• 締切済み
  • 暇なときにでも

新型インフルのキャリアと免疫

私の職場は100名ほどいますが2週間前に1名が新型インフルエンザに感染して発病しました。4日後には21名のもの新型インフルエンザと診断され、自宅で治療して、仕事を休みました。 現在は自宅で治療していた者も仕事場に復帰して、その後の発病もないことから職場としては地元の保険所とも相談して安全宣言出ました。 私の回りも何人かかかりましたが、幸いに私は発病することはありませんでしたが、周りの状況から見て私を含めて発病していないものは感染していることは間違いなく、ただ発症しなかっただけなのではないかと思っています。 そこで、教えて欲しいのですが、また、秋にかけて新型インフルエンザが流行する新聞などでは伝えていますが、それに対するワクチンが足らないと言っています。 発病した人は新型インフルエンザにかかってそこで免疫はできたのでワクチンは必要ないのではと思いますし、また、発病しなくても感染した人もワクチンを打ったようなものではないか、よってワクチンの必要はないのではと思いますがいかがでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数57
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
  • USB99
  • ベストアンサー率53% (2221/4130)

普通は、インフルエンザウイルスに罹患するとまず、NK細胞が働いて免疫学的には非特異的な排除を試みます。そこで失敗すると、T細胞だのB細胞だのが働いてウイルスを攻撃します。 インフルエンザウイルスが増殖する咽喉頭は外敵からの攻撃を受けやすいので、NK細胞以外にも様々なウイルスを排除する機構をもっています。もしかしたらうがいや物を食べるといった行為も幾分は有鉤かもしれまえん。T細胞やB細胞が働くには時間がかかるので、こういった非特異的な排除機構が備わっています。不顕性感染で抗体ができている可能性もありますが、どのレベルで発病を阻止できたのか、これは抗体ができているかどうかを調べないとわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 御礼が遅くなり申し訳ございません。 専門的な説明で理解が難しいところですが、要は多段にわたってウィルスを排除する機能があるわけですね。 以下、回答いただいた内容と外れるかもしれませんが... 発病者が出て、会社からの指示もあり、うがい、手洗いは徹底して来ました。その後消毒も行い、消毒液のついたペーパータオルでキーボードや机、かばん等も常に吹いて消毒しましたが、廻りがばたばたかかるので伝染力にびっくりしました。わずか5日間で100人ぐらいのオフィスでやく20名が新型と診断されました。 最初の発病者が出る前にかなり蔓延して痛んだと思います。 発病した社員などもマスク着用をはじめ、指示された対策はしっかりと守っていたはずですが... 「もしかしたらうがいや物を食べるといった行為も幾分は有鉤かもしれまえん」と言うご指摘ですが、それにつながるかもしれませんがマスクについて、私が見つけた効用を紹介します。 マスクをつけてはじめて気づいたのですが、私は何気に指を口に持っていく癖があり、マスクをつけることでその癖に気づきました。うがいがウィルスが体内に入ることを防止すると言うことなら、手先についているウィルスが体内に入ることを防止すると言うことで、意味があるかもしれないと思った次第です。 回答者へのお礼の文章ではなくなり、申し訳ございません。

関連するQ&A

  • 宿主、キャリア、免疫について

    宿主とキャリアの違いは何ですか? 例えば、エボラウィルスに感染したが、潜伏期間を過ぎても発症しない人がいた場合、その人は宿主と言えますか? また、その人は感染源となり得るでしょうか? また、ワクチンにより免疫を獲得した人は、ウィルスに感染しないので、感染源となり得ないと言えるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 新型インフルエンザの免疫

    新型インフルエンザに感染し、完治したら、予防接種は不要ですか? 一度感染すると免疫がつくと聞きましたが、5歳の子供ですが、先月末、感染、完治しましたが、免疫力はどのくらいの期間あるのでしょうか?インフルエンザに感染、完治しても、この流行時期に又感染する可能性はあるのでしょうか?

  • 新型インフルエンザ

    新型インフルエンザについて質問です。 一緒に住んでいる人が新型と判断されました。 咳をしていてマスクもせずそばにいたので私もおそらく 感染したと思うのですが,発症しませんでした。 免疫がついたらワクチンをうたなくても大丈夫だときいたことがあるのですが 例えば,感染したが発症してないケースだとすると 免疫はついたことになるのでしょうか。

  • 回答No.1
noname#160718
noname#160718

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。  質問者さんを含めた80名足らずの同社の人が、「感染しなかった」のか「感染しても発病しなかった」のかは判りません。何人かは発病しても未発症または極めて軽症で済み、何人かの人は感染しなかったのでしょう。  まあ100人が1つの部屋にひしめき合って仕事しているような、いわば家畜の密飼いと同じような状況なのでしたら、感染効率は非常に高いのですが、それでも発病すれば即座に隔離されるような状況で、たかが2週間の間に全員が感染するほど感染力が高いウイルスではありません。密飼いされている家畜でも、伝染病が侵入すれば直ちに全頭が感染するわけではありませんから。  ですから、 >発病した人は新型インフルエンザにかかってそこで免疫はできたのでワクチンは必要ないのではと思いますし、  それはそうですね。発病した人はワクチンを接種するまでもなく高い抗体価を持っていますから、基本的にワクチンは不要です。  ただ、全員が遺伝子検査まで受けて「新型」と診断されてのでしょうか?疫学的に今の時期に季節性が流行するとは考えにくいので、状況的に全員新型に罹患したと考えて良いとは思いますが、もし万が一、何人かが実は新型ではなく季節性に罹患していたとすれば、「私はもう感染したからワクチン接種しなくて良い」と判断してワクチンを接種しなかった場合、罹患のリスクが高くなってしまいますね。 >た、発病しなくても感染した人もワクチンを打ったようなものではないか、よってワクチンの必要はないのではと思いますがいかがでしょうか。  「感染しなかった人」と「感染したが発症しなかった人」を、多人数を容易に判定する方法はありません。  抗体検査をすれば良いのですが、現状で国民全員に対して「検査して抗体陰性の人にワクチン接種」なんてことはできるはずもありません。  従って、ワクチン接種が必要か否かの判断をすることは不可能、ということになります。  まあ、実際のところ新型に関しては「不顕性感染」はそれほど多くないのではと想像するのですが。  というのは、季節性なら毎年流行しているわけですから、たまたま比較的高い抗体価を持っていたというような理由で「感染はしたが発症には至らなかった」ということも一定の確率で起きそうですが、新型に対してはみながまだバージンですから、感染が成立すれば非常に高い確率で発症まで至ると考えるのが自然でしょう。発症するか否かは免疫状態だけでなく遺伝的な要因もあるので、全員が発症するとまでは思えませんが。  というわけで、質問者さんもどちらかといえば「感染していない」という可能性の方が高いように思います。つまり、ワクチンを接種しなければ罹患のリスクが高くなる、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 御礼が遅くなり申し訳ございません。 私の会社はライフラインに関する会社だけにかなり厳重な対策を採っていました。 6月上旬ごろはマスクもN95マスクが毎日支給され、通勤時及び社内では全員マスク着用が義務付けられ、社員全員が遵守していました。 そのときには1名の発病者もいなく、社会的にも一時沈静化して会社から一旦マスク着用の指示はなくなりましたが、先日(13日)に発病者が出て、わずか4日間で21名もの社員が病院にて新型インフルエンザとして診断され、その伝染力にびっくりしたものです。 「質問者さんもどちらかといえば「感染していない」という可能性の方が高いように思います。つまり、ワクチンを接種しなければ罹患のリスクが高くなる」と言う結論に至るまで合理的な説明をいただいたので納得いたしました。積極的にワクチンを打ってもらうことにします。

関連するQ&A

  • コロナ 集団免疫

    集団免疫とは 「ある感染症に対して多くの人が免疫を持っていると、免疫を持たない人に感染が及ばなくなるという考えのことをさす。」 「コロナウイルスでは1人の感染者が2-3人に感染を伝搬させると言われている(再生産数2-3)。 この流行を終息させるためにもし人口の60-70%の人にコロナウイルスの免疫力があれば、1人のひとから1人しか感染者を出すことができないため、 やがて流行が終息していくことになる。」 ※さいとう内科 院長ブログより <山中伸弥さんは 日本の人口の50パーセントの人がウイルスに感染しないと集団免疫状態にならない??> 「活動制限はどれくらい続けるべきか(1回のみの対策の場合) この予測の大前提として、感染拡大は、人口の半分以上が感染し、いわゆる集団免疫の状態になるまで続くと仮定しています。」 ※山中伸弥HPより <イギリスの事情> 「イギリスのジョンソン首相はそのことを念頭に人口の60-70%が感染すると発言していたようだ。 ジョンソン首相は国民のある程度が感染すれば流行が終息すると考えており、最初は緩やかな行動制限を求めていた。 しかし、急速に感染が広がればイタリアと同じような「医療崩壊」を招くことが必至となることが分かり、 その後方針を転換して強力な社会封鎖・厳格な行動制限したと考えられている。」 さいとう内科 院長ブログ 上記のことから、自分が感じたのは 「日本の政府は、急な感染拡大をしないように そして医療崩壊につながる重症化する人を少なくするも、実は 緩やかに軽い感染者を増やし 集団免疫の状態を待っている。(薬もワクチンもないわけなので・・) だから、ワクチンもなく治療薬もないわけだから、熱があっても、コロナ症状があっても、保健所や相談窓口に電話がかかってきても、「あなたは声がしっかりしています。自宅で待機してください。検査はできません。」ということなのでしょうか? つまり、言い方をかえれば、「あなたのような軽い感染者が増えるのを待っているのです。重症化しないように自宅で静養していてください。そして自然に治るのをまってください。」ということなのでしょうか? だから、PCR検査も積極的?でなく、保健所・帰国者相談窓口のかたの受け答えがTVで報道されているような感じなのでしょうか? TVで頻繁に「感染しないように・・」といっていますが、本当は実は「医療崩壊」しない程度に、緩やかに できるだけ多くの人が軽症程度にどんどん感染し、自宅で隔離ホテルで養生して直してください。日本の(世界の)人口の50~70%の人が感染し集団免疫状態になるのを待っているのです。ワクチンは1年~1年半以上になりますし・・? という戦略なのでしょうか? だとすると 軽く感染した人は、栄養に十分気をつけて、自宅で休んでいるのが正解 もし、運悪く 重症化や急に死亡したとしても、それは仕方がない事ということなのでしょうか?

  • 狂犬病の暴露後免疫について教えてください。

    狂犬病は発病するとほぼ100%死亡するようですが、噛まれた後(暴露後)直ちにワクチン接種を行い、免疫獲得により発症しなくなる割合(生存率と言い換えられるでしょうか。)はどのくらいなのでしょうか? googleで調べましたが、それに該当するような統計データが出てきませんでした。 教えていただければ幸いです。ソースがあればさらにうれしいです。

  • 新型インフルエンザ濃厚接触で発症しなかった場合?

    小学生の子供2人が続けてA型インフルエンザに感染しました。 幸い症状も軽く薬を飲み1日で解熱し回復しました。 この時期ですからほぼ間違いなく新型インフルエンザだと思われます。 初期の症状が微熱程度だったため、こどもの食べ残したパンを食べたり、普通に接触していました。 特に週末だったためほぼ一緒に行動しています。 感染がわかってからも家庭内では特にマスクや消毒に心がけたりしていませんでした。(出かけるときはマスクしましたが・・・) しかし、両親ともに発病しませんでした。 ほとんどの人に免疫がなく感染力が強いとのことですが、このような濃厚接触でも発病しないのはなぜでしょうか? 身近でも流行していますが、やはり両親が感染した例は聞きません。 このような濃厚接触者は免疫が付いているのでしょうか? 私たちは、今後、さらに流行した場合、感染するのでしょうか?

  • 免疫力と新型コロナについて

    知識を深めるための質問です。 たとえば新型コロナの保菌者がいます。この人の唾液が2人の人の口の中に入ったとします。 ・免疫力の強い健康な若者 ・衰弱した高齢者 です。 この免疫力の強い健康な若者の口に入ったウイルスというのはどうなるのでしょうか。 ・免疫力(白血球?)に殺されて感染はしないことになる。 ・感染はする、しかし発症しない。保菌者として感染源になるかも。 ・発症するかも。まあこれは高齢者でも同じですね。 どれでしょうか。BSEの時は食べたが最後、でしたよね。 免疫力とウイルスの関係がよくわからないためお教えください。 けして納豆会社の社員ではありません。

  • 新型インフルエンザは弱毒性のうちに感染しているほうがよいのでは?

    とても素人考えなのですが、ご存知の方、教えてください。 今回の新型インフルエンザは弱毒性といわれています。 しかし、一旦流行が収まり、秋冬に本格的に流行するうちに、 強毒性に変異する可能性もあるとのこと。 とすれば、弱毒性の今のうち、新型インフルエンザにかかって、免疫をつけていたほうがよいのでは、など考えてしまいます。 それともワクチンをまったほうが安全でしょうか。 どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら、 ご意見、よろしくお願いします。

  • 新型インフルエンザへの疑問

    O-157は細菌ですが、流行期には2-3個でも発症すると恐れられました。 新型インフルエンザは、ウイルスなのですが、どう考えてみても、日常の生活から普通の人々は、多少なりとも接触していると考えるのが自然ではないでしょうか? その場合、ワクチンに代わる免疫が自然に出来上がっている可能性はないのでしょうか? ワクチン自体が不足していて、また外国から輸入するにしても信頼性に問題があるようです。普段の生活の中で、健康的生活をしながら、むしろ、最低限のウイルスに積極的に接触するような生活を推奨するべきではないのでしょうか?

  • 新型インフルエンザについて

    鳥インフルエンザが人体に感染したとき、新型インフルエンザが流行する、それがもはや時間の問題と聞きました。 そうなると60万人が死亡するらしいのですが、ワクチンが行き渡らないであろうと聞きました。なぜ足りないんでしょうか?またワクチンとは既に作られているんでしょうか? また、流行るとしたら大体いつ頃なんでしょうか? 急に不安になってきました。誰か教えてください。

  • 免疫について

    以前、ウイルス・抗体について質問させていただいたのですが、また疑問に思うことがあったため、皆様のご回答をお願いしたいと思います。 先日「アイアムレジェンド」という映画を観ました。内容をかいつまんで言いますと、世界中がウイルスに犯され、主人公だけが免疫を持っていたためただ一人生き残り、毎日感染者に怯えながらウイルスの研究や他の生存者を探して日々を過ごしている。。。というような感じです。 質問したいのはその、「主人公だけが免疫を持っていた」ということです。これはどういうことなのでしょうか?特に映画の中では、主人公だけがワクチンを打っていた、というくだりはなかったので、生まれついてのものだと思うのですが、それは遺伝によるものなのですか? インフルエンザやSARS、エボラも、生まれつき免疫を持った人はいるのでしょうか?また、その免疫を持っていれば絶対にそのウイルスには感染しないのでしょうか? 文章が長く、質問も多くて申し訳ありませんが、どうかわかりやすいご説明、ご回答お願い致します。

  • なぜ収束のあと規制を緩和するのですか?

    なぜ新型コロナウイルスの収束が観測されると規制を緩和するのですか?なぜ、緊急事態宣言に期間を設けるのですか? 緩和したらまた流行始まりますよね? 徐々に感染させていき抗体を持つ人を増やしていくことが目的であれば理解出来ます。 そうでなければ、治療薬かワクチンが完成するまで緩和してはいけないと思います。緊急事態宣言も治療薬かワクチンが完成するまで無期限とするべきだと思います。

  • 新型インフルエンザは、ウイルス1個でも感染・発症しますか?

    極端な例ですが、ウイルスが1個でも体内に侵入したら 発症するものでしょうか? 新型インフルエンザウイルスに対する、特定の免疫(ワクチンなどで)がなくても、体力(免疫力、抵抗力)のある人は、 ウイルスが体内に感染しても、発症せずにすんでしまうこともありますか? 感染しても、潜伏期間のうちに発症せずに終わってしまうようなこともあるでしょうか?