• ベストアンサー
  • 困ってます

秘密保持契約を結んでくれません。

はじめまして。困っていますので、アドバイスを頂ければ助かります。 昨年より、弊社でとある案件の取引のための企業を探し、複数社様と秘密保持契約書を取り交わした上で、案件に関する秘密情報を含む情報を開示し、入札へ向け話を詰めていました。 その中には、厳格な法務部をお持ちなのか、あらかじめお渡しした弊社ひな型の秘密保持契約書がなかなか出てこず、限られた期間で話を詰めなければいけなかったこともあり、印の押されていない状態のまま、情報を開示し続けていたところもありました。 その会社がその後、契約書を出さないまま、案件を降りたいと伝えてきました。降りたとしても、秘密情報を開示したことには変わりはないので、なんにせよ秘密保持契約は出して下さいと話をしているのですが、話が前に進みません。 営業さんはあくまで「契約書は提出する」という方向ではあるものの、自分のハンコではダメかとか、こう文言を変えてくれないかとか、こちらからするとダラダラ時間稼ぎのように「提案」を小出しにされて、こちらも自部の判断だけではできないので法務にいちいち確認するので膨大なリソースが裂かれています。 しかも、今週になってから、「やっぱり契約書は結べない」と、その営業が書いた議事録を「これで検討してくれ」と送ってきました。しかし、弊社の法務も厳格なので、「各社同一フォーマットで締結すべし」という姿勢です。 上司は「自分でなんとかしろ」と言うし、お手上げです。こんなにこじれるなら、今思えば、印の押されていない状況で、秘密情報を開示すべきでなかったと後悔しきりです。うまく秘密保持を約束してもらうには、どうすればいいのでしょうか。アドバイスをお願いいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

相手から言われたことを一つ一つ法務に上げるのではなく、 ある程度の受け答えを聞いておくべきです。 それと、相手と直接会うときは、法務担当に同席願う。 それでも駄目なら弁護士ですね。 秘密保持契約を結んでからという意味を深く考えるべきでした。 また、秘密情報の開示の判断が質問者様である場合、場合によっては背任行為とされる可能性もあります(職務権限を持っていない場合)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 自部門で判断をした上で、理由と共に法務へアドバイスを乞うようにはしています。社会人一年目で、法律・契約への知識が乏しく、結果的にはほとんどそのまま法務へ上げる形になってしまいますが。。 契約の話をする場に法務担当者に同席頂くというのが、解決が早そうですね。ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

相手方法務・契約事務担当の方へ 貴社法務関連の方から直に 電話を入れてもらうのも できるんじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 お礼が遅れ申し訳ありません。 やはり法務の専門同士で、解決するのが早そうですね。

  • 回答No.3
  • toka
  • ベストアンサー率51% (870/1689)

 なるほど。  双方の会社ともこれだけしっかりした法務部門とコンプライアンスがあるのですから、本来、契約書に印をもらわない限り秘密情報の開示を行うべきではなかったのです。  つまり、非常に申し上げにくいのですが、「限られた期間で話を詰めなければいけなかった」とはいえ、契約の締結されていない状況で話を進めたことは、あなた自身の過失ということになります。  事情はわかります。わかるのですが客観的に見ると、そうとしか説明がつきません。  上司の「自分でなんとかしろ」を言葉通りにとれば、自分の非を認め、経緯を記載した上で「今後こういったことは行いません」という謝罪をこめた顛末書(始末書)を提出し、上司なり法務の判断を仰ぐのが、まずは筋でしょう。  伺う限り、御社はきっちりした手続で動いている会社です。責任の所在を明確にした書式通りの文書が出れば、上司も法務も(文書による注意か譴責程度の処分はあるかも知れませんが)ちゃんと動いてくれます。  いずれにしろ、もう進まなくなった案件に工数をかけるのは、あなたの今後のためにも決してプラスではありません。謝りましょう。謝ってでもけりをつけ、次の案件に向かいましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 言い訳と捉えられるでしょうが、確かに社会人一年目で、先方に「次回持ってくる」「出す方向で調整中」「来週には出せる」と言われていたのを信じて、鵜呑みにしてしまったのが甘かったと反省しています。 上司は「始末書よりも、秘密保持を約束してもらうことを優先しろ」というスタンスですので、まだこの案件はon goingです。 先日、契約書の形でなくても秘密保持を約束してもらう方法はあるという話を耳にしたので、その方向でもう少しがんばります。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

法務担当、契約事務担当にお話をされてはいかがですか? 言動が変わるというのは個人的問題があるのでしょうかね。 とりあえず 適切な判断のできる方と面会なさったらいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 相手の営業さんも、「次回持ってきます」「出す方向で進めています」とは言いつつも、来訪した時には「やっぱり出せない」という答えを持ってくるのみだったりするので、個人的問題もあるのかも知れません。 次回契約の話をするときは、法務担当者に同席依頼することにします。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 秘密保持契約

    秘密保持契約について質問です。中小企業の物で非常に困っております。 秘密保持契約を3社間で締結しようと考えているのですが、2者間の契約を単純に3社(甲、乙、丙)に変えるだけで足りるのでしょうか。 甲から乙に開示された情報を乙が丙に開示することに対するケア等はどのようにしたら良いのでしょうか。

  • 秘密保持契約について

    出願間もない出願書類を先方に見せるのですが、その時に秘密保持契約をお願いするつもりですが、秘密保持契約のひな形などはあるのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 秘密保持に関して

    こんにちは、秘密保持に関して聞きたいです。 弊社が取引先であるA社と業務上の関係で、A社の取引先B社を知って、弊社がB社に対して営業することなど一切できないですか?営業すると、秘密保持に関する不正競争防止法に違反するですか。 このB社に対する営業を防止するため、A社から“秘密保持契約書”が契約しろうの要請がありますが、拒否することができますか。できるならどういう理由で拒否できるでしょうか。 すみませんが、ご教授いただけますか。

  • 秘密保持契約書の雛形教えてください。

    秘密保持契約書の一般的な雛形を 教えてください。 特に3者間のものを知りたいと 思っています。 お願い致します。

  • 秘密保持契約の範囲について教えてください

    ある代理店とソフトウェア開発案件の受注に先立ち、秘密保持の覚書を結びました。 その代理店の方と打ち合わせを続け、その会社が受注ということになり、その後、支払いについてのお話へ移行しました。 しかし、支払いについて話が難航し、開発案件を期間内に開発するリミットが近づいていたため、顧客へ連絡しました。 仕様書も固まっていなかったこともあり、支払いについて討論している場合ではないという意識がありました。 がっ、顧客は弊社が受注することを知らず、その代理店とは再受注をしてはならない契約を結んでおりました。 その開発業者も顧客と代理店の契約は知りませんでした。 この場合、代理店と開発業者が結んだ覚書の「第三者には情報をもらしてはいけない」という項目は、顧客も含まれるのでしょうか?

  • 秘密保持契約

    秘密保持契約のことで質問です。 A社(開示者)とB社(受領者)の秘密保持契約に、C社にも情報開示する旨の規定を入れる場合のことです。 「B社は本契約で自己が課された義務と同様の義務をC社にも課すものとする。C社が義務に違反した場合は”B社は連帯して責任を負う”」とした場合と、”B社は連帯して責任を負う”の文言が無い場合はA社・B社・C社の関係にどのような差が生まれるのでしょうか。

  • 機密保持契約書の【秘密情報の不保証】

    機密保持契約書に以下の規定がされております。 【秘密情報の不保証】 甲及び乙は、本契約に基づき開示した秘密情報により 相手方が被る損害について一切の責任を負わないものとする。 「開示した情報により被る損害」というのは、例えばどのような損害があるでしょうか。 こちらの規定の意図がわからず、質問させていただきます。

  • コンサルファームとの秘密保持契約について

    当社(以下、甲と表記)は、A社の業務システムを導入したものの、不具合や保守対応が悪いため、当該業務システムを他社システムへ乗り換えを検討しております。その際、コンサルとしてB社の力を借り、新たにシステムベンダを決めることとなりました。 B社のコンサルタントからは、サービス内容や金額等の確認を行うため、甲とA社の各種契約書を開示を要請されました。そこで、甲はB社と秘密保持契約を締結した上で、甲とA社間の契約書(売買契約と保守契約)をB社へ開示しました。 B社へ上記契約書を開示した後に、甲とA社で締結した保守契約書に「甲とAは、本契約(保守契約)の履行により知り得た相手側の業務上の秘密を事前に相手側の文書による承諾を得ることなく第三者に開示してはならない」との条文を見つけてしまいました。 甲は事前にA社に対して事前に打診もせずに、B社へ契約書を開示してしまいました。甲はB社と秘密保持を締結してはいるものの、事前にA社から文書による承諾を得ていないため、これからA社の担当者に対して、どのように対応すべきか苦慮しております。 A社の担当者が契約に詳しくなければ、上手くはぐらかせられるかもしれません。しかし、そうでなかった場合、どのようにA社に対してB社へ契約書を開示した事実を伝えるべきか困っております。 法律上、先にA社と締結した保守契約に秘密保持条項があった場合に、甲がA社に対して文書による承諾なしに、B社と秘密保持契約を締結し、甲とA社の契約書を開示することは問題ありませんでしょうか? もし、問題があるのであれば、司法権に頼らずに解決すべき手段をご教示くださると幸いです。 お恥ずかしい相談内容で恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

  • 秘密保持に係る条文について

    当社保守契約書中に下記条文が掲載されていますが、相手先より、2項の適用外の条文について、解釈が広範囲につき、どちらか一方の契約者の独断で開示できる内容となっていないかと指摘されましたが、どう思われますか?一般的な条文であると私は判断しておりましたが、このままの条文で進行出来る相手へのいい説明や、何か条件を追記することで対応できるのであれば、ぜひ教えてください!! 第○○条 甲及び乙は、事前に相手方の書面による承諾を得ることなく本契約の履行に関連して知り得た相手方の業務上の秘密を、本契約の契約期間中及び契約終了後も第三者に開示しないものとする。 2  前項の規定は、次の各号の一に該当する情報には適用されないものとする。 (1) 相手方から開示を受けた時に開示を受けた甲又は乙が既に所有していた情報 (2) 相手方から開示を受けた時に既に公知であった情報若しくはその後開示を受けた甲又は乙の責に帰さない事由により公知となった情報 (3) 第三者から秘密保持義務を負うことなく、適法に入手した情報 (4) 本契約外で独自に開発した情報

  • 契約前に秘密保持契約ってどうなのでしょうか?

    私はフリーランスのシステムエンジニアをしております。 とある商談で企業からお見積り依頼されたのですが、 お見積りする上である程度の情報が必要なのでそれを聞いてみると、 先にNDA秘密保持契約の締結をして欲しいと言われました。 契約も何もしていない見積り段階で秘密保持契約締結ってどうなのでしょうか? 見積りだけ依頼して逃げるお客も結構いるので不要な契約締結ってこちらには 不利なのかなとも思っているのでですが・・・ お手数ですがアドバイスのほど宜しくお願い致します。