• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

週2回のウエイトトレーニングメニューを組みました。アドバイスいただけましたら幸いです。

趣味でウエイトトレーニングをしておりますが、 メニューを組んで週2~4回、きちんと取り組みだして、まだ4ヶ月ほどです。 この4ヶ月でメニューの方もかなり変わってきて、 自分に合ったものになってきたのではないかと思っております。 今回は、これまで週3回でジムでウエイトトレーニングをしていたのですが、3回だとどうしても2日休養日があるのですが、2日休んでも疲れが抜けきらなく、そのまま次週のメニューに突入するという感じで、気持ち的にもモヤモヤしてしまいます。また、あまり免疫が強い方ではなく、体調が悪くなりやすいです。特に腸が弱くなってしまいます。 そこで、本当は最低でも週3回はトレーニングをしたいのですが、思い切って週2回に絞ってトレーニングをしてみることにしました。これなら、毎回きちんと回復することができ、体調も悪くなりにくいのではないかと思っております。 内容は、火曜日、金曜日にトレーニングをします。他の曜日は全くしない予定です。 火曜日) 胸(肩前部)←インクラインのベンチです。場合によってフライ、フロントレイズなど補助種目でしっかり効かせます。 ラットプルダウン←広背筋の幅をつけるためにやっています。 上腕筋/二頭筋←ハンマーカール、スクリューカールなどで同時に鍛えます。 リストカール←前腕を鍛えます。リバースカールで伸筋側も鍛えます。 金曜日) スモウスタイルデッドリフト←脚と起立筋、僧坊の背中側を狙ってやっています。 肩(中部・後部)←サイドレイズ及びマシンで鍛えます。 三頭筋←腕を太くしたいので、個別に鍛えています。 腹筋←週1回はやろうかなと思います。 以上のようなメニューです。 少し少ないかなと思ったのですが、それぞれきっちり効かせて追い込むトレーニングをします。脚の種目がスモウスタイルデッドリフトしかないですが、元々脚が嫌いというのもありますが、火曜日も最初のウォーミングアップとして、脚の種目を軽くやることが多いので、メニューには入れておりませんが、脚は週2回やっているような形になります。 私としては、同部位週2回でやりたいのですが、週2回のトレーニングペースだと、これが限界かなと思ったりします。 ちなみに、栄養不足と疑われるかもしれませんが、現在、DNSのグルタミン入りのG+を摂っています。摂取の仕方は問題ないと思います。 以上のような感じですが、私もできるものなら週5回くらいはトレーニングをしたいという程トレーニングが好きなのですが、元々免疫や腸が弱いということもあり、苦渋の決断で週2回にしました。 このメニューで何かお気づきの点がありましたらアドバイスいただきたいと思います。よろしくお願いします。

noname#103659

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1498
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

fureburubuさんは周りに詳しい人もいるみたいだし 下手な回答者より知識や経験もおありなのにここで質問される理由が 今ひとつ良くわかりませんが。いつも既にご自分で答えを出されている 気がします。 体重が増えて使用重量が上がるのならこれは効果があるということです。 >DNSのグルタミン安いですよね。 この前、ボディビルの人に3倍とれば風邪引かないよといわれたのですが、さすがにそれはできません(笑) グルタミンは経口摂取が非常にしにくく、すきっ腹に入れても20%ぐらいの 吸収率じゃなかったでしょうか。 したがって5g程度の摂取だとほとんどプラシーボだと思われます。 http://www.bulksports.com/prod_glutamine.shtml 上のもたぶん同じメーカー(協和発酵)のものだと思います。 グルタミンは大抵、協和発酵製だと思います。うろ覚えなので違ってる かもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 自分で答えですか。たしかに出しているのかもしれませんが、それが正解なのか心配なので、ご意見をお伺いしているという面もあります。 5gだとプラシーボですか。 でしたら、ボディビルの人は経験から摂取量がわかっているような感じですね。その人曰く、「グルタミンを3倍とってもほとんどプラシーボだけど、プラシーボでも効けばいい。ハッハッハ」てな感じでした(笑)

関連するQ&A

  • 週2回のウエイトトレーニングでどこまでいけるものでしょうか?

    趣味でウエイトトレーニングをしています。 メニューも組まずに家のダンベルでトレーニングからはじめ、 近所の公営ジムで週1→本格的なジムで週4→大手フィットネスジムで週3という感じで2年ほどウエイトトレーニングを続けていますが、 理論的にメニューなどを作成しだしてからは、まだ半年ほどです。 メニューを作り出してからの方が、成長は早いものですね。 目的は筋肥大、ボディビルです。特にスポーツなどはやっておりません。 スポーツ歴はフルコンタクト空手、水泳、柔道少しですがやっておりました。 最近は仕事が忙しく、週2回トレーニングをするのがやっとといった状態です。 週2ですと、やはり1部位週1回というメニューを組むのがやっといった感じです。 具体的には、 火曜日) 胸(肩前部)←インクラインのベンチです。場合によってフライ、フロントレイズなど補助種目でしっかり効かせます。 ラットプルダウン←広背筋の幅をつけるためにやっています。 上腕筋/二頭筋←ハンマーカール、スクリューカールなどで同時に鍛えます。 リストカール←前腕を鍛えます。リバースカールで伸筋側も鍛えます。 金曜日) スモウスタイルデッドリフト←脚と起立筋、僧坊の背中側を狙ってやっています。 肩(中部・後部)←サイドレイズ及びマシンで鍛えます。 三頭筋←腕を太くしたいので、個別に鍛えています。 腹筋←週1回はやろうかなと思います。 このようなメニューを組んでおります。これ以上種目を増やすと疲労困憊になると思うので、これが限界かなと思っております。 しかし、このようなメニューで週2回のトレーニングですが、どの程度まで身体を大きくしていけるのか不安でいます。 本当は、もっと部位を分けて、週4、5くらいやりたいのですが、時間がなさすぎて無理です。 週2回はやはり少ないのでしょうか?アドバイスいただけましたら幸いです。

  • 背中中心のウエイトトレーニングメニューを考えました。

    ウエイトトレーニングを2年ほど続けているものです。 趣味でやっていますが、ウエイトトレーニングの奥深さに興味を持ち、 楽しみながら続けています。 私は柔道というスポーツをやっておりまして、 引く力というものが大変重要です。 これまでウエイトトレーニングでは、全身をまんべんなく 鍛えるようなメニューをしてきましたが、 背中中心のトレーニングメニューを考えてみました。 私もここまで背中を追い込んだことがないので、 ご意見ありましたらお伺いしたく思います。 下記がトレーニングメニュー案です。 ◆月曜 トップサイドデッドリフト(上背部・大幹) シュラッグ(僧坊) ディップス(胸と三頭) ◆火曜 柔道 ◆水曜 パラレルグリップチンニング(大円筋・広背筋) プーリーロー(大円筋・広背筋) リアレイズ(後肩) ◆木曜 柔道 ◆金曜 トップサイドデッドリフト シュラッグ ショルダープレス(三角筋全体) アップライトローイング(三角筋全体) ◆土曜 パラレルグリップチンニング プーリーロー スクワット(脚全体) ◆日曜 休み このような感じです。 柔道のときもけっこう筋肉使いますが、 それは無視しています。疲れとかを考えるとメニューが組めませんでした。 背中を週に4回鍛えるということで、現在の週2回からはかなり背中中心のメニューになったかと思いますが、何かご意見ありますでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 一般的に広まっているウエイトトレーニングの理論とは少しかけ離れるのです

    一般的に広まっているウエイトトレーニングの理論とは少しかけ離れるのですが、私なりにより効率的ではないかと思う、トレーニング法を考えました。 よく10rep×3setとか、超回復がとか言いますが、 私も以前はそのような一般的な方法でウエイトトレーニングをしていました。 フルレンジでストリクトが基本というような方法でした。 しかし最近トレーニングの本質というものを考え出しまして、 高強度とは。とか筋肉を追い込むことが本当に筋肥大につながるのか。 といったようなことを考え出しました。 そこで、少し極端かもしれませんが、自分なりの理論を立ててみました。 トレーニング例をあげますと、 日曜日を休養日として、それ以外の日にちは毎日ウエイトトレーニングをします。 月曜日 スクワット 火曜日 ベンチプレス 水曜日 デッドリフト、ベントロー、チンニング 木曜日 スクワット 金曜日 ベンチプレス 土曜日 バーベルカール、腹筋など このようなトレーニングで、すべてメインセットは8reps×2setで限界がくる重量とします。8reps×2setできたらまた重量を増やしていきます。 上記のメニュー以外の補助種目などは一切やりません。 1種目の8reps×2setで力を出し切ります。 その代わり、週に2回ずつと頻度を上げています。 またスクワットはハーフ、ベンチプレスもパーシャル、デッドリフトもトップサイドと、 力を出しやすい範囲で高重量で行うこととします。 こうすることで、腱の負担を減らして回復を早めています。 このメニューはまとめると、 1週間の内いかに高重量を回数あげるかということに主眼を置いています。 補助種目などはなくし、疲労を極力抑えて週に2回行います。 また2週間ごとにサイクルを組み、ある程度チーティングをつかってスピーディーにやる週と、ストリクトにゆっくりとやる週を交互に行います。どちらも8reps×2setですが、重量は当然ストリクトにやる週の方が落ちます。 このトレーニング法は、通常の週に1回1部位というような追い込むトレーニングと違い、 高重量にもはやくなれることができ、筋力が上がりやすく同時に筋肥大をしていくのではないか。という風な理屈です。 いかがでしょうか? 少しパワーリフティングやウエイトリフティングのトレーニングの影響も受けております。 なにぶん私のような個人の理屈ですし、専門の勉強をしたわけではございませんので、 馬鹿にされるかもしれませんが、 ぜひお詳しい方専門家の方のご意見を伺いたく思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

・メニューはこれでよいと思います。 (なお肥大を目的とされている場合「プレス系」の種目を優先的に取り入れるといいでしょう) ・質問の内容で気になったところとしては「疲れやすい」の1点です。 キントレ頻度が多くなると、水と一緒に「ミネラル」が体外に出て行ってしまいます。 私の場合、疲れてくるとコンビニで売っているっている「マルチミネラル」で疲れをコントロールをしています。 ・「腸」ついては、既に「グルタミン」を使用しているので「腸」には変化が現れているような感じがします(私もDNSのグルタミンを使っています)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

プレスですか。 私はプレスが好きで、週に3回のときは、 ベンチを週に2回、ショルダープレスなどもやっており、 確実に成果もでています。 しかし、好きなのでがんばりすぎてしまい、オーバートレーニングになってしまっているというのも事実なんです。 トレーニング大好きなので、各部位週2回(重いのと軽いの)で鍛えて行った方が、肥大も速いと思っているのですが、身体が弱くて(^^;)高いサプリメントをたくさんとればいけるとは思いますが、庶民なもので、プロテインとグルタミンを購入するのがやっとですね。 メニューはこれでいいといったもらえて嬉しかったです。 なにしろ、既に10数回は変更が入っていますので、、、。 プレス系を入れて行く方法として、金曜日に三角筋中部、後部だけでなく、プレス系の前部も入れてみようかなと思ったのですが、中2日で回復するか様子をみながらやってみたいと思います。 各部位週1で、うまく筋肥大していってくれればよいのですが、、、。 マルチミネラルですか。検討してみます。 DNSのグルタミン安いですよね。 この前、ボディビルの人に3倍とれば風邪引かないよといわれたのですが、さすがにそれはできません(笑) ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

週に2回の筋トレで良いと思います。 上半身を主に鍛えたいようですが、金曜日にも大胸筋のトレーニングを入れた方が良いです。 疲れが抜けいらないようでしたら週に2回を大胸筋、広背筋、腹筋のトレーニングを行うと良いと思います。 慣れてきたら腕部、肩部、脊柱起立筋レーニングを入れると良いと思います。 同じ部位の種目数を減らすとか或いは1種目にする事で疲れは出ないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

週に2回でいいですか。 はい、上半身を鍛えたいです。 しかし、下半身もした方がよいといわれたので、 スモウスタイルでやるようになりました。 たしかに下半身も鍛えた方がやせやすい身体になってきました。 大胸筋、広背筋、腹筋ですね。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 週2回に家でしかトレーニングできなくなってしまいました。筋トレメニューについてアドバイスください。

    ジムに通っていたのですが、 転勤のため、ジムに通えなくなってしまいました。 通えても週1程度なので、 この際家で筋トレをしていきたいと思っています。 メニューを考えましたので、アドバイスいただきたいと存じます。 家にある器具は、ダンベル、可変ベンチ、チンニングバーです。 月曜日・・・大胸筋/背中/三頭筋 ダンベルベンチプレス インクラインダンベルベンチプレス ダンベルフライ ダンベルデッドリフト チンニング ラテラルプローンレイズ フレンチプレス トライセップスキックバック 木曜日・・・脚/肩/二頭筋 ダンベルスクワット ワイドスタンススクワット ブルガリアンスクワット ダンベルカーフレイズ ショルダープレス シーテッドサイドレイズ ハンマーカール オルタネイトダンベルカール このようなメニューですが、 基本的には月曜日と木曜日の 週2回のトレーニングをメインとしており、 他に火曜日、金曜日に腹筋/前腕を鍛えますが、 内容はクランチ/レッグレイズ/ハンドクラッシャー を行います。 このようなメニューですが、 何か気になる点がございましたらアドバイスの方よろしくお願いいたします。

  • 格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

    格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。 私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。 ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。 私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、 1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。 私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただきたいのが、ウエイトトレーニングと格闘技の両立についてです。 格闘技の練習をやると、次の日まだ疲れが残っていて、ウエイトをやる気になりません。格闘技はけっこう持久系の体力も使うので、次の日も疲れが残ってしまうのです。 3ヶ月ほどそれでも無理して、毎日格闘技かウエイトをやっておりましたが、体を壊してしまったようで、2週間ほどずっと体調が悪く何もできませんでした。 オーバーワークだったようです。 そこで新しくメニューを組みなおそう!と思い、週2回か3回は何もしない休養日を設けようと思っています。 そこで格闘技が月曜日、木曜日ありますが、ウエイトをする場合格闘技の次の日に設定するのがよいのか、前の日に設定するのがよいのか悩んでいます。どちらも一長一短なのですが(^^;) ウエイトは大きくわけて胸、背中、脚と全身鍛えています。 もしご経験あられる方でうまくいったトレーニングメニューがあれば、 教えていただけましたら、大変参考になります。 よろしくお願い致します。

  • 忙しいときのウエイトトレーニング

    50代男、ウエイトトレーニングを楽しんでいます。 このところ仕事が忙しく、2週間ほどトレーニングから遠ざかっています。 通常は、 ○胸・肩・三頭筋 ○脚 ○背・二頭筋 の三分割を、中1~2日、同一部位を中6~7日でトレーニングをしています。 期間が空く分トレーニング時間を長目に取り(1.5時間)、メインの大筋群・コンパウンド種目の強度に工夫してセット数を多くしていました。 バーベルベンチ+ダンベルベンチで100レップとか、スクワット、パラレルフィートスクワット、ブルガリアンスクワット、スミス・ハックスクワットから3種目選択で80~100回とか。 ちょっと、疲れも溜まりました。 まとめて金儲けもしたいので(笑)、しばらくの間、中2日(1時間)が精一杯(時間的もさることながら体力的にも)なので、 ○胸・肩・腕 ○脚・背・腕 の2分割にして、トレーニングの強度を落とそうと考えています。 具体的には、 ○胸・肩・腕 メイン、バーベルベンチ+ダンベルベンチ合計80~100レップを、バーベルベンチのみ50~60レップに落とす。 ○脚・背 脚=フリーウエイト(フルスクワット)+背(ラットプル、シーテッドロー)=マシンの日と、背=フリーウエイト(デッドリフト、チンニング)+脚(レッグカール、レッグエクステンション)=マシンの日を交互に回す。 あと、最近になって肩こりが酷いです。 シュラッグと肩こりって、関係ありますか? 単に疲れているのかも? しかし、「やることはやっています」。(笑)

  • デッドリフトのトレーニング方法及び、重量の挙げていき方をおしえてください。

    趣味ウエイトとレーニーで2年程ウエイトトレーニングをジムでしています。身長170cm体重65kgです。 ここ2ヶ月程スモウスタイルのデッドリフトをしています。 私は主に、大殿、ハム、起立筋、僧坊の背中側、三角筋後部のトレーニングとして行っていています。 昨日のデッドリフトでは、 60kg×6 80kg×6 100kg×6(連続で) 100kg×6(休み休み) 80kg×12 60kg×12 このようなメニューでした。 デッドリフトは限界まで追い込まず、 6~8回の低レップで行うようにしていますが、 現在のメニューではメインの100kgは2セットしかありません。 デッドリフトのトレーニングとして、 このメニューは妥当でしょうか? よろしければアドバイスください!

  • ウエイトトレーニング

    パワーリフティングの三種目を週に三回に分けて行いたいのですがその三種目をその日のメインとして補助となるトレーニングの選択について効果的な種目、メニューの組み方を教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • デッドリフトについて

    何度となく教えていただいている50代のウエイトトレーニング初心者です。 筋肥大を中心に考えたトレーニングの場合、デッドリフトをしなくとも(故障などで出来ないことも多いようですが)、他の種目でカバーできるという意見をこれまでも伺っています。 しかし、何らかの競技のためのトレーニングという意味でウエイトトレーニングを考えた場合、デッドリフトとクリーンは大きなウエイトを占めているように思います。 また、ウィダートレーニングバイブル巻末の競技別のトレーニング例を見ると、他の種目に比べて、デドリフトのレップ数が目立って少ないことに気がつきます。 これは感覚的にも、様々な競技で、デッドリフトについては爆発的な高重量を要求していると言うことなのでしょうか? 当面、筋肥大トレーニング中心と考えている僕ですが、最近になって徐々にクリーンといった統合種目を加えるにつれ、このままデッドリフト無しでいいのだろうか?という疑問があります。 現在の三分割の中で、デッドリフトを入れるとなれば、脚の日に回復の具合を考慮しながら月1回程度入れるあたりから始めるのか? そもそも、三分割の中でデッドリフトを入れることが無理なのか? なんとも、トレーニング開始の最初に戻ってしまったような疑問ですが、アイデアをいただければ嬉しいです。

  • ウエイトトレーニングについて

    私は高校3年生で、クラブ活動を引退してからウエイトトレーニングを本格的に始めようとジムに通いはじめました。 現在、フォームについてはしっかりできていると言う事をトレーナーに言っていただきました。 あとは、自分で考えトレーニングをしていかないといけないのですが、週2回ジムに通える予定です。 やりたい種目は デットリフト、スクワット、ベンチプレス、スナッチ、ベントオーバーロウです。 ・どのような順番でトレーニングするのが良いでしょうか? ・また週2回この5種目をやって良いでしょうか ・筋肥大をさせたいのですが、どれくらいの負荷でどれくらいやれば良いのですか? 今思っているのは、10-15回で限界と思われる重さを3セットやろうと思っています。 今はスクワット→デットリフト→ベントオーバーロウ→ベンチそして十分休んで(バイクをこいだりストレッチをしたりして)スナッチを比較的軽い負荷で10回を余裕で出来る負荷で5回くらいを行なっています。 身長176cm、体重75kg、スポーツは野球で外野手です。

  • 脊柱起立筋の回復 ウエイトトレーニング

    25歳、野球で投手をしています。 競技力向上のためウエイトトレーニングをしています。 ウエイトトレーニングで、『フルボトムスクワット』『デッドリフト』『グッドモーニング』を週3回に分けて行っています。脊柱起立筋の回復のことを考えて分けているのですが、このように3日に分けておこなうのと、3つまとめて一日で行ってその分まとめて休養した方がいいでしょうか?

  • ウエイトトレーニングの間隔

    30代の社会人♂です。 趣味でスポーツをしています。主に週末に練習や試合があります。 そのスポーツを楽しむため、体力維持や怪我防止の意味でスポーツクラブでウエイトトレーニングをしています。 ウエイトトレーニングはマシンを使い、大きな筋肉(胸・背中・足・腹筋)を鍛える種目をやっています。いずれも10回3セットのパターン(2セット目、3セット目になると10回が8回とかになる事もあるようなウエイト設定)で週2回実施しています。 ウエイトをやった翌日は、やはり体全体的に疲労感が残ります。 ウエイトトレーニングをやった翌日は思うように動けない場合が多いので、大事な練習や試合の前2日ほどはウエイトをしないようにしているのですが・・・ このようにして1回ウエイトを飛ばすと、トレーニングの間隔が5~7日と空いてしまいます。本来は2~3日おきにトレーニングするのがいいと、本などには書いてありますが。。。 せっかく続けているトレーニングなので、なるべく効果は落としたくないと思っています。 質問ですが、 (1)5~7日、空いてしまうとかなり効果は薄れてしまいますか? (2)試合前など疲労感を残すウエイトトレーニングを避けたい場合、何もしないで間隔が空くよりは負荷を軽くするなどしてでも2~3日の間隔を守ってウエイトトレーニングをした方がいいのでしょうか? (3)軽い負荷でもした方がいい場合、どれぐらい負荷を軽減することを目安にしたらいいでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • ウエイトトレーニングのスクワットについてのささやかな疑問です。

    ウエイトトレーニングのスクワットについてのささやかな疑問です。 趣味でウエイトトレーニングをしております。 ウエイトトレーニング種目についていろいろと考えるのが好きで、 たまに質問させていただいております。 最近疑問が1つでてきまして、スクワットという動きについてです。 人間の身体は自然と走る、飛ぶ、登る、押す、持ち上げるなで、 全身の筋肉を使っていますね。 ベンチプレスなら押す動作、デッドリフトなら引く動作、 この2つは日常の動きとして理解しやすいのですが、 スクワットって普通の日常の動きとしてないと思うのです。 人間も猿だと思っているので、 猿の日常を考えてみると、登ったり、走ったり、物を投げたり、 全身の筋肉を使っています。 しかし肩にものをかついで屈伸をする動作ってないと思いませんか? もちろん子供を背負ってはしますが、 自重以下です。 ということは、ウエイトトレーニング種目の中で、 自重よりはるかに重いバーベルを担いでするスクワットというのは、 人間の身体の機能として不自然な動きではないかと思うのです。 だからフォームの習得が難しく、例え正しいフォームを習得したベテランでも、 ひざや腰を痛めて後遺症が残る場合があるのではないかと思うのです。 では脚の力を人間の身体の構造的に自然な動きで鍛えることはできないのか? といわれると、物を両手に持って走る動きが自然な動きではないかと思います。 例えばダンベルランジなどがそうです。 以上のような理由から、スクワットはやはり人間の身体の構造的に少し無理があり、 高度なテクニックが必要な種目であるのではないでしょうか? 以上が私の考えた理論なのですが、 何か感想をお持ちになった方おられましたら、ご意見をお聞かせ願いたいと思います。