• 締切済み
  • 困ってます

弱酸の電離平衡について

ある問題に「弱酸HAは HA→H* +A- という電離平衡の状態にある」 ってかいてるんですけど、平衡状態のときって可逆反応の矢印をつかって表さなくてもいいんですか? あと、この平衡の電離定数Kをもとめるときのもとめかたで、液体を混合したときの体積は混合前の体積の和として、 「初濃度C0mol/lのHA水溶液をV0リットルとり、これに濃度m mol/lの水酸化ナトリウム水溶液をvリットル滴下したとき(まだ中和点にたっしていない)を考える」「中和反応で生成する塩は完全に電離しているとかんがえてよい」のときに、「被滴定溶液中のHAとA-の全濃度Cは?」 というふうにこれ以降も設問があるんですけど、わかるかたいらっしゃいますか?弱酸って電離度がわかってないとこういう電離定数求めたりするもんだいってできなくないですか?教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数526
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3
  • sohtaro
  • ベストアンサー率48% (12/25)

ここまでのデータで回答するならNo.2さんの回答で正解だと思います。 つまりここまででは平衡定数を求めるのは無理です。 もっとこの後に問題が続くんじゃないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ens77
  • ベストアンサー率45% (39/85)

ある問題に「弱酸HAは HA→H* +A- という電離平衡の状態にある」 ってかいてるんですけど、平衡状態のときって可逆反応の矢印をつかって表さなくてもいいんですか? 厳密には→とするべきじゃないかな?平衡状態て書いてあるから多分     ←  HA→H* +A- このように解離するよとでも言いたかったんじゃない? 「初濃度C0mol/lのHA水溶液をV0リットルとり、これに濃度m mol/lの水酸化ナトリウム水溶液をvリットル滴下したとき(まだ中和点にたっしていない)を考える」「中和反応で生成する塩は完全に電離しているとかんがえてよい」のときに、「被滴定溶液中のHAとA-の全濃度Cは?」 初濃度C0mol/lのHA水溶液をV0リットル →C0V0molのHA 濃度m mol/lの水酸化ナトリウム水溶液をvリットル滴下した →mvmolのNaOH 中和後 HA C0V0-mv mol 塩 mv mol 被滴定溶液中のHAとA-の全濃度Cは? 塩より           A- mv mol          HAは解離しても一価の酸だから HA + A- はC0V0-mv molのまま よってC0V0/(V0+V) mol/L あってるかな?間違ってたら誰か指摘してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#21649
noname#21649

化学の入試問題の適性さについては.日本化学会で聞いたほうがよいでしょう。

参考URL:
http://com.nifty.com/forum/FCHEM/top.go

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 弱酸の電離平衡

    弱酸の電離平衡 薄い酸の水溶液について、 酸HAの電離平衡式中の各成分の濃度を用いて電離度を式で表せ。 という問題を考えたところわからないので、 答えを見ると [A-]/([HA]+[A-])となっております。 なぜこうなるのかわかりません。 どなたか説明お願いします

  • 2つの弱酸の電離

    電離定数kaの弱酸HAと電離定数kbの弱酸HBの混合水溶液がありモル濃度をそれぞれCa,Cbとするとき、水素イオンの濃度を求めよ、という問題なのですが、HA→(←)H(+)+A(-)(1)、HB→(←)H(+)+B(-)(2) の反応で質量作用の法則を適用するためにモル濃度に関して平衡前後の表を作ろうと思ったのですが、平衡前の(1)式の[H(+)]が初めCbαbにして、(2)式においての平衡前の[H(+)]をCaαaとしてもいいのでしょうか????そうすると(1)が(2)より先に起こっているのに(2)も(1)より先におこっているようで矛盾しているかなぁ~と思うのですが・・・ 長文および乱文失礼しました。

  • リン酸の電離と中和について

    リン酸と水酸化ナトリウムの中和について質問します。 「0.20mol/Lのリン酸水溶液100mLに、 0.20mol/Lの水酸化ナトリウムを300mL加えたときに 得られる水溶液中のHPO4(2-)の濃度(mol/L)を求めよ。 H3PO4⇄H(+)+H2PO4(1-) …(1) H2PO4(1-)⇄H(+)+HPO4(2-) …(2) HPO4(2-)⇄H(+)+PO4(3-) …(3) (1)の電離定数K1=1.0×10^(-2) mol/L (2)の電離定数K2=1.0×10^(-7) mol/L (3)の電離定数K3=1.0×10^(-12) mol/L また、リン酸水溶液中に 水酸化ナトリウムを滴下して行くとき、 中和反応が一段階ずつ順に進行していく。」 この問題の考え方についてです。 中和反応が一段階ずつ進行するので、 水溶液中のリン酸と水酸化ナトリウムがちょうど反応し Na3PO4が400mL中に0.02mol存在している このあとPO4(3-)がH(+)と順々に反応していき、 平衡状態になったときのHPO4(2-)の濃度を 求めるということですよね? このあとの解き方がわからないので、 わかる方教えて頂きたいです! また、わたしの考え方が変だったら指摘してください。 よろしくお願いします。

  • 中和と加水分解

    高校化学についてで考え方が納得いきません。 中和の定義ってなんなのでしょうか? 弱酸は中和点でも塩が加水分解してph=7とはならないんですよね。 ある弱酸HAがあったとして電離度α(α<<1)、HAの水溶液の濃度がc(mol/L)とします。 この水溶液を濃度がn(mol/L)の水酸化ナトリウムを加えたときのHイオンの濃度を求めろって問題で、解答では HA+OHイオン→Aイオン+H2Oの式の平衡定数を用いて出しているんですがHAのモル濃度を {(HAの物質量)-(加わったOHイオンの物質量)}×1000/全体積 で出しているのが納得いきません。 これって生成された塩の加水分解を考えてないように思えるんです。 この解答ってあってますか?かなり悩んでます。。。 わかるかたぜひ教えてください。

  • 平衡定数の問題

    A→Bの可逆反応があります。平衡定数は4.5です。 初期状態はAがXmM、Bが0mMです。 平衡に達した時、Bの濃度は9.0uMでした。 最初のAの濃度Xは? この問題どうやりますか? 平衡時のAの濃度は平衡定数から2.0uMとなり、最初のAの濃度は9.0uM+2.0uM=11uMでいんですか?

  • 化学II 電離平衡

    化学II 電離平衡 たとえば酢酸で、電離定数Kaが2.8×10^-5mol/Lと与えられていたとします。 温度を変えなければ一定と書いてあるので、温度は一定とします。 この酢酸水溶液は、もちろん [CH3COOH] ←→ [CH3COO-] + [H+] の平衡を保っているから Ka=2.8×10^-5 を満たしていると思います。 それはわかるんですが、最近習った緩衝液や加水分解のところで 0.3mol/Lの酢酸100mlに0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mlを加えた。混合液のpHを求めよ。 のような問題があり 反応式は [CH3COOH] + [NaOH] → [CH3COONa] + [H2O] で 与えられた情報と反応式の係数から計算すると 反応した後は 酢酸が0.02mol 酢酸ナトリウムが0.01mol 水が0.01mol できたことがわかりますが このときでも電離定数Ka=2.8×10^-5 は成り立っているのですか? 電離定数を習ったのは、酢酸がただ電離するだけの場合だったので このように、ほかの物質なんかと反応したときでも成り立つのかがわかりません。 また、成り立つとすれば Ka=[CH3COO-][H+] / [CH3COOH] の、酢酸が減り、酢酸イオンが増えるからKaがかなり大きくなるが 逆に水素イオンがおおきく減り、結局同じ値におさまるということでいいのでしょうか? (ここでは高校化学のレベルの話です。) 平衡、電離定数についての説明をお願いします。

  • 電離平衡

    炭酸の電離について H2CO3 ⇔ H^+ + HCO3^- HCO3^- ⇔ H^+ + CO3^2- という2段階があり、前者の電離定数をK1=5.0×10^-7、 後者の電離定数をK2=5.0×10^-11とする このとき炭酸0.10mol/LのpHを求めよ というような問題があったとき、近似を用いて第2電離を無視することが ままありますが、もしも近似を用いないとどうなるのでしょうか 試しに自分でやってみようとしたのですが上手く求まりません 以下にそのやり方を載せます まず第1電離から考える 最初の[H2CO3]は0.10mol/Lであり、電離した分をxmol/Lとすると 第1電離の平衡式より x^2/(0.10-x)=K1=5.0×10^-7 また第2電離について考える 最初の[HCO3^-]は第1電離で生じたxmol/Lであり、 また[H^+]もxmol/Lある 電離した分をymol/Lとすると第2電離の式より (x+y)y/(x-y)=K2=5.0×10^-11 これはx、yについての連立方程式なので解くことは出来ますが 良く考えてみるとあとから考えた第2電離によって[H^+]や[HCO3^-] の濃度が変わっているので、第1電離の平衡もまた変わってしまいます すると何時まで経っても平衡とならず[H^+]を求めることが出来ず したがってpHも求まりません このように2つ以上の平衡条件がある場合、最初にどちらか先に考えて その後にもう一つを考えようとした場合何時まで経っても平衡時の 濃度が分かりません 自分のやり方がまずいのであれば、ぜひご教授ください 上の例に限らず他の問題でもこのような経験をしたことがあるので お願いします もしも物質収支の条件や電気的中性の式などを使わない、すなわち 高校範囲の解法がないのであればそれはそれでいいのですが・・・

  • 炭酸の電離平衡 問題

    二酸化炭素は水に容易に溶解し、その一部が水と可逆的に反応して炭酸となる。この平衡定数(K0)を次のように定義する。 K0=[H2CO3]/[CO2] K0=3.0×10^(-3) ただし、[CO2]は水に溶解している二酸化炭素分子のモル濃度であり、接している二酸化炭素の圧力に比例する。炭酸はその一部が電離して水素イオンと炭酸水素イオンとなる。この反応の平衡定数K1は2.0×10^(-4)mol/Lである。炭酸水素イオンはさらにその一部が電離して炭酸イオンとなる。この反応の平衡定数K2は5.0×10^(-11)mol/Lである。 25°Cにおいて、1.0atmの二酸化炭素と平衡にある水1.0Lには3.0×10(-2)molの二酸化炭素分子が溶解している。 (1) 25°Cにおいて、水を1.0atmの大気中に長時間放置したとき、pHはいくらになるか。ただし、大気中には体積パーセントで4.0×10^(-2)%の二酸化炭素が含まれ、二酸化炭素以外の酸性物質は含まれないものとする。 空気中の二酸化炭素の分圧は、1.0×4.0×10^(-4)なので、水に溶解している二酸化炭素のモルは、水の体積をVとすると、4.0×10^(-4)×3.0×10^(-2)×V=1.2×10^(-5)×Vと表せる。よって、[H2CO3]=K0×[CO2]=1.2×10^(-5)×3.0×10^(-3)=3.6×10^(-8) 電離が平衡状態に達したときの水素イオンのモル濃度をxとすると、炭酸水素イオンもxであり、炭酸のモル濃度は、3.6×10^(-8)-x と表せる。よって、K1=x^2/{3.6×10^(-8)-x } ∴ x=[-2.0×10^(-4)+√{4.0×10^(-8)+28.8×10^(-12)}]/2 4.0×10^(-8)≫28.8×10^(-12)なので、28.8×10^(-12)を無視すると、xが0になります。 どこが間違っているのか教えてください。

  • 化学の電離平衡の問題について

    化学の電離平衡の問題について 二酸化炭素は10℃、1.01×10⁵Paで1Lの水に0.54mol溶ける。√6.87=2.62、log10 6.1=0.79とする。 (a)二酸化炭素を体積で0.037%含む空気を10℃、1.01×10⁵Paで水1Lに長時間接触させたとき、水1Lに溶ける二酸化炭素は何molか。 (b)二酸化炭素の電離は第一電離のみ考えその電離定数を3.42×10⁻⁷mol/Lとすると炭酸の電離度αについて、次の式が成り立つ。 α²+Xα+Y=0 これを解くとα=Zとなり 水溶液の[H⁺]はPmol/L、pH=Qを得る。 X,Y,Z,P,Qを求めよ。 この問題の解法が全くわかりません。教えてください。

  • この電離平衡の問題をおしえてください

    (問題) H2Sは、1気圧で1Lの水に0.1mol溶けて飽和する。第一段の電離定数をK1、第二段の電離平衡をK2とすると、K1K2=1×10^-22 H2Sの飽和溶液では、硫化物イオンの濃度を{S}、硫化水素の濃度を{H2S}とすると、 {S}=1×10^-15、{H2S}=0.1である。 0.3molのHCl1LにH2Sを通じて飽和させると{S}はいくらか。ただしHClは完全に電離しているものとする。 (解答)   {H}^2{S} K=----ーーー   {H2S} よって  {H2S} {S}=------K     {H}^2 これに{H}=0.3、{H2S}=0.1、K=1×10^-22を代入すると1×10^-22 (質問) 初めと次の式はわかります。 {H}も、ただでさえH2Sは電離しないのにHClの電離のために生じた水素イオンのためにほぼ電離しないと考えるから、{H}=0.3もわかります。 問題は{H2S}=0.1です。これがわかりません。これは、「H2Sは、1気圧で1Lの水に0.1mol溶けて飽和する。」の0.1ですか?それとも「H2Sの飽和溶液では、{H2S}=0.1である。」の0.1ですか? もし前者ならば、水に溶けるのは0.1molだけど、今はHCl水溶液に溶かすから・・・溶けるのは0.1 mol ではないのでは。わからないです。でも、もし水に溶ける量=HCl溶液に溶ける量なら、H2Sはほぼ電離していないのだから、解答のようになりますね。 私は前者だと思うのですが、どうでしょうか。教えていただけるとうれしいです。またこの問題を全体的に詳しく教えていただけると幸いです。なんだかわかりづらいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。