• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

砂の器の・・・

22日放送の砂の器で、なぜ、陰陽師(2)が犯人に関係しているのですか?お分かりの方いらしたら、教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数110
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 前回の放送はご覧になられていませんか? そうであれば、公式サイトのあらすじ#5の最後の方もご覧になってみてください。 (ネタバレになっちゃいますかね?) 今西刑事が伊勢で映画館に行きます。三木さんがその映画館に行った時に上映されていたのが陰陽師2でした。 それで、2度も来たのだから三木さんとその映画に関連があると考えたのでしょう。実際には関係していません。 あらすじにあるとおり、田所代議士の写真が重要なのですが、刑事はそれに気がついていません。 説明が下手ですが、こんなところでわかりますでしょうか?

参考URL:
http://www.tbs.co.jp/utsuwa/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。 そうでしたね。いわれて思い出しました。おかげで、もやもやがすっきりし、ぐっすり眠ることができそうです。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 『砂の器』どうでした?

    原作未読、作品自体を初めて見た者です。 玉木宏さん主演の『砂の器』をかなり期待して見たんですけど、 初日途中から飽きてしまって全然楽しめないまま無理やり見ました。 『砂の器』ってなんか名作として有名ですよね。 以前新聞で読んだんですけど、 前回中居君が和賀役をやった『砂の器』はかなり評判が良く、 ドラマが終わった後も和賀の面影を探してドラマのHPを離れられない人や、 中居君をテレビで見ただけで泣けてくるという程の「和賀ファン急増」というのが取り上げられていました。 だから、「砂の器」というのはそんなに素晴らしい作品なのかと期待して今回見たんですけど、 イマイチのめり込めないまま終わったのは、 主役が指揮者和賀から刑事吉村に代わっていたからなのか? それとも犯人が誰か知ってしまっていたからなのか、 はたまた松本清張作品が私に合わないのか・・・。 「砂の器」をよく知っている他の方からみて、先日のこの作品はどうだったのでしょうか?

  • 砂の器

    東北大震災の特番の都合で、 延期になっている玉木宏主演の「砂の器」のドラマはいつ頃放送する予定ですか? 丁度地震当日に明日から二夜連続で放送する事を玉木宏さんが、朝の情報番組で番宣をしていました。 楽しみにしていましたので、是非知りたいです。

  • 砂の器、15日の放送について

    15日に放送された砂の器を見逃してしまったのですが、誰か内容を教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします

  • 「砂の器」を見て。

    よろしくお願いします。 昨日「砂の器」という映画を見ました。 何年も前に、友人から「とても泣ける映画」と聞き、ずーっと見たいと思っていて、ついに入手できたのです。*^^* ですが、見てみると、さほど泣ける映画でもありませんでした。それというのも、いくつかの疑問があったせいだと思うのです・・・。 犯人が被害者を殺す動機がイマイチ弱いような気がします。 被害者が、いわゆる「普通の人」ならともかく、全編を通して、とても「できた人間」ですよね? あと「父」に会わない理由もイマイチ・・・とても会いたいはずなのに・・・。 ハンセン氏病の父がいることを世間に知られてはマズイのか? 大成功目前でスキャンダルを起こしたくないのか? 自分が戸籍を改ざんしていること明るみにでるのががマズイのか? この映画は「親子の愛」がテーマのようですが・・・。 それならば、父親に会うのが普通でしょう? 実の父親が、成功して立派になっている息子に「こんな病気の自分が会ってはいけない」と思うのは、まだ理解できます。 原作を読めば分かるのでしょうか? あと時代背景が若い者には分かりづらいせいもあるのかもしれませんが・・・。 皆さん「砂の器」の感想や解釈をお聞かせください。

  • 砂の器から学んだことは?

    古いネタでごめんなさい笑 昨日最終章を見終わりました。 見終わった感想は、人生は不条理だ。。ということです。 なんだかとても悲しくなりました。 皆さんは何を学びましたか? 感想でも良いのでお聞かせください。 ちなみに監督のインタビューには以下のような記述があります。 砂の器」の放送を終えての感想―― 今の日本は、多くを望まなければ大体の人が幸せに暮らせるような条件が揃っているように見えて実はそうじゃないんじゃないか、現に人々の顔はそんなに幸せそうに見えないのは何故かっていう気持ちが僕の中に常々あったのがこの作品を立ち上げるきかっけでした。「砂の器」という作品を現代版に置き換えた時、人間の背負っている宿命にスポットを当てる事によって「宿命を受け入れさえすれば、こころ穏やかに生きれるかもしれない」という事を考えるきっかけを作りたかったんです。 このドラマの場合、主人公は宿命を受け容れる時にはすでに取り返しのつかない行為をしてしまって逮捕されてしまいますよね。 結局人生は自分の思うようにはいかず運命のなすがままだということでしょうか?

  • 陰陽師とはなれるものなのですか?

    どこで聞いて良いのか分からなかったので、ここで質問させていただきます。間違えていたらすみません。 本題です。ある友人が、「陰陽師になりたかったけど、歴史が出来ないからなるのをやめた。」と言っていました。もちろん職業として、選ぶということです。実際陰陽師というものは、言い方は変ですが、誰でもなれるものなのでしょうか。陰陽師の一族でないとなれないとかはあるのでしょうか? また、陰陽師は占いやお祓い以外にどういうことをする人なのでしょうか。 もし、知っている方いらっしゃいましたら、教えてください。 長々と失礼しました。

  • 陰陽師の修行について

    今創作で陰陽師についてのストーリーを組み立てているのですが、主人公が陰陽師で、様々な事件を解決していくというありきたり~なものです^^; しかし、ふとそういった関連のお話を書こうと思うと結構な知識が必要になってきますよね。 今のところ、陰陽師の職業についての知識は独学で勉強中なのですが(暦や祈祷など)、実際には陰陽師に至るまでの修行はどういったことをするのか、というのがなかなか見つかりません・・・(あまり口外してはいけないことだからなのでしょうか?) もし陰陽師になるための修行法などをご存知の方がいらっしゃればぜひ教えてください。また、陰陽師になるにあたっての素質など、必要な要素などありましたらそちらもよろしくお願いします。 (失礼ですが、現在少し丸いものの余裕が無いので、本の購入などの紹介はご遠慮ねがいます。)

  • 現在でも陰陽師はいますか?陰陽道ならともかく

    最近そのかたはTVで見かけないのですが、ネットだは、正当陰陽師と書いておられます。 たいしか陰陽師は律令制廃止とともに陰陽寮も廃止でその役職が無くなり正当陰陽師はいなくなったと聞きますが。

  • アンビリーバボーの陰陽師

    先日、再放送をやっていた陰陽師の事なんですが、 何故、「般若心経」や「不動明王大呪(?)」を唱えていたのでしょうか? それって、仏教じゃ?? 詳しい人、いますでしょうか?

  • 「砂の器」について

    「砂の器」について 松本清張の砂の器を図書館で借りました。 映画もドラマも見ていなかったので、あらすじも全く知らないまま手に取りました。 昭和との余りにものギャップに驚き、内容も大変面白かったのですが… 疑問点があります。 1、主人公は、たまたま目にした雑誌で「白い紙を電車から捨てている女」のコラムを読みますが この女が、犯人の協力者と思ったのはなぜでしょうか? いきなり「あいつが怪しい!」みたいな展開になって、「え?」と思いました…。 2、被害者(三木でしたっけ)の周辺を洗っている主人公、最終的に和賀を勤めますが 和賀の過去である、ハンセン病で放浪していた親子を突き止めようとしたのはなぜでしょう? 三木が助けた人々は、他にも大勢いましたよね。なぜこの親子がピンポイントだったんでしょう。 主人公がこの親子に対して、何か閃いた描写はなかった気がします(見落としかもしれませんが) 三木と親しかった算盤のおじさんに例の件を手紙で聞いてましたが、その際に他の方についても問うたんでしょうか? おじさんからの手紙が届いてから、いきなりハンセン病親子(というか父親)に話が動いたので、ここでも驚きました。 3、関川は微妙に訛っている?という設定、そして恋人(友人だったかも)から故郷はどんなところなのかを聞かれ、故郷の様子を語っているとその恋人(友人)が 「確か君は秋田出身だったよね」みたいなことを言い、それに対して彼は 「そういうことに『なっているね』」と意味深なことを言いますが これに意味はあったんでしょうか?ただの作者のカモフラージュですか? 1,2はやはりよくあるご都合主義というモノなんでしょうか。 主人公は藁1つ掴む思いで捜査をしていたから、どんな小さな情報でも掴みたかったといわれればそれまでですが…。