• ベストアンサー
  • 困ってます

終身保険特約延長の解約について

終身保険払込期間が満了になりました。 あとは特約を終身延期するか、 年金として約100万円を受け取るかの2コースがありました。 保険員に押し切られ、特約延長を契約し、1年分の保険料を払いました。 この延長の保険を今解約すると、 年金としてもらえるはずだったものはもらえなくなるのでしょうか。 解約することは、かなりの損になりますか。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

以前、生命保険会社で仕事をしており、FPの資格を持っている者です。 どのような保険か詳しいことはわかりませんので、 一般論、推測になりますが、参考になればと思います。 まず、主契約であろう終身保険部分はすでに払い込みが満了しており、解約返戻金があります。 これはすでに貯まっている分なので基本的に減ることはありません。 (貯まっている部分から、保険料を補填している場合は別です) 次に特約(医療保障でしょうか?)は貯蓄部分がないと思われます。 今、支払っている保険料はこちらの分のみになるでしょう。 この保険を解約した場合、終身部分の解約返戻金が受け取れます。 (受け取り方は一括か、年金形式かを選べるのでしょう) 終身死亡保障が主契約の場合、同時に特約も解約になります。 特約の保障が必要なら続ける必要がありますが、 そうでなければ今支払っている保険料がもったいないです。 手元にお金が必要なら、保険そのものを解約する方が良いでしょう。 取り急ぎお金が必要でないなら、特約だけを解約する方法もあります。 その場合、終身保障の貯蓄部分は保険会社所定の利回りで運用されますし、 万一の場合は死亡保障をご遺族が受け取ることができます。 運用という面だけで考えるなら、保険のままにしておくか現金化して銀行等に預けるか、 利回りなどを中心に考えられると良いのではないでしょうか? いずれにせよ、各保険会社の商品により規定が異なりますし、 利率等は加入時期によっても異なります。 ご加入の保険会社に問い合わせるのが手っ取り早いですが、 信頼できなさそうなら様々な保険の窓口もあるので利用するのも一つでしょう。 ただし、彼らも商売ですので、営業トークには気をつけてください。 長文失礼致しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても解りやすい回答を、ありがとうございます。 主契約保険料払込期間満了後に継続として契約したのは、「災害入院特約」「手術給付金付疾病入院特約」「成人病入院特約」です。 古い保険ですから、入院日数が長くないと受け取れず、あまり役には立たないかと思います。 解約返戻金が減ることはないということが分かれば、保険会社と話がしやすいです。 なにせ対応の悪い横柄なかつ威圧的な人が来るので、 何を言われても引かないだけの材料が必要でした。 保険も家の購入に次ぎ、高額な商品ですから、慎重にしなくてはいけませんね。 ほんとうにありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

さて、特約の延長という言葉がよくわからないのですが、 終身の本体部分を既に満額受け取っているとしたら、 特に損はないと思いますけど。 終身の特約部分ってあまり大きな金額では無いと思いますし、特約部分は ほとんど小額だと思います。  あと、王道な答えを言うなら保険会社さんのいいなりになって入ったものは数年と 言うか5年以上は続けないとだいたい損になります。  なにせ約款抜きで答えるのは本質的には無理であることをご理解下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございます。 本体部分は受け取らずに、そのまま疾病特約を継続としました。 古い保険ですから、今のものにはそういう形はないのかもしれませんね。 約款まで持ち出して、ここで無料で質問するのも失礼かと思い、遠慮しました。 回答者様の内容に「そうだよね」と背中を押されました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

素人の爺です。 チョットおかしな点があります。 終身保険払込期間が満了になりました。 ・・・普通は終身保険はそのままにしておきます。 イメージとしては昔予定利率の良かった時は60歳までに3百数十万払って1000万の保証です。 解約して年金として受け取ってもせいぜい500万~600万です。 平均寿命まで生きると仮定した場合、保険料支払い後に効率よく増える計算です。…解平均寿命から逆算し、解約原資が2~4%の福利で増えていく計算になります。 年金として利用する場合も(基本的にはいつからでも可)なのですのでが?。手持ちの貯金の底が見えてからでも、遅くないのですが、その方が年金原資が増えます(年金と利用する場合は今の予定利率になりますが) 特約を解約しても年金には関係ありません。 特約がいらないなら…解約すれば2年目の保険料は必要ありません。 詳しくは担当者に確認してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございます。 説明不足でした。当の保険会社の対応が不愉快だったので、 解約したいという気持ちが強くあります。 そのため、あまり詳しく書いて保険会社が特定されてもいけないかなと考えて、簡単な記載になりました。 保険は古いもので「有限払込普通終身保険」といいます。 満了となったのは「払込期間」で、それに伴い死亡高度障害の時に支払われる金額が減り、 それが終身続くことになります。 先日契約したのは、解約して年金として受け取らずに特約部分を継続するという契約です。 昔の保険ですのであまり役に立ちませんが、新たな保険を契約するまでの空白期間がこわいので、とりあえず契約しました。

関連するQ&A

  • 終身保険の特約の入院給付金の解約

    生命保険の契約について教えてください。 父が心臓手術で入院しました。30年前に大手生命保険の終身保険に入りすでに主契約の終身部分は保険料払い済みのようです。証書を見ると死亡保険金とは別に「入院給付金日額」(災害入院、家族災害入院、疾病入院特約)として1万円と記載があります。保険料も主契約と特約部分を合わせて払ってきたようです。けれども現在の取引状況のお手紙を見ると終身部分の保険だけで入院の保障は記載がありません。どうやら特約部分をいつだかの時点で解約しているようなのですが、父も母も解約した覚えはない!の1点張りです。 特約部分の払込は32年とあり、あと2年間は払込があるはずですが、払込も現在はしていないようです。(両親は「全部払っているからもうないはず」と言います。)特約保険料を現在払っていないのだから入院給付金が支払われるわけはないとは思いますが・・。お聞きしたいのは、「特約部分を解約したら証書紙面上にその記載があるはずなのではないか?」ということです。証券への記載なしに勝手に特約部分が解約されているなんてことがあるのでしょうか。保険会社に問い合わせても、「本人からでないと答えられない」とのことなのですが、父は当分退院できそうになくまたボケてきてもいるのでまともに保険会社に問い合わせることなどできそうにありません。詳しい方、どうか教えてください。よろしくお願いします。

  • 終身保険の入院特約と保険金について

    知人の生命保険の見直しについて、質問させていただきます。 終身保険について少々勉強し、最後まで保険料を払い込めば(保険料累計<保険金)になると思いこんでいました。 しかし保険証券と解約返戻金推移表を入手したところ、払込期間が満了しても(保険料累計>保険金)であると分かりました。 本人はそこそこ収入と預金があり、終身保険が必要か疑問を感じます。しかし今解約しても全額戻ってこないのがネックで、直ちに解約すべきか決めかねています。 質問は 1.(保険料累計>保険金)の原因は入院特約でしょうか。 2.入院特約は保険料の割には給付額が中途半端で、入院特約を外したいと思いますが、そのような契約変更は可能なものでしょうか。 3.入院特約を外すことができた場合、新たな契約内容は保険料累計<保険金になりますか? 4.他に何か見落としがあればご指摘願えると幸いです。 保険の内容 5年ごと利差配当付終身保険 保険金:400万円 災害入院特約:5日目から日額7,000円 疾病入院特約:5日目から日額7,000円 女性疾病入院特約:5日目から日額7,000円 毎回払込保険料総額:11,900円 うち特約保険料:6,384円 保険料払込期間:36年間 (2001年、24歳で契約なので60歳まで払い続ける) 解約返戻金推移表の抜粋 35歳 保険料累計1,558,998円 返戻金1,083,860円(現在) 53歳 保険料累計4,058,586円 返戻金3,425,080円(保険料が400万を超えた) 60歳 保険料累計5,030,648円 返戻金4,563,340円(払込終了) 81歳 保険料累計5,030,648円 返戻金5,100,230円(返戻金ピーク)

  • 低解約返戻金型の終身保険について

    夫婦で低解約返戻金型の終身保険に加入しようと思い、2つの保険代理店に相談に行きました。当たり前かも知れませんが、代理店によって言われることが違い、どの終身保険にしようか迷っています。夫は35歳のサラリーマン、妻は30歳で専業主婦です。 希望の内容は、保障額300万円位、保険料払込免除特約が付けられるもの、変額ではないものです。あくまで保険と貯蓄は別物と考えていますが、61歳以降に解約して老後の資金にする、お葬式代として蓄えるなど色々な使途ができるので魅力を感じています。 【A代理店の提案】 <富士生命 レスキューパック E-終身> 払込60歳まで 終身保障 保障額 夫300万円 妻200万円 正式名称は「保険料払込免除特約付低解約返戻金型終身保険」 名前の通り、保険料払込免除特約が付けられるところにも惹かれました。 【B代理店の提案】 <アクサ生命 低払いもどし金型定期保険 フェアウインド> 払込60歳まで 保険期間98歳満了 保障額 夫300万円 妻200万円 定期保険とはいえ保険期間が98歳までなのでほぼ終身という感覚で提案されました。この保険は保険料払込免除が事故の場合のみなのでちょっと不安ですと伝えたところ、こういったタイプの保険にはどこの保険会社も保険料払込免除特約は付けられませんと言われました。同じようなタイプで保険料払込免除特約が付けられる保険はないんですか?と聞いたら、ありませんと言われました。 富士生命の終身保険には保険料払込免除特約が付けられるのに、何故なのでしょうか? 何か見落としていることがありそうで心配です。 上記の保険以外にも、長割り終身など色々あると思いますが、おすすめの保険はありますか?色々ありすぎて、素人判断で決めるのが怖くなってきました。

  • 終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約

    終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。主契約終身保険500万円、特約(災害入院1万円、疾病入院・手術1万円、成人病入院・手術特約5千円)です。保険料払込期間60歳、特約の保障期間も60歳で特約一括前納保険料として786321円払うことで80歳までの特約の保障期間となります。今回保険の見直しを考えており入院保障を終身にしたいと考えています。そこで、特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。保険証券には60歳3192800円、65歳3632550円、70歳3967650円、75歳4095700円、80歳3775500円と書かれています。ちなみに払込保険料累計額は4138200円です(この金額には特約一括前納保険料として786321円は入っていません)。契約している保険会社は特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少なくなるといいます。保険の見直しを考えている保険会社では少なくなるのはおかしいといいます。特約を解約しても保険証券に書かれている解約払戻金額になるはずだといいます。どちらの言い分が正しいのでしょうか?

  • 終身保険の特約を解約するのは

    終身保険の災害・医療特約についてアドバイスをお願いいたします。 家族環境などから死亡保障は基本的に無用なため、数年前に保険を整理し、現在は平成ヒトケタ加入の終身保険と、共済の掛捨ての総合保険にのみ加入しています。 この終身保険には災害・医療特約をつけていますが、給付が5日目からなどと手厚くないため、現行の特約を解約してしまおうかと思っています。 終身の特約解約によってどのような損失が考えられるか、ご教示頂ければ幸いです。 もう少し詳しい状況説明が必要であればその旨ご指摘ください。 よろしくお願いいたします。

  • 終身保険の特約部分だけを解約できるか?

    15年前に医療特約付き終身保険に入ったのですが、特約部分の保障が不満なので、それをやめて新たに医療保険に入りたいのですが、主契約は継続して、特約だけを解約することはできるのでしょうか。

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 終身保険+生存給付金付定期の更新、解約について

    こんにちは。母の保険の更新について質問させてください。 母は45歳のときに加入、60歳で更新、70歳までが払込期間です。終身保険(500万)に定期保険特約(2000万)、生存給付金(5年ごとに20万ずつ)、医療特約等が付いたものです。来年60歳で更新となるのですが、保険料が一気に2万円から3万円へ上がります。定期保険料のUPがほとんどです。迷っているのは解約するか保障を減らすかです。 まず、生存給付金つき定期保険特約のことですが、『5年ごとに20万円ずつ受け取れ、据え置くと(今の所据え置いています)、払込満了時には200万が受け取れる』と書いてあります。これも配当金のように情勢により左右するものなのか、それとも確実に受け取れるものなのでしょうか? 私としては、全て更新時に解約して、医療保障の充実した新しい保険に入ろうかと考えました。配当金も、加入時の案内書を見ると予想額は、『70歳の時点で約300万』となっていますが、平成16年時点ではたったの9万円、この年の配当金は0円でした。 でも、よく『バブル時に入った貯蓄型の保険の解約は損になることが多い』と言われるので迷っています。でも、この時点で予定利率の高いことのメリットが良く分かりません。返戻金が高いということでしょうか?それとも保険料が安いということでしょうか。 入り続けるのであれば、終身保険だけ残して70歳の時点で据え置いた200万と配当金を受け取ろうかなと思っています。払込満了時返戻金については配当金などの報告書に書いていなかったのですが、これは問い合わせないと分からないでしょうか? どちらにしても単体の医療保険には入り、終身保険にくっついている医療特約は取ってしまうつもりです。子供2人とも独立していますので、定期特約も外そうと思います。 長くなってしまいましたが、解約はしない方がよいでしょうか?他に良い案がありましたらアドバイスをお願いします。

  • 保険の内容について

    保険の内容の不明な点を質問いたします。 利益配当付終身保険 「ロングランレインボープラン」 20歳時に契約 主契約の払込期間: 50歳払込満了 定期の払込期間: 50歳払込満了 特約の払込期間: 80歳払込満了 保証内容 : 終身 200万、定期 1,800万 災害割増 500万 傷害特約 500万 災害入院 5000(5日めから) 入院医療 5000(5日めから) 保険料 :年払い 114,920円 貸付利率 :5.75%(年) 現在の解約返戻金 383,000円 現在の積立配当金 310,710円 解約返戻金 30年   824、500円 40年 1、182、000円 50年 1,504,000円 ※1 主契約の保険料払込期間(50歳払込)終了後の特約保険料は、 主契約の保険料払込期間満了時に一括前納することを要します。 年払い保険料 22,940円の30年分相当額 質問1:    「特約の払込期間(定期除く): 80歳払込 80歳満了」  この特約とは、災害入院、入院医療等の特約の事だと思いますが、  これは80歳まで付いてるから、※1の文にのっとり、  50歳の時に一括で払ってくださいという事でしょうか?(強制?) 質問2:    解約返戻金とは契約が終了したときにでも貰えるのでしょうか?    また、解約返戻金の、50年 1,504,000円をもらうにはどのような    条件になるのでしょうか?    要するに50歳以降の払い込む保険料が分からないです。    質問1の特約を一括で前納すれば、後は払わなくていいのかな?         質問3:    去年結婚して、嫁さん現在妊娠中。    7月位に双子を出産します。    これを機に保険関係を見直そうと思うのですが、    上の保険は解約、もしくは転換するには、もったいない保険なのでしょうか?

  • 残したい終身保険があるのですが…

    結婚4ヶ月。33歳。子どもなしの妻です。 以前母が加入してくれていた保険を解約し、あらたに自分たちに合った保険に加入しようと考えています。 母が加入してくれていた保険というのは、 平成5年12月加入、日本生命の終身保険(重点保障プラン)というものです。 母は保険のおばちゃんにいわれるままに入ってしまったもので、独身の私に… 定期保険特約2880万(20年更新型)/終身保険120万(63歳払込満了)/新傷害特約 500万(20年更新型)/通院特約・日額3000円(20年更新型)/新災害入院特約・日額5000円(20年更新型)/新入院医療特約・日額5000円(20年更新型) かけていました…。 内容は明らかにお馬鹿な加入ですが、終身保険の部分だけみると、 『月額878円・63歳払込満了で120万』って、いわゆるお宝保険じゃないかと思い、保険の担当さんに、「終身だけ残して他を解約したい」とメールで連絡しました。 が、「終身のみを残すお取り扱いはできません」との答え。みなさんの質問・回答を拝見していると、「終身保険だけを残して他を解約…」というお話をいくつか見かけたので、私もぜひ!と思っていたのです。 私のプランだと終身保険だけ残すことは無理なんですか? 保険屋さんに言いくるめられたりしていませんか、わたし。 みなさん、教えてください。