• 締切済み
  • すぐに回答を!

分詞構文についていおしえてください。

各問題で、1~4の中から正しいモノを選びます。 <1>.( )a dancer herself, she has excellent posture. 選択肢:1:Being ,2:Been ,3:Having ,4:To be <2>.( )what to say, I don't say anything. 選択肢:1:Known not ,2:Knowing not ,3:Not knowing ,4:Not known <3>.( )on a computer, the secretary sent the important e-mail to her boss. 選択肢:1:Turn ,2:Turned ,3:Having turned ,4:Turns <4>.( )rainig the day before, the picnic was postponed. 選択肢:1:Having been started ,2:It has started ,3:It having started ,4:It has been started 解答には、順に、1,3,3,3が答えと書いてあります。 分詞構文は、元の分詞構文にする前で、 1.接続詞を消す、2.主語をみる→同じなら、主文の主語を消す。 3.動詞の時制をみる→同じなら、主文の動詞を現在分詞に。 というかんじにして、上記の問題を考えていますが、この場合、問題文には、元の文章が書かれていなくて、自分、どうやって答えに導いていいのかが分かりません。 詳しく教えて頂けるとかなり助かります。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

分詞構文のこの類の問題を簡単にこなすためには、4つのことがキーです。 ・分詞節の主語 ・現在分詞か過去分詞か ・分詞節の時制(完了) ・分詞節の意味 <1>.( )a dancer herself, she has excellent posture. 選択肢:1:Being ,2:Been ,3:Having ,4:To be まず、分詞節は、「彼女自身ダンサー」ということ、主節は「彼女は姿勢がよい」ということを述べています。分詞節の主語は主節と同じ「彼女」であるということがわかります。「彼女自身がダンサーである」というので、これは能動態なので現在分詞を入れます。これで1か3なのですが、Havingを選ぶと、「彼女自身ダンサーを持っている」「彼女は姿勢がいい」の2つの文章に脈絡がないので、「彼女自身ダンサーである」のBeingを選びます。もしHaving beenという選択肢があったとしたら、キー3「時制」を考えると、「彼女自身ダンサーだった」という完了した過去と「彼女は姿勢がいい」という現在を結び付ける脈絡があれば、それは文章として成り立ちます。ですからここではHaving beenとBeingの選択肢の両立はありません。そして、キー4「意味」を見ると、「彼女自身ダンサー」なので、「姿勢がいい」という文と文のつながりがわかります。 <2>.( )what to say, I don't say anything. 選択肢:1:Known not ,2:Knowing not ,3:Not knowing ,4:Not known キー1「主語」ですが、これは選択肢に主語が入っていないのもあり、主節と一緒の「I」になります。そして、キー2「現在分詞か過去分詞か」ですが、「私が知られる」のか「私が知る」のかという問題を考えるとわかると思います。分詞節は「何を言うべきか」というwhat句がきていますので、「何を言うべきかが私を知っている」ということはありえません。そこで、「私が知る」という能動態ですから、現在分詞を選びます。今回は選択肢は1と3の違いなんですが、これは否定詞の位置の問題であって、分詞構文とは違うポイントですね。否定詞は否定するべきものの前に来ます。この場合、「何を言わないべきか」という否定の仕方もありますが、その場合は「what not to say」になるでしょう。「何を言うべきか知らない」のですから、動詞knowの前に置くことになります。キー3「時制」はともかく、キー4「意味」は見ておきましょう。「何を言ったらいいかわからない」ので、「私は何も言わない」。です。ここに文章の脈絡があることは確認しましょう。 <3>.( )on a computer, the secretary sent the important e-mail to her boss. 選択肢:1:Turn ,2:Turned ,3:Having turned ,4:Turns まずturn onという熟語は必須ですね。電気などのスイッチを入れる時に使います。反対はturn offです。「コンピューターのスイッチを入れる」と「秘書は上司に重要な電子メールを送った」の2つの文章ですね。これは分詞節の主語はthe secretaryで、秘書がコンピューターのスイッチを入れたんだとわかります。キー1「主語」がわかったので、キー2「現在分詞か過去分詞か」が次です。スイッチを入れるという行動は、秘書が行うわけです。まさか秘書のスイッチが入れられるのではないでしょう(もしそうだとしたら、computerがなんだかわからなくなります)。ということで、現在分詞を使います。これでもう3しか答はないのですが、一応キー3「時制」について。「スイッチを入れた」後で「メールを送る」というのが時間的に正しいですね。「スイッチを入れる」という行為は一瞬のことで、それが終わった後というのがはっきりするので、主節が過去ということもあり、「完了」にする方が好ましいです。キー4「意味」はもうわかるでしょうが、「コンピューターのスイッチを入れた」後で「秘書は上司にメールを送った」ということになりますね。これは「理由」と解釈するより自然だと思います。省略された接続詞は推測されるしかないからです。 <4>.( )rainig the day before, the picnic was postponed. 選択肢:1:Having been started ,2:It has started ,3:It having started ,4:It has been started 分詞節は「前の日に雨が降り始める」、主節は「ピクニックは延期された」ですね。キー1の「主語」の出番です。ピクニックが雨を降らすのではないですね。雨が降るなどの天候に関するitというものがありますが、それがここでは必要なので、選択肢にItが入っていないものは除外します。つまり1ではないとここでわかります。まあ、分詞構文だと勘付いていれば、2でも4でもないと思うでしょうが、ともかく、キー2「現在分詞か過去分詞か」について見ていきます。さて、「雨が降る」というのはS+Vであって、O(目的語)を取りません。ということは、受動態はありえないので、過去分詞ではなく、現在分詞を使います。キー3「時制」とキー4「意味」を同時に見ると、「前の日に雨が降り出した」ので「ピクニックは延期された」、ということになるのですが、「降り出す」の「出す」は問3と同じ一瞬の時点を指しているので、それより後で「ピクニックは延期された」ことになります。主節が過去時制であり、それより前の過去の一点の完了行為なので、完了時制を取ります。 こういう解法ですね。 分詞の種類をわかるためには、主語と文脈(意味)がわかる必要があります。そして分詞の種類がわかったら、最後に時制が完了になるのか。時制をわかるためにはやはり意味を知るべきです。 最大のキーは「意味を読み解くこと」ですね。 選択問題の時は、分詞構文を問う問題らしいのに、選択肢について「分詞節に分詞がない」「分詞節の一般動詞が分詞形になっているのに、それにhaveなどの助動詞がついている」ものなどはまず除外して考えていいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Pippin
  • ベストアンサー率50% (196/389)

まず文法をやったのは100年位前で、特に大得意でもなかったので、そこはお許しを…。間違っていたらちゃんとどなたか指摘してくださいね。 <1>.Being a dancer herself, she has excellent posture. ★She has excellent posture because (as) she is a dancer. <2>.Not knowing what to say, I don't say anything. ★I don't say anything because (as) I don't know what to say. <3>.Having turned on a computer, the secretary sent the important e-mail to her boss. ★The secretary sent the important e-mail to her boss after she had turned on a computer. <4>.It having started rainig the day before, the picnic was postponed. ★The picnic was postponed because (as) it had started raining the day before. 全然詳しくないですけど、「元の文章」は意味を考えれば出てくると思います。それを接続詞を使ってどう表現するか考えて見て下さい(すごい無責任)。多分そういう風に元の文に戻すドリルとかもありますよね、きっと?数をこなせば考えなくても出来るようになる日が来ます。勉強頑張って下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分詞構文で、

    It で始まる分詞構文で、例えば、It being Monday, the barbar shop was closed. (1)この文の否定形(月曜日でなかったので)にしたい場合は、notはどこに置けばいいのでしょうか?   (2)形式主語 It がある分詞構文の否定文のnot は、置く場所というのは決まっているのでしょうか?  

  • 分詞構文の書き換えについて。

    分詞構文について質問です。 As it was printed in haste, the book has many faults.という文章の書き換えで having been printed in haste, the book has many faults.という答えなのですが なぜ、beingではなく、having beenになるんでしょうか? 後ろの文との時制の差を出すためですか? 教えてください。

  • 分詞構文について。

    こんばんは。分詞構文の勉強をしているのですが、どのように理解すればいいか分からないところがありました。 The letter having been written in haste, had many mistakes. …という文があるのですが、主語の"The letter" が文頭にきているのはどうしてでしょうか? (Having been)written in haste, the letter had many mistakes. ↑では間違いでしょうか?今までの分詞構文の例文だとこの形が多いように思うのですが。。 どちらも可能な気がするのですが、意味においてニュアンスの違いがあるのでしょうか??教えてください(>_<)

  • 「~ながら」を分詞構文を使って書く

    こんばんは。分詞構文が苦手なので、教えてください。 下記の例文を分詞構文で書きたいと思っています。 例文:軸はa(液)でコーティングされながら、矢印のポジションまで回転される。 その(1)ベタに書いてみる The shaft is turned to an arrow position while (the shaft) is coated with a. ↓ その(2)whileを使って分詞構文にしたい The shaft is turned to an arrowed position while being coated with a. その(3)付帯状況を使って書いてみる The shaft is turned to an arrowed position, being coated with a. と書いてしまいます。 分詞構文は主語が重なれば、一方を削除して接続詞も削除するのですよね?ですが、whileがないと分かりにくいと思うので、(2)のようにwhileをつけたくなるのですが、これは間違っていますか?そもそも(2)は分詞構文になっていないのでしょうか? (2)分詞構文、(3)付帯状況苦手です。お気づきの点をご指摘いただけたら幸いです。また、「~ながら」の文章を書く際に役立つ表現・構文がありましたら、教えてください。

  • 分詞構文

    分詞構文の『Being』や『Having been』は省略できるときがあると聞いたんですが、どういう時に省略可能なんでしょうか?

  • これは分詞構文ですか?

    英語の書き換えの問題で  He was not aware that he had done wrong.  =He was not aware( of)( having)( done) wrong. (彼は間違ったことをしたことに気づいていなかった。) という文ですが、awareがあるのでthat節を使うものをofを使うもので置き換えたものです。 この場合はhavingに書き換えられているのですが、これは分詞構文ですか? 分詞構文を作るためには(カンマ),が必要ではないのでしょうか? もし分詞構文であるなら何故そう言えるのかと、そうでないなら何故そう言えるのかを教えてください。 よろしくお願いします。

  • カンマの後ろが完全な文だと分詞構文?

    Not ______ through any ordeals, our young company is not yet fuly aware of what it takes to survive in the business world という文章があります この空欄の部分が4卓となっております 1,having pass 2,passing 3,passed 4,having to pass という4卓でさっぱりわかりませんでした 答えの解説はカンマの後ろの部分が完全な文になっているため これは分詞構文を選択しなくてはいけないとのことです ちょっとこれの意味がよくわからないのですが… そもそも分詞構文というものがよくわかっておりません 教えてくださいよろしくお願いします

  • 分詞構文について

    分詞構文の用法で良いかどうかお聞きします。 You see a great offer and you think “I’d like to go and do that”, and then you start trying to book it and you actually see that it’s no longer available, or that you’re going to have to pay much more money. And having made that emotional commitment to go and do something there’s nothing worse than having to make a decision to either pull out or to pay much more than you perhaps were anticipating. という文章の中に And having made that emotional commitment to go and do something there’s nothing worse than having to make a decision to either pull out or to pay much more than you perhaps were anticipating. とありますが、このhaving は分詞構文の用法だということは正しいでしょうか。 又、分詞構文の用法であるとしたら、 「分詞の意味上の主語が主節の主語と一致する場合」 と、 「分詞の意味上の主語が主節の主語と異なる場合」があります。 どちらに該当するかがよくわかりません。 そして、意味ですが、 時:when、while、afterなどの意味、 原因・理由:as、because、sinceなどの意味 条件:ifの意味 などが挙げられます。 この場合は、「原因・理由:as、because、sinceなどの意味」と、とらえるのでしょうか。 全文は、このURL を開きPDFでダウンロードして見ることができます。 http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/general/sixminute/2011/06/110602_6min_english_holidays_online.shtml よろしくお願いいたします。

  • 分詞構文での省略

    参考書に、 分詞構文をつくるbeingやhaving beenは省略可能、と書いてあるのですが、 過去を表すときに使うhaving doneからはhavingは省略できないのでしょうか?

  • 分詞構文について

    Because he had deeply moved, he tired to express his thanks. 上の文章を分詞構文にすると Having been deeply moved,he tired to express his thanks. となりますか? ご回答よろしくお願いします。