• ベストアンサー
  • 困ってます

終身保険の特約の入院給付金の解約

生命保険の契約について教えてください。 父が心臓手術で入院しました。30年前に大手生命保険の終身保険に入りすでに主契約の終身部分は保険料払い済みのようです。証書を見ると死亡保険金とは別に「入院給付金日額」(災害入院、家族災害入院、疾病入院特約)として1万円と記載があります。保険料も主契約と特約部分を合わせて払ってきたようです。けれども現在の取引状況のお手紙を見ると終身部分の保険だけで入院の保障は記載がありません。どうやら特約部分をいつだかの時点で解約しているようなのですが、父も母も解約した覚えはない!の1点張りです。 特約部分の払込は32年とあり、あと2年間は払込があるはずですが、払込も現在はしていないようです。(両親は「全部払っているからもうないはず」と言います。)特約保険料を現在払っていないのだから入院給付金が支払われるわけはないとは思いますが・・。お聞きしたいのは、「特約部分を解約したら証書紙面上にその記載があるはずなのではないか?」ということです。証券への記載なしに勝手に特約部分が解約されているなんてことがあるのでしょうか。保険会社に問い合わせても、「本人からでないと答えられない」とのことなのですが、父は当分退院できそうになくまたボケてきてもいるのでまともに保険会社に問い合わせることなどできそうにありません。詳しい方、どうか教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「特約部分を解約したら証書紙面上にその記載があるはずなのではないか?」 (A)2通りあり、保険証書に裏書をする場合だけでなく、裏書書を発行して、裏書に代える場合もあります。 保険証券本体を預かると、紛失などのトラブルの原因となりかねないので、裏書を発行する方が、リスクが小さいので、そのようにする場合も多いです。 『父は当分退院できそうになくまたボケてきてもいるのでまともに保険会社に問い合わせることなどできそうにありません』 今回は、パソコンで、この件の質問者様が代理人になる旨の書面を作って、御尊父様に署名捺印してもらえばOKです。 でも、これからは、そうはいきません。 なので、痴呆状態が進行するまえに、御母堂様か質問者様が、成年後見人になっておいてください。 今は、個人の権利が厳格に認められている一方、代理が認められず、痴呆症のために書類一つ作るにも、大変な苦労をしなければならない……ということになってしまいます。 例えば、何らかの理由で、この保険を解約しようにも、御尊父様が痴呆状態では解約するにも、裁判所の許可が必要……ということにもなりかねません。 御尊父様が痴呆状態であるが故に、不要な契約をしたという場合も、成年後見人制度を利用していれば、簡単に契約を解除できます。 この保険については、 No.1氏のコメントのように、一括払いのときに、支払いをしなかったのか…… 更新型の保険であり、途中で更新を止めているのか…… 状態がわからなければ、手の打ちようもありません。 そのためにも、現状を正しく把握する必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速に回答を頂きまして、ありがとうございます。「裏書書」を発行している可能性もあるわけですね。全く知りませんでした。両親はそのような経緯が全く記憶がないようで「裏書書」も見当たりません。証書には65歳から5年ごとに生存保険金が支払われるとも記載がありますが、それも受領している形跡はなく・・保険というのは素人には本当にわかりづらい仕組みなのですね。両親はお金がないのにお金に無頓着で、生命保険も社会保険も、保険料だけは支払っているのに全く給付の申請など、できるものもしないので、困ってしまいます。まずは父の署名捺印のある書類を作り、だめもとで入院給付金の請求を行ってみようと思います。そうすればことの経緯をはっきりさせることができますよね。「成年後見人」についても全く知らなかったことでしたので大変勉強になりました。専門家の方から回答頂けるとは思っていませんでしたので本当に感謝しています。有難うございます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

生命保険の終身保険部分の保険料をすでに払いこんでいるのなら、通常であれば、特約部分の継続は一括での支払いが普通です。 それをしていないのであれば、主契約である終身部分だけを残す形になります。 解約をしたのではなく主契約の保険料を払い終えた段階で、特約部分を継続しなかったということだと思います。 ただ、保険金の請求はできますから、『請求をしたいのですが』と生命保険会社に言えば、そのもやもやがはっきりするのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速に回答いただき、ありがとうございます。特約部分の継続は一括での支払いが普通なのですね。「払込期間」が32年とあったので、32年間払い続けなければならないものなのだと思っていました。仰る通り、「特約部分を継続しなかった」可能性が高いので、入院給付金はもらえないわけですね・・。両親そろってお金が全然ないのにお金に無頓着で、保険証券以外の書類が全く残っておらず記憶も定かではないため、証拠となる証書への記載(裏書)などがないことがもやもやしています。仰る「保険金の請求はできる」とは、亡くなった場合の死亡保険金の請求のことですよね?

関連するQ&A

  • 終身保険の入院特約と保険金について

    知人の生命保険の見直しについて、質問させていただきます。 終身保険について少々勉強し、最後まで保険料を払い込めば(保険料累計<保険金)になると思いこんでいました。 しかし保険証券と解約返戻金推移表を入手したところ、払込期間が満了しても(保険料累計>保険金)であると分かりました。 本人はそこそこ収入と預金があり、終身保険が必要か疑問を感じます。しかし今解約しても全額戻ってこないのがネックで、直ちに解約すべきか決めかねています。 質問は 1.(保険料累計>保険金)の原因は入院特約でしょうか。 2.入院特約は保険料の割には給付額が中途半端で、入院特約を外したいと思いますが、そのような契約変更は可能なものでしょうか。 3.入院特約を外すことができた場合、新たな契約内容は保険料累計<保険金になりますか? 4.他に何か見落としがあればご指摘願えると幸いです。 保険の内容 5年ごと利差配当付終身保険 保険金:400万円 災害入院特約:5日目から日額7,000円 疾病入院特約:5日目から日額7,000円 女性疾病入院特約:5日目から日額7,000円 毎回払込保険料総額:11,900円 うち特約保険料:6,384円 保険料払込期間:36年間 (2001年、24歳で契約なので60歳まで払い続ける) 解約返戻金推移表の抜粋 35歳 保険料累計1,558,998円 返戻金1,083,860円(現在) 53歳 保険料累計4,058,586円 返戻金3,425,080円(保険料が400万を超えた) 60歳 保険料累計5,030,648円 返戻金4,563,340円(払込終了) 81歳 保険料累計5,030,648円 返戻金5,100,230円(返戻金ピーク)

  • 終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約

    終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。主契約終身保険500万円、特約(災害入院1万円、疾病入院・手術1万円、成人病入院・手術特約5千円)です。保険料払込期間60歳、特約の保障期間も60歳で特約一括前納保険料として786321円払うことで80歳までの特約の保障期間となります。今回保険の見直しを考えており入院保障を終身にしたいと考えています。そこで、特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。保険証券には60歳3192800円、65歳3632550円、70歳3967650円、75歳4095700円、80歳3775500円と書かれています。ちなみに払込保険料累計額は4138200円です(この金額には特約一括前納保険料として786321円は入っていません)。契約している保険会社は特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少なくなるといいます。保険の見直しを考えている保険会社では少なくなるのはおかしいといいます。特約を解約しても保険証券に書かれている解約払戻金額になるはずだといいます。どちらの言い分が正しいのでしょうか?

  • 今終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解

    今終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約する事で発生する特約部分の解約払戻金額について保険会社によって意見が分かれているのではないのです。特約を解約した後、もし今後主契約の解約をすることがあった場合の主契約の解約払戻金額が保険証券に書かれている金額と一緒になるという保険見直し検討会社(アリコ、ソニー)と、大幅に下回るという現契約会社(アクサ)のどちらが正しいのでしょうか。知りたいと思っています。65歳363万円が262万円、70歳396万円が300万円という話です。主契約終身保険500万円、特約(災害入院1万円、疾病入院・手術1万円、成人病入院・手術特約5千円)です。保険料払込期間60歳、特約の保障期間も60歳で特約一括前納保険料として786321円払うことで80歳までの特約の保障期間となります。今回保険の見直しを考えており入院保障を終身にしたいと考えています。そこで、特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。保険証券には60歳3192800円、65歳3632550円、70歳3967650円、75歳4095700円、80歳3775500円と書かれています。ちなみに払込保険料累計額は4138200円です(この金額には特約一括前納保険料として786321円は入っていません)。

  • 終身保険の特約を解約するのは

    終身保険の災害・医療特約についてアドバイスをお願いいたします。 家族環境などから死亡保障は基本的に無用なため、数年前に保険を整理し、現在は平成ヒトケタ加入の終身保険と、共済の掛捨ての総合保険にのみ加入しています。 この終身保険には災害・医療特約をつけていますが、給付が5日目からなどと手厚くないため、現行の特約を解約してしまおうかと思っています。 終身の特約解約によってどのような損失が考えられるか、ご教示頂ければ幸いです。 もう少し詳しい状況説明が必要であればその旨ご指摘ください。 よろしくお願いいたします。

  • 終身保険特約延長の解約について

    終身保険払込期間が満了になりました。 あとは特約を終身延期するか、 年金として約100万円を受け取るかの2コースがありました。 保険員に押し切られ、特約延長を契約し、1年分の保険料を払いました。 この延長の保険を今解約すると、 年金としてもらえるはずだったものはもらえなくなるのでしょうか。 解約することは、かなりの損になりますか。 よろしくお願いします。

  • 終身保険の入院特約について教えてください

    18年前(1987年)に会社に来る勧誘のおばさんに勧められて、三井生命の大樹に入りましたが、入院特約について良く分からないので教えてください。 災害、疾病入院給付金は1日5000円なんですが、これは保険払い込み期間満了の60歳以降でも支払われるものなでしょうか。それとも60歳以降は終身保険の360万が死亡時に払われるだけなんでしょうか。 年齢とともに病気の事が心配になってきました。 どなたか教えてください。

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 入院特約付き終身保険の方が良いですか?(長文です)

    現在終身医療保険への加入を検討している30代独身女性です。 代理店の方からいただいた設計書を読み返していて、保険が終身保険になっていることに気づき、これで良いのかどうか迷っています。 プラン内容は 5年毎利差配当付低解約返戻金型終身保険 死亡・高度障害保障(リビングニーズ含む) 100万円 災害入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き 疾病入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き 月額保険料は6500円位で、60歳払込終了です。 保障は特約も全て終身です。 私が最初に出した希望は 1.60歳払込終了の終身医療保険に入りたい 2.解約返戻金は無くて良いので、月々の保険料を安くしたい 3.災害・疾病共に1泊2日入院から日額5000円、120日型、限度日数1000日以上で、手術給付金付きが良い 以上です。 1はこの保険会社には終身医療保険(60歳払込終了)もあるのに終身保険になっていることが疑問です。 2は終身保険になっているので当然かもしれませんが、解約返戻金も死亡保障もあることが疑問です。 3は一応希望通りですので特に問題はありません。 ちなみに私には既往症があり、他に保険には入っていません。 今回の保険も部位不担保という条件付きでの加入予定です。(まだ加入決定ではありませんが・・・。) 代理店の方は私に既往症があるので、単体の医療保険より終身保険の方が入りやすいから、終身を勧めておられるのでしょうか?(このサイトで以前終身保険の方が入りやすいという内容を読んだことがあります。) 解約返戻金なしには出来なかったけれどその代わり死亡保障は最低金額にしたとは言われましたが、その時はそういうものかと思いましたが、終身保険であればつくのは当然といえば当然かと・・・。 代理店の方がこれを勧める意図も含め、この保険が私に最適かどうかアドバイスをお願いいたします。

  • 簡保の特別終身保険ながいきくん(お楽しみ型)入院特約のみ解約の得失を知りたい

    妻の簡保のながいきくん(お楽しみ型)の特約だけの解約を検討しています。保険の詳細1)死亡保険金額 ¥500万円 2)保険契約の効力発生日 平成7年8月1日 3)保険料払込期間の終期 平成19年7月31日 4)保険料払込済年齢 65歳 5)保険料額 基本契約 ¥24,800円/月 特約保険料¥19、400円/月(入院保険のみ)  なお、災害保険は既に解約し、現在は付保していません。 6)入院特約 入院5日目から1日につき¥7500円、120日まで 7)平成18年8月1日現在の現在払込保険料総額   基本保険料 概算¥314万円、入院特約保険料 概算246万円 8)平成18年8月1日現在の保険契約解約返戻金額約¥241万円   (郵便局で確認した額です) [解約したい理由](基本生命保険は維持します) 1)保険料払込期間の終期までの累計特約保険料は概算¥269万円と見積もっていますが、その時点での解約返戻金も同額程度と予想しており、入院等の費用は現金で払えば良いのではないか。 2)現金なら妻の病気に限らず、夫(小生)の病気にも使える。 3)入院特約は120日限度だが、解約返戻金が269万円あればほぼ1年の入院費用をまかなえる。 4)別途アフラックの新がん保険に入っているので長期入退院の恐れのあるガンには対応できる。 5)なお、別途夫分として同じく「ながいきくん」を一口入っているが、これも特約を解約し(時期は平成20年8月)一方の解約返戻金は、多少有利な運用に回したほうが良いのかな、との思いもあります。 [気になること] 以上のような選択に考え落ちはないでしょうか?この保険の予定利回りは3.75%と聞いていますが、解約せずにこのまま維持したほうが得なのかとも思いますが、よく分かりません。 払い済み期間終了後は解約返戻金は年々減少すると思っているのは正しいのでしょうか?

  • 残したい終身保険があるのですが…

    結婚4ヶ月。33歳。子どもなしの妻です。 以前母が加入してくれていた保険を解約し、あらたに自分たちに合った保険に加入しようと考えています。 母が加入してくれていた保険というのは、 平成5年12月加入、日本生命の終身保険(重点保障プラン)というものです。 母は保険のおばちゃんにいわれるままに入ってしまったもので、独身の私に… 定期保険特約2880万(20年更新型)/終身保険120万(63歳払込満了)/新傷害特約 500万(20年更新型)/通院特約・日額3000円(20年更新型)/新災害入院特約・日額5000円(20年更新型)/新入院医療特約・日額5000円(20年更新型) かけていました…。 内容は明らかにお馬鹿な加入ですが、終身保険の部分だけみると、 『月額878円・63歳払込満了で120万』って、いわゆるお宝保険じゃないかと思い、保険の担当さんに、「終身だけ残して他を解約したい」とメールで連絡しました。 が、「終身のみを残すお取り扱いはできません」との答え。みなさんの質問・回答を拝見していると、「終身保険だけを残して他を解約…」というお話をいくつか見かけたので、私もぜひ!と思っていたのです。 私のプランだと終身保険だけ残すことは無理なんですか? 保険屋さんに言いくるめられたりしていませんか、わたし。 みなさん、教えてください。