• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

分詞構文について

分詞構文の用法で良いかどうかお聞きします。 You see a great offer and you think “I’d like to go and do that”, and then you start trying to book it and you actually see that it’s no longer available, or that you’re going to have to pay much more money. And having made that emotional commitment to go and do something there’s nothing worse than having to make a decision to either pull out or to pay much more than you perhaps were anticipating. という文章の中に And having made that emotional commitment to go and do something there’s nothing worse than having to make a decision to either pull out or to pay much more than you perhaps were anticipating. とありますが、このhaving は分詞構文の用法だということは正しいでしょうか。 又、分詞構文の用法であるとしたら、 「分詞の意味上の主語が主節の主語と一致する場合」 と、 「分詞の意味上の主語が主節の主語と異なる場合」があります。 どちらに該当するかがよくわかりません。 そして、意味ですが、 時:when、while、afterなどの意味、 原因・理由:as、because、sinceなどの意味 条件:ifの意味 などが挙げられます。 この場合は、「原因・理由:as、because、sinceなどの意味」と、とらえるのでしょうか。 全文は、このURL を開きPDFでダウンロードして見ることができます。 http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/general/sixminute/2011/06/110602_6min_english_holidays_online.shtml よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数221
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>このhaving は分詞構文の用法だということは正しいでしょうか。  はい、そうだと思います。この分詞構文の意味上の主語は主節の主語と一致しないのに、独立分詞構文のようには明示されていません。「懸垂分詞」と呼ばれるものです。読めば主語の違いが分かるから分詞の主語が省略されてしまった…というようなややルーズな用法で、学校英語でこういう文を書くことは認められていません。でも、英米ではちゃんとした作家でもごくたまに使うことがあります。 >この場合は、「原因・理由:as、because、sinceなどの意味」と、とらえるのでしょうか。  そのご理解でもOKだと思います。  having madeですから、「emotional commitmentをもう既にしてしまったので」、「引き下がるか予想外の出費を強いられるかのどちらかしか選べなくなってしまうってのは最悪」と繋がります。    私個人としてはeven thoughの意味で「対照」的な使い方だと思います。分詞構文は副詞句ですから、よく説明される「時、原因・理由、条件、付帯状況…」に当てはまらなくてもこのように成立することがあります。  「emotional commitmentをもう既にしてしまったのに(も拘わらず)」、「引き下がるか予想外の出費を強いられるかのどちらかしか選べなくなってしまうなんて最悪だ」ととりました。直前の文からのつながりでいけばこちらの方がしっくり来るように思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ad-astraさん 詳しい説明をありがとうございました。 意味もそうですが、分詞構文の意味上の主語は主節の主語と一致していない事についても疑問でしたので、そのわけもわかって勉強になりました。 「懸垂分詞」というのは今までで初めて聞いた言葉です。そういう分詞構文があるのですね。 又、even thoughの意味を当てはめた方が文章の意味がよりしっくりきますね。 文法に執着せずに解釈する英語力をお持ちでうらやましいです。 とても感心してしまいました。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

 「having made that emotional commitment to go and do something」の部分は分詞構文だと考えられます。  接続詞を用いれば「once/after you have made ...」となるではないでしょうか。その場合の意味は「ひとたび(あなたが)そのような一時の感情により・・・するという確約をしてしまったなら(その後は)、~」となります。  ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

gogoo1956さん 回答をありがとうございました。 分詞構文だということははっきりしましたが、今回その場合の意味を考えるのはなかなか難しいと思いました。 他の方の回答と共に参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3502/7239)

Once you make that emotional commitment to go and do something, ... ということで、「いったんそう決めてしまえば、・・・」 となりますから、「時」 とも 「条件」 ともいえるんじゃないでしょうか。 文法的なことはよく分りませんが、「分詞の意味上の主語が主節の主語と異なる場合」 かもしれないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

bakanskyさん 回答をありがとうございました。 今回いただきました他の回答と一緒と共に参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • これは分詞構文ですか?

    英語の書き換えの問題で  He was not aware that he had done wrong.  =He was not aware( of)( having)( done) wrong. (彼は間違ったことをしたことに気づいていなかった。) という文ですが、awareがあるのでthat節を使うものをofを使うもので置き換えたものです。 この場合はhavingに書き換えられているのですが、これは分詞構文ですか? 分詞構文を作るためには(カンマ),が必要ではないのでしょうか? もし分詞構文であるなら何故そう言えるのかと、そうでないなら何故そう言えるのかを教えてください。 よろしくお願いします。

  • 分詞構文

    Built more than five thousand years ago, the Pyramids still remain nearly perfect. この分詞構文の文なんですが、受け身の分詞構文ということはわかるのですが、立てらたのはひとつ前の時制なので、Having builtではないのでしょうか? 間違いでしょうか? 教えてください。

  • 分詞構文いついて

    1) Wen I was reading the newspaper,my wife came in,wearing business clothes. 2) Having only one bathroom is very stressful. 1),wearing business clothes 2),Having only one bathroom は、分詞構文だと思うのですが、それぞれ、分詞構文でない形だと、どのようになるのですか? 出来れば、分詞構文について、解説をしていただければ幸いです。よろしくお願いします。 独立分詞構文とか色々書いてあるものがあるのですが、例文とかが長くて難しいので、なかなかスッキリと理解できません。あと、文中にある分詞構文とか、分かりやすく教えて下さい。

  • 分詞構文がでしょうか?

    分詞構文を勉強中です。 分詞構文の現在分詞と動名詞の区別ができません。 After enjoying my tea, I went to the shop . という文の前半部分ですが、 分詞構文なのでしょうか? enjoyingは動名詞という解釈は成り立ちませんか? 同じく分詞構文で A polar bear had discovered the camp and was eating the dogs' food . の前半部分を分詞構文に変える問題で A polar bear, having discoverd the camp , was eating the dogs' food . が正解になっているのですが、 Having discoverd the camp , a polar bear was eating the dogs' food . とすると定期テスト(高校)では不正解になりますか? 重ねての質問ですみません。 よろしくお願いします。

  • 分詞構文について

    また疑問が起きてしまいましたので質問させてください。 特に文法が得意な回答者の方々が書いてくれることを望んでいます。 分詞構文にいろいろな用法名がありますね。 これはなぜ学校文法では教えているのでしょうか、ということなのです。 分詞構文の用法はその分詞構文が主節にどのような意味を追加しているのかと言うことですね。 しかし、その意味合いを知らなければわからないことなのと違いますか? (この理解は私にとって大きな質問になりますので、この理解が間違っているのであればどうか指摘してください) そうすると、いろいろな用法用語選択は意味がわかってからとなりますね。 意味がわかってから用法用語を思い出してその中からその意味合いとマッチする用語を選ぶと言うことになりますね。 つまり、試験などでその文章の意味合いがわかっているのかどうかを調べるのであればそれなりに必要性は私も感じます。 しかし、意味がわからなければ選べないと言うことなのではないか、つまり、意味がまずわからないで選らないわけですから、選べると言うことはもうすでにその文章の意味がわかっている、と言う事ですよね。 意味がわかっているのであれば、その意味を分類する必要もなくなっているということではないのでしょうか。 つまり、分類した用語にマッチさせる必要を求めるのは何のためにするのか、と言う事になるのです。 簡潔に、分詞構文の用法用語の用法名の数々を覚えなくてはならなく、そして、文章の意味がわかった時点でなぜその名称とマッチさせる必要性を学生に要求するのは何のためなのか、と言う質問になります。 それとも文章を見ただけで用法がわかり、用法がわかるから意味がわかるようにつながると言うのでしょうか。 それともその用法を一つずつ当てはめていってヒントにするのでしょうか。 辞書の使い方でそういうのがありますね。 日本での英語教育を理解するには必要だと感じる項目だと信じています。 前回と同じくいろいろな方々からの私を目覚めさせるつもりで書いていただけることを願っています。 よろしくお願いいたします。

  • 英語 分詞構文?懸垂分詞?

    次の文章の意味はわかりますが、構造がわかりません。どなたかご指導お願いします。 The victory was motivated by the events earlier that year, making their desire to win much stronger than that of their opponents. (その勝利は、その年の初めに起きた出来事によって動機づけられていることは間違いなく、その結果、対戦相手よりもあるかに強い勝利への執着が生まれたのです) , making が分詞構文だとすると、主語がthe victory でなければなりませんが、意味的には主語はthe events だと思います。和訳には、その結果、とあったので分詞構文と捉えているようですが、前の文全体を指すような懸垂分詞ではないかと思いますが、自信がありません。教えていただけますでしょうか。

  • 分詞構文について。

    こんばんは。分詞構文の勉強をしているのですが、どのように理解すればいいか分からないところがありました。 The letter having been written in haste, had many mistakes. …という文があるのですが、主語の"The letter" が文頭にきているのはどうしてでしょうか? (Having been)written in haste, the letter had many mistakes. ↑では間違いでしょうか?今までの分詞構文の例文だとこの形が多いように思うのですが。。 どちらも可能な気がするのですが、意味においてニュアンスの違いがあるのでしょうか??教えてください(>_<)

  • 分詞構文

    BCSs expressed varied expected therapeutic benefits, practical concerns, and decision support, emphasizing the "natural appeal" and symptom appraisal as key determinants when using acupuncture for HFs. Incorporating these factors in counseling BCSs may promote patient-centered communication, leading to improved hot flash management and quality of life. emphasizing以下は分詞構文ですよね?when 以下はemphasizing以下の副詞節の副詞節でしょうか? Incorporating these factors in counselingも分詞構文でしょうか? leading to 以下は分詞構文の結果的な用法として訳するとよいでしょうか?

  • 分詞構文

    分詞構文の『Being』や『Having been』は省略できるときがあると聞いたんですが、どういう時に省略可能なんでしょうか?

  • 分詞構文と主節がどの様な意味をもつのか分かりません。

    分詞構文と主節がどの様な意味をもつのか分かりません。 ※分詞構文が主節より以前の”時”を表す場合には<having been+過去分詞>となる、と、説明されているのですが理解できません。 例)Being married to a German,she can speak German well.   (ドイツ人と結婚しているので、彼女はドイツ語が達者だ) Having been scolded,the boy is crying in his room.   (しかられたので、男の子は部屋で泣いている) なぜ【Having been】になるのが理解できません…【Being】では…。 理解できる方おりましたら回答よろしくお願いいたします。