• 締切済み
  • すぐに回答を!

砂の器について

松本清張の「砂の器」を見られた方に聞きたいです。あの映画を見て、どのような感想を持たれましたか?又、自分なら・・・・という意見を聞きたいです。 ハンセン病に対しての差別なども、どう思われますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数327
  • ありがとう数12

みんなの回答

  • 回答No.3

私が初めてこの映画を見たのは、20年程前にテレビで放映があったときでした。 当時ハンセン病のことやそれに対する差別の厳しさなど、全く予備知識なく見たため、殺人の動機として親の病気が原因だと言うことは薄いのではと思いましたが、最近のハンセン病訴訟の報道や関連書籍を読み改めて、差別の厳しさや主人公の胸のうちが察せられ納得したしだいです。今まで映画館やビデオで7~8回はこの映画を見ましたが、そのたびに涙があふれてきます。 この映画は野村芳太郎監督の作品の中で最高傑作だと思いますし、日本映画の中では一番好きな作品です。 今年2月21日にDVDが出ると聞きましたので早速購入するYつもりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

’砂の器’は邦画の名作と言っていいと思います。人間の宿命をここまで描いた作品はないと思います。作品の中での主人公の傲慢さの中にある親子の情愛は他人には推し量ることの出来ないものを感じました。ハンセン病に関しても以前は’らい病’と呼ばれる不死の病だったそうです。今でもインドのような国では残っているようですが。 改めて感想。親子の血のつながりは一生消えない。但し今の世の中のように乾燥化してしまっていると(親が子を殺傷する等)それも薄れつつあることに危機感さえ感じる。この映画を改めて1人でも多く見てもらいたい。 *テレビの映画では今まで’心臓病’と言う内容で作成されていた。ここにきて’ハンセン病’への理解が必要であると実感しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。確かに親子の愛情、血のつながりはすごいものだと思いました。以前に「生きる」という黒沢監督の映画も感動しましたが、改めて、この映画によっても自分の人生を考え直したいと思いました。

  • 回答No.1
  • anshi
  • ベストアンサー率25% (32/124)

あなたはどのような感想を持たれたのですか? あなたならどうしますか? あなたはハンセン病に対しての差別をどう思われますか? このような質問の場合、まずご自分の意見を提示された方が良いと思います。 失礼ながら、感想文を書くための質問かな、と思いましたので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 松本清張の「砂の器」って何を表していますか?

    松本清張の「砂の器」という小説があります。 未読で、ドラマと映画しか観たことありません。 この題名の「砂の器」は何を表しているのでしょうか? まぼろしの器、もろい器とかいう意味だとおもうのですが、 「器」が何なのかわかりません。 よろしくお願いします。

  • 映画「砂の器」のタイトル

    野村芳太郎監督の「砂の器」がとても好きで、映画館やビデオで何度も見ました。特にセリフのない親子の巡礼シーンには毎回泣かされてしまいます。 ところでこの作品、僕には今ひとつタイトルの「砂の器」がピンときません。松本清張の原作を読んでいないせいかもしれませんが、この映画が好きな方、ご意見聞かせていただければ幸いです。

  • 映画、砂の器で「順風満帆」

    映画、砂の器で「順風満帆(じゅんぷうまんぱん)」を「じゅんぷうまんぽ」と詠んでいる俳優(警察のお偉い方役)が居ました。松本清張の作品ですし、これだけの俳優を揃えた日本でも屈指の作品だと思われます。なのに、注意する人は居なかったのでしょうか? この一言でさめてしまいました。

  • 松本清張さんの小説について

    松本清張さんの小説で読みやすいと思う小説は何ですか? 自分は、「砂の器」「ゼロの焦点」「点と線」を読んでみましたが、その中では「砂の器」が比較的読みやすかったと思っています。他にも色々読んでみたいと思うので、出来ましたら、清張さんの作品を色々読んだことのある方に教えていただけたらうれしいです。

  • 砂の器の映画を観ました。

    先日東劇で「砂の器」を観ました。 中学1年のころに 映画館で観たのですが あれから30年くらい経ちましたが とても感動しました。 当時はまだ子供で映画の内容そのものを よく理解できなかったのですが 今回観て疑問に思った事があります。 ご覧になられた方 どう思いますか? 1.秀夫が三木謙一さんの元から逃げ出す時に 泣きながら逃げたのはなぜだと思いますか? あんなに優しくされたのに? 父親のところに行きたかったのか? 田舎に留まるのがイヤだったのか? 2.どうして理恵子さんに子供を産む事を 許さなかったのでしょう? 理恵子さんは自分ひとりで育てると言って ましたし、和賀さんに迷惑をかけることは ないと思います。 父親の病気のことを考えて もしかしたら田所さんと結婚されても 子供をつくるつもりがなかったのか? 松本清張さんはどのような考えだったのかなぁ? と思いながら映画館を後にしました。

  • 「砂の器」について

    「砂の器」について 松本清張の砂の器を図書館で借りました。 映画もドラマも見ていなかったので、あらすじも全く知らないまま手に取りました。 昭和との余りにものギャップに驚き、内容も大変面白かったのですが… 疑問点があります。 1、主人公は、たまたま目にした雑誌で「白い紙を電車から捨てている女」のコラムを読みますが この女が、犯人の協力者と思ったのはなぜでしょうか? いきなり「あいつが怪しい!」みたいな展開になって、「え?」と思いました…。 2、被害者(三木でしたっけ)の周辺を洗っている主人公、最終的に和賀を勤めますが 和賀の過去である、ハンセン病で放浪していた親子を突き止めようとしたのはなぜでしょう? 三木が助けた人々は、他にも大勢いましたよね。なぜこの親子がピンポイントだったんでしょう。 主人公がこの親子に対して、何か閃いた描写はなかった気がします(見落としかもしれませんが) 三木と親しかった算盤のおじさんに例の件を手紙で聞いてましたが、その際に他の方についても問うたんでしょうか? おじさんからの手紙が届いてから、いきなりハンセン病親子(というか父親)に話が動いたので、ここでも驚きました。 3、関川は微妙に訛っている?という設定、そして恋人(友人だったかも)から故郷はどんなところなのかを聞かれ、故郷の様子を語っているとその恋人(友人)が 「確か君は秋田出身だったよね」みたいなことを言い、それに対して彼は 「そういうことに『なっているね』」と意味深なことを言いますが これに意味はあったんでしょうか?ただの作者のカモフラージュですか? 1,2はやはりよくあるご都合主義というモノなんでしょうか。 主人公は藁1つ掴む思いで捜査をしていたから、どんな小さな情報でも掴みたかったといわれればそれまでですが…。

  • 『砂の器』どうでした?

    原作未読、作品自体を初めて見た者です。 玉木宏さん主演の『砂の器』をかなり期待して見たんですけど、 初日途中から飽きてしまって全然楽しめないまま無理やり見ました。 『砂の器』ってなんか名作として有名ですよね。 以前新聞で読んだんですけど、 前回中居君が和賀役をやった『砂の器』はかなり評判が良く、 ドラマが終わった後も和賀の面影を探してドラマのHPを離れられない人や、 中居君をテレビで見ただけで泣けてくるという程の「和賀ファン急増」というのが取り上げられていました。 だから、「砂の器」というのはそんなに素晴らしい作品なのかと期待して今回見たんですけど、 イマイチのめり込めないまま終わったのは、 主役が指揮者和賀から刑事吉村に代わっていたからなのか? それとも犯人が誰か知ってしまっていたからなのか、 はたまた松本清張作品が私に合わないのか・・・。 「砂の器」をよく知っている他の方からみて、先日のこの作品はどうだったのでしょうか?

  • 「最後の挨拶」

    こんにちは 別に退会しましょうとの質問でもなく これは殆どの方はご存知か?と思いますが シャーロック・ホームズの小説のタイトルです 私はシャーロキアンと言うほどの熱烈なフアンでもありませんが 子供の頃から推理小説が好きで良く読んでおりました 質問は子供の頃から現在に至るまで 面白いと思った推理小説はありますか? 私の事で恐縮なのですが 一時、松本清張さんの所謂、社会派推理小説に嵌まった時期がありますが 「点と線」などはタイムラグを書いて松本さんの傑作でしょう これも同じく松本清張さんで「砂の器」、 人間の業を書いて見事なものですが、ただこれは映画化のほうが素晴らしい まつわる映画の話しでも構いません 海外、国内は問いません お話したいと思います よろしくお願いいたします

  • 松本清張

    松本清張のおすすめの本を教えてください。 最近【黒革の手帳】や【けものみち】でドラマ化されていますよね。 今まで松本清張は読んだ事がなかったのですがすごく興味がわいてきました! 松本清張さんはたくさんの作品があるので迷ってしまいます。この本が面白かったよ~^^ってご意見お待ちしています♪

  • 松本 清張著の『砂の器』について

     カテゴリーはここが適切だったのかは分かりませんが、よろしくお願いします。DVDを借りて、中居 正広主演のドラマ『砂の器』を全部見ました。この話は、私は「ハンセン病」をキーワードにした作品だと思っていたのですが、全部見て、思い出しても、どこにもそのキーワードが出なかった気がするのですが、私の勘違いなのでしょうか?「差別」と「村八部」というキーワードはあったのですが、「ハンセン病」のキーワードが私の中で拾えませんでした。何話目のこの辺りであったと覚えている方がおられましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。  原作(本)を図書館で適当にページをめくって見ましたが、ドラマと中身が大分違っているような気がしました。昔、映画でも放映されていたそうですが、やはり、ドラマとは話が少し違いますか?「ハンセン病」という差別が実際にあり、放映にあたって、当事者の方々の反対もあったと聞いたことがあるのですが、その辺りのことも詳しく教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。