• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

所有権移転登記の連件について教えてください。

売買による移転登記を自分で行おうと思っています。 対象の不動産は2筆ですが、そのうちの1筆は、過去に半分の所有権を取得していて、今回その残りを購入しました。 この場合、登記申請書は、登記の目的が違う(1筆目は、所有権移転で、2筆目は、○○持分全部移転になる)ので、二通作成で正しいでしょうか? また、その場合の添付書類ですが、登記原因証明情報は、二通に分けるべきでしょうか? また、委任状や印鑑証明・住所証明(住民票)もそれぞれ必要ですか? (売買契約書は、1通で作成しました。) 連件の場合は、これらの書類は、(前件に添付)の但し書きで問題ないと聞いています。 どなたか詳しい方または、経験者がおられましたら、よろしくご教授ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数6001
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

登記原因が両方売買であっても、一方は全部移転、他方は持分移転となるので、登記目的が違います。 そのような場合に包括申請はできないです。 個別に申請して下さい。 登記手数料も個別になりますので。 添付書類は「別件添付」でいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 とりあえず、問題点は、添付書類の用意をどうするか?(特に、料金のかかるもの)だったので、ダブって用意する必要は無いが多数意見と判断しました。 アドバイスとおり、印紙貼り付け用紙は2部用意して、登記相談コーナーに行って見ます。

関連するQ&A

  • 所有権移転登記

    今私が住んでいる土地の名義のことです。 50年ぐらい前、祖父が購入したのですが当時権利書がなかったためか、所有権の移転登記ができていません。 既に代が変わっていますが、相手方も移転登記されていないのを知らなかったようです。 でも当時の売買契約書もないし、相続の手続きもむつかしいということで移転登記ができていません。 固定資産税の通知書がずっと来ていましたので市役所に聞きますと資料が残っている昭和45年から平成元年まで固定資産税を払っていますとのことです。平成元年以降は免税店未満で税額は0円です。 この場合の所有権移転登記はどうすればいいのですか。 取得時効による訴訟しか方法はないのですか。

  • 不動産所有権移転登記時の印鑑証明書について

    お世話になります。 この度、法人を相手方(売主)として、当方(買主、個人)との間で、建物を売買することになりました。 売買に関する所有権移転登記は、先方の方が自分で(つまり司法書士の方などに依頼せずに)行われるということで、下記の3つの関係書類が郵送されてきました。 ・建物売買契約書 ・登記原因証明情報 ・委任状(当該登記に関するもの) ここでお問い合わせなのですが、先方から、上記の書類には実印を押印し、当方の住民票の他に、印鑑証明書を添付するように依頼されております。 一般的な不動産売買では、買主側は(ローン使用などがなければ)、印鑑証明書は不要で、押印も認印で良いはずなので、この<印鑑証明+実印>という点が気になっております。 この買主側の印鑑証明+実印というのは、当該所有権移転登記を、先方の方に委任して行い、先方も、司法書士の方に依頼せずに行うから必要なのでしょうか? ただ、先方の方も、どうもインターネットなどで調べてDIY的に登記しようとされているらしく、この点誤解されている可能性も十分にありますので、こちらでお問い合わせさせて頂きました。 すみませんがどなたかお詳しい方、ご回答をお願い致します。 補足: ・一般的な不動産売買では、買主側は認印+住民票のみで、印鑑証明は不要という点は存じております。 ・可能でしたら、先方に説明できるような、参考URLなども頂ければ幸いです。(なくても構いません) どうぞよろしくお願い致します。m(__)m

  • 離婚に伴う所有権移転登記について

    離婚の財産分与として、所有する不動産を分けるのですが、その方法についてまったく知識がないのですが、教えてください。 共有名義として不動産を1/2ずつ所有しています。 夫の分は住宅ローンですが、離婚と同時に一括完済して抵当権を外し、夫から妻への所有権移転を行う予定です。 家を購入した際に法務局には何度も行ったので、抵当権を外すことまでくらいはそんなに難しくなく自分でもできると思っています。 でもそのあとの、夫→妻の所有権移転については、どんな書類を用意してどんな手続きをすればよいのでしょうか。 自分で調べたところによると、 不動産の権利証、.印鑑証明書、実印、.固定資産評価証明書、.戸籍謄本(離婚の記載のある)、.住民票、登記原因証明情報 などが必要のようですが・・・ このうち、固定資産評価証明書というのはどこで取得できますか。 登記原因証明情報というのは自分で作成するのでしょうか。書き方(様式)などが決まっているのでしょうか? そしてこれらの書類はすべて法務局に提出するものでしょうか。 それから、このケース(離婚に伴う所有権移転)の場合ですが登録免許税というのは必ず課せられるのでしょうか。(司法書士に頼まなくて自分で行う場合でも課せられますか?) 登録免許税とは、どこから請求されるものですか。法務局でしょうか、税務署でしょうか。 そもそも、このような手続きは司法書士でなければできないというものでしょうか。自分でやってもよいものでしょうか。 このケースでの登録免許税の計算はどのようになりますか。 詳しく教えていただけると助かります。宜しくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

一つの申請書による申請と連続でする申請を誤解しています。 本来申請書は、不動産ごとに分けるのが原則であるが、物件の表示が異なるだけで他が同じなら、1枚にまとめてよい、というのが一つの申請書による申請。 今回の場合、申請書だけ2枚にして、あとは、前件添付でよい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに、連件には当たらないことは理解しました。 とりあえず、問題点は、添付書類の用意をどうするか?(特に、料金のかかるもの)だったので、ダブって用意する必要は無いが多数意見と判断しました。

  • 回答No.2

>一括申請でいいのでしょうかね? 法務局の登記官に相談しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 まあ、アドバイスのとおりなのですが、平日の昼間に時間を作ることが難しいサラリーマンなので、この場を重宝させてもらってます。

  • 回答No.1

>1筆目は、所有権移転で、2筆目は、○○持分全部移転になる)ので、二通作成で正しいでしょうか? >登記原因証明情報は、二通に分けるべきでしょうか? >これらの書類は、(前件に添付)の但し書きで問題ないと そのとおり。 正解です。 よく知ってますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答をありがとうございます。 今回のケースは、連件ではなく、一括申請ということになるそうです。 (連件は、相続してから売買などのように時系列になることを言うらしいです。) ただ、やはり一括申請の要件で、「所有権移転登記については、不動産登記令4条の規定どおり、登記の目的並びに登記原因及びその日付が同一である場合に一括申請ができます。」とすると、登記の目的が同一ではないことに疑問があります。 書き方だけで、所有権の移転ではあるので、一括申請でいいのでしょうかね?

関連するQ&A

  • 不動産の所有権移転登記について

    不動産の所有権移転登記について 土地を売却することになったのですが、いずれ買い手が見つかった場合に「不動産の所有権移転登記」をすることになると思いますが、それはどのタイミングで行えばいいのでしょうか。売却代金を受領する前に移転登記を行ってしまうと、後から急に代金の回収ができなくなる(買い手が悪意を持っていた場合)等の危険はないでしょうか。それとも実際に売買代金のやり取りをしてから移転登記するものでしょうか。一般的にはどうなのか教えてください。また登記にはどのくらい費用がかかるものですか。あわせてお願いします。

  • 共有者持分一部移転

    現在 土地建物の共有者持分Aが6/10、Bが4/10で所有していますが1/10贈与で Aが5/10とBが5/10に所有権移転をしたいのですが 必要書類は 登記済書 登記原因証明情報 贈与契約書 A印鑑証明 B住民票 評価証明 登記申請書でいいのでしょうか 登記の目的は 所有権移転でいいのでしょうか 記入例など有りませんでしょうか ご指南ください

  • 所有権移転登記の条件に特約?はできますか?

    私名義で所有する山林をAさんに所有権移転登記しようと思っています。この際に、山林の売買代金を¥0とする代わりに、Aさんがその山林を第三者に売却する場合は、その売却代金の3分の2程度を私に支払うということを条件として(特約的なもの?)Aさんに所有権の移転登記はできますか?また、その際に注意すべきことはありますか? よろしくお願いします。

  • 自分で所有権移転登記

    このたび、家を新築するに当たり土地の売買契約と建物の請負契約を同一の業者と取り交わしました。  このとちは、金融機関の抵当権が設定されていますが、土地代金の決済と同時に抹消することになります。私は、自分で上記土地の所有権移転登記を行いたいのですが、無理なのでしょうか。  通常は、抵当権抹消登記と所有権移転登記を同時に行って(金融機関の司法書士に依頼)するとは聞いていますが、出来れば自分でしたいのですが。  抵当権抹消後に第3者に移転登記等されていますと困るのでやはり上記の様なやり方になってしまうのでしょうか。

  • 所有権が順次移転している場合の更正登記

    某参考書に矛盾しているのではという箇所を見つけたので質問いたします。 まず、「登記官はB単独名義の相続登記を更正するさいに、職権で第3者の登記も更正する」とあり次に「登記官は第3者の登記が抵当権の設定であれば、これをB持分に、第3者の登記が所有権の移転であれば、これをB持分についての移転登記に更正する」とあります。 また、「所有権が順次移転している場合の更正登記は最後の登記から順次さかのばって各登記を更正申請するべき」とあります。 前段では所有権が順次移転している場合でも登記官が職権で更正登記するようにとれるのですが実際はどうなのでしょう?なにか抜けている情報がございましたらすぐに付け足します。よろしくお願いいたいます。

  • 所有権移転登記

    又お願いします。 土地の所有権移転登記において、法定相続人は私を含めて4名。 長男で後を継いでいる私が全て相続をする協議を行いました。 相続人である私の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)は必要だと思います。 相続をしない人たちが用意する書類としては、協議書に押印した印鑑の印鑑証明だけで良いでしょうか。 ご指導願います。

  • 所有権移転登記・土地の合筆について

    相続による所有権移転登記を自分でやりたいと思っています。 そこで、実際には一枚の土地なのですが複数の地番(所有者・地目共に同一)がある土地をこの機会に一つにしたいと思います。 所有権の移転登記と同時にできますか? またその場合、登記免許税はどのようになりますか? よろしくお願いします。

  • 所有権移転登記での委任状忘れ

    あくまでも仮想の内容ですが、下記の場合の判断をご教授願います。 ある遠方の方A(九州)所有の不動産を当方B(大阪)へ売買にて所有権移転登記を行います。 その時、当方B(大阪)が登記手続きを行うのですが、AよりBへの委任状をもらい忘れてしまい ました。本来、委任状を実印でもらわなければなりませんが、Aは忙しく当分会う事ができません。 Aに電話で相談すると、「登記原因証明情報に実印で捨印を押しているから、そこに{平成 24年○月○日売買による○市○丁目○番地の不動産の所有権移転登記の申請に関する 一切の件を代理人A(当方)に委任する}」と書き込んで登記申請して下さいと言われました。 たいへん雑ですが、この様なやり方で登記申請した場合、法務局では受理されるのでしょうか?

  • 不動産所有権移転登記の際の住所確認

    カテ違いでしたらお許し下さい。私は土地家屋不動産を売却いて所有権移転登記の際、当方で準備する物は印鑑証明:登記権利書:実印(担保等の第三者に権利云々はまったくありません)を準備しておればよいと思っておりましたら、仲介不動屋から移転登記のために「運転免許証の写しを欲い(本人確認で写真も絶対必要)」と言って来たので「本人確認でしたら、保険証:印鑑証明:等で良いではないか?」・・今いち当不動産屋には不振な点がありますので、お尋ねする訳で御座います。勿論買主主体の司法書士(手数料買主負担)ですが、不動産屋が全て取り仕切っております。宜しくお教え下さい、お願いします。

  • 所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。

    所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。 いつもお世話になります。現在この分野を勉強中の身ですが、実際にいま必要に迫られているのでお助け下さいませ。 父が生前に契約し、買主から代金をもらっている状況で登記移転せぬまま無くなりました。 相続は完了し、配偶者の母が土地の名義人になりました。(=所有権移転済み) この場合、母の名義のもとに書類を作成していけると思いますが、申請書に添付する証明書になる売買契約書は当然「売主:父」の状態で作成されています。 この状態で申請は可能でしょうか。 売買契約書を書きなおす…のはおかしいし…新たに作り直す…? 実務となると、こまごまとしたことがまだまだ分からず、どうぞ皆様のお知恵をお貸しいただけると幸いです。お願いたします。