-PR-
解決済み

IHTのOPINIONの締めの文章

  • 暇なときにでも
  • 質問No.48251
  • 閲覧数125
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 51% (23/45)

Finally, the hollow regrets gave way to personal apologies, and the Americans got it right. The Japanese already had it right.
の意味がわかりません。
ヒマなときで構わないので、特に後段のところの意味を教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 42% (118/276)

IHTの原文、とりあえず簡単にですが読みました。アメリカと日本での「謝る」こと
についての違いについて書かれている流れから要約すると、アメリカでは
(医師なども)謝ることが出来ない→すぐに法的問題になる為、に対し日本では
謝る→そうすることにより、起訴されることがなくなる可能性がある、という
形で大きく「謝罪」に対する文化的が違いがあることを指摘している文章に
なっていますよね。で、今回のハワイ沖での潜水艦事故後のアメリカの謝罪方法に
ついてクリティサイズしたあと、この1文章が入り

「最終的に、誠意のない謝罪が個人的な謝りとなり、アメリカ人もやっと
何が正しくあるべき姿かがわかった、もっとも日本人がもともとわかって
いたことを」

といった感じでしょうか。つまり「法的にどうなるこるなるとかいうことで
悪の超本人が謝りに出てこない、などは文化の違いとかどうこうではなく
悪いことをしたら直接悪いことをした人が、された人に謝る、というのがある
べき姿だ(もちろん、それで亡くなった人達が戻るわけではないが)」ということを
最終的にアメリカ人もわかった、ということでしょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ