• 締切済み
  • すぐに回答を!

株式会社倒産について

実家の父が株式会社を経営しています。資金繰りが上手くいかず、そろそろ倒産するしかないらしいです。以前、来月4/1付で、中小企業の破産時の処理において、現行よりかなり優遇される様、法律が改正になると、新聞か何かで、ききました。詳しい改正内容など、ご存知の方は教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数355
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#24736

企業が倒産した場合の処理方法は、次のように分類されます。 1「裁判外手続」によるもの・・・裁判所の手を煩わさない、いわゆる「任意整理」と呼ばれるものです。 この手続には法的規制はないから、債務者の資産を換価処分して債権者に担保権有無、債権額に応じて分配して事業を終わらせる「清算型」と債権者、第三者の協力をえて事業を継続する「再建、更生型」を自由に選択することができます。 2「裁判手続」によるもの・・・これには(1)清算型手続と(2)再建、更生型手続の二種類があります。 (1)清算型手続 A 破産法による破産手続・・・法人・非法人を問わず適用されます。  破産手続は債務者、債権者による破産申立によって始まり、破産宣告、破産管財人の選任、管財人による破産者の財産の管理、換価後の配当によって終わるが、破産債権の届出、その調査、債権者集会、第三者による財産の取り戻し、破産財団を維持するための否認権行使、破産債権者により相殺など、詳細な規定が置かれています。 B  特別清算手続・・・株式会社が解散、清算中に清算遂行に支障ありと判明したり、債務超過の疑いがある場合になされる清算手続であり、商法431条以下が規定しています。 (2)再建、更生型手続 A 会社更生法による会社更生手続・・・株式会社だけに適用される手続ですが、会社更生法全体の規定からみると、大会社の、債権者数も大きい大規模倒産向きの再建、更生手続です。 B 破産法による強制和議手続・・・本来は清算型の整理手続である破産法も同法290条以下に「強制和議」という再建、更生型手続を定めています。 C 株式会社の整理手続・・・会社更正法による株式会社再建、更生手続は大株式会社向きであるのに対して、倒産に瀕した比較的小規模の株式会社の再建、更生手続として、「整理」という再建、更生手続を定めています。 D 民事再生手続・・・ これまで、会社の再建、更生手続としては会社更生法がありまたが、この法律の適用は株式会社に限られており、上記のように関係人集会における更生計画の議決要件は厳しいものであり、最近の経済危機に伴って起こった各種企業、事業の倒産に十分対応できるものではなかったのです。そこで政府は破産法、和議法、商法中の整理、特別清算、会社更生法のいわゆる倒産五法の全面改正を先倒して、平成11年12月、民事再生法を急遽成立させ(法律225号)、平成12年4月1日、この法律は施行されました。 上記のように色々な方法がありますが、どれを取るかは、弁護士などに相談のうえ、決められたら宜しいと思います。 市などの法律相談か、弁護士会の法律相談を利用してください。市の場合は市役所に聞けば日時がわかります。 弁護士会については、下記のURLから、該当地区の弁護士会にとい問い合わせてください。 相談料金は30分、5,000円(消費税別)をいただいております。 30分を越した場合、15分毎に2,500円(消費税別)がかかります。 延長相談は希望により認めておりますが、約1時間程度になります。市などの法律相談か、弁護士会の法律相談を利用してください。 市の場合は市役所に聞けば日時がわかります。 弁護士会については、下記のURLから、該当地区の弁護士会にとい問い合わせてください。 相談料金は30分、5,000円(消費税別)をいただいております。 30分を越した場合、15分毎に2,500円(消費税別)がかかります。 延長相談は希望により認めておりますが、約1時間程度になります。市などの法律相談か、弁護士会の法律相談を利用してください。 市の場合は市役所に聞けば日時がわかります。 弁護士会については、下記のURLから、該当地区の弁護士会にとい問い合わせてください。 相談料金は30分、5,000円(消費税別)をいただいております。 30分を越した場合、15分毎に2,500円(消費税別)がかかります。 延長相談は希望により認めておりますが、約1時間程度になります。http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html

参考URL:
http://homepage1.nifty.com/uesugisei/tousan.htm#倒産処理

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株式会社の倒産

    おぼろげな記憶なのですが。 まず、株式会社Aと株式会社Bが合併してAB株式会社になりました。 数年後、AB株式会社倒産した、といううわさをききました。 さらに数年後の今、株式会社Aで検索しても株式会社Bで検索しても、二つとも会社が存在しています。株式会社Aについては不確かですが、株式会社Bについては確実に創立者、ロゴなどもおなじです。AB株式会社という名前で検索にはひっかかりませんでした。 株式会社Bは亡くなった父が経営していた時期があるのですが、父が他の人にひきついだ後数年して倒産になったという話で、なにか、父が存在していたあかし(?)がなくなったようでさびしかったのです。でも、また株式会社Bが存在している???どういうことなのでしょうか?

  • 株式会社・有限会社が倒産した場合の責任

    法人が倒産した場合、代表者及びその他取締役はどこまで責任を追求されるのでしょうか?有限会社の場合は、代表者は出資金の金額だけ責任を負うと聞いたことがあります。株式会社の場合はどうなるのでしょうか?また、大企業・中小企業で違いはあるのか?お教えください。

  • 株式会社倒産について。

    以前おたずねしましたが株式会社が倒産の場合役員の資産も差し押さえになるのかという質問で背任でない限り役員の資産は取られないとのことでした。 では、会社を自分で破産させた場合も同じでしょうか? 自己破産というか会社破産させた場合も役員の資産は取り押さえにならないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#864

なんか聞きかじりの情報がごっちゃになっていますね。 まず,お父さんは事業を継続する気持ちはあるのでしょうか?継続をしたいと考えている場合に,従来の和議や会社更生法の欠点を補い,中小企業でも利用を可能にした制度が,民事再生法による再生手続で,既に今年の4月から施行されています。 事業継続を断念して清算するのであれば,債務超過の場合は従来の破産手続以外の方法はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • baian
  • ベストアンサー率39% (276/696)

一応、中小企業庁が出している民事再生法の改正概要は、以下のアドレスで見ることができます。 このページにも出ていますが、弁護士会(東京近郊でなければ、お住まいの都道府県の)に相談されることをお勧めします。

参考URL:
http://www.chusho.meti.go.jp/sesaku_info/keiei_antei/minjisaisei.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 会社倒産による株式について

    私は株式会社(A社)の経営者であり、私を含め家族で3,000万円の株式を保有しております。また親会社に当たるB社が1,000万円のA社の株式を保有しております。 A社とB社は仕事上の関係だけであり経営者の親族関係はまったくありません。またA社はB社の株式は保有しておりません。 例えば・・・の話ですが A社が自主廃業をした場合、B社が保有している株式を買い取らなければならないのだと思いますが、破産した場合は他の債権者と同様の扱いになるのでしょうか?やはり単に紙切れになるだけなのでしょうか? 逆にB社が破産した場合はどうなるのでしょうか?やはり株式を買い取らなければならなくなるのでしょうか? 昨今、弊社も同様ですが厳しい企業が多くいつ倒産してもおかしくは無いと危機感を感じております。 専門家にお話を伺えば良いのかも知れませんが、A社・B社共に同じ地方企業ですし、子会社の立場もありますので変な噂になっても困りますのでこの場を借りてご質問させて頂きます。 よろしくお願い致します。

  • 株式会社が倒産した時の役員責任

    父が株式会社の役員になっています。 勤務の実態はありませんが、形式上は専務取締役です。 でも、経営にはまったくタッチしていません。 友人の会社設立にあたって、名前を貸しただけです。 役員報酬も、一切もらっていません。 (ただし、帳簿上は支出されて経営者が「着服」している可能性もあるのではと私は思っています) さて、質問なんですが、この株式会社が現在、倒産の危機にあります。 もし、倒産した場合、父の責任は問われるのでしょうか? 債権者に対して個人的に賠償したりしなくてはいけないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 株式会社とはどんなもの?

    株式会社について下記の2点を質問させていただきます。 (1)私の父は、小さな規模の株式会社を経営しています。そもそも株式会社とは、経営者のものではなく、株主のものだといいますが、本当でしょうか? (2)買収される可能性があるのは、上場されている株式会社だけで、父の会社のような上場していない所は買収される可能性はゼロなのでしょうか?つまり、買収されたくなければ、株式会社であっても上場しなければそれでいいのでしょうか?それとも、株式会社である以上、どんなに小さな会社でも、事業内容や経営状況に魅力があれば、買収される可能性はあるのでしょうか? 無知な質問でごめんなさい。 ご存知の方いらっしゃいましたらご指導くださいませ。

  • 勝手に株式会社の監査役にされている…

    私は地方公務員です。 父が小さな株式会社を経営しています。社員7人位の小さな会社です。 私の知らない内に、私はその会社の監査役になっているようです。 ちなみに報酬などはもらっていませんし、印鑑なども一度も貸したこともありません。もちろん監査役としての仕事はしたこともありません。 副職が認められていない公務員である私は職場にこのことが知られると解雇されてしまうのでしょうか? また、具体的に監査役を降りたい場合の方法を教えてください。なお、この会社はかなり資金繰りも苦しいらしく(倒産もあるかも)、代わりの人を見つけるのは大変そうです。

  • 株式会社の倒産

    会社が倒産、破産になった場合、 支払不能な銀行や公的機関、取引先などから、 監査役になっていた個人の資産にまで 差し押さえ等の責任がかかるのでしょうか? 上場はしていなくても株式会社は法人ですから、 債務の保証をしていない限り、取締役員、監査役等の 個人の住居預貯金は守られるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 株式会社HBBについて

    今、転職を考えています。興味があるのは中小企業へのOA機器・ IT環境をよくするコンサルタント営業ですが、株式会社HBB が気になっています。会社の雰囲気などを教えて下さい。又、この業界について詳しい方、全体的な雰囲気を教えて下さい。

  • 株式会社の設立

    現在、株式会社を設立するには、1,000万円の資本金が必要ですが、 「期間5年以内で、資本金が1円でも株式会社を設立できる」ように 商法が改正されるとの記事を以前新聞で読んだことがあります。 この商法改正は、いつ行われるのかご存知の方教えてください。

  • 会社が倒産したら・・・・

    会社が倒産したら・・・・ 知人が小さな株式会社を経営しています。ところが、先ごろ売り上げが伸びず、資金繰りに困っていると相談を受けましたが、こちらは業種が全く違い、経営の知識も全く無いので相談にのってあげられませんでした。スタッフが70人位の警備保障の会社です。(1)もしも倒産したら、住んでいる家には住めなくなるのでしょうか?(2)借金を抱えたまま倒産したら、それをみなさんはどうやって返しているのですか?返したくてもきっと膨大な借金なので、普通に転職しても返せないのではないでしょうか?(3)あるいは破産宣告?という形式をとって倒産した場合、その後の生活にはいろいろな制限があるということですが、どのようなことができて、どのようなことはできなくなるのでしょうか?例えば携帯電話なども没収されてしまうのでしょうか? 以上3つについての質問です。よろしくお願いします。

  • 株式会社を休眠・倒産させるには…?

    友人のご主人が、提携している企業の株で儲けよう…というたくらみで友人からも出資金をつのり(総額およそ4400万円)株式会社を起業しました。しかし、提携企業の事業はうまくいかず、その他にも色々なアイディアで商売を試みるもまったくうまくいかず今は商材すらない状態、利益はゼロ、起業以来ずっと赤字決算で、自己資金で暮らしていました。現在は最後に持っていた家(25年前に購入)を手放したお金だけが手元にあるだけの状態です。 赤字ではあるものの、他者から借りているお金はなく、従業員もいません。もう会社はやめて、外で働いてお金を稼ぎたいというのが彼らの本音のようです。 出資者がいるのに株式会社名義だけのこして休眠化させることはできるのでしょうか? 借金がなくても倒産はできるのでしょうか? 倒産をした場合、自己破産もしなくてはいけないのでしょうか(個人的にも借金はありません)? また自分たちの家を手放して持っているお金はこのまま持っていられるのでしょうか?ご主人名義のままにしておけば出資者などに分配して返さなくてはならないのでしょうか? まったく素人で「?」だらけなのですが、がんばってご主人を支えてきた友人の力になりたくて… ぜひ皆さんのお知恵を貸して下さい!よろしくお願いします。

  • 株式会社について

    初歩的な質問ですみません。 新聞に各企業の株価が載っていますが、それ以外の企業というのは あまり経営が良くないと考えて良いのでしょうか? それとも、株式を公開するのは別に関係ないのでしょうか?