• ベストアンサー
  • 困ってます

防火区画について

防火区画について教えて下さい。 今住宅をつくろうとしていて、設計事務所の数社にプランニングを お願いしています。 計画しているのは地下1階、地上3階です。 地下はRC造、地上は木造です。 土地のあるところは準防火地域になっています。 地上部分は準耐火建築物で考えてもらっています。 地下は私の趣味スペースとして、地上と完全に分離したいので 外階段一本で直接で入りできるように提案してもらっています。 いくつかの案を出してもらいましたが、それぞれの建築士によって 階段の防火区画について話が違っているため、少し困惑しています。 ある建築士は「地下付きの3階建てで準耐火建築物だから地上部分の 階段は防火区画しなければならない」 もう一人の建築士は「地下付き3階建てで準耐火建築物だが、地下に 降りる階段と地上に上がる階段は別になっているので防火区画は不要」 といっています。 私としては少しでも開放感のある住宅にしたいので、できれば防火区画 の扉はつけたくないのですが、どちらの意見を取り入れるべきでしょう か?それぞれの建築士の意見を聞いているときは、なるほどと思うので すが。どちらが正しいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

補足について 貼り付けのURLの場合、リビングの一角の床が下がっていてリビングが一室と見做されて、木造三階建ての計画で可能となっています。 あくまでも、上部階と開放状態で無くては認められないという事です。 地下は私の趣味スペースとして、地上と完全に分離とすると言う事となれば、事情が違います。 RC併用木造3階建(総階数4階)では、無理と言う事となります。 地上と完全に分離しない形での平面計画変更が必要です。 あくまで木造三階建て住宅として拘るなら、平面計画を最初からやり直した方がベストです。 貴方の要望を良く伝えるようにしましょう。 建蔽率・容積率などの諸条件を考慮して設計屋さんと良く相談して計画を進めるように。 それにしても地上と完全に分離とすると言われた時点で建築士が気が付かないとは、驚きです。 若くて、設計経験が乏しいのか、歳とっていて構造関係の分からない只の絵図面屋なのかは定かでありませんが、設計者の設計技量から設計者を変えるのであるなら、RC併用木造3階建(総階数4階)は、建築が無理である事が分からない設計者さんには仕事が頼めないと言う理由は、断る良い口実となるでしょう。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足説明ありがとうございます。 なんとなく事情が分ってきました。 例えば地下から地上3階まで階段かつながっている場合は 地下1階地上3階の地下RC造地上木造でも可能ということでしょうか? 地下と地上を分離しているからダメということでよろしいでしょうか? とりあえず今頼んでいる設計事務所には断りを入れようと思います。 まだ設計契約は結ぶ前なので良かった?です。 ありがとうございます。

質問者からの補足

今の案はどちらも地下は、門からドライアリアを通った階段で 入る形になっています。 地上部分は門から玄関があって階段で1階から3階につながっている 計画です。 言葉では分り図らいですかね? とにかく階段が地上と地下で分離されています。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • booboox
  • ベストアンサー率32% (176/538)

現在、消防法も建築基準法も、改正されたので、古い頭での素人回答ですが。。 現在、木造で、建築確認を取れるには、内画外装材を不燃材料を使ったり、2階の天井?を不燃にしたりと、条件付で、総階数が、3階まで、だと思います。よって、一般的に地上3階、地下1階と、捉えられてしまうと、合計4階の木造、あるいは、木造混合建物は、作れないと思われます。 1部でも木造と接触していると、RC部分も木造の基準が適用されます。 防火区画ですが、地下だけ、まったくでいり口を別に階段をつけ、ドライエリアへ行く場合は、別な防火区画と判断されると思われます。 構造計算上、混構造になるので難しい>>消防法の2倍掛け、3倍掛けと言うルールが、別棟にしないと、認められない。1倍掛けでしか、認可されない。 ある建築士は「地下付きの3階建てで準耐火建築物だから地上部分の 階段は防火区画しなければならない」>>>これは、GLをどこにもっていっても、地下を階数に含めるので、4階木造はありえないと思います。昔は、基準GLを自由設定できましたが、今は、無理でしょう。 地下室を居住用の名称で、作るには、日照の問題、換気の問題など、法律で、かなりの制限があります。物置など、別の名称を使えば、法律上は、ごまかせるかもしれませんが。。 防火区画以前に、木造3階建てのイ簡耐、 ロ簡耐(今は呼称が、変わりましたが) の部分の建築基準法をごらんください。結局、木造4階にみなされ、難しいと思いますよ。 地下RC(居室)って言うことですよね。 あと、混合造の延べ4階の、構造計算書を誰が作るかも、難しいでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 地下は趣味室なのでドライエリアを設けないといけないと それぞれの設計事務所からも言われており、作った計画案になっています。

  • 回答No.8

久しぶりに書き込ませていただきます。 当方、建築関係に携わっているものの素人の域をいつまでも出れないでいるものです。 質問文と回答文を読まさせていただき、頭がこんがらがってきてしまいました。 地下RC(居室)、地上3階木造が出来ないというのは、なぜかわからなくなってしまいました。 構造計算上、混構造になるので難しいということでしょうかぁ? 準防火指定は特段問題にならずやとも思ってました。 それで、 ある建築士は「地下付きの3階建てで準耐火建築物だから地上部分の 階段は防火区画しなければならない」 もう一人の建築士は「地下付き3階建てで準耐火建築物だが、地下に 降りる階段と地上に上がる階段は別になっているので防火区画は不要」 といっています。 はどっちもありかなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 色々雑誌を見ていると地下RC造地層3階木造の物件が色々あって、 それで今回設計事務所に依頼したのですけど。 専門家でもいろいろ意見があるようです。 素人の私にはまったく分りません。 こういった問題は誰が最終的に判断するのでしょう? 建築の裁判官みたいな人がどこかにいるのですかね?

  • 回答No.7
  • booboox
  • ベストアンサー率32% (176/538)

結構大きな設計事務所というのは、設計士の資格のない無資格で、将来設計士になりたい人(大臣免許は取ったが、経験ゼロを含む)が、3分の2ほど、おられます。 基本的に、個人住宅程度ですと、設計料もあまり取れないので、平面プランの段階では、ほとんど素人のような方が来ます。平面プランが煮詰まったら、ある程度、中堅の人が来ます。所長は、はんこを押すだけ。 レベルは、低いです。クロカOキショウなんて、政治家のとなりでしたね。設計士の能力ないです。また、CADでなく、手で、図面を描けるのは、せいぜい30歳代まで、、眼が悪くなり、きれいに描けません。 本来は、最初のプランニングで、所長クラスが同行し、施主のイメージを掴み取らないと駄目なんです。また、建築士の免許を取っただけでは、現場施工図が描けませんので、漫画になってしまいます。そこらへんはいわゆる、大工さんの方がしっかりしています。 消防法、建築基準法、都市計画法、外観意匠、基礎、設備など、で、普通は、総合設計士、意匠設計士、構造設計士、積算設計士、設備設計士などなど、設計士でも、分化していて、そこへ依頼するのです。積算設計士が、RCの方が安いと積算すれば、安い場合もありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 今回依頼しているのは個人でやっている 設計事務所で、打ち合わせも事務所の代表の方がいらしています。 住宅を数件やっていて、独立前は大きな事務所で働いていたということが 経歴書に書いてあります。

  • 回答No.6
  • booboox
  • ベストアンサー率32% (176/538)

どうしても、地下室がほしい>>>この部分が、RCになる。 地上部分が、3階ほしい(地下を入れると4階)>>>壁不燃か、軸、床不燃かを選ぶ。 どちらも、達成したい>>>RC、木造混合造より、RCで、統一したほうが、内装制限材など減らすことで、コストダウンの余地がある。 一般論で、2階建て住宅を、木造で建てるかRCで建てるかと言う話なら、もちろん、木造が安いし、重量が違うので、基礎工事だけでも安いでしょう。 質問者さんが、トータル4階の建物をおつくりになりたいとなれば、普通は、RCで、まとめるのでは? 木造とRCの単純比較ではなく、複合とRCの比較ですから。。 地下をなくすとか、トータル3階にするなら、木造はやすいでしょうが、ドライエリアの土留めが必要でしょうに。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 面積的には地下を作らないと 無理な面があったので地下RC地上木造でプランを考えてもらいました。 でも私が頼んだのは、レベルが低い設計事務所だったのですね。 防火区画以前の問題になってしまって、困惑している部分もあります。 結構大きなところに頼んだのにびっくりです。 専門家って何?って思います。

  • 回答No.5
  • aderasu
  • ベストアンサー率24% (17/70)

RCよりも木造の方が当然安くなります。 実際にかかわっている建築士さんとあなたのたった数行の文面で 回答している回答者さんとどちらを信じるのですか? ここでの責任のない無責任な回答と実際に携わっている建築士さんの 意見とどちらを信じるのでしょう? 木造よりもRCで設計してもらいなさい なんて回答はコストを無視しためちゃくちゃ無責任な回答です。 こう言う場で回答する人の話しが正解とは思わないほうがいいです。 回答者にはなんの責任も発生しないのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 今回の質問は防火区画だけと思い質問をさせていただきましたが いろいろご指摘いただきました。 今の敷地で考えると地下付の3階建てが面積的に理想なので 地下付の住宅が得意な設計事務所を探してみたいと思います。

  • 回答No.4
  • booboox
  • ベストアンサー率32% (176/538)

追加ですが、地下の案が、駄目と言う訳では、ないと思います。 素人考えですが、 地下プラス3階建て木造を、準防火地域に作るには、不燃壁構造か、不燃主軸構造かになると推測しますので、コストを考えると、構造全体をRCにした方が、安いと思われます。 RCでも、設計次第で、割と安価に出来ます。 住宅なので、将来、増改築が少ない建物なら、ラーメン構造でなく、壁構造RCなら、それほど、コストがかからないのでは? あとは、コストだけでいくと、土地の形状がわからないので、なんともいえませんが、地下は、土量に応じて、コストアップです。小さな地下でしたら、基礎構造とミックスして考えれば、コストダウンになると、想像しますが。。 防火の観点から言えば、無窓地下室は、あまり好ましいとは思いません。 余談ですが、地下室部分は、外防水にするなり、換気をかんがえるなり、湿気予防を考えないと、使い物に、ならないと思います。 結露もよく考えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

追加の説明ありがとうございます。 コストについては、どちらの設計事務所からも全部RC造で つくるよりも地上は木造が安くでくるということで話を進めて まいりました。 地下に実績のある設計事務所を探して見たいと思います。

  • 回答No.2
  • booboox
  • ベストアンサー率32% (176/538)

設計士でも何でもない一般人ですが、 木造とRC造を混合した場合は、木造のルールで、全体を認める。 木造については、防火上適切な構造に限り、総階数(この場合は、地下を含め4階)は、最高3階とする。 建坪の10分の1以下は、ペントハウスとして考え、建築基準法上の階数に含めない。 防火区画は、床下、天井裏まで、しっかりと、甲種防火状態にする。 階段室は、防火区画で区切る。。 木造の高さ制限は、10m。 など、考えて行くと、#1さんの答え同様、建築は無理のように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 地下の案は無理なようなので予算にあった 家づくりを考え直してみます。

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 計画しているのは地下1階、地上3階の総階数4階建は、地下はRC造、地上3階は木造の異種複合構造の計画では、建築はとても無理です。 建築確認をしても却下されて建築許可はおりません。 全ての階をRC造で計画するように依頼している設計事務所に伝えるように。 それにしても総階数4階建木造では、建てられない事が依頼している設計事務所さんで気が付かないとは、呆れ果てるばかりです。 計画を最初からやり直しましょう。 防火区画の話は、その後と言う事になります。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。補足のところでお礼を書きます・

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 計画の前提条件が間違っているということで、 今頼んでいる建築士の能力にビックリです。 いろいろ雑誌等見ていると、地下1階RC造地上3階木造と いう物件を目にしますが、私の想像している物とは違うんですね。 ↓これとかに近いんですけど。 http://members.jcom.home.ne.jp/archimimu/pdf-minamioota.pdf#search='地下1階RC造地上3階木造' 全部RC造にすると予算オーバーになってしまうので どんな家にするか、もう一度考えてみます。

関連するQ&A

  • 階数と防火区画について

    建築基準法の階数、防火区画について質問です。 基準法では、地下1階、地上2階といった表現はなく、 地下1階、地上2階の建物は、3階建てになるんでしょうか? 上の建物の場合、法別表第一ろ欄の3階以上の階に該当すると解釈してよいでしょうか? 別に 防火区画施行令112条の12項と13項は、 施行令112条の10項の外壁についての適用はないと解釈してよいでしょうか? (10項は12項と13項を上げてないのでそう思いました。) よろしくお願いします。

  • 防火区画について

    鉄骨2階建、述床面積1000m2、耐火建築物、物販店舗で吹抜け、PS、EVシャフトがある場合に竪穴区画は必要になってくるのでしょうか。 自分の解釈では3階建以上に居室がある場合に必要になると思っているのですが。 それと、その他の防火区画も必要ないと思うのですがいかがでしょうか。

  • 竪穴区画について

    防火・準防火地域以外で地下RC造1階地上木造3階建てで、地階、3階に居室を有し 且つ200m2以上の住宅で階段室を竪穴区画する必要がありますか?教えてください。

  • 「防火区画」に関して

    初めて質問させていただきます。 現在 独学で、二級建築士の試験合格に向けて勉強中なのですが、 問題を解いていて 疑問に思ったことがあるので、質問させていただきたいと思います。 建築基準法施行令 112条9項の「主要構造部を準耐火構造とし・・」という部分なのですが、 これは「準耐火構造のものだけ」なのでしょうか?それとも、「耐火構造を含む」のでしょうか? 問題は、「耐火建築物である展示場の吹き抜けは防火区画をしなければならない」(地下街の各構え という指定は無い)というような項目なのですが、 解答・解説を見ると「令112条9項により、正しい」となっています。 しかし、令文には「準耐火構造とし・・」となっています。 (平成16年10月27日改正の 基準法令を見ています) 令112条9項は、準耐火構造の建物のみに適用されるものなのだと思ったのですが、 正しい法の解釈は どうなのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 竪穴区画について

    準防火地域の一戸建ての住宅で、地上2階建てですが、一階が444平米、二階が262平米ですが、階段室の竪穴区画は必要でしょうか。躯体はRC耐火建築物です。個人住宅としては、あまり例のない大きさですが、令112条の9を見る限りでは、要らないように読めるのですが、条文が難解で確信が持てません。どなたか、教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願い申し上げます。

  • 防火区画について

    防火区画の範囲がイマイチよく分かりません。 図面を見ないで区画を見分ける方法ってあるのでしょうか? また、壁を貫通した際などの耐火処理についてですが、どのような種類があるのでしょうか?2時間耐火や1時間耐火、耐火壁・準耐火壁などもイマイチよく分かりません。例えば、配管・ケーブル入線用によく分からない材質の壁を貫通した時、どのような処理方法が適切なのかなど、良いサイトなどがあったら教えて下さい。

  • 共同住宅の防火区画について教えてください

    共同住宅の防火区画は何処になるんでしょうか。スラブ・隣との間仕切・外壁でしょうか。又、階段室に下り壁を作り天井を貼る場合、天井は1時間耐火になるのでしょうか?又、設備配管を室内からPS内へ壁を貫通した場合、区画貫通になるのでしょうか。

  • 防火区画に用いる住宅用の掃き出しのサッシご存知ありませんか?

    防火区画に用いる住宅用の掃き出しのサッシで20分防火と常時閉鎖もしくは煙感知閉鎖のいずれかの商品をご存知ありませんか。 木造準耐火住宅で車庫と居室に防火区画に住宅用のサッシで20分防火と常時閉鎖もしくは煙感知閉鎖のいずれかを求められています。 掃き出しサッシを取付けたいのですがそのような商品をご存知ありませんか? もしくは最も安価な方法で居室と車庫の出入りできる方法を知ってる方いらしたら教えてください。 よろしくおねがいいたします。

  • 外壁は防火区画の一部?ダクト貫通について!!

    耐火構造の商業ビル(1フロアー300m2×7階建て) の2階部分に40m2の飲食店を造ります。 ビルの外壁側に面しており、店内の天井換気扇から ダクトを通じて外壁にコア抜きして排気します。 コア抜き部分にはFDをつけます。 そこで質問なのですが、外壁面から1m以内の ダクトは不燃材料でなければいけないのでしょうか? (不燃ダクトはスチール製のジャバラダクトも可能なのでしょうか?) 防火区画の貫通部分は1m以内を不燃としなさい っていうことが基準法に書いていますが・・・ そもそも外壁は防火区画の一部なんだろうか?? と疑問を持ち始めました。 社内の1級建築士に聞いてみたところ・・・ 防火区画の一部でしょ!!あたりまえでしょ!! っていう回答でした。 でもなんとなく納得いかないのです。 防火区画なら?画面積区画ということになるのでしょうか? (このビルは飲食店のみなので異種用途区画はありません  また、階段室、EVは竪穴区画になっています) 延焼の恐れのある部分だから1m以内を不燃にする必要が あるというのなら、まだ納得できるんですが。 ちょっとバカな質問かもしれませんが、 よろしくお願いします!!!

  • 防火区画の壁について

    仕事上でいろんな建物の建築図や平面詳細図を目にしているのですが、 防火区画の壁(石膏ボードの厚さ)の事でちょっと疑問に思ったことがあります。 防火区画で1時間耐火の壁が大抵の建物には存在しますが、 使用している石膏ボードが21mm×2枚の片面貼り、15mm×2枚の両面貼り、9.5mm+12.5mmの両面貼り と各現場で(同じ現場の中で使い分けている場合も)まちまちです。 これらの使い分けがよくわかりません。 平米あたりの重量?コスト?もしくは他にも条件はあるのでしょうか?