• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

マニュアルを無視して、我が道を行くという心理を心理学的に分析して下し

野球をやったことがない人、或いは何年も野球をやっていない人にキャッチボールをさせると、ボールをわしづかみにして投げます。水泳をしたことがない人は手のひらを開いたまま泳いだりします。これでは上手く投げれないし、上手く泳げません。 そのような人でも時間が経過して経験を積むようになるとマニュアル通り、或いはマニュアルに近い動作が出来るようになります。 プロではなくて、趣味でスポーツをやっているアマチュアでも、どんどんマニュアルに近い動作にかわっていきます。町内会の野球チームに所属しているアマチュアが何気なく野球理論を語り、試合前の食事は…、ベースを蹴る時は右足で…などと言ったり、ジムでウエイトトレーニングを趣味でやっている人が、筋肉は休憩時間に育つからインターバルを1分以上とってなどと普通に喋り実行しています。エアロビクス初めての人でも経験を積むことにより周りの人と同じ動きが出来るようになります。1ヶ月に1度しかゴルフ場に行かないにもかかわらずアマチュアゴルファーでもマニュアルやプロのビデオを観て勉強して真似しようとします。 僕自身も趣味でスポーツを始めるときは、マニュアルを読んだり、インストラクターの指示に従っています。そのため動きや考え方がどんどんマニュアルに近づいてきます。 僕はこれが当たり前だと思っていました。 ところが僕の別の趣味「ポートレート撮影」では全く違うのです。 旅行などでたまにしか写真を撮らない人が何にも考えずシャッターを押して、日の丸構図や角だし(被写体の頭から木や柱が生えている)を撮ってしまうのは十分に判ります。 ところが趣味で何年もポートレート撮影をしている人が初心者とまったく同じ写真を撮ってしまう。 野球や水泳のマニュアル本と同じようにポートレートのマニュアルが発売されているのにも関わらず、マニュアルに近づけようとしない。 マニュアルには「日の丸構図はいけない」「首切りや角だしを避けて背景から順番に構図を作って」と書いてあるのに、何年も趣味で撮影している人がマニュアルでいけないと書いてある撮影を普通に行ってしまう。 これはスポーツでは考えにくいことです。 そしてそのことを指摘すると、「楽しければ良いんだ」「趣味だから百人百通りのやり方でいいんだ」「マニュアル通りの写真を作ることが良い撮影じゃない」「誰にも迷惑を掛けていないだろ」と怒られたりします。 これが私にはよくわかりません。 僕なら、趣味だろうが遊びだろうが、やっぱり上手くなりたいし、他人から褒められたいと思います。 体育会系は理屈で物事を考えるし団体行動が得意 文化系は感性で物事を考えるし団体行動が苦手の一言で片付けてしまうのでは芸がないので、心理学の立場から教えてください。 心理学には色々な理論や学説がありますよね? たくさんのマニュアルが存在するのに無視して、我が道を行くという心理を心理学の立場から分析して欲しいのです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数215
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

写真という分野の安易さ?というか手軽さから来てしまう事と、一般人的にはアート感覚というものは極めてまれであることが相乗効果となって現れているのではと思います。 つまり、スポーツなど身体表現、技能を要するものは、それなりの形を体得しなければ成り立ちませんし、楽しむこともできない、そいいう漏斗のような作用がありますね。めちゃくちゃにバット振ったってホームランは打てない。ところが、写真はシャッター切れば写っちゃいます。さらに、アート感覚がその頭になかろうと、写真はどうでも写りますからね。それでいいやということで完結する例が多いのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、これは説得力がある回答です。 努力しないとスポーツは成り立たない、つまり趣味として行うにしても努力することが前提となる。 楽器演奏にしても、オーディオにしても、料理にしても誰でも出来る訳じゃなくて、勉強しなくちゃ成り立たない。 だから、ピアノ好きの彼女も、ギター好きの彼も、オーディオ好きの彼も、料理好きの彼も、本を読んで勉強したり、練習していたのですね。 アマチュアでも勉強しなくては趣味として成り立たない。 それに引き替え写真撮影を趣味という人の勉強しなさにはビックリしました。まさに仰るとおりです。シャッターを押すだけなら誰でも出来るし、勉強する必要がないですものね。必要がなかったら人間て勉強しませんからね。 今回は本当に良い回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 心理学の中ではどの分野になるのでしょうか

    私は心理学に興味があり 大学で心理学を勉強したいと思っているのですが、 臨床心理学・社会心理学・発達心理学など細かい分野に入って考えると ”自分が学びたいのはどれに入るのだろう” と思い質問しました。 具体的に興味があるのは 「人の感情において、理性と本能とはどのような働きをしているのか。そしてその働きによって、働き方によって、どのような感情が生じ、自己においてどのような役割をもたらすか」とか、「どうして感情があるのか」とか、「ある物事に対して考えるときの理論や感情の関係」とか・・・いろいろあるのですが、1番は感情と理性と本能の関わりについて学びたいのです。 考え方によっては、脳科学などの分野になりそうな気がするのですが これを知るためには、人の感情やそれに関連することを勉強しないといけないなぁと考えているので、どちらにしてもまずは心理学を勉強したいと思っています。 心理学で私が学びたいことに近い分野は何になるでしょうか。 回答おねがいします(><)

  • 心理学とは?

     大学の教養課程の心理学で、講師(教授)がおっしゃっていたことが、今一つ分からないので質問です。(もう、10年以上前のことですが。) 「よく、野球中継などで、『あれは、バッターの本能だ』とか言う人がいますが、そういう風に、言ってはいけないのだ、ということが分かれば及第です。」 ということでした。 何となく、分かる気がしないでもないですが、今一つなのです。  心理学として、そういう風に言うことが、どう、まずいのでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • スポーツ心理学についてご存知の方。

    スポーツ心理学というのを聞いたことがあります。これは主にスポーツをする人が、本番で十分に普段の力を発揮できるように自分自身の気持ちをコントロールするものですよね。そして、最近ではスポーツ選手以外の一般の人々にも、生活をするうえで役立つトレーニングにもなってきている、と聞きました。 私もいざというときに場にのまれるなど、本番に弱いところがあります。それが自分のキャリア(まぁかっこよく言えば)に影響してなくもないなぁとも思います。それに「怒り、悲しみ」等、自分の感情をコントロールする方法が得られるなら役立つだろうと思います。 スポーツ心理学というものをよくご存知の方にいろいろと教えていただきたいです。 どんなことをするのでしょうか? 参考になるサイトなどありますか? アドバイス、お待ちしています。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • am2007
  • ベストアンサー率51% (132/254)

おはようございます。 >僕はこれが当たり前だと思っていました。 私もそう思います。 >ところが僕の別の趣味「ポートレート撮影」では全く違うのです。 違って当然だと思います。 >これが私にはよくわかりません。 身体を使うスポーツと、趣味の分野のポートレートでは、違って当たり前だと思います。身体の構造は、皆、同一です。骨格があり筋肉があります。構造が同じだから、記録を伸ばそうとイメージした場合、究極的に同じ動きになって当然です。だから、皆、同じ動きになって行きます。構造的な動きに意識(感性)は関係ありません。 でも、ポートレートは、趣味の分野です。趣味は、意識(感性)が大きく関係します。意識=価値観の違いにより、様々な感じ方があっていいと思います。Aさんの感じ方はこうだから、こうした。Bさんの感じ方はこうだったから、こうした。Cさんはこう感じた。三者三様の捕らえ方があって当たり前だから、違って当然だと思います。 つまり、身体を使うスポーツと、感性がものをいうポートレートを引き合いに出したからおかしな話になっただけで、例えの内容がマッチしていないだけだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

スポーツもピアノ演奏もオーディオも天体観測も料理も囲碁将棋も、趣味で行っているうちにどんどんマニュアルに近づいていくのに、なんでポートレート撮影だけはマニュアルとは無関係に行われているのだろうか?あんなにたくさんマニュアルが発売されているのに。 という単純な疑問から質問させていただきましたが、仰るとおり、スポーツにせよ、ピアノ演奏、ギター演奏などの楽器演奏、それからドライブや料理も体で覚えないと成立しませんね。 オーディオや天体観測は勉強して頭で覚えないと成り立ちませんね。 それに対して、ポートレートは頭も使わない、特別な訓練をして体で覚えさせる必要もないという点で、他の趣味とは大きく異なっています。 身体を使うスポーツ、楽器演奏、ドライブ、料理や頭を使うオーディオや天体観測とは異なる得意な趣味がポートレート撮影と言えるかもしれません。 有意義な回答ありがとうございました。

  • 回答No.7
noname#114356

#2です。 ポートレート撮影時にマニュアルを順守しない撮影者の心理をご質問だったと思いましたが、また話がそれたようですね。 patorasheさんは上記の質問の回答をお求めになっておられるわけではなく、ご自分の意見に追随する方を探しておられるだけなのではないかと思います。心理学的に言えば補償行為です。幼少時からマニュアル通りの生活を強いられ、学校の成績や会社での業績を上げていった自分に対する強い内在的不安がある。独創性やカリスマ性に恵まれているようには、まず見受けられないですものね。数字で表わされるものならばマニュアル通りに行動することで対応できていたが、写真においてはその手法は通用せず、無個性的写真作品はモデルや鑑賞者に尊敬される力を持たない。そこでこのような場において質問することで不安を解消しようとされておられるのでは。 言うまでもありませんが、写真の撮影とpatorasheさんの会社経営との間に関連はないのです。御社のアルバイトがマニュアル通りの行動をせず苦慮されておられるのは、経営者が十分な給与を支払わぬため人材がそろわないか、あるいは指導力が不足していて統率がとれていないのです。別件として「マニュアルを守らないアルバイト社員に手を焼いて困っています。どうしたらよいでしょうか」と質問されるのがよろしいかと存じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>写真の撮影とpatorasheさんの会社経営との間に関連はないのです。 サッカーのサッキ監督はバスケットボールにヒントを得て、ゾーンプレスを開発してセリエAで優勝、代表監督まで務めました。 一見無関係なことから着想を得ることは無意味ではないと思います。 >無個性的写真作品はモデルや鑑賞者に尊敬される力を持たない なるほど、だから僕はCAPAや日本カメラのコンテストで入選と佳作止まりだったということですか? >御社のアルバイトがマニュアル通りの行動をせず苦慮されておられるのは、経営者が十分な給与を支払わぬため人材がそろわないか、あるいは指導力が不足していて統率がとれていないのです。 貴方がどのような情報を得て、そのように判断したのかわかりませんが、むしろ弊社が設立4年の中小企業だからでしょう。もし僕が大学4年生なら就職先に選びません。大企業や役所を選びますね。安定していますから、そういう逆境の中で人材確保をするには広く意見を集める必要があると考えています。 >別件として「マニュアルを守らないアルバイト社員に手を焼いて困っています。 これと似たような質問を過去にしてあります。アンケートの項目です。 http://okwave.jp/qa4343749.html 「従業員30名」と書いてあることから僕が経営する会社を想定していることが判ります。当然僕はマニュアル化を図る上司という立ち位置になります。反発する回答が寄せられると予想していたのですが、意外にも好意的な回答が多くて驚きました。

質問者からの補足

>ご自分の意見に追随する方を探しておられるだけなのではないかと思います。 いいえ、そんなことはないですよ。 そんなことをしてもお金にならないし、誰も褒めてくれません。 それよりも幅広い意見を募って、ビジネスのヒントにしたいのです。 だから説得力がある論理的な意見を募集しています。 貴方は2番目の回答でスキーのジャンプ競技の話をされましたが、同じ内容の話を僕自身が先月しています。下記サイトの1番の回答に対する御礼をお読みください。 http://okwave.jp/qa4737266.html 貴方はマニュアルに拘ると応用が利かないで時代遅れになると緒斜里たかったようですが、新しいジャンプのマニュアルを作ったのは、それまでのマニュアルを知らない人だったのでしょうか?スキー競技とは無関係な人が作ったということまで説明しないと説得力はないです。 ジャンプ競技を事例に出すなら、むしろ合理化と低価格を武器に急成長した理髪店QBハウスを事例に出すべきでしたね。あそこの社長は理髪師の経験がなかったはずです。 でもこういう例は稀で、逆の事例が多いです。 「徹底的なマニュアル化標準化で知られているトヨタ自動車は、同時に改善制度でも知られています。マニュアル化が独創性を助長する典型例です」 QC活動をご存じでしょうか? ネットで検索されると判ると思いますが、改善には現状の把握が不可欠だとされています。独創的なアイデアを出すことにはマニュアルを熟知する必要があるということですね。

  • 回答No.6
noname#89274

何事もその道に上達していくには基礎が大切だと思います。 だから概ね仰ることに関して肯けます。 最後の4行を除いて 別に上達したいと思っていないということなのではないでしょうか。 ただ参加しそこそこ楽しめればいいという感じであってもかまわないことであると思いますし、行き詰まり、そこにいる意味を感じなくなればそこを離れるか、それぞれが自分にあった環境を求めて動くのでしょう。 一般に 一芸に秀でるものは多芸に通ずと言いますし 反対に多芸は無芸とは言います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >最後の4行を除いて 申し訳ございません。まったく仰るとおりです。深く反省しています。 僕自身が多趣味だったことや様々な友人とのつきあいで、文化系の趣味を持つ人も努力したことは確実です。 ピアノが趣味という人はマニュアルに近い指使いをします。趣味だから十人十色と言って1本指で鍵盤を叩く人はいません。ギターについても正しい指使いで演奏します(僕はピアノもギターも弾きます) オーディオが好きな友人がいました。彼もよく勉強して理論的にオーディオのことを僕に話してくれました。 学校の将棋部に所属する友人は定石をよく覚えていました。 そう、文化系だからと言って、理屈で考え団体で行動するのは苦手というのは間違いです。プロになるわけでもないのに、みんな一生懸命勉強していました。たぶん勉強すること自体が「楽しかった」のだと思います。 ただし、僕が知る限りポートレート撮影だけは違うのですよ。 他の文化系の趣味(楽器演奏、オーディオ、囲碁将棋、園芸な)と違って、ポートレート撮影だけが勉強しようとしない、マニュアルを無視するというよりもマニュアルに対して興味を持たずに、「趣味だから別に良いんだ」「撮りたいように撮る」 この感覚が僕には理解できないのです。 彼らの楽しみってなんなのだろう。

  • 回答No.4
noname#96559

会社の経営者さんで人事についてお聞きされてるみたいですが、これを心理学のテーマで解くことかどうかがまず一つあります。 というのは、会社と趣味では当然別の動機が考えられるからです。難かしく考えないで、「成果主義」で考えてみればよろしいのではないでしょうか。利潤追求の会社などでは成果が問われます。そういう視点で行けば、マニュアルに従順かどうかは大きいでしょう。但し、趣味の世界まで成果主義をとる人ばかりいないということです。 ゴルフなんかでも思うのですけど、ある意味、下手なほどゴルフは楽しめるなんて側面があります。上手な人でも下手な人でも楽しめるに言い換えたほうがいいかもしれません。質問者さんがゴルフをされている方なら、こういうこと思いませんか。初めてハンディをもらえて月例杯に出たときのほうが、今みたいにライバルのスコアを気にしているよりも楽しかったかもと。 趣味にも成果を求める人がいます。動機付けにはいいと思います。でも、私はそれだけのこととしか思いませんけどね。余り趣味に血道をあげているのはかっこ悪いみたいな気持ちがあります。私が趣味をするのは「無心になれる」時があるというのが最大の動機ですから、そういう人もいるのですよ。 そういう人の心理は?と問われば、 覚めている 合理的 という側面を持つ人も案外います。 従順でない、ひねくれ者もいるかもしれません。程度問題かなと思います。 ただ、成果主義の信望者でないということだけは確かでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >下手なほどゴルフは楽しめるなんて側面があります 小学生の頃町内会の野球チームに所属していましたが、打てなかったり、エラーをしたときは恥ずかしかったです。流石に小学生の頃の記憶は薄れていますが、下手だけど楽しかったという記憶はないです。 苦しい練習を続けられたのは、それが楽しかったから・・・ 実際、引退して部活から解放されると寂しく感じました。

  • 回答No.3
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

厳密には心理学のカテゴリには入らないかもしれませんが、「エニアグラム」を勉強すると、他人の個性が理解できます。 参考 『究極のエニアグラム』  http://www.mirai.ne.jp/~ryutou-m/ 『千年堂エニアグラム性格鑑定』  http://homepage3.nifty.com/tak-morita/sennnenndou/ 質問者の方は、規範を重んじ、そこから逸脱すると不安を覚える典型的なタイプ6の性格のように思います。 それに対して、自分の趣味を自分のやりたいように楽しむのは、タイプ4の性格かもしれません。 詳しく調べたわけではなく、どちらかというと直感的な判断ですが。 余談ですが、私は独創的なことが好きです。 とはいえ、仕事で組織の中で独創的な活動をするには限界があり、結局は周囲の見よう見真似からなかなか脱却することができないのですが、機会があれば、新製品の開発などで存分に腕を振るってみたいと思っています。 そういう私はタイプ1の改革者タイプ。独創性を望んでいるのに、人のしていることの改良・改善から、なかなか脱却できない歯がゆさを感じています。(苦笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 エニアグラムとは初めて目にする言葉です。 私も鑑定をやってみました。 基本タイプが1の改革者タイプ。ウイングタイプが2の助ける人とでました。 たぶんその通りだと思います。 最初の勤務先に研究所を選んだのも、物事を改良したいという意識があったからですし、その後に勤務した会社では、改善提案で表彰されたこともあります。 子供の頃から、何か新しい提案をするのが大好きでした。そうは言っても自分の頭の中で考えたことを言うのではなくて、本を読んだりして、それを紹介することが好きでした。「○○という本の中で○○さんがこう言っている。これは使えそうだと思います」 それから他人に使われることも大好きでした。サッカー部時代はMFに使われるFWでした。チームのために献身的に動いていました。 小学生の頃から、○○委員長とかが凄く多くて、社会に出てからも同じような役割です。 習い事も大好きで、今でも大好きです。それから他人に教えるのも大好きです。なぜか僕に教わりに来る人が大勢いて、説明するのが楽しくて仕方がない(普段は結構無口です)。写真入りの資料を作って配ったりして、相手が喜んでくれると僕も凄く嬉しかったです。 僕の廻りには似たような人が多いのです。勉強熱心で教えるのも教わるのも好き、自分で考えて改良するのも好き。高校・大学・社会人とそれが普通に思っていたのです。 これから泳いでくるので、これ以降の返信は帰宅後になります。

  • 回答No.2
noname#114356

ポートレート撮影の項目で回答した者です。こちらでお目にかかるとは意外でしたが、お役に立つかもしれませんので書き込みさせていただきます。 あるスポーツの話をさせていただきます。ノルディックスキーにジャンプという競技があり、現在では踏み切った後、左右のスキー板をV字に開く飛び方が主流ですが、それ以前には両足をそろえる方法が一般的でした。さらに前になると腕をグルグル回したりして飛んでいました。マニュアルがどんどん変化していった例です。 マニュアル至上主義のpatorasheさんには理解し難いことかも知れませんが、色々と工夫して自分なりの方法を探す人々がいます。先の質問で書き込まれていたことを拝見しますと、patorasheさんは子供の時から勉強がお出来になり、褒められることでさらに発奮して成績を向上させておられたのだと思います。現在のお仕事である経営の分野でも同じようにご努力され、業績を伸ばされたのでしょう。数字で表わされる学業やご商売では、こうした方法論はアリだと思います。 しかし、写真などの文化的表現は数字で評価しにくいものです。マニュアルに従って撮影を続けることで出来上がる作品は、写真の作法には忠実であっても、おそらく訴求力のない、失礼ながらつまらないものになっているのではないでしょうか。 マニュアル通りのことしかできないpatorasheさんの心理にこそ、大きな抑制が見られるような気がしてなりません。patorasheさんの方法論では、評価されることはあっても尊敬されることは難しいのではないかと思います。 もう一つ不思議なのは、patorasheさんが「マニュアル通りに行動しない他者」について、何故ここまで不審をお持ちになるかです。他人は他人、自分は自分でよいではないですか。正直言ってpatorasheさんは変わった方だと思いますが、そのお心持が間違っているなどという権利は私にはありません。同様にpatorasheさんにも、マニュアル通りにしない人々など放っておかれればよいではないですか。 心理学的考察として、マニュアル偏重主義を持たれるご自身の成長過程など省みてはいかがかと存じます。長文お許しください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ノルディックスキーの話は、有名な「守・破・離」の話でしょう。その手の話ならいくつもありますね。試しに「守・破・離」で検索してみてください。守・破・離で大切なことは、まずマニュアルを徹底的に覚えて、それから改善していくと言うことです。日本の伝統芸能や武道の世界では伝統的に受け継がれてきました。 僕はこういう考え方は大好きです。 現在ではトヨタ生産方式がこれにあたります。 1時間かかっていた作業を40分に減らすことができる画期的な作業方法を思いついたとしても、一人だけが作業方法を変えても効果は乏しい。だけどその作業に関わる全員が(北海道から沖縄まで)、作業方法を変えれば大きな効果が生まれます。 私が経営している会社でも改善制度を採り入れています。マニュアルを壊し、新しい方法を考えついた従業員には報奨金まで用意しています。そして今度はそれが新しいマニュアルになる。こうしてどんどん改善をしていく、ただしここで大切なのは現在あるマニュアルを覚えて実行するということです。最初からマニュアルを覚えようとしないでは改善も成り立たないのです。 自動車会社でももっとも品質管理が厳しいと言われるトヨタ自動車が同時に改善制度で成長を遂げたことは多くの人が知っています。 さて、私が問題にしたのはそれとは違う事例です。「まずマニュアルに従って、撮影を始めたが、自分なりに改善して現在の形になった」というのなら問題はないと思います。 ポートレートの事例としては、「横向きのモデルの目線の先を空けて置いた方がバランスが良くなる」というマニュアルがあり、今度は逆に「観る物の創造性に訴えるためにワザと目線の先を開けずに頭の後方に広大な空間を作る」という事例ですね。 こういう事例は僕も大好きです。 だけど僕が問題にしたのはそれとは全く違う事例です。 最初からマニュアルを覚えない、最初から無視する。 これでは新しい創造性も生まれないでしょう。

質問者からの補足

御礼に書ききれなかったので、やむを得ず補足内容に書かせていただきます。 >もう一つ不思議なのは、patorasheさんが「マニュアル通りに行動しない他者」について、何故ここまで不審をお持ちになるかです。他人は他人、自分は自分でよいではないですか。 >もう一つ不思議なのは、patorasheさんが「マニュアル通りに行動しない他者」について、何故ここまで不審をお持ちになるかです。他人は他人、自分は自分でよいではないですか。 それは私が会社を経営しているからですよ。 私が以前勤務していた大企業なら、従業員達はマニュアルを守り、そして自分で考え、新しい提案をしていく。こういう形が理想なのです。 入社するのが大変でした。書類選考、一次試験、二次、三次、四次・・・・そしてようやく最終試験、競争競争で選抜していく。 ところが現在私が経営している会社では、人材確保に用意できる時間も予算も人材も限られているので同じことが出来ない。人件費削減のため、正社員を減らして、多くのアルバイトを雇わなくてはならない。 その中にはマニュアル通り動かない、かといって改善運動に熱心ではない者もいます。それで困っているのです。 そして傾向として、仕事でマニュアルを守る人間は、プライベートでもマニュアルを守る傾向があることが判っています。逆に、プライベート(趣味)でもマニュアルを無視する人は仕事でもマニュアルを無視する傾向があるように思えるのです。 前回は仕事の件で質問させていただきました。 http://okwave.jp/qa4737266.html 今回は「プライベート(趣味)の部分でマニュアルを無視する人」の心理を知りたくて、私が知っている事例として、ポートレート撮影を出したのです。 これで寝ます。おやすみなさい。

  • 回答No.1
noname#81629

こちらを参考に。 なぜ構図に対して興味を持たないのですか? http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4842440.html 無意識下に蓄積された”衝動”を、”超自我”が上手く抑えられないために起こります。 誰にも相手にされない人は、この”衝動”が非常に強くなります。 いわゆる”構ってちゃん”がこれにあたります。 作品を”結果論”で語っても意味がありません。 先の回答とあなたの補足(屁理屈)をよく読みなおすことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 心理学に詳しい方に質問です。

    心理学などを専門とする方、あるいは、理系の方に質問です。 強い、被害者意識を持ち、自らが加害者であることを理解できず、他者(私)に対し、怒りを向けると思いますが、この類の人に、物事を理解してもらうには、どうすれば良いと、思われますか?

  • 心理学の本について

    最近、心理学について興味を持ちました。 ただ、市販されている本を読むと恋愛に関するものなど大衆向けに書かれているものが多いです。もう少し、一般的に人と人との関わりに関して改めて考えさせてくれるような趣味で読めるレベルのオススメの書籍はないでしょうか。

  • 東洋医学的心理学(仮名)ってあるでしょうか?

    西洋医学に対して東洋医学があるように 心理学に対して、東洋医学的心理学、なるものは存在するでしょうか? 病気の存在を認めその治療を主とする西洋医学、心理学に対して、東洋医学は、健康な人がなぜ健康でいられるのか、健康な人が病気になるのはなぜなのか、あるいは病気になってもなるべく早い地点で回復させようとします。(未病の考え方)健康という中心からのずれが小さいうちに直してしまおうというものです。 また、気、血、水などの、科学の範疇外ではありますが論理的な体系をもって、健康な人が健康でいられる理論をもっています。 同様に、心理学においても、精神的に健康な人はなぜそのまま精神的に健康でい続けることが可能なのか、の心の健康の理論があり、そこから心の健康からずれた人、ずれが小さいうちに治療するという考え、精神における未病(自律神経失調症や登校拒否、ひきこもり、心の風邪と言われるうつ病など)に相当するものをおはことして扱えるような、そんな心理学があったらいいのにと思ってます。 そういうのは現在、人生哲学や、個人の豊富な人生経験が担ってるもので、それらの体系化がされれば素晴らしいと思うのです。 もうあるでしょうか?なければ、同様のことを考えてる人はおられるでしょうか?

  • 心理学を過信している人の存在

    に、イライラします。今は付き合っていない学生時代の友人なのですが結構優秀な大学にいるのですが、すぐに心理学の理論を場も考えず応用して、相手をわかったつもりになっちゃうんです。 上手く行かない子がいて、のですが、 「人に嫌われる時は、自分の方がその相手を心のどこかで嫌ってるからだ」という理論により 「貴方は彼女のことを好きだと思い込んでいるだけで本当は嫌ってるの」 なんて言いだすんですよね…。 また、あまりにも屈辱的ことを言われたので、ある子に対し怒ってたら、 「貴方は無意識のうちに彼女にコンプレックスを持っているの。だって貴方は・・だけどあの子は・・じゃない?だから貴方それが気に食わないんじゃない?苦手とする人ってさ、無意識のうちにコンプレックスを抱いているものなんだよね」なんていいだす始末。 で、そういう人に限ってその理論?を否定したら逆に怒り出すのです。 上のような社会心理学までならああ、いつもの薀蓄か。で済むのですが、 発達心理学(フロイトとかユングとか)理論を人間関係で持ち込まれた時は流石に「貴方私の育てられ方に何文句つけんの?」って思っちゃいました。 「無意識」なんて大抵解釈者による恣意的な意味づけだと思うんですよね。 (もちろん専門家なら別でしょうが) そういう人皆さんの周囲にいらっしゃいますか?どう付き合ってますか? またそういう理論に溺れる人の心理って皆さんなら逆にどう分析しますか?

  • この心理は心理学用語でなんと言うのでしょうか?

    こんばんは。 具体例を書いてしまうと、その具体例自体の真偽を論じられてしまいそうですが、個別論に流れれないで、あくまでも「たとえば」ということで考えていただきたいと思います。 質問は、あること・ある話が、第三者から見て、ほぼ間違いなくウソ、間違いであることが明白であるにもかかわらず、信じ続ける心理を、心理学ではどう説明するか聞きたいのです。 たとえば、こういうのです。 「私は、ロシア・ロマノフ王朝の生き残りの皇女よ」と言い続けていた女性がいましたね。死後、DNA検査によって別人であることは、常識的にはほぼ間違いありません。でも、信じている人もいるそうです。 コナン・ドイルがえらくはまったのですが、妖精が写っているという写真があります。この写真は、写真家はもとより、この写真を出してきた張本人達が捏造を自称したのに、信じる人はまだまだ多いです。ミステリーサークルと言われているものも、似たようなものです。捏造した本人が、あの複雑怪奇な文様を、再現して見せても、本物が別にあると信じてる人は多いです。何のかんのと論を組み立ててその見解に固執しようとしますが、客観的には否定されるものばかりです。こういうのは他にもあります。 普通の人は、多少夢が壊れてもそこに固執しませんが、こういう心理は、どう説明されるのでしょうか?何か専門術語はありますか?  それから、上記のような例であげたような事例と、たとえば家族の死を受け入れられないでいる遺族の心理とは同じものなのですか? 家族の死を受容できない心理はまだ分かります。でも、死は事実としては否定できませんから、精神が壊れしまわない限り時間の経過等によって、死を受け入れていこうとすると思いますが・・・。 よろしくお願いします。例自体はあくまでもわかりやすくするための例です。

  • 心理学を専攻されている方にお伺いします。

    私自身も心理学を専攻していたのですが、発達心理・教育心理系を中心にやってきた為に性格心理・人格心理に疎い部分があります。(一般的な知識はありますが、当時あまり興味がありませんでした。) マンガを読んでいて少し気になることがあり、お伺いいたします。 ラストイニングの性格をDMCタイプに分けるものというのは、心理科学的にそうなのでしょうか? 血液型と同じように迷信てきなものなのでしょうか? エニアグラムぽいのかな&#65374;とも思ったのですが、少し違うような気も致しますし・・・。また、分析心理学系統でもないような気がいたしますし・・・。 何か、心理科学的にお分かりになられる方がいらっしゃいましたら、科学的見地からご解説お願いいたします。 なお、DMCタイプ分けは以下の通りです。 人間の性格を D・C・M(イヌ・ネコ・サル)の3タイプに分け D(ドック) とにかくマジメで誉めると喜ぶようなタイプ C(キャット) 自分勝手で自由きまま 能力は高いが自分のペースでしか動かないタイプ M(モンキー) 空気を読み、物事に動じず何をやるにしても工夫するタイプ Dはドッグ、忠実な犬 Cはキャット、気分屋の猫 Mは頭の回転が早くて興味を持った事には努力を惜しまない人間に近いサル。 心理学を科学としていた人・している人にとっては、ばかばかしく、同じ心理学を専攻していた奴とはおもえない感じがするかもしれませんが、ご回答よろしくお願いいたします

  • もう一歩つっこんだ心理学の本を探しています。

    もう一歩つっこんだ心理学の本を探しています。 心理学に関して初心者です。 これまで哲学をかじっていましたが、人の感情や心の動き、やりとりについて関心があります。 脚本や小説のような物を書いていますのでその研究のためです。 心理学の入門書を何冊か買い込みましたが、どれもこれも似たり寄ったりでした。 例えば「印象形成」が気になりましたが、どの本にも「中心的な特性」として「温かい」を「冷たい」に変更するだけで紹介される人は他の周辺的な特性「決断力のある・知的な」(など)が同じでも印象が変わってしまう。 という例文が全くもって同じなのです。 原点が明記されていないことも多いのですが、ネットで調べると戦後すぐに発表された原典による物のようです。 つまり入門書を書いている人は何も研究していなくて、ただかいつまんでいるだけ。 私が興味を持ったのは、 ・印象形成 ・心の葛藤と防衛 です。 あと自分でコントロールできない、または認識がずれている感情についても興味があります。 他にも、単なる心理学の歴史や色んなさわりをかいつまんだ知識的な物ではなく、もう一歩つっこんだ、人の心や感情について著者なりに掘り下げた本はないでしょうか? 昔の心理学者が研究したものの紹介でもいいのですが、うのみの本はつまらないです。 哲学や、その前に興味を持って読んでいた超ひも理論・相対性理論などの本は、結構素人でも分かりやすく解説して掘り下げてくれる本があったのですが、心理学では手がかりがあまりありません。 実際に読んでみて良い本がありましたら教えて下さい。 ちなみに血液型占いや性格判断のように学術的根拠に乏しい物は遠慮します。

  • 心理学は科学?神経科学との折り合いは?

    私は、科学かどうかによって心理学の価値が変わるとは思いません。それを断ったうえで質問です。心理学は科学なのでしょうか。確かに、心理学と一口にいっても、様々な分野があり、一概にはいえず、多くの人が科学だと認める分野もあるとは思います。ですが、その一方で、探求過程で恣意的な解釈の余地が大きかったり、再現性に乏しかったりする分野もあると思います。心は測れないと言われたりもします。それでもそのような傾向は、「社会科学」といわれる分野、しいては、実験が追い付いていない理論物理などの分野でも程度の差こそあれ、あることだと思います。 このような、一般人からするとある種の漠然とした位置づけの中で、科学として心理学を研究/勉強されている方がたは、神経心理学などの科学としてのポジションを確固としていそうな関連する分野をどうとらえていらっしゃるのでしょうか。極端にいえば、オカルト的な不当な扱いをされていると感じることはないのでしょうか。もしくは、そんな細かいこと考えたって真理には近づけない、と否定的に考えていたりする人が多いのでしょうか。

  • 心理学上の質問ですが

    私は、ある大学に通っている4年生です。 このたび、卒業論文の一環で 「なぜ、ネット上では発言が容易になるのか」 という研究を行うことになりました。 そこで、質問があるのですが できるだけ、この「教えて!goo」で質問への回答を多くしている方に答えていただけるとありがたいのですが なぜ、自分への見返り、メリットが無いにも関わらず あなたは質問された項目に対して、本などで知識を調べたりそれを無償で他人に公開しようと思ったのでしょうか。 現実で、同じ状況下に例えると あなたは、道端で「~がわかりません」と叫んでいる人に対して、本屋で本を買ってきて調べて、わざわざ教えるに等しい行為を なぜ、丁寧に対応しようと思ったのでしょうか。 出来れば、数多くそれもかなりの回答をこなしてきた方に 回答をいただけるとありがたいです。 また、理論や心理など関係なく 自分の直感で、回答をお願いします。 また、その回答を心理学の卒業論文に使用するかもしれませんので あらかじめご了承ください。

  • S・Mは心理学ではどう説明されるんですか?

    SとかMというのは、心理学ではどう解説されているのでしょうか? 攻撃性というものが極端に至れば、暴力事件や、大袈裟に言えば戦争まで発展するわけです。 しかし、攻撃衝動をうまく昇華というんでしょうか?うまく別の方向に向けて、勉強にものすごく集中したり、仕事に集中できる人もいると思います。 また、スポーツ、特に球技などは攻撃衝動がないとほとんど成り立たないものも多いのではないでしょうか? それと性欲にも攻撃衝動は絡んでますよね?マジメに考えれば男女の自然なコミュニケーションのはずのものに、なんでこういうややこしい心理作用が絡むのか…?? とりわけ社会にとって問題なのは先に述べた暴力事件等だと思いますが、私が強烈に覚えているのが昔あったサカキバラ事件、あの犯人の少年Aにも性的サディズムがあった…などと説明されてましたよね?あれは結局何だったんでしょうか?あまり詳しい報道は無かった気がするのですが… 大袈裟かもしれませんが、人間がSMの心理作用をコントロール、というとちょっとコワイですが、適切に処理出来るようになるだけで、世の中がかなり平和というか調和がとれた状態になるんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうか?