• 締切済み
  • 困ってます

確定判決の効力についての質問です。

確定判決の効力についての質問です。 金銭の給付判決が確定した後、唯一の財産である自宅を仮差押されましたが、その後一部を弁済し、仮差押は取下げられました。その後この不動産を売却し、現在は他人名義です。 この場合債権者は先の確定判決に基づき、この不動産を再び強制執行により差押えることは法的に可能でしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数233
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

可能ではないです。 ただし、債権者取消権の行使などで、元に戻したうえで差押えは可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 確定判決と給付判決の違いについて

    登記の単独申請をするのには確認判決では×で、給付判決なら○でも、所有権保存登記は確定判決であれば○となっています。 この違いとそもそも、確定判決と、給付判決はどう違うのでしょうか?自分は、確認判決は自分の言い分が認められて、給付判決は、裁判所が登記を移せと命じる判決と捕らえているんですが、しっくりきません。 如何せん法律の知識が少ないので、わかる方、教えてください。

  • 確定判決による債権を譲渡した場合について

    貸金債権について、確定判決を持っていた場合、この貸金債権自体を第三者に債権譲渡した場合、この第三者は、譲渡人の確定判決に承継?執行文をつけてもらうことはできるのでしょうか? また、こういった手続をとらず、改めて、確定判決を取ることは可能でしょうか?

  • 確定判決について、教えてください。

    自己破産の手続きをしたときに、債権者の一覧にあげていたところは、必ず破産手族きに参加しているものなのでしょうか?参加していたら、自己破産が決まった時点で、債権の存在は確定判決で公認されているということになるのですか?おかしな質問ですいません。

  • 回答No.2
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

#1追加 詐害行為などに該当する場合などでも、その判決では差し押さえできません。 必ず、名義人が同一であることが必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

原則として、他人名義の建物は差し押さえできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 確定判決の債権について

    平成28年6月に完全勝訴(原告側)し確定判決を得ました。 裁判所から相手(被告・敗訴)側に対し支払判決が出たことに伴い、債権元本額880万円(延滞金含まず)について、何回か督促致しましたが、支払いも連絡も無いまま、今日に至っております。このことで、どうしたら良いか当サイトに質問させて頂き、債権者による破産申請を行うのが最も相手(被告・敗訴)側が恥ずかしいやられ方と教えて頂いた次第です。 その後、債権者による破産申請を視野に、更に、当該債権をサービサー等に(ただ同然になると思いますが)売却した場合、その債権と売却額の差額損金を例えば不動産売却した際の売却益と損益通算することは可能なのか、ふと、考えた次第です。が、このような損益通算を行うことは可能でしょうか? また、私が死んだ時に相続は可能でしょうか?また、それが無理な場合、生前贈与をすることが可能でしょうか?これが可能な場合のメリット、デメリットは何でしょうか? 確定判決の時効は10年ではありますが、70代という自身の年齢を考えた時、他の方法も検討することが出来ないかと考え、質問をさせて頂く次第です。 ご回答下さいますよう、宜しくお願い致します。

  • 強制執行の方法は選択できる?

    強制執行の方法は選択できるのでしょうか? 例えば、「AはBに対し、300万円支払え」との確定した給付判決を債務名義として強制執行する場合、不動産執行 or 動産執行 or 債権執行のどれで強制執行するかは誰が決めるのでしょうか? 執行債権者に決定権があるのでしょうか?

  • 債務者に対する確定判決の特定継承について

    状況  強制競売により取得した居室に居住していた  債務者に対して小額訴訟の確定判決が出ています  債務者は裁判を欠席しています  期間入札段階での3点セットには確定判決の記載はありません  確定判決には管理費修繕費の他  駐車場代金や訴訟費用に要した費用まで記載があります  管理費修繕費および訴訟費用については  管理規約に遅延損害金を含めて明記がありますが  駐車場代金については管理規約に明記がない 質問  ・債務者に対する確定判決は特定承継人に対して及ぶか  ・特定承継人に対して承継執行文付与による執行は可能か  ・特定承継人は債権者に対して一切の抗弁が出来ないか  ・3点セットに記載のない確定判決はどのような位置づけになるか 感想  3点セットは既判力がないとはいえ  情報を知り得ない善意無過失な買受人に取って  その確定判決が承継執行文付与により執行可能となると  あまりにも法的に無防備と言わざるを得ません  その点を法律に詳しい方にお伺いしたいと思っています。 よろしくお願いします

  • 確定判決の債権回収について質問させて頂きます。

    以前、損害賠償訴訟の当方(原告)の全面勝訴の確定判決を得た件で、質問をさせて頂きました時に、強制執行をしてはどうかとのご回答を頂きました。 私の方で個人的に調べたところ、取り立て(回収)は難しいと聞いております。 私個人としましては、そう(回収が難しい)であれば、相手を逃げさせること無く自己破産させたいと考えております。 その場合、(1)費用としてはどの位い掛かるでしょうか?(2)方法としてはどういった方法が良いでしょうか? 現在は、確定判決が出て満3年半が経過して、当該判決に関し、被告側からの反論も出来ない状況となっております。 ご回答下さいますよう、宜しくお願い致します。

  • 少額訴訟の確定判決に執行文不要の理由は ?

    債務名義に執行文がなければ強制執行ができないです。(民事執行法25条) しかし、「少額訴訟の確定判決」等は除外されています。 何故、除外されているのですか ? 債務名義に執行文が必要な理由は、債務名義を作成する機関と執行機関は別だから(同法2条)執行機関が強制執行する前に執行力があるか否かの判断を、債務名義を作成した機関に証明させなくてはならないです。 そう言う理由で、債務名義だけでは強制執行できず、執行文が必要だとされています。 それならば、少額訴訟の確定判決でも支払催促でも同じです。 少額訴訟の確定判決や支払催促だけが執行文が不必要な理由はどこにあるのでしようか ? ご存じの方教えて下さい。

  • 諫早湾干拓の最高裁判決「確定判決を無効にする」とは

    諫早湾干拓の福岡高裁判決を取り消す最高裁判決が出ました。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20190913/5000006348.html このニュースの中で、「去年7月、福岡高裁は「漁業者が開門を求める前提となる漁業権はすでに消滅している」として、確定判決を事実上、無効にする判決を出し、漁業者側が上告していました。」と書かれています。 確定判決の効力をなくすためには、再審の訴えによることが原則のはずです。 上記「確定判決を事実上、無効にする」の意味が、分からないので、お教えください。

  • 不動産の仮差押を抹消させたいのですが

    友人が、債権者に不動産の仮差押をされ、その後本裁判確定により本差押(不動産強制競売・・・・所謂ヌ事件)となりました。差押債権者に優先する債権が多いため競売事件は裁判所により取消決定がされました。しかし仮差押は別事件のため残ったままです。将来の強制執行保全という仮差押の趣旨からすれば、このまま無意味な仮差押が放置されるのが疑問に思います。所有権に基づく妨害排除請求事件として提訴して仮差押の抹消が求められる気もしますが如何でしょうか。或いは、事情変更による仮差押の取消(民事保全法38条)が求められるのかも?誰か教えてください。

  • 強制執行 判決文 債務名

    強制執行 判決文 債務名 時効かもしれないので…詳しい方教えて下さい 母が債権者です。しかし債務者から1円も回収出来ないまま、確定判決文?から10年迎えました。 当時から強制執行や給与執行、動産執行もしました。 最後に強制執行をしたのが、2017年の冬でした。 しかし該当無しで取り下げ。 この場合、2年前に強制執行している事実があるだけで、時効中断になりますか? 当時は、該当無しで取り下げでした。

  • 金銭債権に仮差押えがされた場合の第3債務者の免責は

    金銭債権に仮差押えがされた場合、第3債務者は仮差押債務者に対する弁済が禁止され、仮差押債権者にも弁済できない状態だと思います。 この場合、第3債務者は供託を免責すれば免れると聞いています(民保法50条5項、民執156条1項)。 ところで、民執156条1項は権利供託の規定であるところ、強制執行による単発の差押の場合は、 供託をせずに債権者に直接弁済しても債務を免れることができると思います。 金銭債権に仮差押えがされた場合に第3債務者が免責されるには、供託するほかに別の方法がありましたらご教授願います。

  • 判決の種類

    宅建の試験の不動産登記法についての質問です。 問題で、仮登記の申請に仮登記義務者が協力してくれない場合に、「勝訴判決」を得たときでなければ単独で仮登記の申請をすることができない。 答え× 2号仮登記について「給付判決」を得たときはOK というもの。 「勝訴判決」はあなたのものですよ、ということがきまっただけのことで、「給付判決」は権利の移転をしなさい、ということが決まった。 だから、「給付判決」ならOKという風に解釈たのですが、本当のところはどうなのでしょうか。 他に、「確定判決」などもでてきます。 判決の種類と効果を教えて下さい。