• 締切済み

1972年アメリカ映画

1972年アメリカ映画邦題(ソルジャーボーイ)原題(Welcome Home)ですが、ラストシーンで流れてたFarther Along と云う歌が印象に残っております、その歌を歌っていたバンドを思い出せません、ビル・モンローだったかなー、とも思いますが定かではありません、どなたかカントリーかブルーグラス好きの方でこの映画をご覧になられて覚えてらっしゃる方居られましたら教えて下さい宜しくお願いします。

みんなの回答

  • tjhiroko
  • ベストアンサー率52% (2281/4352)
回答No.1

こちらのページにCountry Gazette がその映画"Welcome Home, Soldier Boys" で"Farther Along" を歌ったと書いてますね。 http://www.burritobrother.com/gazette2.htm

artboy
質問者

お礼

tjhirokoさんありがとうございました。 長年つかえてた物が取れました、そうでしたか、カントリーガゼットでしたか、納得しました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 映画のタイトル(邦題)について

    先日レンタル屋に立ち寄ったところ『ミクロの決死圏』を発見いたしまして懐かしさのあまり速攻でそのDVDを借りて観ました。さすがに幼き時に感じた程の衝撃はありませんでしたが、人体の内部を表現したその映像美などは製作当時の映像技術を考えれば出色の出来であり、改めてこの作品がSF映画の金字塔であることを教えられました。  とまあここまでは余談なんですけど・・・ パッケージを見て初めて知ったのですが、実はこの映画原題が『FANTASIC VOYAGE』なんだそうです。直訳すれば『幻想的な旅』という所でしょうか?しかし、個人的に言わせてもらえれば(この映画観たことのある方なら多分同じ意見だと思うんですが) 『ミクロの決死圏』っていう邦題! この映画にこれ以上見事なタイトルはありえないんですよね~。 そこでふとお聞ききしたくなったんですけど 原題(の直訳)より邦題の方がその映画に相応しくて、よくぞこんなタイトルを付けたものだ!と皆さんが感心させられた映画ってどんなのがありましたか?よければ教えて下さい。 ちなみに私が優れた邦題と思うものを少々・・ 未知との遭遇>『CLOSE ENCOUNTERS OF THIRD KIND』    第三種接近遭遇という堅いタイトルを「未知との」とすることで作品の本質を語っている。 明日に向かって撃て>『B.CASSIDY AND THE S.KID』    二人の主役の名前そのままなんて原題は色気がなさ過ぎ。ラストシーンと連想させる素敵な邦題。 ランボー>『FIRST BLOOD』    上記作品とは真逆に主人公をそのままタイトルにしたものだが、名前の響きのせいか、こちらの方が圧倒的に良い。これ以降二作目からは原題がランボーに。 地獄の黙示録 愛と青春の旅立ち 遊星からの物体X etc...

  • もうかなり前(10年以上前)にテレビの深夜枠で放送された洋画のタイトル

    もうかなり前(10年以上前)にテレビの深夜枠で放送された洋画のタイトルが思い出せません。 10歳前後の少年がおそらく主人公で、ラストシーンでは高い塔のようなところから飛びます。 かなり泣いた覚えがあります。 邦題は「ぼくは鳥になった」とか「ぼくは空を飛んだ」とかのニュアンスだった記憶です。 スペインやイタリア映画のような気もします。 邦題、原題がおわかりのかたがいましたら、ぜひ教えてください。

  • "Don't It Make My Brown Eyes Blue"中の"It"って?

    ■これはCrystal Gayleというカントリーシンガーのヒット曲のタイトル(邦題『瞳のささやき』)なんですが、この中のItは文法的にはどのような役割なのか良く分からず、随分前に原題を知ってからずっと気になっています。 ■歌の大意は「あなたが離れていってしまうと寂しいの、どうぞ私を悲しませないで」といった所なので、原題の直訳は「私の鳶色の瞳を(涙で)ブルーにしないで」という感じだと思います。でもこれを逆に英作文すると「Itは入らないんでは?」と不思議に思うんです。辞書ではこの語法はよくわかりませんでした。どなたか助けていただけませんか?

  • 映画「恋をしましょう」♪仕事をくれ~♪という曲の曲名を教えてください

    Tony Danton役のフランキー・ヴァーン(Frankie Vaughan)が、 映画「恋をしましょう」の劇中にソロで歌っている歌の曲名を教えて下さい。 舞台稽古の途中、トニーが 「仕事をくれ~ 親父もおふくろもロクデナシの弟も養っているんだ~ だから仕事をくれ~」 と歌っています。 この曲名を教えて下さい。 先日、同じメロディで違う歌詞の歌を聴きました。 もともと「仕事をくれ~」という歌詞ではなく、映画の中で アレンジされていたのかな、と思っていますが、 元歌があるのなら、元歌の曲名が知りたいです。 映画:恋をしましょう [原題]Let's Make Love [製作国]アメリカ [製作年]1960 [配給]20世紀フォックス配給 マリリンモンローが主演のミュージカルコメディです。

  • 半世紀(?)前の映画の題名、わかりますか?

    当然白黒で、多分アメリカ映画だと思います。(根拠なし) 子供が大勢いる夫婦、何か訳ありでよそからやって来たらしい。 お金がないので満足な食べ物も買えず、果物で飢えをしのぐ日々。 夫は勲章だか時計だか、自分のかつての功績を称えた記念の品を売り、妻は宝飾品を売って、何とか生活をしている。 でも売るものもなくなり、どうしようかと思った時、自分たちには歌という武器があると気づき、一家で各地を歌って回る。で、大当たりする。 もうお分かりでしょうが、ずばり歌うトラップ一家のことです。 映画「サウンド・オブ・ミュージック」の続きに当る筋書きです。 当時、私もガキンチョだったので、ずいぶん後年になってから話の前後がつながったのです。この後半部分の映画、原題と邦題、どなたかご存知ですか?

  • フランス映画【個人教授】の「愛のレッスン」のCDありますか?

    30年以上前のフランス映画【個人教授】(ナタリー・ドロンとルノー・ベルレーが出演していた)の中でニコール・クロワジールという歌手が歌っていた邦題:「愛のレッスン」原題:WHERE DID OUR SUMMERS GO という曲が入っているCDをご存知の方はいませんか?CDがあるかどうかもはっきりはしないのですが。 このニコール・クロワジールという女性歌手は有名なフランス映画【男と女】の中でも”ダバダバダ、ダバダバダ”と歌っていた人です。 なお、フランシス・レイ楽団による演奏だけのものはあるようなのですが、歌の入ったものを探しているのです。

  • 題名を教えてください 昔の海外ミステリー・ホラー映画で双子がでていました

    1970年代の映画だったと思います。題名を知りたいので、ご存知の方が居られたらぜひ教えてください。 日曜洋画劇場で一度見たきりの映画です。 ある双子の男の子がおばあさんと、田舎の館にすんでいました。主人公の男の子は聞き分けのよいよい子なのですが、もうひとりの子の方は粗暴な子でした。その少年の周りに良くないことが起こり、それはすべてもう一人の双子のやったことなのです。 追い詰められたおばあさんが、主人公をある墓場に連れて行き、もう一人の双子はすでに死んでしまっている事を彼に言い聞かせます。この墓はもう一人の双子の墓だったのです。しかし彼は納得しません。おばあさんはとうとう彼を道連れに、館に火をかけてしのうとしますが、ラストの場面、彼だけが生き残ってしまっていました。 淀川さんがこの映画の原題を「The Others」(もう一人居る)だといってくれたのは覚えているのですが、邦題名を覚えていません。また、The Othersで検索しても、ヒットするのは別の映画です。確か、元になる実話があったと聞いた気がします。 だれか何かご存知の方はおられるでしょうか。

  • ローレンス・オリヴィエ『王子と踊子』について

    こんばんは。 先日、ローレンス・オリヴィエ監督/主演の『王子と踊子』を観ました。 全体的によく出来ていて楽しめたのですが、疑問があります。 まず、中盤、戴冠式に参列したエルシー(M・モンロー)が 涙するシーンが描かれますが、彼女はなぜ泣いたのでしょうか? 検索してみるとあのシーンは、アメリカという若い国に生まれた彼女が、 イギリス王室の伝統的・歴史的行事に立ち会えたことに対する憧れと感動を描いているのだ、 というような解釈を見つけたのですが、この解釈は一般的、もしくは妥当なのでしょうか。 皆様の解釈と併せて、お話頂きたいです。 もうひとつは『王子と踊子』という邦題についてなのですが、 作中に「王子」という立場の人物は一度も出てきませんよね。 (“カルパチア国王”のニコラスが16歳なので、そもそも「王子」が存在するはずがない) これは単純に誤訳なのでしょうか? 原題は“The Prince and the Showgirl”で、“Prince”には「王子」の他に「大公」という意味もあるそうなので、 原題は単純にチャールズ大公(オリヴィエ)とエルシーのことを指しているのではと思うのですが。 こちらも皆様のご意見をお聞かせ下さい。 作品をご覧になった方、どうかご回答下さいますようお願いいたします。

  • 「カッコーの巣の上で」を解説して下さい

    1975年のアカデミー作品賞であるこの映画を、昨夜観ました。 名作・秀作と言われる作品は色々観てきましたが、この作品だけはどう評価していいのか迷ってしまいます。以下、私の感想及び疑問点です。 1.「感動的なラストシーン」と評されているみたいですが、どうみても「感動的」とは思えません。逆に観る側を、ある種の絶望感に陥れるといった感じがします。確かに印象的ではありますが。チーフが脱走に成功したことで多少救われますが。チーフがマックの命を奪ったことは、やはり「尊厳死」という観点で解釈すべきなのでしょうか。 2.原題は「ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST」です。CUCKOO'S NESTは精神病院を現しているとのことですが、原題に忠実に訳すなら、「巣の上で」というのは少々意味が違わないでしょうか。OVERとONを混同している気がします。ここでの「OVER」は明らかに「乗り越えて、克服して」という意味では。この作品の邦題は原題に忠実に訳そうとしたと思いますが、それならば「カッコーの巣を越えて」が正しいのでは。何も予備知識がない人が、このタイトルを目にしたら、その内容との乖離に「何じゃこのタイトルは」と感じないでしょうか。私もその一人ですが。 長くなりましたが、深い印象を残す作品であることには間違いないと思います。 ただテーマと舞台が「重過ぎる」ために解釈に迷います。映画に詳しい方、ご回答願います。

  • 映画“The Little Vampire”について

    アメリカ or ドイツ在住の人にお聞きしたいと思います。 以下の映画をご覧になった人はいますか? 公開時 全米で興行成績初登場第6位を記録したそうです。   原題: The Little Vampire          2000年アメリカ、ドイツ   原作: Angela Sommer-Bodenburg   出演: Jonathan Lipnicki 他   監督: Uli Edel もしご覧になった方で この映画のエンディング後半で流れている歌の タイトルとアーティスト名が分かる人は教えて下さい。 女性の歌声です。英語の歌詞の内容は分かりません。 friends, everytime, everywhereなど、聞き取れる単語も少しありましたが…        □         □         □       Little Vampire は日本未公開でしたが 現在DVD等が販売されています。 私は この映画の原作ファンなので レンタルビデオで鑑賞しました。 今回 自分でもInternetで検索したり  以下の会社に問合せをしましたがわかりませんでした。   (1) 日本のDVDの発売会社artistFILMに問合せ    「日本ではLittle Vampireのサントラを発売していないので、     曲名・アーティスト名は分かりません」と返答がありました。     http://www.artistfilm.co.jp/vidv/dvd/past/little.html   (2) amaozon.co.jpで検索     以下のタイトルで輸入版のサントラが販売されているのを確認。     「The Little Vampire: Music from and Inspired by (2000 Film)」     しかし このCDにエンディングの後半の歌が収録されているか     amaozon.co.jpに問合わせましたが わかりませんでした。 ↓原作者のHP http://www.angelasommer-bodenburg.com/index.html

このQ&Aのポイント
  • バッテリーリフレッシュ診断ツールから充電モードの切り替えをしても、モードが変更されない。
  • 現在の充電モードは100%で設定されているが、80%に切り替えたい。
  • NEC 121wareのパソコン本体で充電モードの変更ができない問題への解決方法
回答を見る

専門家に質問してみよう