• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コンプレッサによる温度と圧力について

屋内設置の圧縮機で空気を圧縮する場合なのですが 圧縮機の 入口:温度=42℃、圧力=1BAR(大気圧)      出口:温度=107℃、圧力=12BAR の場合において、      出口の温度を10℃下げたいのですが、この場合の      圧力をどのくらいにすれば目標値に出来るのでしょうか。 放熱等の問題もありますがザックリとした計算でいいので教えて頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2973
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

圧力比12で断熱圧縮とすると300℃を超えますから、 冷却されているようです。 ポリトロープ変化と仮定すると変化は、 T2/T1=(P2/P1)^((n-1)/n) で表されます。 ここでTは温度K、Pは圧力、2が出口、1が入口、 nがポリトロープ指数です。 (107+273.15)/(42+273,15)=12^((n-1)/n) 1.206=12^((n-1)/n) ((n-1)/n)=log12(1.206)=0.0754 となり圧力比の0.0754乗となります。 10℃下げたいので圧力比をπと表すと。 (97+273.15)/(42+273,15)=π^0.0754 1.175=π^0.0754 π=1.175^(1/0.0754)=8.43 とりあえず8.4BARから始めてみたらよさそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。 8~9の設定から試みてみます。 ご親切に感謝いたします。

関連するQ&A

  • ガスタービンエンジンの軸流圧縮機について

    ガスタービンエンジンの軸流圧縮機について質問します。 コンプレッサーは空気の圧力を高める役割を果たしますが、なぜ空気は低い圧力の入口から高い圧力の出口へと流れることができるのですか?

  • 圧縮機の圧力流量特性

    蒸気タービンでは、蒸気重量流量と圧力の関係が蒸気円錐式で表されますが、空気圧縮機でも同様な円錐式で表現できるのでしょうか。 蒸気円錐式は 多段膨張、膨張がポリトロープ変化・・が条件としてあったように記憶していますが、 空気圧縮機の場合でも、 多段の場合なら、 膨張ではなく圧縮プロセスですがポリトロープ変化であることには変わりはありません。 既設の空気圧縮機の動作環境を少し変えた時の空気流量変化、駆動力変化のシミュレーションをしたい。 変化させる環境条件は入口空気温度、出入り口圧力等です。

  • 発電所で用いられる蒸気の圧力、温度について

    発電所で用いられる蒸気の、タービン入口温度・圧力とタービン出口温度・圧力を、火力発電所、原子力発電所それぞれについて教えてください。また冷却水の温度についても教えてください。各発電所によってその値は違うと思うので、平均的な数値を教えていただけるとうれしいです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

以下のページに圧縮と温度の関係のグラフがあります。 http://www.mikuni-group.co.jp/compressor/compression.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございます。 グラフで試してみます。

関連するQ&A

  • 液体の圧力

    標準蒸発エンタルピーの定義は 1barの圧力にある純粋液体が蒸発して1barの圧力の気体になるときの モルあたりのエンタルピー変化 となっているのですが、この「1barの圧力にある純粋液体」というのは 外圧が1barで純粋液体も1barなのでしょうか? そもそも液体の圧力とはいったいなんのことですか? 液体は気体のように力が満遍なく広がらずに入れ物の底と横の部分にしかかからず、空気と接する上の部分に空気に対する力はかかっていない気がするのですが

  • エアコンの冷媒HFC134aの流量、圧縮機の出口、入り口の圧力

    エアコンの室外機にある冷媒HFC134aの流量、圧縮機の出口、入り口の圧力はどのくらいになっているかしっているかたおりませんか?実験でHFC134aを蒸気の状態で流してまた液体にしたいのですが、市販のエアコンの圧縮機を流用したほうが一番簡単ですよね。そんなに簡単にできそうにありませんか?ほかに簡単な方法がありましたらおしえてください

  • 水配管の圧力を教えてください

    ・水(常温) ・40Aで出口入口同サイズ ・排出口は大気圧 ・排出量は200L/min 圧損は無視して、この条件での配管内圧力を教えてください。

  • コンプレッサーエアの露点温度について

    うまく調べきれないため申し訳ありませんがお教え下さい。 圧力露点-大気圧露点換算表を見ますと、 例えば0.69MPaの圧力下で露点温度10℃の空気は、大気圧下で露点温度-17.3℃となっています。 ドライヤー付きコンプレッサーで作られた空気が出口部で0.69MPa、露点温度10℃であった場合、 この空気が大気中に放出され大気圧まで減圧されると、 1)理屈上は露点温度-17.3℃の空気に変身するという解釈で良いのでしょうか?  (温度変化や外気との混合がないものとして) 2)実際には100m近い配管(保温されておらず、一部屋外を走ります)を通過した後のエアを放出  して使う想定です。  現実はどういう状態になりますでしょうか?  また、やはりその状態は季節変動するのでしょうか? 樹脂ペレット乾燥設備において、吸湿剤を使用せずにコンプレッサーエア+ヒーターを用いる タイプの乾燥機を検討しており、その動作原理の理解に努めているところでございます。 お手数ですが宜しくお願い致します。

  • 冷凍機の吐出温度上昇

    圧縮機をとっかえひっかえして運転する試験装置があります。 つまり圧縮機は被試験体です。 もう二十年は経つものですが、最近になって吐出温度が上がってしまい運転できない不具合が発生しています。 吐出圧力や吸入圧力、吸入温度を規定の数値に合わせて一時間も運転できればいいのですが、徐々に上昇し続けて30℃もオーバーしてしまいます。 どこか詰まっているのじゃないかと言う意見はあるのですが、理屈がわからないのでどうしたものか、困っています。 レシーバードライヤーを新品交換したら上昇が緩やかになり、周りの配管に不要な曲がりが多くてややつぶれも見られたのでそこだけをきれいに配管し直したら、その当日は改善したものの、翌日にはダメ。 手動膨張弁は新しくしたし、以前OKだった圧縮機を持ってきてもダメ。 隣の部署の人間に条件出しをしてもらってもダメ。 NGの圧縮機を別の試験装置にかければOK。 ただ、冷凍機油の汚れが目立つといい、蒸発器をはずしてみたら入り口内部が確かに煤けており、洗浄液を流したくらいではきれいにならない状態でした。 冷凍回路側の問題で吐出温度が上昇する原因はどこにあるでしょうか?

  • 配管内の圧力について

     先日、その装置で圧縮空気を流量100L/minで使用していたところ、装置の導入圧が5bar未満にり自動停止しましたが、同僚が言うには装置停止前のコンプレッサーの圧力計は5.5bar以上を示していたとことです。  吐出し量160L/minのコンプレッサーを使用して実験室全体に圧縮空気を供給していて、装置はコンプレッサーから最も距離のある位置に配置しているため、配管内で圧力の勾配が出来たのではないかと考えたのですが、そんなことはあり得るのでしょうか?  コンプレッサーから装置までは、内径5mm程度の配管で50mほどです。  どうかよろしくお願いします。

  • 熱力学の問題について、教えてください

    この熱力学の問題について、解き方がわから無いので教えてください。 Q.圧縮機にて、圧力100kPa、温度50℃の空気を貯蔵室に貯えた。   空気のガス定数を287J/(kg・K)として、この貯蔵室に貯えられた空気の密度を求めよ。 Ans)ρ=1.08[kg・m^3]

  • 圧力損失の計算について

    こんにちは。 直径がD1(入口)の円形管路(長さL)の出口にノズル(出口直径D2)が取り付けられています(出口は大気開放、吸込み口も同じ環境)。この管路の入口に静圧能力H mmH2O の送風機を取付けた場合、ノズルおよび直管路で発生する圧力損失をΔhとするとノズルから出る速度はどの様に求められるのでしょうか? 流体は空気です。  アドバイスいただける方がいらっしゃいましたらお願いいたします。

  • 断熱圧縮における温度の不自然な上下

    学校で空気の断熱圧縮の実験を行ったところ、時間-圧力のグラフが、一度急激に上昇し徐々に平衡状態へと落ち着いたのに対し、時間-温度のグラフでは、一度上昇し、いったん少し温度が下がった後、また、少し上がり、下がって平衡状態になる、という風になりました。 この違いは何なのでしょうか? 友人の一人は、圧縮したときに波のようなものが発生し、その余波みたいなものが来て温度が上昇したのでは、といっていたのですが、それだと、圧力ではなく、温度だけ上昇があった理由がよくわかりません。 アルゴンで断熱圧縮を行ったときにもほぼ同様の結果が得られたので、空気だけにユニークに生じる現象ではないようです。(微妙にアルゴンの場合のほうが温度上昇が少なめでしたが。) 温度と圧力でどうしてこんな違いが出るのでしょうか? 考えのヒントでもよいのでお願いします。

  • 圧力計で測定している圧力について

    添付した図のように入口が下を向いて開放されているL字型のパイプを野外においたとします。 パイプの途中の壁面には静圧孔が設けられて、そこに圧力計を設置します。 出口は閉じられているか否か分からない状態、入口で風が吹いた場合でも出口にまで影響は及ばないほど離れています。 青で示した風が全く吹いていない状態では、出口がどのような状況でも、 野外とパイプ内の圧力、さらには圧力計の測定値も一緒で、 圧力計はパイプ内(=野外)の静圧を測定していることになるかと思います。 そこで問題は風が吹いた時です。 パイプの出口が閉じられていた時、 パイプ内の空気が風の影響を受けて引きづり出されるためにパイプ内の静圧が下がり、 野外の静圧>パイプ内の静圧、の関係、つまり、(野外の静圧+動圧)=(パイプ内の静圧)の関係が成り立つと思います。 その時の圧力計の測定値は静圧孔を設けたということに関係なくパイプ内の静圧を測定しており、 つまり野外の静圧と動圧の和(1/2×野外の空気密度×野外の風速の2乗)(総圧)を測定したと考えています、間違いでしょうか。 次にパイプの出口が開いていた時、 閉じられていた時と同じくパイプ内の空気が風の影響を受けて引きづり出されるとしたら、どのような圧力の関係になるのか理解できません。 何故なら、パイプ内で空気の流れができてしまうからです。 想像ですが、 野外の静圧+動圧(1/2×野外の空気密度×野外の風速の2乗)=パイプ内の静圧+動圧(1/2×パイプ内の空気密度×パイプ内の流速の2乗) の関係が成り立ち、 (パイプの径が十分に大きいとした場合?)野外よりもパイプ内の流速が遅いため、 想像の上式では野外の静圧よりもパイプ内の静圧の方が大きくなってしまうことになってしまいます、が、ちょっとおかしい気がしています。 この前提条件として野外とパイプ内の空気の密度が等しいという条件が付くためです。 もしくは野外とパイプ内の静圧が等しくなるように両者の空気の密度が変わるのでしょうか。 ただ、圧力計の測定値は静圧孔を設けたためにパイプ内の静圧を測定しているということは何となく理解できていますので、 その場合、圧力計は野外の静圧を間接的に測定していることになるのでしょうか。 理論的にどうなるのか教えていただけないでしょうか。