• 締切済み
  • すぐに回答を!

アフィン空間 集合 一次結合

アフィン空間について調べている際に、線形空間は、任意の一次結合について閉じていなければならないが、 アフィン空間は、係数の和が1である場合にだけ閉じていれば良い。 つまり線形空間1はアフィン空間である。 という説明がありました。 一次結合について閉じていなければならないというのは、 (Vを実数上の線形空間とし、Rを実数事全体とすると) Vのr個のベクトルA1,・・・Arの線形結合は K1A1+・・・KrAr (K1,・・・Kr∈R) Rは実数全体なので、閉じているということは理解できます。 係数の和が1ということは、K1+・・・Kr=1ということですよね。 なぜ、係数の和が1の線形空間はアフィン空間となるのでしょうか? ちなみに、アフィン空間はユークリッド空間から長さや角度などと言った計量の概念を取り除いた空間であると認識しています。

  • RY0U
  • お礼率40% (434/1065)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数678
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3

←No.1 補足 ベクトル空間に、内積が定義されていようと、いまいと、 ベクトル空間であることには、変わりはありませんね。 内積が定義された有限次元ベクトル空間のことを、 ユークリッド空間と呼ぶのです。 計量とは、ベクトル x の軌跡である曲線の長さが 積分 ∫√{ (dx の転置) G dx } で表されるような 行列 G (ただし、各成分は x の関数) のことを言います。 x がアフィン空間にあれば、dx はベクトルになりますから、 そのベクトル空間上に何らかの計量を定義すれば、 x のアフィン空間は、計量を持つアフィン空間ということに なるでしょう。 計量の有無は、アフィン空間であるか否かと関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。 ご回答ありがとうございます。 計量の有無でアフィン空間であるか否かと関係がない事がわかりました。 つまり、アフィン空間はベクトル空間の原点(座標)を持たない部分集合であり、その上で角度や長さと言った計量を定義することは出来ると いう認識です。

質問者からの補足

追加で質問させて下さい。 前回ご回答頂きました内容を読み返していたのですが、一点質問させて下さい。 アフィン空間は、大雑把に言うと部分線型空間を平行移動したような物との事ですが、 アフィン空間→部分線形空間を平行移動→ベクトル空間の原点(座標)を持たない部分集合 という認識でおおよそ正しいでしょうか? 正しくない場合は、部分線形空間を平行移動したものとはなんでしょうか? 何度もすいません。

関連するQ&A

  • アフィン空間 ユークリッド空間 ベクトル空間

    アフィン空間についていろいろ勉強しているのですが、なかなかわからなくて・・・もう何度質問したことか>< アフィン空間はベクトル空間ではないと思っているのですが、アフィン空間とベクトル空間が同じになる場合があるのでしょうか? 一次結合の係数和が1の時、アフィン空間=ベクトル空間となるのでしょうか? また、アフィン空間はユークリッド空間から絶対的な原点・座標を取り除いた空間ですよね(wiki参照)。以前の質問で、計量の有無はアフィン空間であるか否かには関係無いとの事でした。 ということは、アフィン空間はベクトル空間ではないが位相空間、計量を定義すれば距離空間となるのでしょうか? 私のイメージでは、 ある集合→(ベクトルを定義)→ベクトル空間→(位相を入れる)→位相空間→(ノルム・内積を定義)→距離空間 なんですが・・・ アフィン空間はこのイメージから外れてしまって良くわからないのです・・・

  • アフィン空間の定義を簡潔に言うとどんな線形空間の事?

    アフィン空間の定義を知りたく思っています。 ググって見るとユークリッド空間から何々を取除いたものとか線形空間の擬似空間みたいなものとかよく意味が分かりません。 線形空間の8つの条件 (i) (a+b)+c=a+(b+c) (ii) a+b=b+a (iii) ∀x∈Vに対して,x+0=xなる元0∈Vが存在する。 (iv) ∀x∈Vに対して,x+y=0となる元y∈Vが存在する。 (v) c(a+b)=ca+cb (c∈F) (vi) (c+d)a=ca+da (c,d∈F) (vii) (cd)a=c(da) (viii) 1a=a に何の条件を付け加えればアフィン空間になるのでしょうか? ある本には線形部分空間を定ベクトルでずらしたものとか書いて有りました。 そうしますとW⊂VをVの部分空間とすると {w+a∈V;w∈W,a∈V(aは定ベクトル)} が(aに関しての)アフィン空間になるのでしょうか?

  • アフィン空間

    アフィン空間について以前質問させて頂きました。 多少は理解できましたが、不明な点も多々あるため再度質問させて下さい。 前回までの質問から勉強してアフィン空間とは、線形空間のアフィン変換で変換される空間だと認識しています。 ここで、アフィン変換は、線形変換と平行移動をあわせたものです。 アフィン変換は理解できます。ここで、アフィン空間を考える意図って何なんでしょうか? アフィン変換が利用されるのは道路に描いてある文字などですよね。 わざわざアフィン空間と言う集合を考える事が何かの役に立つのでしょうか? 幼稚な質問ですいません。ご回答よろしくお願い致します。

  • 回答No.2
noname#101087

>なぜ、係数の和が1の線形空間はアフィン空間となるのでしょうか? 「なぜ」と訊かれると答えに窮しますが、説明だけでも引用。  http://en.wikipedia.org/wiki/Affine_space >Affine space / Informal descriptions からの拙訳  ↓ 厳密な定義よりは、下記の説明のほうが判りやすい。 「アフィン空間とは、(座標)原点をシカとたベクトル空間である」 (数理物理学者 John Baez) 原点からのベクトル p, a, b を想定し、p から a, p から b へ向かう二つのベクトル a', b' の一次結合を考えれば、 原点からみれば p + h1*(a-p) + h2*(b-p) 。 これは、p, a, b の一次結合で係数和が 1 。 つまり、アフィン結合は係数和が 1 の線形結合。 (注 : この例は、平面<部分空間>を p だけ移動した「超平面」ですね) このあとに、[Precise definition] が続きます。 ご参照のほどを。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。 ご回答ありがとうございます。 >「アフィン空間とは、(座標)原点をシカとたベクトル空間である」 大変わかりやすかったです。

  • 回答No.1

係数の和が 1 の一次結合について閉じている 空間がアフィン空間である理由は、 何故も何も、それがアフィン空間の定義だからです。 アフィン空間とは、大雑把な話、 部分線型空間を平行移動したような物ですから、 計量は、定義されていても構いません。 線型空間に、計量がある場合も無い場合もある のと同様です。 ユークリッド空間から計量を取り去ったら、 残るのは、ただの有限次元ベクトル空間ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 なるほど、定義と言われれば納得です。 一次結合の和=1が何か重要な概念なのかと思ったものですから。失礼しました。 ところで、先の計量を取り去るという説明はWikiを参照させて頂いたのですが、アフィン空間でも計量がある場合があるということですね。 そうするとアフィン空間がよく分からないです・・・ ユークリッド空間からアフィン空間を説明することは出来ないでしょうか? また、ユークリッド空間で計量が無い場合も良く分かりません・・・ 計量を無くしたほうが都合が良い場合があるという事でしょうか? 幼稚な質問で申し訳ないですm(__)m

関連するQ&A

  • 一次結合について

    ベクトルa≡(a1,a2),ベクトルb≡(b1,b2)である時,任意のベクトルx≡(x1,x2)はベクトルa,bの一次結合で一意に表せる事を示せ。(正し,幾何学的な解答は無効) という問題において,以下のように解いて見たんですが x=pa+qb,x=p'a+q'b と2通りで表されるとすると pa+qb=p'a+q'b (p-p')a+(q-q')b=0(0ベクトル) a,bは一次独立なのでa,bの係数は0(0以外はa,bが一次従属になるので) つまり p-p'=0,q-q'=0 p=p',q=q' となるので,任意のベクトルx≡(x1,x2)はベクトルa,bの一次結合であると言える。 となりました。申し訳ありませんが解答・解説をお願いします。

  • 実数の次元

    1.実数Rが有理数Q上の線形空間とみなすことを示す。 2.その時の、次元は無限であることを示す。 上記を示したいのですが、 1.は線形空間の性質を用いて示すことができました。 それで、2.を示したいのですが、 実数Rの次元が無限であることは 任意のn(n:自然数)に対して、n個の一次独立なベクトルが存在すること示せばいいと思ったのですが、実際どこから始めていいかわかりません。 教えてください。

  • ベクトルの係数比較が一次独立じゃないとできないのは

    何故ですか? 「K上の線形空間Xの元 x1,x2,・・・,xn について、  a1x1+a2x2+・・・+anxn=0 を満たす ak (k=1,2,・・・,n) が、  a1=a2=・・・=an=0 だけであるとき、x1,x2,・・・,xn は線形独立」 みたいですが、これを見ても何故一次従属だと係数比較出来ないのかが分かりません 教えてください

  • 線形代数学について

    V が線形空間で b がある線形結合における元の集合   <A1,A2,A3,・・・・,Ar> に含まれているとき、この線形結合に b を加えた集合と、もとのこの線形結合における元の集合と、イコールになることの証明方法を教えてください。よろしくお願いします。。。   <A1,A2、A3,・・・・Ar、b>=<A1,A2,A3、・・・・Ar> を証明したいのです。

  • 「0でない2つのVのベクトルu,vが直交⇒u,vは一次独立」の逆は成り立つ?

    F線形空間Vに於いて, 0でない2つのVのベクトルu,vが直交⇒u,vは一次独立。 が成り立つと思います。 逆 u,vが一次独立⇒u,vは直交。 は一般に成り立つのでしょうか? 成り立たないならばどんな反例がありますでしょうか?

  • 線形代数の問題です。

    線形代数の問題です。 問1.ベクトル空間Vにおいて、次の命題を考える。 Vのベクトル「 (1)X1,X2,X3,…,Xkは一次独立 」とする。 さらに、もう1つのVのベクトルyを付け加えたとき 「(2) X1,X2,X3,…,Xk,yは一次従属 」とする。 このときyは「(3) X1,X2,X3,…,Xkの一次結合 」で一意的に書き表される。 (i)「(1)」「(2)」「(3)」の定義を述べよ。 (ii)上の命題を証明せよ。 問2.次の言葉の定義を簡潔にかつ正確に述べよ。 ただし一次独立、一次結合という言葉は使ってもよい。 (i)線形空間の基底 (ii)線形空間の次元 (iii)線形写像の階数 分かる方お願いします。

  • 線形代数の二次式の集合

    二次式(aベクトル)=a1x^2+a2x+a3・1 についてu1=x^2,u2=x,u3=1とおくと、 (1) a1x^2+a2x+a3・1=0,a1=a2=a3=0より、u1,u2,u3は線形独立である (2)u1,u2,u3の一次結合c1u1+c2u2+c3u3=c1x^2+c2x+c3で任意の二次式を表すことができる。 とありますが、ここで二つ質問があります。まず(1)についてですがなぜ線形独立と言えるのか分かりません。 また、このように二次式の集合Vを線形空間としてとらえて、どのようなことができるのでしょうか?

  • 線形空間

    サイトなど見てみたのですがわからないのでお願いします。 V:係数体K上の線形空間 とする。 {a1,a2,...,am}、{b1,b2,...,bn}がともにVの基底 であるとき m=nである。 線形空間(乗法(逆元)が定義されていない)なので行列のrankは使えないと思うのですが 「Vの任意の元はa1,a2,...,am(b1,b2,...,bn)の線形結合で表せる。」 「{a1,a2,...,am}、{b1,b2,...,bn}は線形独立」 をどう使えばよいかが分かりません。

  • 線形写像

    計量線形空間の部分空間Wの直交補空間をW⊥で表したとする。y∈W、y’∈W⊥に対して、x=y+y’を定める。y=f(x)の線形空間であるのはなぜだろうか。 そもそも線形写像がなんだか分からない

  • 線形写像の問題が分かりません

    (ベクトルも細字で表現させていただきます) 線形写像に関する以下の問題の解説が分かりません. 「線形空間Vの基底を{a1, a2, a3, a4},線形空間Wの基底を{b1, b2, b3}とする.また,VからWへの線形写像をF,これらの基底に関するFの表現行列をMとする. (問題では,F(ai) = (b1, b2, b3の一次多項式)(i = 1, 2, 3, 4)が与えられています.) F(V)の次元を求めよ.」 以上の条件から,( F(a1) F(a2) F(a3) F(a4) ) = ( b1 b2 b3 )M  (*) という関係と,M自体を求めることはできました. そこで,F(a1), F(a2), F(a3), F(a4)の一次関係を調べようとしたのですが,うまくいきませんでした 模範解答には,関係式(*)から,F(a1), F(a2), F(a3), F(a4)の一次関係は,Mの各列の一次関係に等しいとあります. (1)なぜこうなるのかが分かりません. (2)これは,b1, b2, b3が一次独立だから,成立するのですか? (3)式(*)の形の関係式が成り立つ場合,b1, b2, b3が一次従属でも成立するのですか? 以上の3点をお教えいただけませんか?