• ベストアンサー
  • 困ってます

fatty acids

Iron overload can interfere with insulin signaling through the induction of reactive oxygen species , the latter impairing insulin uptake through a direct effect on insulin receptor function by inhibiting the translocation of glucose transporter 4 to the plasma membrane and iron induces IR of glucose transport in adipocytes through a mechanism independent of fatty acids. 鉄過剰は活性酸素種の誘導でインスリンのシグナル伝達を妨げることができます、そして、インスリン受容体で直接効果を通してインシュリン取り込みを損なう後者は、ブドウ糖輸送担体4の転座を原形質膜に禁止することによって、機能します。 そして、鉄は脂肪酸の如何にかかわらずメカニズムを通して脂肪細胞における、ブドウ糖輸送のIRを引き起こします。 このような訳になりましたが、脂肪細胞と鉄とIRはどのような 関係にあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数45
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ddeana
  • ベストアンサー率74% (2977/4020)

訳に関してはほぼ問題ないと考えます。後はインシュリンレセプターの働きや鉄との関係、IR(インシュリン レジスタンス)とはなんぞや?という知識をお持ちであればおわかりになると思います。 簡単に言えば(かなり省略してます。詳しいことは専門書でご確認ください)、筋肉や個々の脂肪細胞のプラズマメンバランスにグリュコーズを運ぶ為のGlucose trasporter 4 (GLUT4)の働きが、多すぎる鉄によって妨げられるということです。インシュリンは鉄(特にK+とPO43-)の摂取とグリュコーズの摂取どちらにも”GO"サインを出すのですがそのバランスが崩れるということです。Free Fatty Acidsはグリュコーズの摂取を妨げるメカニズムを持つことは知られていますが、多すぎる鉄はそれとは関係なくインシュリンの活動を妨げること(IR)を引き起こすということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

苦手分野ですがトライします。 まず訳を自分なりに整理しました。 鉄過剰は活性酸素種の誘導を通してインスリンのシグナル伝達を妨げることができ、 後者はブドウ糖輸送担体4の原形質膜への転座を禁止するインスリン受容体機能への 直接効果を通してインシュリン取込みを阻害します。 そして、鉄は、脂肪酸とは関係の無い(ある)メカニズムを通して、脂肪細胞中で ブドウ糖輸送のIRを引き起こします。 これから、 鉄は脂肪細胞中でIRを引き起こす。 という関係の様に見えます。 訳語は全て原訳から取りました。adipocytesの訳は確認できませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 脳が使う糖分の種類

    脳細胞はglucose(ぶどう糖?)をエネルギー源に使うと知りました。このglucoseが多く入っている食品を教えてください。 また、sucroseやその他の糖分はどのようにして脳にとってglucoseの代替となるのか教えてください。

  • 低インシュリンダイエットで最近流行の血糖値をあげないお茶は有効?

    低インシュリンダイエットは 「インシュリンを低くおさえる食品を取ることで、血糖値を低く保ち、インシュリンの脂肪合成を阻止し、脂肪燃焼をすすめます。インシュリンには、血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、消費されずに残った糖を脂肪細胞に運んでたくわえさせる働きがあります。このインシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなります。また、脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させるグルカゴンの分泌もうながされます。」 との事ですが、最近流行の食前に飲んで血糖値をあげないようにするお茶ってダイエットとしても使えるんでしょうか?

  • 糖尿病の方って肥満な方多いですよね

    糖尿病にはいくつかの原因がありますが、 その中のインシュリンの作用についてですが、 インシュリンって血液中のブドウ糖から細胞に栄養を伝えるのに使われたり、肝臓に備蓄したりと活躍してますが、 糖尿病になるとそのインシュリンの作用が悪くなって、血液中に糖が溢れ出すって事と聞いてますが、 そうなるとブドウ糖が身体に吸収出来ずに逆に痩せるのではないかと思うのですがどうなのでしょうか?

  • contribute to IR

    It is quite plausible that the unhealthy diets contribute to IR not only through excess fat intake but also through excess iron supply. 「健康でない食事は過剰な脂質だけでなく過剰の鉄をあたえる事は 妥当である」 と思いましたが、IR(インスリン抵抗性)はどこに いれたらいいのでしょうか? 訳わかる方お願いします。

  • 一般の細胞はインスリンなしで糖を取り込めないか

    NHKの番組で医師が細胞はインスリンがないと糖を取り込めないと言っていましたが、筋肉や脂肪細胞や肝臓以外の一般の細胞はインスリンなしで糖を取り込んでいると書いてある教科書があります。どちらが正しいのでしょうか。

  • 英訳をお願い致します。

    どなたか、次の文の英訳をお願いいたします;; インスリンとは、簡単に言うとブドウ糖のコントロールをしているものです。だから、インスリンが不足したり、うまく作用しないような事があれば、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなります。その結果、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまい、血糖が上がってしまうのです。そうなると、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないので、全身のエネルギーが足りなくなるという事が起きます。 糖尿病が進行すると、手足がしびれたり、視力が弱まったりします。ひどい場合には目が見えなくなったり、手足の小さな傷が腐ってくるという事もあります。

  • インスリン抵抗性という言葉の意味

    インスリン抵抗性という言葉の意味 この言葉はよく聞きますが、体が必要とする以上の糖を取り込んだ結果、いくらインスリンの分泌があっても体が糖を処理できなくなった状態と考えてよいのでしょうか。糖尿病を悪化させるのはインスリン抵抗性の状態というより長期にわたって高血糖の状態が続くことだとすれば、このインスリン抵抗性云々という言い方にはあまり意味がないように思うのですが、肥満した結果、脂肪細胞がもうそれ以上糖を脂肪にかえて蓄えられないという警告のようなものとして考えることも可能でしょうか。

  • 糖尿病って筋肉の病気というのは本当ですか

    隠れメタボの人は筋肉がインスリンの作用で糖を取り込まないことと関係があるらしいですが、これは生まれつき脂肪細胞が少ない人が筋肉が衰えるような生活をしているということなのでしょうか。

  • 英訳お願い致します。

    どなたか、次の文の英訳をお願い致します。 今年の7月の初め頃に、私のおばあちゃんが入院しました。左足が真っ赤な色に腫れてしまったからです。その原因はおそらく蚊などに刺されたあとに、雑菌でも入ってしまったのだろうという事でした。 しかしその病院で血液検査をした時、おばあちゃんが糖尿病だという事がわかりました。私は糖尿病は大変な病気だとはわかっていたけれど、詳しい事は知りませんでした。そこで、糖尿病について調べてみました。 糖尿病は、血糖値が高くなる病気です。食べ物や飲み物を消化して作られる、ブドウ糖というものがあります。ブドウ糖は体を動かすエネルギー源となるもので、血液の流れにのって体の細胞に運ばれ、筋肉や臓器で使われます。血糖値というのは、血液中にそのブドウ糖がどのくらいあるのかを示すものなのです。 糖尿病になると、ブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血液のなかにあふれてしまいます。どうしてそうなるのかというと、インスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなってしまうからです。

  • クエン酸は本当にダイエットの敵なんでしょうか?

    あるサイトでクエン酸が次のように書かれていました。 >ブドウ糖:細胞質(解糖系)でエネルギーとなります。 >⇒クエン酸は、ブドウ糖からエネルギーが作られるのを抑制する作用があります >脂肪酸:ミトコンドリア内に入ってエネルギーとなります。 >⇒クエン酸は脂肪酸がミトコンドリア内へ入るのを抑制する作用があります 書かれていたことは要するにクエン酸があることでブドウ糖や脂肪酸が燃焼しにくくなるので「ダイエットの敵」だということでした。 クエン酸はダイエットや血液サラサラ効果があるので良いと思っていましたが意外でした。 スポーツドリンクにもクエン酸が入っている表示をみました。 よく分からなくなってきましたので教えてください。 クエン酸は本当にダイエットの敵なんでしょうか? よろしくお願いいたします。