

    東北大震災の特番の都合で、 延期になっている玉木宏主演の「砂の器」のドラマはいつ頃放送する予定ですか? 丁度地震当日に明日から二夜連続で放送する事を玉木宏さんが、朝の情報番組で番宣をしていました。 楽しみにしていましたので、是非知りたいです。

  • 何度見ても 泣ける ドラマ、映画‥。

    何度見ても 泣ける ドラマ、映画はありますか? 私は『砂の器』です。丹波哲郎さん、中居君、玉木宏さんの作品を何度見ても、内容を知っているのに泣けます‥。 あ、篤姫も‥。 戦場のピアニストも何度見ても泣けます。シンドラーのリストも‥。キリがないのでこの辺で‥。 あなたにはありますか‥?まだ見ていない作品があれば是非見たいので 教えて下さい‥。

  • 砂の器・和賀のサングラスは?

    TBSドラマ「砂の器」で 和賀(中居)がしているサングラスは どこのメーカーのモノなんでしょうか?

  • 松本清張の「砂の器」って何を表していますか?

    松本清張の「砂の器」という小説があります。 未読で、ドラマと映画しか観たことありません。 この題名の「砂の器」は何を表しているのでしょうか? まぼろしの器、もろい器とかいう意味だとおもうのですが、 「器」が何なのかわかりません。 よろしくお願いします。

  • 映画「砂の器」のタイトル

    野村芳太郎監督の「砂の器」がとても好きで、映画館やビデオで何度も見ました。特にセリフのない親子の巡礼シーンには毎回泣かされてしまいます。 ところでこの作品、僕には今ひとつタイトルの「砂の器」がピンときません。松本清張の原作を読んでいないせいかもしれませんが、この映画が好きな方、ご意見聞かせていただければ幸いです。

  • ドラマ「砂の器」について

    昨年やっていた中居正広さん主演のドラマ「砂の器」についてなんですが、 (1)和賀英りょう(でしたっけ?中居さんの役名…)って本名じゃなくて本当は何て名前でしたっけ? (2)お父さんと少年が逃亡(?)するっていうシーンがありましたよねぇ?アレってどうして逃亡することになったんでしたっけ?どこまで逃亡する予定でしたっけ? (3)「かめだ」って何のキーワードでしたっけ? (1)~(3)、一つでもいいので教えて下さいm(__)m いっぱい質問してすみませんッm(__)m

  • 映画、砂の器で「順風満帆」

    映画、砂の器で「順風満帆(じゅんぷうまんぱん)」を「じゅんぷうまんぽ」と詠んでいる俳優(警察のお偉い方役)が居ました。松本清張の作品ですし、これだけの俳優を揃えた日本でも屈指の作品だと思われます。なのに、注意する人は居なかったのでしょうか? この一言でさめてしまいました。

  • 「砂の器」について

    「砂の器」について 松本清張の砂の器を図書館で借りました。 映画もドラマも見ていなかったので、あらすじも全く知らないまま手に取りました。 昭和との余りにものギャップに驚き、内容も大変面白かったのですが… 疑問点があります。 1、主人公は、たまたま目にした雑誌で「白い紙を電車から捨てている女」のコラムを読みますが この女が、犯人の協力者と思ったのはなぜでしょうか? いきなり「あいつが怪しい!」みたいな展開になって、「え?」と思いました…。 2、被害者(三木でしたっけ)の周辺を洗っている主人公、最終的に和賀を勤めますが 和賀の過去である、ハンセン病で放浪していた親子を突き止めようとしたのはなぜでしょう? 三木が助けた人々は、他にも大勢いましたよね。なぜこの親子がピンポイントだったんでしょう。 主人公がこの親子に対して、何か閃いた描写はなかった気がします(見落としかもしれませんが) 三木と親しかった算盤のおじさんに例の件を手紙で聞いてましたが、その際に他の方についても問うたんでしょうか? おじさんからの手紙が届いてから、いきなりハンセン病親子(というか父親)に話が動いたので、ここでも驚きました。 3、関川は微妙に訛っている?という設定、そして恋人(友人だったかも)から故郷はどんなところなのかを聞かれ、故郷の様子を語っているとその恋人(友人)が 「確か君は秋田出身だったよね」みたいなことを言い、それに対して彼は 「そういうことに『なっているね』」と意味深なことを言いますが これに意味はあったんでしょうか?ただの作者のカモフラージュですか? 1,2はやはりよくあるご都合主義というモノなんでしょうか。 主人公は藁1つ掴む思いで捜査をしていたから、どんな小さな情報でも掴みたかったといわれればそれまでですが…。

  • 砂の器の映画を観ました。

    先日東劇で「砂の器」を観ました。 中学1年のころに 映画館で観たのですが あれから30年くらい経ちましたが とても感動しました。 当時はまだ子供で映画の内容そのものを よく理解できなかったのですが 今回観て疑問に思った事があります。 ご覧になられた方 どう思いますか? 1.秀夫が三木謙一さんの元から逃げ出す時に 泣きながら逃げたのはなぜだと思いますか? あんなに優しくされたのに? 父親のところに行きたかったのか? 田舎に留まるのがイヤだったのか? 2.どうして理恵子さんに子供を産む事を 許さなかったのでしょう? 理恵子さんは自分ひとりで育てると言って ましたし、和賀さんに迷惑をかけることは ないと思います。 父親の病気のことを考えて もしかしたら田所さんと結婚されても 子供をつくるつもりがなかったのか? 松本清張さんはどのような考えだったのかなぁ? と思いながら映画館を後にしました。

  • 松本清張さんの小説について

    松本清張さんの小説で読みやすいと思う小説は何ですか? 自分は、「砂の器」「ゼロの焦点」「点と線」を読んでみましたが、その中では「砂の器」が比較的読みやすかったと思っています。他にも色々読んでみたいと思うので、出来ましたら、清張さんの作品を色々読んだことのある方に教えていただけたらうれしいです。