• 締切済み
  • すぐに回答を!

内部抵抗の大きさの違いを教えてください!!

この前オームの法則の実験をしたのですが、その際に実験結果に生じたわずかな誤差(理論値と実験値の違い)は内部抵抗によるものなのですか? また、そうであったとしたら内部抵抗の大きさはもともとの回路が持つ抵抗や電圧、電流によって変化するのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数417
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • a987654
  • ベストアンサー率27% (112/413)

>実験結果に生じたわずかな誤差 質問の内容からは内部抵抗によるものか測定誤差によるものか はっきりしません。 通常この手の実験は負荷を変えて何点かの電圧、電流を測定して 電池の内部抵抗を推定する実験かと思います。 ついでにマンガン電池、メタルハライド電池、ニッケル水素充電池等 電池の種類を変えてやってみればそれぞれの内部抵抗の違いが はっきりわかるものかと思います。 >もとの回路が持つ抵抗や電圧、電流によって変化するのでしょうか? 電池の場合、内部抵抗は基本的に変化しません。 ただ電流×内部抵抗(電流は負荷抵抗で決まる)による電圧降下により 出力電圧は変化します。 定電圧(定電流)電源の場合は少し話が異なり、設計値以内の負荷で あれば内部抵抗を変化させて出力を一定にさせる仕様になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 内部抵抗の問題

    電池とすべり抵抗器からなる回路があります。 そこに電池の両端の電圧を測る電圧計、電流計がついています。 電流計A、電圧計V、すべり抵抗器R、無視できない内部抵抗をもった電池Bがある、Rの抵抗値を変化させながらAの読みIとVの読みVを記録して↓のような測定結果を得た。 電流系の読みI(mA)10.0 18.0 32.0 40.0 55.0 電圧計の読みV(V) 1.56 1.54 1.52 1.50 1.47 測定を行う際は、まずRの抵抗値を最大にしてから、Rを調整して電流Iを10mAとし、そのときの電圧Vを読み取る。 Rを次第に小さくして電流を増し、電圧Vを同様に求める。 問。電池の起電力、内部抵抗はそれぞれいくらか? 起電力;電流Iを横軸、電圧Vを縦軸にとり、↑の表より書いた直線の切片が起電力 内部抵抗r;直線の傾きを求める 起電力の求め方はわかりました。 内部抵抗r=傾きらしいのですが、どうしてこうなるのかよくわかりません。 ここをちょっと教えていただきたいです。 問題文が長くてごめんなさい。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 内部抵抗

    電流計の内部抵抗はできるだけ低いものがよくて、電圧計の内部抵抗はできるだけ高いものがいいのはどうしてですか?

  • 内部抵抗

    直流電圧計・直流電流計の内部抵抗とはどのようなものなのでしょうか? 知ってる方がいれば、教えてください

  • 物理 実験 電池の内部抵抗と起電力

    物理の授業で、電池の内部抵抗と起電力を測定する実験をおこないました。 抵抗値を小さくし電流を増加させた時の電圧と抵抗値を大きくし電流を減少させた時の電圧 を計測しました。 実験の結果、起電力や内部抵抗は記録できたのですがわからないことが一つあります 抵抗を小さくし電流を増加させながら測った電圧より、抵抗を大きくしながら 電流を減少させたときの電圧ほうが小さくなりました とりわけ大きな差でもなく人の目で計測した誤差かとも思ったのですが ちゃんと理由があるのでしょうか? 自分的には,増加・減少時に勢い(加速)がつたのかな?というような意見ぐらいしか思い浮かびませんでした・・・

  • 電圧計の内部抵抗

    高専2年♂です。こないだ学校で電圧計の内部抵抗が電圧の測定値に 与える影響についての実験をしたんですが、なぜ内部抵抗を考慮しない テスターの値よりも内部抵抗を考慮したテスターの値の方が小さくなる んですか?

  • テスタの内部抵抗

    学校の実験の考察で「テスタの電圧レンジ、電流レンジでは、なぜ内部抵抗が発生するのか」というのを調べなければならないのですがいくら調べてもわかりません。初歩的なことなのかもしれませんが教えて下さいお願いします。

  • 電池の内部抵抗

    電池を抵抗値R[Ω]の可変抵抗を接続し、電池から流れ出る電流I[A]の電池の両端の電圧V[V]を測定すると,図のような電流と電圧の関係を表わす実線のグラフが得られた。破線は、実線の延長である。電流Iの値が0のとき電圧の起電力をE[V]とし、次の問いに答えよ。ただし、可変抵抗とは、抵抗の値を変えることができる抵抗器のことである。また、電流計の内部抵抗は十分に小さく、電圧計の内部抵抗は十分に大きいとする。 (1)図の結果を得るためには、電池、可変抵抗、電流計、電圧計をどのように接続すればよいか。( )内の電気の図記号を用いて回路を図で示せ。 可変抵抗の抵抗値を変えると流れる電流が変わるらしいんですが、よくわかりません。 確かにV=RIの関係から可変抵抗部分の流れる電流は変わりますが、それは可変抵抗を流れる電流であって電池から流れる電流自体は変わらないんじゃないでしょうか??

  • 抵抗測定 内部抵抗を含む

    度々、失礼します。 抵抗R1を電流計の内部抵抗Ra、電圧計の内部抵抗Rbの時に、この図のRを測定したときの抵抗値R1をR、Ra、Rbを用いて求めよ。 この問題を教えてください。 先ほど質問をさせてもらったのですが、抵抗R1=抵抗にかかる電圧/電流計に流れる電流 ですか? この電圧計の値がそのまま抵抗にかかる電圧になるのでしょうか? 仮にそうなる場合、その理由も教えてください。

  • 電流計と電圧計の内部抵抗がある時と無い時の比較

    電流計の内部抵抗Ra、電圧計の内部抵抗Rbとする。 図のような回路がある。 内部抵抗が無視できる場合とできない場合を比較して値がRである抵抗を測定した時の誤差率をRa、Rb、Rを用いて求めよ。 自分で解いてみたら、値がRである抵抗を測定と書いてあるので、真値をRとし、内部抵抗を含む回路の合成抵抗Rxは、 Rx = Rb(R+Ra)/(R+Ra+Rb) となるので、誤差率は、  [{Rb(R+Ra)/R(R+Ra+Rb)}-1]*100 (%) となったのですが、あっているでしょうか? よろしくお願いします。

  • 直流電源装置の内部抵抗について

    直流電源装置の電圧降下問題について調べているのですが、電気については素人のため疑問があります。 直流電源装置に抵抗Rを接続すると、内部抵抗rにより端子電圧Vの降下が起こるようですが、 端子電圧Vは電流が大きくなるほど低下するため、 内部抵抗の小さい直流電源装置を用いれば、端子電圧の降下を抑制できるのではないかと理解していますが、これは合っているのでしょうか? 「V=E-rI」 またどのような直流電源装置が内部抵抗rが小さくなるのでしょうか? 例えば、定格電流が大きい直流電源装置であるほど内部抵抗は小さいのでしょうか? もう一点質問ですが、 直流電源装置に接続した抵抗Rが同じであった場合、定格電流が大きいほど流れる電流が大きくなるということはあるのでしょうか? 今社内で、抵抗が同じであっても、定格電流が大きければ大きいほど電源装置のパワーが強いので電流は大きくなると言われているのですが、オームの法則と矛盾しているので疑問を感じています。 ご意見を頂ければ幸いです。