• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ROM(主にゲーム)の違法範囲

単純に法律に関しての疑問です。 (行為の善し悪しは置いておいて。最近妙に勘違いしている?ような発言を見かけるので) ROMの違法の範囲についてなのですが 吸い出し、譲与(UL)、取得(DL)、単純所持について違法か否か教えていただきたいです。 私の認識ではこんな感じなのですが、どこか間違っているでしょうか。 吸い出し → 違法ではない(ただし技術的保護手段によってガードされているものは違法) 譲与(UL) → 著作権法違反。親告罪により逮捕、起訴される他、民事裁判にもなる 取得(DL) → 違法ではない 単純所持 → 違法ではない それともう一つ 改正著作権法では技術的保護手段がされているか否かにかかわらず、(何故か)ROMのダウンロードは違法化されないと聞きましたがどうなのでしょう。 よろしく願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1268
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

○どこか間違っているでしょうか。 吸い出し → 違法ではない(ただし技術的保護手段によってガードされているものは違法) 基本的にはあっていますが、違法ではないのは私的使用のための複製なので、最初から吸い出したデータを記録したものを譲渡する目的で吸出しを行った場合には吸い出した時点で著作権侵害になります。 譲与(UL) → 著作権法違反。親告罪により逮捕、起訴される他、民事裁判にもなる 著作権法的な用語は「譲渡」ですね。しかし、(UL)というのはサイト等へのアップロードの場合に限る趣旨でしょうか?それであれば質問者さんのまとめであっています(公衆送信可能化権の侵害)。ROMに記録したもの(有形物)を譲渡する場合には、「情を知っていた」ときには著作権侵害となります。 取得(DL) → 違法ではない 後半の回答を参照。 単純所持 → 違法ではない 違法コピーであることを知りつつ、他人に譲渡する目的で所持していた場合は侵害とみなされます。それ以外の場合を「単純所持」と呼ぶのであれば、質問者さんのまとめであっています。 ○改正著作権法では技術的保護手段がされているか否かにかかわらず、(何故か)ROMのダウンロードは違法化されないと聞きましたがどうなのでしょう。 改正案では、「デジタル方式の録音または録画」のダウンロードが違法になるので、プログラムのダウンロードは「録音」でも「録画」でもないので違法にならない、という議論だと思います。ただし、ゲームについては、「映画の著作物」とした判例があるので(中古ゲームソフト事件)、違法の範囲に含まれるという議論も成り立つはずですけれどもね。これは実際の事件になってみないと分からないかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変ありがとうございます。 >ゲームについては、「映画の著作物」とした判例があるので 改正著作権法にアプリケーションやゲームソフトなど、デジタルデータ化できる他の物が含まれていないのはおかしいと思いましたが 司法の現場で柔軟に対応できるかもしれない、ということですね。 ただ、まだ罰則が無いため判例にできないのではという疑問もありますが。 最近、問題として一番大きく厄介なのがゲームのコピー問題だと思いますが、立法がそちらを向いていない気がします。 (安易な規制には反対ですが)

関連するQ&A

  • =至急=CDで作曲・作詞家とは別の歌手の法的な地位について。

    CDで作曲・作詞家とは別で歌手の法的な地位について どのようになるのでしょうか。 隣接権で正しいのでしょうか? また著作権法第30条第1項第2号の意味がわからないのですがどういう意味でしょうか。 2.技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第120条の2第1号及び第2号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合 の 『又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。』 の意味がわからないです。 障害を生じさせなければプロテクトをといてコピーしてもいいのでしょうか? なるべく急いでいます。 おしえてくだあい。

  • PS1(CD)のゲームを吸い出す行為は違法?

    PS1(CD媒体)のゲームを吸い出す行為(エミュレーターで私的に遊ぶ目的で)は違法ですか? 某ブロガーがDVDはプロテクトがかかっているが、CD、カセットはプロテクト無しなので大丈夫(明らかに適法という意味で)と書いてました。 自分で調べると、著作権法第30条1-二に、 ”技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第120条の2第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合” (上記が私的複製の許可適用外) とあるので、一理あるのかなと思いました。 某ブロガーの法解釈は正しいのでしょうか? 「吸い出す」行為と、違法配信をダウンロードする行為は別という事でよろしく。

  • 著作権について

    著作権物(音楽・ゲームROM・映画など)のDLは違法だという人が多いけど私的利用目的のDLなら合法じゃないんですか?詳しい方教えてください 違法だとしたら著作権法のどこを違法していてなぜ私的利用目的のDLでもだめなのかるかまで教えてください 合法ならそう思う理由を教えてください。 出来ればそのことに詳しいサイトを教えてください 注文が多くてすみませんがよろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

○罰則が無いため判例にできないのではという疑問もありますが 確かに罰則がないので刑事事件にはできません。しかし、著作権侵害にはなるので、民事事件として損害賠償の請求などをすることは可能です。したがって、判例を作ることは可能です。 もちろん、違法ダウンロードをするようなのはほぼ個人だと思われるので、個人相手にいちいち裁判をする著作権者はいるだろうか、という現実的な問題もありますが、それでも抑止効果を狙った見せしめ的な裁判を誰かが起こす可能性はあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど 重ね重ねありがとうございます。

関連するQ&A

  • DVD、CDのコピーと著作権法

    著作権法を勉強している学生です。 以下、私の理解が正しいかどうか教えてください。 現在、私的利用の範囲内において、音楽CDが複製を実質上許可されており、映像を録画したDVDの複製が許されていないのは、DVDにはコピーガード処理が施されており、それが著作権法で禁止される「技術保護手段の回避」にあたるため、違法であるということですよね? つまり (1)コピーガードのないDVDであれば、私的利用の範囲内なら複製しても何ら違法ではない。 (2)音楽CDにコピーガードの技術が導入され、通常の再生機器やパソコンでダビングすることが不可能になった場合、そのコピーガードを破ってダビングすれば違法である。 という解釈でよろしいのでしょうか?

  • ゲーム起動時に表示される注意書きについて

    PSPやDSのゲームを起動した時に 「ゲームソフトを権利者の許諾なく、インターネットを通じて配信、 配布することは著作権法第113条第1項に反する違法行為です. また、著作権法改正により、2010年1月から、 違法なインターネット配信と知りながらダウンロードする行為も、 私的使用目的の複製とはならず、違法となりました。 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。」 と表示されることが最近よくあります。 この文章は極めて形式的な文章であり、ラストメッセージin最終号事件を参考に考えると著作権はないものとしていいと思います。個性が表現されている文章とはいえません。 これはどこが表示するように指示を出しているのでしょうか?どのソフトも文章はほとんどかわらないと思います。DSもPSPもどちらのソフトにも表示されているので、任天堂やsonyではないと思います。 苦情を言いたいです。 後半については問題ないです。無理な揚げ足は取りません。 前半の「インターネットを通じて配信、配布すること」が「著作権法第113条第1項に反する違法行為」なのかどうかについて インターネットを通じて違法配信することは普通に考えて公衆送信権の侵害じゃないですか。なぜわざわざ113条第1項を持ってくるのか。2号のことでしょうが、今までインターネット上の違法配信でそれが適用されたことはなかったはずです。 インターネットオークションで海賊盤の「DVD」を販売するならばたしかに113条第1項のみなし侵害は適用されます。「インターネットを通じて配布」だけなら、オークション等のことを想定していると考えますが、「配信」という部分が納得できません。 113条第1項は「頒布し、頒布の目的をもつて所持し、若しくは頒布する旨の申出をし、又は業として輸出し、若しくは業としての輸出の目的をもつて所持する行為」であって、公衆送信行為は含まれません。インターネット上でROMを違法配信する行為は頒布や頒布目的の所持等ではないはずです。 頒布の定義は 19.頒布 有償であるか又は無償であるかを問わず、複製物を公衆に譲渡し、又は貸与することをいい、映画の著作物又は映画の著作物において複製されている著作物にあつては、これらの著作物を公衆に提示することを目的として当該映画の著作物の複製物を譲渡し、又は貸与することを含むものとする。 複製物を「譲渡」または「貸与」  インターネットを通じた頒布まで含んで定義されていません。著作権法に譲渡の定義はありませんが、常識的に考えてCDやDVDのように固定された物を渡すことです。ダウンロード販売は譲渡ではありません。頒布でない以上、インターネット上の違法配信は113条1項に違反するとはいえません。 海外の著作権法ではインターネット上での送信も頒布に含めることも多いですが、日本の著作権法でそう解釈されるとは限りません。日本では「公衆送信権」があるので、頒布の概念にインターネット上での送信行為を含める必要性はありません。インターネット上の違法配信が譲渡や頒布に含まれるなら、公衆送信権を創設する必要はありませんでした。 私は譲渡は譲渡、送信は送信と区別します。インターネットを通じて配信することは譲渡ではなく公衆送信です。 今まで違法アップロード者が逮捕された事件も全て複製権や公衆送信権侵害として立件されているのだから、注意書きも公衆送信権侵害と書くべきです。 たしかにインターネットを通じたデータの配布も譲渡、頒布とする解釈もあるようです。著作権法コンメンタール1では、執筆者により意見が別れていました。微妙な部分であるため、確実な公衆送信権侵害と書いた方がよいと思います。 インターネット上の配布が譲渡になるかどうかはレコード製作者の権利の保護期間にも影響します。レコード製作者の権利は録音時から始まり、レコードの発行から50年までです。レコードの発行とは相当部数の複製物を公衆に「譲渡」すること。もしダウンロード販売が譲渡でないならば、49年間ダウンロード販売をし、それからCDを発売すれば保護期間を最大まで伸ばすことができます。

  • プログラムの著作権について、教えてください!

    以下の著作権についての記述で、間違ってるのはどれでしょうか?教えてください。 1.著作権法においては、プログラム言語、規約、解放は保護の対象ではない。 2.著作権法は、ソースプログラムの著作物性を保護するものであることから、機械翻訳後のオブジェクトプログラムは保護対象としない。 3.著作者に無断で著作物を改変することを禁ずる同一性保護権の規定は、プログラムの著作物には適用されない場合がある。 4.特設の規定がない限り、法人が作成したプログラムは法人の著作物とされる。 5.請負契約、派遣契約のいずれかにあたっても、外注による著作は、発注者である法人に著作権が成立する。 6.不正複製物と知りつつ取得した複製プログラムを業務上使用することは、著作権の侵害とみなされる。 7.論文、数値などの情報を体系的に構成したデータベースについては、収録された論文などが著作権保護の対象であり、データベースそのものには適用されない。 8.日本ではコンピュータプログラムは、著作権法によって保護されるが、米国では特許権としての登録が必要である。 お願いします。

  • 動画サイトの複写<著作権>

    初めまして。宜しくお願いします。 動画サイト(Youtube、ニコニコ動画)では、いろいろな動画(音楽)が投稿されていますが、 これらをipodやCDに焼けるソフトがありますよね。 投稿されている動画の音声抽出したものを複写し、個人的に楽しむ(車や室内で流す)という行為は、著作権法違反になるのでしょうか? いろいろ検索してみましたが、「違法になる」という回答もありましたが 「~の音声抽出が出来ない」という類の技術的質問に皆さん普通に回答されています(著作権法違反だったら答えてはいけないルールですよね) やはり私的に楽しむ程度ならいいのでしょうか? 著作権にもCDコピーにも無知で、本当に初歩的なことですが、宜しくお願いします。

  • 映画の学術利用について

    大学の研究で映画を使いたいと考えているのですが、この研究が著作権法で違法になるかどうか教えてください。 詳細な使用方法は以下の通りです。 ・映画DVDを技術的保護(アクセスガードなど)を回避せずに複製 or 技術的保護のついていないものを複製 ・その複製(デジタルデータ)をPCに取り込む ・その複製をプログラムで解析し、色や動きといった数値情報を統計的に取り出す 技術的保護を回避せずに複製するのは、再生しているところを撮影するといった手段になると思います。 この行為は、以下のサイトでは恐らく違法ではないとされていました。 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20120712_546131.html ポイントは、学術目的で複製を解析して数値情報を取り出すことが合法かどうかだと思います。 私的利用であれば違法にはならないようなので、これが私的利用にあたるかどうかという議論になるのでしょうか。 指導教員に相談しても、このような事例は経験したことがないとのことで、はっきりした解答は得られませんでした。 みなさんの意見を参考にさせてください。よろしくお願いします。 なお、違法な可能性があるようでしたらこの研究は行いません。

  • 無料レポートの刑事罰について

    メルマガを購読しており、無料レポートスタンドにてアフィリエイターの無料レポートを 拝読しております。 だいたいにおいて、PDFページの頭に注意事項が書いており、 「このレポートは著作権法で保護されているものであり、転載、無断配布、流用」 などを禁じており、違反者は「民事・刑事を問わず」法的手段に訴えると書いてあります。 質問ですが、 (1)無料レポートはいつの段階で著作権法で保護されたのか (2)無料レポート規約違反で刑事罰が科せられることはあるのか (個人的には民事にしか該当しないと思うのですが・・・) 特に違反行為をするつもりはないのですが、気になって仕方ありません。 法律に詳しい方、ご教示願います。

  • 知的財産 長文です みんなさんの意見を聞かせてください

    知的財産 長文です みんなさんの意見を聞かせてください 知的財産を調べていて2つの疑問が出てきました ・著作権法について 著作権法は紙やテレビなどのアナログメディアを前提とした著作権者の保護が主な役割であると思います。 しかし近年では情報を瞬時に世界中に広めるネット技術が発展する中で、著作物のデジタル化が進んでいます。 このことによって著作権制度にどのような大きな変化が起きているのでしょうか? ・独占問題について グーグルのような大企業が「グーグル検索」や「グーグル・アース」など便利で画期的なサービスを繰り出していますが、それはすべての情報が1社に集中する可能性があり、危険であると言われています。 情報の独占などは具体的にどのような危険性(怖さ)があるのでしょうか? 堅苦しい質問かもしれませんが、答えていただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

  • 違法ダウンロードと損害賠償

    改正著作権法施行後、第百十九条により、有罪となった場合、別途被害者から不法行為による民事訴訟が起こされる可能性がありますね。その場合の損害額はどのように算定されるのでしょうか? 第120条の2第1号及び第2号の「技術的保護手段を回避する装置・プログラムの公衆譲渡等」は非親告罪ですので、警察が主体的に捜査しますが、その際入手した被疑者以外のアクセスログデータを、業者に提示して、民事訴訟を勧めるケースもありうるのではないでしょうか? 少額訴訟制度を使えば、少ない費用で大量の訴訟を提起できますね。

  • 画像の上のロゴ?を消去する方法

    インターネットでDLした画像に会社名のようなものが重なっているものがあると思うのですが、それを消す方法はあるのでしょうか? 画像を転用されない為の措置かと思いますが、メインの画像の上に透けるような感じで入っています。あと全体にうっすら入っていたりもします。 何という技術なのかもわからないので伝わりにくいとは思いますが、Yahoo! オークションなどでも見かけます。 そういう加工を施しているのを消すのはよくないことかもしれないのですが、応援しているスポーツ選手の画像を個人的に保存しておきたいのです。決して転用したりするつもりはありません。もし著作権法等に抵触するのでしたら諦めます。そこも含めて教えて頂けると助かります。 よろしくお願いします。

  • 試聴をダビングしたいのですが、これは著作権法違反でしょうか。

    昨日、下記のような質問をしたところ著作権法違反になってしまうのではないか?と回答を頂きました。 違反になるのかどうか今後のためにも教えて頂きたいのです。 宜しくお願いします。 ’今、msnのエンターテイメントで (http://entertainment.msn.co.jp/articles/_nartist2.asp?w=123811) 私の好きなマライ○・キャ○ーの新譜「チャー○ブレスレッ○」の発売に伴い 関連リンクとして11/18まである曲が試聴できます。 とてもステキな曲なのでこれをCD-Rに落とせればとふと思ってしまったのですが そういう事は技術的にできますか。’