• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

would(~したものだ)やcould(~がありえた)が従属節に来るとき

would「~したものだ(過去の習慣)」とか、could「~がありえた(可能性を表すcanの過去形)」など、 直説法過去形の助動詞についてお聞きします。 これらの助動詞が主節が過去のときの従属節で使われた場合、 「助動詞+動詞」はどんな形になるのでしょうか?時制の一致はどうすればいいのでしょうか? 辞書や参考書に載っていたものから例文を挙げます。 例1)He said, "I would sit for hours without speaking when young," (彼は、「若い頃、一言も言わず何時間も座っていたものだ」と言った。)(過去の習慣) ↓間接話法にすると、 He said that he would ???どうなるのでしょうか? 例2)He said,"She could be annoying as a child." (彼は、「彼女は子供の頃手を焼かせることもあった」と言った)(過去時の可能性) ↓間接話法にすると、 He said that she could ??? 間接話法にするとどうなるのでしょうか。 同じ直接法過去形の「~できた(過去の可能)」=couldはhad been able toにすればいいので 問題ないと思うのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数205
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんばんは。 「Oxford Practice Grammer」With answers で調べて見ました。 時制の一致の項で But would,could,should,might,and ought to stay the sameとありますのでNO.1さんの言うとおり、直説法と変わらずそのままということになるようです。 must であれば mustのままか had to へ could(~できた)であれば had been able to と変えられますが、would,couldの婉曲表現の助動詞はそのまま使うしかないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そのままの形で使うんですね。 分かってすっきりしました。ご回答ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

No.1 です。過去完了というのは以前に何かをした(何かが起きた)結果が主節の文章 (he said that) の時点まで続いているという関係を言いたい場合に使います。 今の場合は昔の子供の頃の話をしているという状況であって、話している時点との関係はとくにないため、単に過去形で言うことにならざるを得ないと思われます。 副節の内容が時間に関係ない不変の真理だと主節が過去でも副節は現在形になるという文法がありますが、それと似た話だと思うわけです。 なお、とくに仮定法とかいうわけではないので、would, could はとくに特殊性を考慮することはなく、単にそのままで過去形だという理解でよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

二回にわたってのご回答本当にありがとうございます。 分かってよかったです。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

これは単純に考えるしかないのでは。 He said that he would sit for hours without speaking when young. He said that she could be annoying as a child. 他に考えようがありますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 他の所で聞いてみましたら、would have sit,could have beenになるという意見もありました。 どちらが本当なんでしょうか・・・?

関連するQ&A

  • この場合、時制の一致はどうするか?

    辞書に (1)He said that would be the tower of London. という文が載っていて、このwouldは時制の一致によるものではなく推量のwouldだとありました。この文を見て思ったのですが、 例えば He said,「That would/could...」とか He said,「She should have done...」(彼は言った、「彼女は~すべきだったのに」) などの文を直接話法の文からコンマをとって関節話法の文にするとき、このように「助動詞の過去形」とか「助動詞の過去形+have+p.p」が既に従属節に使ってある場合は(1)のように時制の一致をしなくていいのでしょうか? 回答をお願いします。

  • こういう時、時制の一致はどうするのか?

    独立用法の助動詞過去形<ex:could~かもしれない、might~かもしれない>が従属節に来ているときは、時制の一致をしないと教えてもらったのですが、 例)She said that would be the tower of London. (wouldは推量) 単に助動詞を直説法過去の意味(could~できた、might~かもしれなかった)で使いたいときは、従属節にその助動詞が来ても上と同じように時制の一致をしないのでしょうか? 例えば、「「私は十年前水泳が上手だった(上手く泳げた)」と彼女は言った。」と英語で言うとき、 She said she could swim very well ten years before. とcouldのままでいいのでしょうか? どなたか分かる方、教えてください。

  • 帰結節のwould

    If you would write me a letter about it,I would be most grateful.・・・(1) (その件についてお手紙いただければ幸甚に存じます) 「would」で辞書を調べて、直接法willより遠まわしで丁寧、と解説があったところの例文です。If you write⇒If you will write⇒If you would writeの順に丁寧とありました。If節のwouldはそれより丁寧の表現とわかったのですが、主節のこのwouldは何なんでしょうか。訳から考えると丁寧のようにも思えますが、丁寧でwouldを使うのは疑問文か、If節と思っていましたが、主節や平叙文でも使うのでしょうか? それともIf節が過去形になっているから主節も過去形ということなのでしょうか。別の辞典で If you would care to look at this,you can see that what I said is ture. (これを見ていただければ、私の言った事が本当だとわかります) という例文があり、If節が過去形でも主節が現在形の場合がありました。インターネットでいろいろ調べると(1)のような例で主節がwillのときもある、といったようなことが書かれてあったと思います。その場合は丁寧さに欠ける、と書いてありました。ということはやっぱり(1)のwouldは丁寧の意味なのでしょうか。 (1)の主節のwouldの意味、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 直接話法と間接話法の書換えにおけるsayとtell

    アShe said to me, "I don't know when he will come back." イShe told me (that) she didn't know when he would come back. ウShe said to me (that) she didn't know when he would come back. アの直接話法を間接話法に書き換えると,イのようになるようです。 ウのような話法は不可能ですか? どちらが適切なのでしょうか?

  • 間接話法と時制の一致に関する質問です。He said, “I do j

    間接話法と時制の一致に関する質問です。He said, “I do judo.”を間接話法にすると(1)He said that he does judo. (2)He said that he did judo.のいずれが正しいのでしょうか。実は英会話教室で先生が(1)が正しいと言われたので、他の動詞は過去形に変わるのに何故ですか?と質問したら、doだけは違うという答えで、私の拙い英語力ではそれ以上質問できませんでした。どなたかよろしくご教示願います。

  • would,couldの違い

    would,couldの違いによった質問は見てみたのですが、自分の聞きたいことが答えられていなかったので質問しました。 私の持つ教科書には、「手段」と「目的」をin order toもしくはso that でつなぐというものが載せられています。 そこを勉強するにあたって、 so thatで文をつなぐ場合、 例文には 手段:「change her hairstyle」 目的:「make a new start」 なら、完成文は Emi change her hairstyle so that she could make a new start. になる、とありました。 私としましては、 Emi change her hairstyle so that she would make a new start.だと思うのです。それというのも、 エミは新しいスタートを『する(would)』ために髪形を変えたのであって、新しいスタートが『できる(could)』ために髪形を変えたのとは違うのではないか、と思うのです。 他の例文では、 手段:バスケットボール部をやめる 目的:勉強時間を増やす はwould、 手段:ジャンクフードを食べるのをやめる 目的:体重を減らす もwould、 手段:ケーブルTVにつなぐ 目的:二ヵ国語の番組を楽しむ もwouldになっています。 他に助動詞にはmightがありますが、これば全くと言っていいほど出てきませんでした。 これはmightは「かもしれない」という意味の「may」の過去形だから、「かもしれない」に見合った意味の例文が無いから出てこない、と推量してもよいのでしょうか。

  • この場合の時制はどうなるのですか?

    (状況)きのうAさんは,「あさって公園に行く」といいました. これを間接話法で表すと, Yesterday A said that he/she would go to the park tomorrow. それとも,話者が話しているより未来のことなので Yesterday A said that he or she will go to the park tomorrow. のどちらですか? また,「こんなことが起こると知っていたら,ここに来なかった.」 If I had known such a thing would happen, I would have come here. であっていますか?

  • 間接話法

    She asked me who I was waiting for.(間接話法 従節の動詞は、主節の動詞のひとつ前と書いてありました。 この文は、主節が過去なので、従節は過去完了でhaveを使うのではないですか? 考えかたを間違えてますか? 教えてください。

  • 節のなかでのwouldの読み取り方について

    従属節のなかでwouldが使われた英文を読むとき、 仮定法なのか時制の一致なのか、それとも過去の習慣を表すのか いつももたついてしまい、もどかしさを感じてしまいます。 例えば、次のような文章を考えます。 I thought he would come here. これは、次の3つの観点で解釈し得るかと思います。  (*)もし非文があったら、ご容赦ください。 (1)仮定法として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼だったら、ここにくるだろうと思った。    (*)これは、もとは『I think he would come here.』を、過去にした状況と思っています (2)時制の一致として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼は来るのだろうと思った。    (*)これは、もとは『I think he will come here.』を、過去にした状況と思っています (3)過去の習慣として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼はよくここに来たものだと思った。    (*)これも、(1)と同じくもとは『I think he would come here.』を、過去にした状況と思っています 文脈や前後関係で読み取るというのは、もちろんあるかと思いますが、 wouldが出てきたときに、上記の(1)~(3)のどれが適切な読み取り方なのか、 もう少し深い理解にもとづいての自然な読み取り方法があるのではといつも思ってしまいます。 wouldが出てきたときには、どの様な観点で読みとると自然で見通しのよい読み方ができるのか、 よろしくご教示ください。

  • in order thatに続く節の助動詞

    in order that~の表現を辞書で調べてみると、 <that節ではso that節と同じく、can,will,直接法現在、(正式)may(主節が現在・未来)、 should,could,would,(正式)might(主節が過去)を用いる。> とありました。 このことについて、in order thatに続く節では、 ・canはそのままの意味の「可能」の意味を持たせたいときに使うので しょうか?  そしてcouldはその時制の一致? ・ここでのwillは未来をあらわすwillでいいのでしょうか?  wouldは主節が過去形の時の時制の一致として使うのでしょうか? *また、辞書を引いてみるとこのwouldはwh節・as節譲歩節でも使うようにとれたのですが、 例)I couldn't read it,try as I would. ↑この例文でも主節が過去形だから時制の一致でwouldを使ってあり、主節が現在・未来形だったら try as I will...とwillを使うのでしょうか? いろいろ考えたのですが、自分の考えが間違っているような気がするので 回答をお願いします。