解決済み

クレジットカードのリボ払いのATM返済について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5557509
  • 閲覧数9891
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 80% (430/532)

クレジットカードのリボ払いの返済について教えてください。

カードを使いなれていなくて、不勉強なので、どうかよろしくお願いします。
◆リボ払いでキャッシングして例えば30万円借りて月々1万づつ返済しているとき、臨時収入が10万円入ったとします。

(1)そのようなとき、コンビニのATMで「クレジットカード入金」で10万円だけ返済してしまうということができるのでしょうか?

(2)もし、それができないとしたら、「クレジットカード入金」という操作つきのATMの目的がよくわかりません。「クレジットカード入金」とはどういうときに使うシステムなのかお教えください。

以上、お願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

 カード会社によってATM返済自体ができるところとできないところがあります。カード会社と金融機関がどういう契約をしているかで違います。ただATM入金のシステムは開発費用が高額になるので、あまりやってはいないと思います。自社ATMならそうでもないのですが・・・。まずはカード会社に連絡をしてみるか、ネットでの返済金額の変更を受け付けている会社ならネットからできるでしょうし(その場合は、次回返済月に任意増額返済ということになると思います)、とりあえずはカード会社がどういう対応をしているか確認することが先決です。
 どのカード会社も年明けの4日から窓口が開きますから、電話なりで確認してください。カードの裏に電話番号が記載してあるはずですね。いずれにしても、貸金業法の改正にともなって、会員からの返済の申し出を拒むことはできなくなりましたから、追加の返済をしたいということを明確に伝え、その方法を確認してください。
お礼コメント
yastaro

お礼率 80% (430/532)

ご回答ありがとうございます。そうですよね、まずはカード会社に問い合わせしてみるといいですよね。カードの裏に電話番号があることも始めて気がつきました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2010-01-01 15:20:25
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (1861/6715)

>>(1)そのようなとき、コンビニのATMで「クレジットカード入金」で10万円だけ返済してしまうということができるのでしょうか?

コンビニのATMでやったことはありませんが、Visaカードでは、銀行のATMで、リボ払いの臨時返済をやったことがあります。ただ、クレジットの返済は、平日の通常時間帯だけしか受け付けないようでしたよ。

たぶん、Visaなら、コンビニATMでも、平日の昼間であれば、臨時返済可能だと思います。
お礼コメント
yastaro

お礼率 80% (430/532)

ありがとうございます。ATMでの「入金=返済可能」という概念が確認できました。ありがとうございまいました。
投稿日時 - 2010-01-01 15:26:04
  • 回答No.1

ATMにその機能があってもカードが対応してなければ不可能。
昔はATM返済できるカードもありましたが、
カード会社に手数料負担がかかるので、ATM返済できなくなってます。

ATMを直すのは銀行の負担ですので、機能しないものでも変更しません。

カード会社はリボの手数料が欲しいので、ATMで安易に返済させません。
ネット上か電話で増額返済の手続きをしないと無理でしょう。
お礼コメント
yastaro

お礼率 80% (430/532)

ご回答、ありがとうございます。なるほど、カード会社は利息をもうけとするので、ATM返済は安易に受け付けたくないでしょうね。ご意見は大いに参考になりました。ただ、カード会社によって、機械によっては返済可能であることが他の方の回答でわかった点で、今回は、お礼のみでお許しください。
投稿日時 - 2010-01-01 15:28:49
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ