• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

海外ETFについて

ETFは、価格が需給によって決まるため、自分の意図した指値では売買が成立しないことがあるということも認識が必要です。、という文言がありましたが、どういう意味でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数29
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

流動性リスクを指しています。 買ってくれる人がいないと売れませんし、売ってくれる人がいないと買えません。出来高が少ない(=売買する人が少ない)場合、自分が意図した指値で反対売買したい人が現れない可能性が高くなります。海外(アメリカ)ETFではTOKの流動性を懸念する人が多いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 海外ETFの価格

    海外(ニュ-ヨーク市場)ETFの毎日の銘柄毎の売買価格 はどこで調べたらよいでしょうか

  • 「SBI証券の海外ETFで指値売り注文」

    「SBI証券の海外ETFで指値売り注文」 SBI証券に米国株式口座を持っており、海外ETFをやってます。 先日、保有銘柄に指値で売り注文を出しました。 例えとして、そのときの銘柄の値段を100、 指値注文の値段を90としておきます。 指値注文は、自分としてはここまで下落したら損切るというストップロス注文でした。 ところが、注文の翌日、指値からかけ離れた値段の101で約定していました。 なぜ指値なのに約定するのでしょうか!? 自分は売却する気などなく、突然の暴落に備えて注文を出していただけです。 指値とはその値段近辺で無いと約定しないからこその指値注文ではないでしょうか? これはSBI証券に問題があるのでしょうか? それとも海外ETFはストップロスができないのでしょうか?

  • 指値を使ったETFの擬似ドルコスト法?

    指値を使ったETFの擬似ドルコスト法? お世話になります。 最近急に投資を始めようと思いました。 とりあえず、ETFを月々一定額で買いたいと思っています。 (MSCI KOKUSAI連動ETFと、TOPIC連動ETFを大体10万円ぐらい?買うとします。実際の銘柄は新興国株式や債券なども考える) 最初はSTAM、eMAXIS、CMAMのような投資信託を月々自動積み立てで買おうと思っていましたが、手数料が不利だし今はETFも安く買えるので投資信託にするメリットはないと助言されました。 また、最も手数料が少ないCMAMを銀行から自動引き落としで月々買える証券会社がないのも難点です。 しかしながら、ETFは口数で指定するので一定額で積み立てるのが難しく、為替や相場も一応気になる。 ということで、以下のような買い方を考えました。 ・たとえばMSCI KOKUSAI連動ETFと、TOPIC連動ETFを各10万円で買う ・指値にする ・口数は10万円でちょうど買えないぐらいの口数を指定する このまま放置していけば、一ヶ月の中で指値を下回る局面があった瞬間に売買が成立し、結果的に月々10万円で積み立てたのと同じことになります。 もし上昇局面が続いて延々と売買が成立しなかったとしても、お金はそこでプールされるので特に損はしない。 半年、一年もすれば暴落することぐらいあるだろうから、その瞬間に売買が成立すればよい。 これはなかなかよい方法だと思うのですが、どうでしょうか。 投資の経験はゼロに近いので、変なことを言っていたらスミマセン。

  • ETFについて

    ETFが資産運用に良いと聞きましたが あまりその良さが分かりません。 株と同じく市場でスピーディに売買可能のようですが 株と同じく 価格の上がり下がりは 何年経ってもあるようです。とすれば むしろ株の方が配当金もありえますし 会社が大きくなれば株も分割したりしながら株価は上がります。そう考えるとETFも商品によって様々だと思いますが それほど良いようにも思えません。10年もっても下がっているかもしれないので。 なにか私が理解できていないメリットがあれば教えて下さい。

  • ETFとは?(初心者です)

    長期の運用で日経平均に連動するインデックスファンドが欲しいと思ってこのサイトでいい会社はないかと質問したところ、ただのインデックスだとノーロードもあるということでしたがETFだとノーロードはないということでした。 そもそも私はETFがどういうものかわかりませんでした。 自分なりに調べてみましたがETFは証券取引所に上場しているもので、成り行き、指値注文が出来るという違いはわかりましたが他にどんな違いがあるのですか? まだあまりよく理解してないのでETFがどんなものか教えてください。 宜しくお願いします

  • 金やプラチナのETFについて

    たいへん稚拙な質問かもしれませんが回答よろしくお願いします。 最近、コモディティ系のETFとして金やプラチナに連動するETFが 上場されたかと思います。 出来高や売買代金を見ると、恐ろしく少ないように素人目でも感じるの ですが、この出来高が少ない事でそれぞれの価格が市場の金の価格等と 連動しなくなったりする事はないのでしょうか? おそらく、ETFの仕組みが完全に理解できていないからの質問だと思います。 よろしくお願いします。

  • ETF(上場225)に関する質問

    今、日経平均に連動するETFと呼ばれるものに 投資しています。 銘柄は1330です。 ETFについては 流動性が重要(売買高)であることと 信託手数料というものがあるようですが 1:1330より流動性がいい、安全な、   日経平均225型のETFがありますか? 2:信託手数料について、ETFは市場で株のように   売買できますので信託手数料があることは   知りませんでした。   信託手数料の0.1~0.2%とはまるまる1年間   購入した場合の料金ですか?   私は1日、2日で価格が上がり下がりすると   売り買いしていたのですが、   その一日でも0.1%とかとられてしまうの   ですか? お教え願います。   

  • ETFと投信の価格

    日経平均インデックスなどを用いているETFと投信の価格はどうやって決まっていますか? どういう時に価格があがって下がるのかが知りたいです。 何かで読んだわけではないですが私の理解です。 投信は日経平均に連動するので、当初設定額をベースに(手数料などを取り除くと)日経と同様の価格変動率何ではないかと思っています。 ETFの場合はインデックスのものであっても、上場しているので日経自体の上下に加えて、そのETF自体の売買量も関係あるのではないかと思います。 つまり投信は購入者が殺到しても基本的には基準価額の変動は起きない(あくまで日経の成績に伴うので) 一方ETFは購入者が殺到すると日経が変動せずとも価格高騰があり得るのではと思っています。 色々入門書を読んでも価格体系の成り立ちまで触れているものがなく質問させて頂きました。 よろしくおねがいします。

  • ETFかインデックス投信か

    日経平均連動の投信では、ETFとインデックスとがありますが、それぞれどういう特徴、長所短所があるのでしょうか? 私にはリアルタイムで売買価格がはっきりわかるETFのほうがずっと合理的に思えてしまいますが、信託報酬、手数料、リスクの大小など、比較すると実際どうなのでしょうか、どなたかご教示ください。

  • 日銀のETF買いの株価への影響について

    90年代までは企業同士の株の持ち合いがあり、浮動株が少ない事で株価が高いのだという説明がありました。実際に需給に影響を及ぼしていたものと思います。 その意味では現在は日銀のETF買いというものがあります。これも浮動株を減らす大きな要因になります。 1.かつての企業同士の持ち合いはどのくらいの割合だったのですか? 2.現在は日銀のETF買いと企業の持ち合いを合わせるとどの程度ですか?