• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

減価償却のミスで困っています

  • 質問No.4737415
  • 閲覧数525
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

今年からやよいの青色申告を使い始めたのですが、減価償却の所で間違いに気がつきました。
平成12年に購入して、取得価格の5%まで償却済みのパソコンが、現在未償却残高が16,190円となっているのですが、残存可能限度額まで自動計算してくれるはずが、本年の償却費が1円と計算されてしまいます。
どうやら、最後に償却した際、1円未満の処理をまちがえたようで、未償却残高を16,189円と入力すると、きちんと計算されます。
この場合、どのように修正すればよいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 73% (102/138)

こんにちは。

個人所得税の場合、法人税法の取り扱いと違い、減価償却は強制償却となります。減価償却費を計上しなかったとしても、償却を行ったものとしなければなりませんので、過去の償却費の計上漏れがあったとしても、原則として救済措置がないことになってしまいます。

したがって、20年分の処理にあたり、貸方に「器具工具備品 1円」  と入力し、借方に必要経費の科目を立てることができないので、「事業主貸  1円」を入力して、年末簿価を正しいものに修正します。

原則としては上記の処理が正しいと思いますが、19年に減価償却の大改正がありましたので、20年の決算に当たっては、あえて今のままのままにしてしまう方法もありかと思うのですが、お書きになっている内容で判断する限り、上記の処理をした方がおそらく弥生の操作上簡単だと思います。
お礼コメント
20090101

お礼率 100% (1/1)

早い回答、ありがとうございます。
こちらのへたくそな質問に、非常にわかりやすく答えていただいて助かりました。
お察しのとおり、たかが1円、されど1円でどうしてもつじつまが合わずエラーが出てしまうので、どのように処理すればよいのか困っておりました。
決算整理仕分けで、教えていただいた方法で修正します。

本当にありがとうございました。
投稿日時:2009/02/22 01:17
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ